1. TOP
  2. >
  3. キッチン用品
  4. >
  5. キッチン雑貨・消耗品
  6. >
  7. 【徹底比較】保温弁当箱のおすすめ人気ランキング15選
【徹底比較】保温弁当箱のおすすめ人気ランキング15選

【徹底比較】保温弁当箱のおすすめ人気ランキング15選

いつでも温かいお弁当を食べられる保温弁当箱。ランチジャーとも呼ばれ、象印・タイガー・サーモスなどのメーカーから次々と新商品が販売されています。ご飯だけ保温するタイプのほか、丼ぶりタイプやスープジャーなどさまざまな種類がありますが、いざ購入するとなると、どれにしようか迷ってしまいますよね。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の保温弁当箱15商品を比較して、最もおすすめの保温弁当箱を決定したいと思います。


比較検証は以下の4点について行いました。

  1. 保温力
  2. 洗いやすさ
  3. 密封力
  4. 使いやすさ

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?保温弁当箱の選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年07月06日更新
  • 659,925 views

検証のポイント

売れ筋の保温弁当箱15商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 保温力

    検証① 保温力

    まずは、保温弁当箱を選ぶ上で最も大切なポイントである「保温力」の検証です。お弁当であっても、できるだけ作りたてに近い、ホカホカのご飯を食べたいものですよね。今回は、各保温弁当箱のご飯容器に80℃の炊き立てご飯を入れ、6時間後どれだけ温度をキープできるかを5点満点で評価しました。

  • 洗いやすさ

    検証② 洗いやすさ

    保温弁当箱は毎日使うものだからこそ、簡単にお手入れできて清潔に保てるものがいいですよね。次に、実際に各商品を洗い、分解パーツの取り外しやすさ・組み立てやすさ・溝の洗いやすさなどをチェックし、5点満点で評価しました。

  • 密封力

    検証③ 密封力

    続いて「密封力」に関する検証です。今回は、おかずを入れた保温弁当箱をトートバッグに入れて、左右に100回揺さぶった後、10回ほどひっくり返してこぼれないかどうかを検証しました。

  • 使いやすさ

    検証④ 使いやすさ

    最後に、各保温弁当箱の使いやすさについての検証です。今回は、重さ・各容器の開閉のしやすさ・持ち運びやすさなどの観点から評価しました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    保温弁当箱の選び方

    保温弁当箱を選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① ランチスタイルに合わせて種類を選ぶ

    保温弁当箱のタイプは、大きく「ご飯だけ保温タイプ」「複数層タイプ」「丼ぶりタイプ」「スープジャータイプ」の4つに分けられます。それぞれの特徴を押さえた上で、自分のランチスタイルに合ったタイプを選んでみてください。

    ご飯だけ保温タイプ:ご飯だけを持ち運びたい人へ

    ご飯だけ保温タイプ:ご飯だけを持ち運びたい人へ

    ご飯用の容器のみに保温機能がついているタイプです。各容器が独立しており、熱が伝わらないようになっているため、傷みやすいおかずも心配ありません。


    ご飯だけ保温タイプは、普通のお弁当箱とほぼ大きさが変わらず軽量なので持ち運びも便利です。おかずを後から用意して食べる人にもおすすめです。

    複数層タイプ:ご飯・おかず・味噌汁など全部持っていける!

    複数層タイプ:ご飯・おかず・味噌汁など全部持っていける!

    魔法瓶式の保温容器にご飯・スープ・おかずの容器をすべて詰め込み、丸ごと保温できるタイプです。お弁当全体を温かい状態で保つことができるので、屋外で仕事をされる方におすすめです。

    また商品によっては、おかずは常温のまま、スープやご飯部分だけを保温できるものもあるので、傷みやすいおかずを入れても安心です。

    ただし、保温容器の分だけ重量もサイズも大きくなってしまうので、複数層タイプを選ぶ際には注意が必要です。

    丼ぶりタイプ:コンパクトでお洒落にご飯を楽しめる!

    丼ぶりタイプ:コンパクトでお洒落にご飯を楽しめる!

    丼ぶりタイプは名前のとおり、ご飯容器の上に直接おかず容器を乗せているタイプの保温弁当箱です。コンパクトなので、持ち運びやすいものを探している方におすすめ


    汁気があるおかずも食べる直前にかけることができるので、ご飯がベタベタにならないのも魅力です。丼物の具以外にも、お弁当のおかずや、カレーを入れるなど、丼物以外の料理にも使えますよ。

    スープジャータイプ:汁物を入れるのに最適!

