• 国産ステーションワゴンのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 国産ステーションワゴンのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 国産ステーションワゴンのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 国産ステーションワゴンのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 国産ステーションワゴンのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

国産ステーションワゴンのおすすめ人気ランキング5選【2019年最新版】

種類としては少ないながら、積載量や走行性能に優れる「国産ステーションワゴン」。トヨタ・ホンダ・スバル・マツダから、さまざまな性能の車が発売されています。荷物を多く積む方や、取り回しに不安がある方におすすめですが、いざ購入を検討する段階になると、どれにするか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、国産ステーションワゴンの選び方と、人気ランキングをご紹介します!収納力や運動性能のよさに注目し、自分にピッタリの一台を見つけてくださいね。

  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 23,141  views
目次

こんな方には国産ステーションワゴンがおすすめ!

こんな方には国産ステーションワゴンがおすすめ!

まずは国産のステーションワゴンが、どんな方に最適か見ていきましょう。第一に、輸入車にはないコンパクトなタイプもあるため、運転初心者や狭い道を走ることが多い方におすすめです。また燃費のいい車が多いという特徴があるので、日常的に車を使う方にも最適。


もちろんステーションワゴン自体のメリットもあります。荷物がたくさん積めるため、お仕事や買い物、スポーツ・アウトドアで荷物を多く積む必要のある方には便利。また車高が低いため、立体駐車場などにも停めやすく、扱いやすい車でもあります。


「荷物を積めるというだけならミニバンでいいのでは?」と思うところですが、ステーションワゴンはセダンをベースに車体を作っているので、ミニバンよりも運動性能が上なのも◎。「荷物をたくさん積むことが多い」「立体駐車場や狭い道の運転が苦手」という方は、ぜひチェックしてみてください!

国産ステーションワゴンの選び方

それではまずは、国産ステーションワゴンの選び方をおさえておきましょう。

まずはサイズをチェック!

ステーションワゴンを選ぶ第一の指標としてよく使われるのがサイズ。コンパクトタイプ・ミドルタイプ・ラージタイプの3種に分けられ、それぞれメリット・デメリットを考えて選ぶことが求められます。

取り回しの良さを求めるなら、コンパクトタイプを選ぶ

取り回しの良さを求めるなら、コンパクトタイプを選ぶ

「小回りが利く」「狭い道でも余裕を持って運転できる」など、コンパクトカー並みの取り回しの良さを求めるなら、迷わずコンパクトタイプを選びましょう。


コンパクトタイプは全長が4.4m、全幅が1.7m程度で、ステーションワゴンの中では最小サイズです。「小回り」という点では「最小回転半径」が4.9mほどのものもあり、一般的なステーションワゴンの最小回転半径が5.5mほどであることと比べると、取り回しの良さに納得がいきます。


コンパクトタイプのステーションワゴンは少なく、国産ではトヨタの「カローラフィールダー」と、ホンダの「シャトル」が挙げられます。

走りの楽しさや燃費を優先するならミドルタイプ

走りの楽しさや燃費を優先するならミドルタイプ

全長で30cm、全幅で10cmと、コンパクトタイプよりも一回りほど大きいサイズ感なのがミドルタイプ。このタイプの国産ステーションワゴンは「レヴォーグ」と「プリウスα」の2車種のみです。


走りの楽しさを追求したいなら、「レヴォーグ」がおすすめです。国産ステーションワゴンの中でもスポーツ系の走りをもち、エンジンも2種用意されています。


一方の「プリウスα」は、走りよりも燃費の良さを求める方におすすめ。このサイズ感なのに燃費26.2km/Lはさすがです。

長距離運転ならラージタイプが安心

長距離運転ならラージタイプが安心
ダイナミックな運転が得意で、長距離運転をよくするという方には、ラージタイプがおすすめです。ラージタイプの全長は4.8mで全幅は1.85mと、コンパクトタイプに比べると全長で40cm、全幅で15cmほど大きくなります。

ラージタイプはステーションワゴンの中で最も車体が大きく、安定感があり、居住性が高いのが特徴です。


ちなみに、国産ステーションワゴンでラージタイプは、「アテンザワゴン」のみ。「アテンザワゴン」は、国産ステーションワゴンの中で唯一のディーゼルエンジンを採用しており、その点でも長距離運転に適していると言えます。

こだわりポイントも確認しよう!

