1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. 調理器具
  6. >
  7. レミパンプラスの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー
remy レミパンプラス
remy
レミパンプラス
13,200円(税込)

レミパンプラスの悪い口コミや評判を実際に使って検証レビュー

レミパンプラスを実際に用意して、徹底的に比較検証しました!

鍋とフライパン両方の機能を備えた、オールインワンタイプのフライパンとして人気の「レミパン プラス」。口コミでもコーティングがツルツルで使い勝手がいいと評判ですが、中には「丈夫な分重く感じる」という意見もあり、購入を迷っている方もいるのではないでしょうか?


そこで今回は口コミの真意を確かめるべく、レミパン プラスを実際に使って、コーティングの耐摩耗性・熱ムラの少なさ・使い勝手を比較検証レビューしました。購入を検討中の方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2020年08月30日
目次
レミパンプラス

remyレミパンプラス

13,200円 (税込)

コーティングがツルツルで、オールインワン性能のレミパンプラスとは?

家庭料理用の調理器具を販売し、多くの人から長年愛され続けてきたクッキングメーカー「レミパン」。そんなレミパンのフライパンシリーズの中でも、コーティングの耐久性が高く、オールインワン機能を兼ね備えた商品がレミパン プラスです。

耐久性の高いコーティングで、食材がくっつかずお手入れも簡単!

耐久性の高いコーティングで、食材がくっつかずお手入れも簡単!

レミパン プラスの魅力といえば、なんといってもコーティングの耐久性の高さ。レミパンシリーズの中で最も滑らかで耐久性の高いコーティングを採用しているため、食材がフライパンの底にくっつかず、焦げ付くこともないと好評です。


ツルツルのコーティングなので、使ったあとのお手入れも簡単。力を入れなくてもすっと汚れが落ちるので、時間のない主婦の方にも嬉しいですね。油も少量で済むため、時短料理を作りたいときはもちろん、ヘルシーな料理を作りたいときにも活躍します。

サイズのわりに軽量で、便利なオールインワンタイプ

サイズのわりに軽量で、便利なオールインワンタイプ

レミパン プラスは直径が24cm、深さが9.2cmとなっていて、フライパンにしてはかなり深さがあります。しかし、サイズのわりに重さは軽量で使い勝手がいいのも特徴です。大きさ・深さ・形状などが絶妙なバランスで作られているので、家庭で料理をするにはぴったりのアイテム。


鍋とフライパン両方の機能を兼ね備えているので、鍋料理や炒め物など、これさえあればご家庭でさまざまな料理を作れます。別売りの専用ツールなどもあり、セットで使えばさらに便利な機能を活かせるオールインワンタイプのフライパンとして人気です。


蓋は自立して置けるので、キッチン内で場所を取らないのも嬉しいポイント。限りのあるキッチンのスペースを無駄なく有効活用でき、それほど広いスペースがなくてもストレスなく調理ができますよ。

レミパンプラスの口コミは?

使い勝手がよく高性能と人気のレミパン プラスですが、ネット上では購入するのが不安になるような口コミも見かけます。そこで、実際の購入者からはどんな声が上がっているのか調べてみました。

口コミ:丈夫な分、重く感じる

口コミ:丈夫な分、重く感じる

口コミを調べてみると、以前のレミパンを使っていた方からは、「丈夫になった分、重くなったように感じる」という意見が上がっていました。確かに以前のレミパンに比べ耐久性は上がったため、それにより多少重みも増したと感じる人もいるようです。

丈夫に成った分、重くなった。筋力の無い者にはこたえる。
つくりがしっかりしているからか、私にはちょっと重く感じます。

レミパンプラスを実際に使って検証レビュー!

レミパンプラスを実際に使って検証レビュー!

サイズのわりに軽量で使いやすいという口コミが多い一方で、中には「少し重く感じる」という声もあるレミパン プラス。しかし、使い勝手や重さは実際に商品を使ってみないことには分かりませんよね。


そこで今回は、レミパン プラスを実際に使って以下の3点を検証しました。

検証①:コーティングの耐摩耗性

検証②:熱ムラの少なさ

検証③:使い勝手

レミパン プラスも含め、人気のフライパン全22商品を実際に使って、比較検証していますよ。他のフライパンの検証結果が気になる方は、こちらもぜひチェックしてみてください!