    スープジャータイプ:汁物を入れるのに最適!

    スープジャーは密封性が高いので、スープを入れるのに適したお弁当箱です。スープやおかずはもちろん、保冷機能があるものを選べば、冷静スープやフルーツも持ち運ぶことができます。


    スープジャーを選ぶときのポイントは飲み口。金属が直接口に当たらないように、飲み口にカバーがしてあると快適に飲むことができるのでおすすめです。

    ② 使いやすさに直結!機能で選ぶ

    食洗機対応やレンジ対応などの機能も見逃せないポイントのひとつ。あわせて確認するようにしましょう。

    食洗器対応なら洗う手間が省けて便利

    食洗器対応なら洗う手間が省けて便利

    食品を入れる保温弁当箱は、いつでもきれいに清潔にしておきたいもの。保温するため雑菌などが残っていると、食中毒などの原因にもなりかねません!そこでチェックしておきたいのが洗いやすさ。食洗機対応のものであれば洗う手間が省けるので、簡単にお手入れができます。

    また洗いやすさのポイントとして、パッキンが取り外せるか、細かいところが分解できるか、フタの形状が複雑かどうか、容器の内部がコーティングされているかがなどがあります。ぜひ選ぶときの参考にしてみてください。

    レンジ対応ならいつでもホカホカなランチが楽しめる

    レンジ対応ならいつでもホカホカなランチが楽しめる

    保温弁当箱の一部の商品には、保温ケースとフタを外せば、電子レンジを使用できるタイプも販売されています。仕事が忙しいと、決まった時間のランチタイムより遅く食べることもありますよね。


    そんなとき、電子レンジ対応機能があれば、温めなおしておいしくいただけるので便利です。

    ③ 食べる量や持ち運びに適した容量を選ぶ

    食べる量や持ち運びに適した容量を選ぶ

    必要となるお弁当のサイズは、年齢や性別・体型によって人それぞれ。自分に合った容量のお弁当箱を選ぶことが大切です。


    目安として、幼稚園児から小学校低学年くらいの子どもなら~500mlほど、女性なら500~700mlほど、男性なら600〜900mlほどの容量を基準にするとよいでしょう。容量はあくまで参考程度に、自分の活動量や体型に合わせて選んでくださいね。


    またバッグに入れて持ち歩きたい方は、容量だけでなく形状も重要です。ビジネスバッグなどの細身なかばんを使用する方は、スリムタイプがおすすめです。なかには、奥行き10cmほどのものもあるのでひとつの参考にしてみてくださいね。

    売れ筋の人気保温弁当箱全15商品を徹底比較!

    保温弁当箱の検証

    それではさっそく、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位保温弁当箱15商品をすべて集め、どれが最もおすすめの保温弁当箱なのかを検証していきます。


    検証項目は以下の4項目としました。

    検証①:保温力

    検証②:洗いやすさ

    検証③:密封力

    検証④:使いやすさ

    今回検証した商品

    1. アスベル|保温弁当箱 ランタスBS
    2. サーモス|ステンレスランチジャー
    3. サーモス|保温弁当箱 820ml
    4. サーモス|保温ごはんコンテナー 360ml
    5. タイガー魔法瓶|ステンレスランチジャー
    6. サーモス|ごはんが炊ける弁当箱 360ml
    7. タイガー魔法瓶| まほうびん弁当箱[メンズ仕様] ブラック
    8. 象印マホービン|保温弁当箱 お・べ・ん・と
    9. スケーター|保温ランチジャー マルシェ 480ml
    10. スケーター |カフェ丼保温ランチジャー 540ml マルシェカラー
    11. 象印マホービン|ステンレスランチジャー お・べ・ん・と
    12. ニトリ|超軽量保温ジャー付ランチボックス アボカド
    13. サーモス|ステンレスランチジャー 490ml
    14. アスベル|保温弁当箱 ランタス カフェ丼
    15. パール金属|デリデリ ステンレスランチジャー