車を選ぶ際に気になるのはサイズ感以外にも、いろいろありますね。特に、燃費・荷室容量・視認性の良さにこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。

燃費の良さは重要!ハイブリッド車とグリーンディーゼル車に注目

燃費の良さは重要!ハイブリッド車とグリーンディーゼル車に注目
毎日の通勤やお仕事中に国産ステーションワゴンを使うなら、燃費の良さは最も気になるポイント。燃費が気になる方は、ハイブリッド車か、グリーンディーゼル車を選ぶといいでしょう。

例えば、コンパクトタイプのハイブリッド車なら、34.4km/Lという燃費を実現しているものもあります。また、ガソリンよりもはるかに安い軽油を使うグリーンディーゼル車なら、コンパクトガソリンカー並みの燃料代で済む場合も。

荷室容量は多いほうがいい!

荷室容量は多いほうがいい!
セダンを選ばず、ステーションワゴンを選ぶ最大の理由として、荷室容量の多さを挙げる方も多いと思います。やはりどうせ選ぶなら、荷室容量の多いステーションワゴンがいいですね。

実は荷室容量は車体サイズとイコールではありません。通常時で570L、後ろ席格納時で1141Lというコンパクトタイプがあり、国産ステーションワゴンの中ではこの容量が最大となります。ぜひ細かくスペックをチェックしてみてください。

運動性能のよさを生かすために、視認性のよさもチェック

運動性能のよさを生かすために、視認性のよさもチェック
ステーションワゴンは、荷物がたくさん積めるのに運動性能が良い、というところがメリット。そのメリットを最大限に活かすには、やはり視認性が良いかどうかは重要です。

車高が高くなると、後方の視認性の良さが犠牲になります。また、ウィンドウの形状やカッティングの仕方によっても、若干の死角が生まれている場合も。死角を減らすボディ設計になっているのかどうか、公式サイトで確認したり、実際に試乗してみることも大切です。


さらに、先進の安全性能が装備されていると、安心して運動性能を最大限に生かせます。「サポカー」認定を受けているものを選んでおくと安心です。

国産ステーションワゴンの人気ランキング5選

それではここからは、国産ステーションワゴンの人気ランキング5選をご紹介します。

5位
国産ステーションワゴン トヨタ プリウスα
出典:toyota.jp

トヨタプリウスα

3,259,440円 (税別)

タイプミドル(全長4630~4645・全幅1775・車高1575)
最小回転半径5.5~5.8m
燃費26.2km/L
荷室容量535~1070L
乗車定員5名・7名
エンジン特性1.8Lエンジン・ハイブリッド
安全性サポカー・Toyota Safety Sense P
4位
国産ステーションワゴン マツダ アテンザワゴン
出典:mazda.co.jp

マツダアテンザワゴン

3,240,000円 (税別)

タイプラージ(全長4805・全幅1840・車高1480)
最小回転半径5.5m
燃費17.8km/L ※WLTCモード
荷室容量506~1648L
乗車店員5名
エンジン特性SKYACTIV-D 2.2・グリーンディーゼル
安全性サポカーSワイド
3位
国産ステーションワゴン スバル レヴォーグ
出典:subaru.jp

スバルレヴォーグ

2,850,000円 (税別)

タイプミドル(全長4690・全幅1780・車高1490~1500)
最小回転半径5.4~5.5m
燃費13.2~16.0km/L
荷室容量522L~
乗車店員5名
エンジン特性1.6L(2.0L)インテリジェント“DIT”・ガソリン
安全性アイサイト・サポカーSワイド
2位
国産ステーションワゴン ホンダ シャトル HYBRID
出典:honda.co.jp

ホンダシャトル HYBRID

2,139,000円 (税別)