検証①:耐摩耗性

まずは、耐摩耗性の検証を行いました。口コミではコーティングがツルツルだと好評のレミパン プラスですが、耐摩耗性がどれだけあるかはチェックしておきたいポイントですよね。


500mlのペットボトルを用意し、スチールウールをセット。スチールウールでフライパンの表面を1000回擦り、油を使わずに薄い卵を焼きました。新品の状態と比べてどれだけコーティングが保たれているかチェックし、耐摩耗性を評価しています。

卵は全くくっつかず、ツルツルのコーティングが保たれていた

卵は全くくっつかず、ツルツルのコーティングが保たれていた

スチールウールで擦ったあとでも卵は全くくっつきません。ツルツルのコーティングが保たれていたので、耐摩耗性は高いという結果になりました。油を引いていない状態でも卵はくっつかなかったので、かなりの耐久性があります。


これなら他の食材で炒め物などをしても、焦げやくっつきで悩むことなくストレスフリーで料理することができるでしょう。

検証②:熱ムラの少なさ

加熱してからフライパンに均等に熱が回るかをチェックするために、熱ムラの少なさも検証しました。レミパン プラスはかなり深さがあるので、熱ムラがあるかどうかも気になるところです。


ガスコンロでフライパンを加熱し、1分後の状態をサーモカメラで撮影。色の変化をチェックして、熱ムラの少なさを評価しました。

全体的に高温色の部分が多く、熱ムラはほとんどない

全体的に高温色の部分が多く、熱ムラはほとんどない

サーモカメラで撮影した色の状態を確認すると、全体的に高温色の部分が多く、熱ムラはほとんどありません。5点満点中4点の高評価となりました。


レミパン プラスは深さがあるので、熱ムラがないか心配な方も多いかもしれませんが、これなら食材に均等に火を入れることができるでしょう。

検証③:使い勝手

最後に、レミパン プラスの使い勝手についても検証しました。口コミでは少し重く感じるという声もありましたが、実際の使用感はどうなのか気になるところです。


使い勝手の検証は、材料・手順・調理時間を他のフライパンと統一してチャーハンを作り、総合的な使いやすさを評価しています。

サイズのわりには軽くて使いやすく、コーティングや火の回りの早さも高評価

サイズのわりには軽くて使いやすく、コーティングや火の回りの早さも高評価

実際にチャーハンを作ってみると、火の回りが早く卵にもすぐに火が通り、コーティングもツルツルで目立ったこびりつきもなし。柄も握りやすく、大きさのわりに軽くてフライパンを煽りやすいので、使い勝手は良いという結果でした。


調理後のフライパンを洗う際に多少のこびりつきはあったものの、コーティングがしっかりしているので、洗えば汚れやこびりつきもすぐに取れます。片手で持てるほど軽く、洗いやすいのは評価したいポイントですが、泡切れが若干悪く、軽く流すだけだと一瞬泡が残っている印象でした。


総合的な使い勝手はよく、この深さのあるフライパンの中ではダントツに使いやすい商品です。深さはありますがあまり重みも感じず、フライパンも問題なく煽れるので、さまざまな料理に使えるでしょう。

【レビュー結果】人気のフライパン全22商品中3位!コーティングや火の回りがよく、深さがあるわりに使いやすい

【レビュー結果】人気のフライパン全22商品中3位!コーティングや火の回りがよく、深さがあるわりに使いやすい

実際にレミパン プラスを使ってみると、コーティングの耐摩耗性が高く、火の回りも早くて熱ムラがないのも高評価。深さがあるわりには重さを感じることもなく、使い勝手のいいフライパンでした。


軽いので調理後にフライパンを洗う際も、片手で難なく洗うことができます。泡切れが少し悪かったのが残念ですが、ストレスを感じるほどではなかったので、しっかりすすげば問題なく泡も落とせるでしょう。


特に目立った欠点がなく、総合的な評価も全22商品中3位という結果に。鍋とフライパン両方の機能がついているオールインワンタイプのフライパンなので、家に一台置いておけば色々なシーンで活躍してくれそうですね!

レミパンプラスの便利な使い方!炒め物や鍋はもちろん、蒸し料理や煮物にもおすすめ

レミパンプラスの便利な使い方!炒め物や鍋はもちろん、蒸し料理や煮物にもおすすめ

レミパン プラスはその性能の高さから、色々な料理に使える便利なフライパンです。例えば、蓋の上部に蒸気穴が空いており蒸気がこぼれることがないため、炒め物や鍋はもちろん、蒸し料理や煮物を作るのもおすすめ


また、レミパン プラスと同時に開発された別売りのヘラやお玉などのキッチンツールがあり、それらはフライパンのハンドルに固定することができます。固定しておけば料理台やコンロを汚すことなく、キッチンスペースも有効に使えるので、セットで購入するのもいいですね。


同じく別売りで、レミパン プラス専用のスチーマーもあります。スチーマーにお湯を入れ、食材をセットして蒸すだけで、素材の美味しさを楽しむ料理が作れますよ。レミパン プラスは他にも色々と便利な機能があるので、ぜひ自分なりの使い方を見つけてみてくださいね!

まとめ

今回は、レミパン プラスを実際に使って検証レビューをしました。


他のフライパンに比べると深さがある商品ですが、そのわりには重さを感じず、コーティングもツルツル。火の回りも早くて熱ムラもないので、非常に使い勝手のいいフライパンです。鍋とフライパンどちらの機能を使っても優秀なので、ぜひ一家に一台置いてみてはどうでしょうか?

レミパンプラス

remyレミパンプラス

13,200円 (税込)

この商品が出てくる記事

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す