    検証① 保温力

    保温力

    まずは、保温弁当箱を選ぶ上で最も大切なポイントである「保温力」の検証です。お弁当であっても、できるだけ作りたてに近い、ホカホカのご飯を食べたいものですよね。


    今回は、各保温弁当箱のご飯容器に80℃の炊き立てご飯を入れ、6時間後どれだけ温度をキープできるかを5点満点で評価しました。

    【検証結果ハイライト】高評価を得たのは50℃以上をキープできた2商品だけ!回しフタ式×二重構造がカギ

    【検証結果ハイライト】高評価を得たのは50℃以上をキープできた2商品だけ!回しフタ式×二重構造がカギ

    検証の結果、50℃以上をキープでき、高評価を獲得したのは「アスベル 保温弁当箱 ランタスBS HLB-B800」と「サーモスステンレスランチジャー JBG-2000 MDB」の2商品だけでした。


    この2商品の特徴を見てみると、ご飯容器が回しフタ式となっていて隙間が生まれない工夫が。また、プラスチック製のご飯容器を断熱構造の容器に入れて保存できる二重構造なので、密封性が非常に優れていることが分かりました。


    ランチタイムまで衛生的で温かいご飯をキープしたい方は、上記のポイントに注目してみてくださいね。

    検証② 洗いやすさ

    洗いやすさ

    保温弁当箱は毎日使うものだからこそ、簡単にお手入れできて清潔に保てるものがいいですよね。


    次に、実際に各商品を洗い、分解パーツの取り外しやすさ・組み立てやすさ・溝の洗いやすさなどをチェックし、5点満点で評価しました。

    【検証結果ハイライト】ゴムパッキンの取り外しが重要!指が入る隙間や凹凸があるものは洗いやすい

    【検証結果ハイライト】ゴムパッキンの取り外しが重要!指が入る隙間や凹凸があるものは洗いやすい

    洗いやすさの評価を分けたのは、ゴムパッキンの取り外しやすさでした。今回検証した保温弁当箱の大半は、ゴムパッキンが簡単に外れないように溝の奥に食い込んでいて、長い爪でないと取りづらいものがほとんど


    ただし、なかにはゴムパッキンの取り外しが楽になるよう、溝に切れ込みが入っているものや、淵に凹凸があるものもありました。洗いやすい保温弁当箱を選ぶ際には、ゴムパッキンが取り外しやすくなる工夫が施されているかをチェックしてみてくださいね。

    検証③ 密封力

    密封力
    続いて「密封力」に関する検証です。今回は、おかずを入れた保温弁当箱をトートバッグに入れて、左右に100回揺さぶった後、10回ほどひっくり返してこぼれないかどうかを検証しました。

    【検証結果ハイライト】どの保温弁当箱もこぼれなかった!ひっくり返しても無事

    【検証結果ハイライト】どの保温弁当箱もこぼれなかった!ひっくり返しても無事

    今回検証した保温弁当箱は、どれも中身がこぼれることがありませんでした。新品で購入してすぐのものなら、どの商品も安心して持ち運べるといえます。


    ただし、日々の使用でゴムパッキンが摩耗してしまったり、洗った後にゴムパッキンがしっかり装着されていなかったりすると、中身がこぼれる原因になるので注意しましょう。特に汁ものを入れる際は、ゴムパッキンがずれていないかよくチェックして詰めることが重要です。

    検証④ 使いやすさ

    使いやすさ
    最後に、各保温弁当箱の使いやすさについての検証です。今回は、重さ・各容器の開閉のしやすさ・持ち運びやすさなどの観点から評価しました。

    【検証結果ハイライト】回しフタ式は開閉が楽!少ない力で開けられるので中身が飛び散る心配なし

    【検証結果ハイライト】回しフタ式は開閉が楽!少ない力で開けられるので中身が飛び散る心配なし

    検証の結果、ご飯容器が回しフタ式のものは強い力がいらず、引っ張って開ける必要がないので、中身をこぼす心配がありませんでした。フタを引っ張って開けるものはゴムパッキンの滑りが悪く、勢い余ってご飯やおかずをこぼしてしまう可能性があります。


    また引っ張って開けるものは、温かいご飯やおかずを入れることで水滴がついてしまい、余計に開けにくくなる場合も。開閉しやすさの観点においては、回しフタ式のランチジャーを選ぶとよいでしょう。

    No.1

    アスベル保温弁当箱 ランタスBS

    2,727円(税込)

    総合評価

    4.65
    • 保温力: 5.0
    • 洗いやすさ: 4.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 3.5