タイプコンパクト(全長4400・全幅1695・車高1545~1570)
最小回転半径4.9~5.2m
燃費26.0~34.4km/L(※ガソリン車は19.6~22.0km/L)
荷室容量570~1141L
乗車店員5名
エンジン特性1.5Lエンジン・ハイブリッド(ガソリンもあり)
安全性Honda SENSING・サポカーSベーシック+
1位
国産ステーションワゴン トヨタ カローラフィールダー HYBRID
出典:toyota.jp

トヨタカローラフィールダー HYBRID

2,176,000円 (税別)

タイプコンパクト(全長4400~4410・全幅1695・車高1465~1535)
最小回転半径4.9~5.5m
燃費34.4km/L(※ガソリン車は16.0~23.0km/L)
荷室容量407~872L
乗車店員5名
エンジン特性1.5Lエンジン・ハイブリッド(ガソリンもあり)
安全性Toyota Safety Sense・サポカー or サポカーSベーシップ+

人気国産ステーションワゴンの比較一覧表

商品画像
1
国産ステーションワゴン トヨタ カローラフィールダー HYBRID

トヨタ

2
国産ステーションワゴン ホンダ シャトル HYBRID

ホンダ

3
国産ステーションワゴン スバル レヴォーグ

スバル

4
国産ステーションワゴン マツダ アテンザワゴン

マツダ

5
国産ステーションワゴン トヨタ プリウスα

トヨタ

商品名

カローラフィールダー HYBRID

シャトル HYBRID

レヴォーグ

アテンザワゴン

プリウスα

特徴車体が安定して走りやすいカローラフィールダー収納力抜群の「シャトル」は売れ筋のHYBRID Xを狙う!気持ちいい走りを実感できる日本向けのステーションワゴンパワフルで滑らかな走りなのに、燃費は最高!セダンタイプのプリウスではちょっと物足りなかった方におすすめ
最安値
2,176,000
送料要確認
詳細を見る
2,139,000
送料要確認
詳細を見る
2,850,000
送料要確認
詳細を見る
3,240,000
送料要確認
詳細を見る
3,259,440
送料要確認
詳細を見る
タイプコンパクト(全長4400~4410・全幅1695・車高1465~1535)コンパクト(全長4400・全幅1695・車高1545~1570)ミドル(全長4690・全幅1780・車高1490~1500)ラージ(全長4805・全幅1840・車高1480)ミドル(全長4630~4645・全幅1775・車高1575)
最小回転半径4.9~5.5m4.9~5.2m5.4~5.5m5.5m5.5~5.8m
燃費34.4km/L(※ガソリン車は16.0~23.0km/L)26.0~34.4km/L(※ガソリン車は19.6~22.0km/L)13.2~16.0km/L17.8km/L ※WLTCモード26.2km/L
荷室容量407~872L570~1141L522L~506~1648L535~1070L
乗車店員5名5名5名5名5名・7名
エンジン特性1.5Lエンジン・ハイブリッド(ガソリンもあり)1.5Lエンジン・ハイブリッド(ガソリンもあり)1.6L(2.0L)インテリジェント“DIT”・ガソリンSKYACTIV-D 2.2・グリーンディーゼル1.8Lエンジン・ハイブリッド
安全性Toyota Safety Sense・サポカー or サポカーSベーシップ+Honda SENSING・サポカーSベーシック+アイサイト・サポカーSワイドサポカーSワイドサポカー・Toyota Safety Sense P
商品リンク

中古や外車のステーションワゴンもチェックしてみよう

今回は現行発売されているものの中で、国産ステーションワゴンをご紹介しましたが、販売終了したものや輸入車も含めると、まだまだ数があります。現行の国産車の中では気になるものがなかった…というときは、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね!

まとめ

今回は、国産ステーションワゴンの人気ランキング5選をご紹介しました。国産ステーションワゴンは種類自体がとても少なく、日本ではいまいち押され気味ですが、実はかなり使い勝手の良い形。荷物を積み込めて、走行性も良く、運転しやすいステーションワゴンで理想の車ライフを!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す