    保温力が15商品中最高評価!シンプルだが、容量もしっかり

    トップにランクインしたのは、形がボトル状で簡単に持ち運びできる「アスベル」の「保温弁当箱 ランタス」。

    保温弁当箱全15商品のなかでNo.1の保温力という素晴らしい結果に。そのほかにも、洗いやすさ・密閉性でも高い評価を獲得。丼ぶりタイプとなっており、コンパクトな見た目の割にしっかりとした容量も嬉しいポイントです。


    シンプルなデザインでカバンのなかでかさばることがなく持ち運びにも便利です。すべてのフタを簡単に開閉することができます。保温弁当箱選びに迷っているという方にぜひ一度試してほしい商品です!

    タイプ丼ぶり
    サイズ直径11.9×高さ16.4cm
    重量540g
    容量ごはん:400ml、おかず:400ml
    食洗機対応可否
    電子レンジ対応可否
    保温効力63℃以上6時間
    No.2

    サーモスステンレスランチジャー

    3,350円(税込)

    総合評価

    4.49
    • 保温力: 4.6
    • 洗いやすさ: 5.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 1.9

    保温力抜群!大容量でいろんなメニューを楽しめるランチジャー

    温かいご飯だけでなくスープやカレーなどバラエティ豊かなランチを楽しめる「サーモス」の「ステンレスランチジャー」。

    ゴムパッキンは簡単に取り外すことができ、シンプルな作りになっているためお手入れも楽々。細かい溝もないので衛生的に保つことができますよ。密閉性も高く、フタが外れて中身がこぼれることもありません。

    保温性が非常に高く、外出先でも温かいご飯を食べることができます。大容量なので、コンパクトな大きさだとお腹が空いて物足りない方に特におすすめの商品です。ただ、大きな円筒型かつ凹凸のない表面なので、手で持つ際は注意が必要です。
    タイプランチジャー
    サイズ16×13.5×23cm
    重量1000g
    容量ごはん容器:750ml、おかず容器:400ml、スープ容器:300ml
    食洗機対応可否
    電子レンジ対応可否
    保温効力70℃以上6時間
    No.3

    サーモス保温弁当箱 820ml

    1,680円(税込)

    総合評価

    4.27
    • 保温力: 4.1
    • 洗いやすさ: 4.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 4.2

    全項目優秀な保温弁当箱!お手入れ簡単で毎日使いやすい

    真空断熱構造で保温力が優れた「サーモス」の「保温弁当箱」。

    細かい溝がないかつシンプルな作りで非常に洗いやすいランチジャーです。フタの部分がそれぞれハンドル式、シリコン製と開閉しやすい作りになっています。ただ、シリコン独特の匂いがするのが気になる方がいるかもしれません。


    保温力も高い評価で、ランチ時に温かいご飯を食べることができます。洗いやすく使いやすい万能な商品ですので、保温弁当箱選びに迷っている方にぜひおすすめしたい商品です。

    タイプランチジャー
    サイズ20×10×11.5cm
    重量500g
    容量ごはん容器:360ml、おかず容器:230ml×2
    食洗機対応可否
    電子レンジ対応可否-
    保温効力54℃以上(ポーチなし)57℃以上(ポーチあり) 6時間
    No.4

    サーモス保温ごはんコンテナー 360ml

    1,350円(税込)

    総合評価

    4.25
    • 保温力: 3.5
    • 洗いやすさ: 5.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 5.0

    使い勝手抜群!洗いやすく衛生的に使えるランチジャー

    魔法瓶構造で中身をしっかり保温できる「サーモス」の「保温ご飯コンテナー」。


    保温力は平均的で、長時間の保存でなければ問題なく温かいご飯を食べることができます。


    容器のフタがハンドル式となっており、弱い力でも簡単に開閉でき、使いやすさも高評価。さらにゴムパッキンの部分は簡単に取り外し可能な上に、細かい溝もないのできれいに洗うことができますよ。ご飯だけ持ち運びたい方におすすめの商品です。

    タイプご飯だけ保温
    サイズ10×9.5×12cm
    重量300g
    容量360ml
    食洗機対応可否
    電子レンジ対応可否
    保温効力54℃以上(専用ポーチ未使用)、57℃以上(専用ポーチ使用)6時間
    No.5

    タイガー魔法瓶ステンレスランチジャー

    2,445円(税込)

    総合評価

    4.10
    • 保温力: 3.2
    • 洗いやすさ: 5.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 5.0

    やや使いにくさが目立つが、保温性などの面では高評価

    魔法瓶・炊飯器などで有名な「タイガー魔法瓶」から販売されている「ステンレスランチジャー」。

    おかずを入れる容器のフタが少し開けづらく、円筒型で大きく持ちにくい点が気になります。しかし、非常にシンプルな作りとなっており、ゴムパッキンも取り外し可能で洗いやすさは高評価。


    ほかのランチジャーは保温力に苦戦してきましたが、こちらの保温力は平均値以上の評価となりました。時間が経っても温かいお弁当を食べることができますし、大容量なのでたくさん食べる方におすすめです。

    タイプランチジャー
    サイズ15×14.7×21.4cm
    重量1000g
    容量飯器:610ml、菜入れ:340ml、スープパック:270ml
    食洗機対応可否-
    電子レンジ対応可否
    保温効力69℃以上6時間
    No.6

    サーモスごはんが炊ける弁当箱 360ml

    2,380円(税込)

    総合評価

    4.10
    • 保温力: 3.2
    • 洗いやすさ: 5.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 5.0

    電子レンジでご飯が炊ける便利な弁当箱

    容器にそのままお米と水を入れて簡単にご飯が炊ける「サーモス」の「ご飯が炊ける弁当箱」。

    密閉性は高く、中身がこぼれることはありません。シンプルな構造となっており、ゴムパッキンも簡単に取り外しができました。ハンドル式のフタなので簡単に開閉でき、使い勝手も高評価


    また、容器のまま電子レンジでご飯を炊くことが可能です。電子レンジのある環境を必要としますが、炊き立てのご飯をどうしても食べたい方におすすめの商品です。

    タイプご飯だけ保温
    サイズ10×9.5×12cm
    重量400g
    容量360ml
    食洗機対応可否-
    電子レンジ対応可否
    保温効力54℃以上(専用ポーチ未使用)、57℃以上(専用ポーチ使用)6時間
    No.7

    タイガー魔法瓶 まほうびん弁当箱[メンズ仕様] ブラック

    2,750円(税込)

    総合評価

    3.91
    • 保温力: 3.6
    • 洗いやすさ: 4.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 3.1

    長時間の保存には不向きだが、密閉性が高く横置きも可能

    コンパクトにまとめられる、持ち運びに特化した「タイガー魔法瓶」の「まほうびん弁当箱」。


    保温力はいたって標準的で、それほど長時間の保存でなければ問題なく使用することができます。おかず容器のフタはロック式となっているため、開閉もしやすいですよ。


    また、密閉性が高く中身が溢れる心配がないため、横置きも可能な仕様になっています。バッグの取っ手も2辺に付いているので縦にも横にも持ち運ぶことができますよ。

    タイプご飯だけ保温
    サイズ22.2×11.1×13.6cm
    重量650g
    容量ごはん容器:460ml、おかず容器:260ml×2
    食洗機対応可否
    電子レンジ対応可否
    保温効力54℃以上(専用ポーチ未使用)、58℃以上(専用ポーチ使用)6時間
    No.8

    象印マホービン保温弁当箱 お・べ・ん・と

    2,370円(税込)

    総合評価

    3.88
    • 保温力: 3.3
    • 洗いやすさ: 4.5
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 3.3

    魔法瓶構造で期待できる保温力は、標準的という結果に…

    「象印マホービン」の「保温弁当箱お・べ・ん・と」は、保温効果が期待できる魔法瓶構造が特徴です。

    検証の結果、保温効果は標準的な結果に。また、容器のフタがやや開けにくいですが、パーツの少ないシンプルなつくりで洗いやすさは高評価です。


    「洗えるポーチ」付きで、お弁当箱がポーチにピッタリと収まるため安定感があり、非常に持ち運びやすいのも嬉しいですね。

    タイプご飯だけ保温
    サイズ19×11×11cm(ポーチなし)、21.5×12×20cm(ポーチ含む)
    重量500g(ポーチなし、600g(ポーチ含む)
    容量ごはん容器:360ml、おかず容器:300ml(2個)
    食洗機対応可否-
    電子レンジ対応可否
    保温効力54℃以上(ポーチなし)、56℃以上(ポーチに入れた場合)6時間
    No.9

    スケーター保温ランチジャー マルシェ 480ml

    1,809円(税込)

    総合評価

    3.86
    • 保温力: 2.8
    • 洗いやすさ: 5.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 4.6

    コンパクトかつ衛生的。通学・通勤カバンにすっぽり入るサイズ感

    本体の中に容器を重ねてコンパクトに収納できる「スケーター」の「保温ランチジャー マルシェ」。通学や通勤時のカバンにすっぽりと入るサイズ感が魅力的です。


    ゴムパッキンを簡単に取り外すことができ、シンプルな作りとなっているためお手入れは簡単。深い溝などの洗いにくい箇所もないので、継続的に清潔さを保つことができますよ。


    しかし、肝心の保温力はいまひとつ。ご飯の温かさにこだわる方には向いていません。

    タイプ丼ぶり
    サイズ直径10.7×高さ11.5cm
    重量363g
    容量本体:280ml、中容器:200ml
    食洗機対応可否-
    電子レンジ対応可否-
    保温効力50℃以上6時間
    No.10

    スケーター カフェ丼保温ランチジャー 540ml マルシェカラー

    2,035円(税込)

    総合評価

    3.83
    • 保温力: 2.7
    • 洗いやすさ: 5.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 4.8

    持ち運びやすさは抜群!しかし保温力の低さが気になる…。

    ご飯や麺類をどんぶりスタイルで楽しめる「スケーター」の「カフェ丼保温ランチジャー」。サイズが小さく、カバンの中に入れて持ち運びやすい商品です。

    ゴムパッキンを簡単に外すことができる上にシンプルな作りのため非常に洗いやすく、細かい溝もないのでスポンジひとつで簡単に洗浄できますよ。


    保温力の低さがあだとなり、順位は振るいませんでした。

    タイプ丼ぶり
    サイズ直径11.5×高さ14cm
    重量390g
    容量本体:320ml、中容器:220ml
    食洗機対応可否-
    電子レンジ対応可否
    保温効力52℃以上6時間
    No.11

    象印マホービンステンレスランチジャー お・べ・ん・と

    3,241円(税込)

    総合評価

    3.58
    • 保温力: 2.6
    • 洗いやすさ: 5.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 2.8

    使いやすさに少々難ありだが、洗いやすさは高評価

    ご飯容器・おかず容器・スープ容器は電子レンジで温めることができる「象印マホービン」の「ステンレスランチジャー お・べ・ん・と」。

    ご飯容器のフタを開けるのにやや力が必要。また一番上の層に付いているフタが緩く、外側のフタを外すと一緒にとれてしまいます


    シンプルな作りかつゴムパッキンも外すことができるので、洗いやすさに関しては高評価。保温力が高くはないので、電子レンジで温め直すことが前提となるでしょう。

    タイプランチジャー
    サイズ外形:12.5x11x20.5cm(バッグなし)
    重量700g(バッグなし)、900g(バッグ含む)
    容量ごはん容器:310ml、おかず容器:330ml、スープ容器:200ml
    食洗機対応可否-
    電子レンジ対応可否
    保温効力65℃以上6時間
    No.12

    ニトリ超軽量保温ジャー付ランチボックス アボカド

    2,306円(税込)

    総合評価

    3.43
    • 保温力: 1.9
    • 洗いやすさ: 5.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 4.8

    コンパクトで使いやすさに高評価。保温性が足を引っ張る結果に

    雑貨、衣料品、食料品などを販売している「ニトリ」の「超軽量保温ジャー付ランチボックス」。

    シンプルな作りで、隅々まで洗うことができるので清潔に保つことができます。また、保温弁当箱としては非常にコンパクトなサイズとなっているため、バッグに入れても場所をあまり取らない点が魅力的です。


    使い勝手はよいのですが、保温力はいまひとつ。お昼時に温かい人ごはんを食べたい方には物足りないでしょう。

    タイプご飯だけ保温
    サイズ17.3×9×13cm
    重量360g
    容量保温ジャー:240ml、菜入れ:160mlx2
    食洗機対応可否-
    電子レンジ対応可否
    保温効力-
    No.13

    サーモスステンレスランチジャー 490ml

    2,480円(税込)

    総合評価

    3.18
    • 保温力: 2.1
    • 洗いやすさ: 4.0
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 3.3

    洗いやすさは高評価。保温力がいまひとつ…

    食洗機対応でお手入れ簡単な「サーモス」の「ステンレスランチジャー」。


    シンプルな作りでとても洗いやすく、ゴムパッキンも簡単に取れるので常に清潔さを保つことができます。


    しかし、おかずのフタがプラスチック製で硬く、開けるときに反対側を押さえるなどのコツが必要です。また、重要項目の保温力が振るわず、順位をあげることができませんでした。

    タイプランチジャー
    サイズ13×11.5×17.5cm
    重量600g
    容量ごはん容器:270ml、おかず容器:220ml、スープ容器:200ml
    食洗機対応可否
    電子レンジ対応可否
    保温効力61℃以上6時間
    No.14

    アスベル保温弁当箱 ランタス カフェ丼

    980円(税込)

    総合評価

    2.92
    • 保温力: 1.2
    • 洗いやすさ: 4.5
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 4.2

    パッキンの取り外しがやや面倒。保温力が低い

    シンプルで、かさばらないように収納できる「アスベル」の「保温弁当箱 ランタス カフェ丼」。

    簡単な作りで全体的には洗いやすいですが、ゴムパッキンが取り外しにくいのがやや面倒。また、重要項目の保温力の評価が低く、全体的な評価の足を引っ張る結果となりました。

    タイプ丼ぶり
    サイズ13.8×12×12.2cm
    重量420g
    容量ごはん:250ml、おかず:250ml
    食洗機対応可否
    電子レンジ対応可否
    保温効力-
    No.15

    パール金属デリデリ ステンレスランチジャー

    1,850円(税込)

    総合評価

    2.19
    • 保温力: 0.1
    • 洗いやすさ: 3.8
    • 密封力: 5.0
    • 使いやすさ: 3.8

    保温力が著しく低い。温かい状態で食事できない

    ご飯以外に麺類も保存でき、バリエーション豊かなメニューを楽しめる「パール金属」の「デリデリ ステンレスマルチランチジャー」。


    今回の検証では、保温力がほか商品と比較して著しく低い結果に。保温弁当箱としての役割を果たさず、ランチどきに温かい状態で食事ができません。


    また、ごはん容器のフタに大きな溝があるので、指を入れて洗いにくく、清潔さを保つのに一苦労する商品でした。

    タイプランチジャー
    サイズ12×12×21cm
    重量567g
    容量ごはん容器:240ml、おかず容器:200ml、スープ容器:360ml
    食洗機対応可否-
    電子レンジ対応可否-
    保温効力46℃以上(バッグなし)、49℃以上(バッグあり)6時間

    人気保温弁当箱の検証結果比較表

    アツアツのコツ!保温弁当箱の余熱法

    アツアツのコツ!保温弁当箱の余熱法

    保温弁当箱でできるのは、あくまでも保温。加熱するわけではないので、どうしても作ったときよりも温度は下がってしまいます。そこで、保温効果を最大限に活かし、できるだけアツアツを保つためのコツが余熱です。


    ごはんやスープを入れる前に、熱湯でお弁当箱やケースを温めると、たとえばごはんなら5℃前後温かく食べることができます。保温弁当箱を使うときには、ちょっとしたひと手間を試してみてください。お弁当をより温かく、おいしく楽しめるようになりますよ。

    保温弁当箱の売れ筋ランキングもチェック!

    なお参考までに、保温弁当箱のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

    まとめ

    今回は、売れ筋の保温弁当箱15商品を徹底的に比較・検証しました。勉強や仕事を頑張るお子さんやご主人のためにも、温かさをキープできる保温弁当箱を選んでみてはいかがでしょうか?


    保温弁当箱は、ほとんどの商品に保冷機能もついてるので、食材が痛みやすい季節には冷たい麺類やスープなど冷たいお弁当にも活用できますよ。この機会に、1年を通してお弁当をおいしくいただける保温弁当箱を購入してみてくださいね!


    文:大平龍一、写真:大田和弥

    ランキング作成日:2019/2/5

    プロが愛用するおすすめの保温弁当箱

    最後に、プロの愛用するおすすめの保温弁当箱をご紹介します。
    専門家の
    マイベスト

    パール金属ジャストランチ ダブルステンレスランチジャー 1000

    3,980円

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す