• 【狙い目車種はどれ?】中古SUVのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【狙い目車種はどれ?】中古SUVのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【狙い目車種はどれ?】中古SUVのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【狙い目車種はどれ?】中古SUVのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【狙い目車種はどれ?】中古SUVのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【狙い目車種はどれ?】中古SUVのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

スポーティーで力強い走りが特徴の「SUV」。雪道やデコボコ道といったオフロードの走行に適しており、アウトドアを楽しむ方に好まれます。最近では、走行性とおしゃれなデザインを兼ね備えたコンパクトモデルも多く、街乗り用として選ぶ方もたくさん。中古車市場でも人気が高くなっています。

中古車だからとあえて不人気車種を狙って予算を抑える方法もありますが、まずは自分に最適なものを選ぶことが何より大切ですよね。そこで今回は、中古SUV車の選び方とともに、おすすめの人気車種をランキング形式でご紹介します。気になる車種をチェックして、あなたにぴったりなお買い得車を手に入れちゃいましょう!

  • 最終更新日:2020年04月13日
  • 230,220  views
目次

中古SUVの選び方

SUV車には、アウトドアな使い方に適した本格派と、たまにアウトドアで使うという方にぴったりな街乗り用があります。予算が大きく変わってきますので、どんな乗り方をしたいか考えて車種を絞りましょう。

走行距離が年間1万キロ前後のものを選ぶ

走行距離が年間1万キロ前後のものを選ぶ

SUV車はもともと走りに特化していますので、10万kmを超えていても問題なく走れるものが多いです。走行距離を見るときは、年式とのバランスが釣り合っているかを確認しましょう。1年で1万kmというのが1つの目安です。


年式に対して走行距離が少ない車は、車庫などに放置されていた可能性が高いです。しかし、「10年で5000キロ」などあまり極端すぎなければそれを避けるべき理由にはなりません。


また、年式に対して走行距離が多すぎるものは、SUVだからと酷使されてきたのかもしれません。安く手に入れてもメンテナンス費が高くつくのでは本末転倒なので、この点は店頭でよく確認し、状態を見極めておきましょう。

修復歴は必ず確認する

修復歴は必ず確認する

修復歴は必ずチェックしましょう。製造されてから現在までに規定の箇所を修理、もしくは交換したことのある車は「修復歴車」と呼ばれます。


修復歴がある場合、販売店は購入する客に対して告知義務があります。しかし残念なことに、車検証や整備手帳には修復歴の記載の義務がありません。あえて触れずに販売していることもあるので、信頼できる販売店から購入することが大切です。

中古こそ車種にこだわって選ぶ

ハリアー・チェロキー・ランクルなど新車なら高額なSUV車も、中古なら半額~2/3程度の価格で購入できます。予算が限られた中、思い切って憧れのモデルを手に入れるか、状態を優先させるかは考え方次第。下にSUV車の代表的なタイプを挙げますので、検討してみましょう。

街乗り用には走りやすさを重視したライトクラスを

街乗り用には走りやすさを重視したライトクラスを
街乗りが基本という方には、排気量1500cc前後のライトクラスがおすすめです。日本のメーカーには必ずと言っていいほどラインナップされているタイプ。コンパクトボディで多くはSUVとしては床も低く、駐車・乗り降りしやすいのが魅力です。

燃費に優れたモデルも多く、重心が低くて舗装路を重視したサスペンションを組み合わせるなどオンロードでの走りも安定しています。

中古市場での相場も新車価格が100万円台後半のものもあり、比較的手に入れやすくなっています。本格的な悪路走破性は持たないモデルも多いのですが、スポーティーに街乗りするなら十分でしょう。

アウトドアに出かけるなら、本格オフローダーもオススメ

アウトドアに出かけるなら、本格オフローダーもオススメ
アウトドアシーンでの利用がメインになる方は、たくさん荷物が積めるように大きめの車両がおすすめです。

トヨタのランドクルーザーや三菱のパジェロなどは、荷室が広いのでたくさんのアイテムを積載できるし、悪路も得意。そしてエンジンに力があるので高速道路も余裕を持って走れます。


こうした悪路走行も視野に入れた車種は凝った4WDシステムを組み合わせるなど、悪路にも対応できる機能が充実しており、山道や雪道もガンガン走れるところが強みです。

輸入車ならラグジュアリー感があり、快適な走り心地

輸入車ならラグジュアリー感があり、快適な走り心地
中古なら、輸入車も射程圏内に入ってくるかもしれません。ポルシェやBMW・メルセデスベンツといったプレミアムブランドはラグジュアリー感たっぷり。地面に吸い付くような、抜群の乗り心地を追求したものも多いです。ジープなど独特の雰囲気を持つブランドもあります。

高額車の価格はかなり高くなるので、予算に応じて年式を落とすか走行距離に目をつぶるか…。その辺りは判断の難しいところです。しかしながら、BMWのX1やメルセデスベンツのGLAシリーズなどエントリー車種に目を向ければ、掘り出し物が見つかる可能性も広がります。

予算を抑えたいのなら、国産の不人気車種も狙い目

予算を抑えたいのなら、国産の不人気車種も狙い目
できるだけ予算を抑えたい方は、あえて国産の不人気車種を狙うのも1つの手です。SUVは中古市場においても人気が高いので中古車価格が高めの車種も多いですが、不人気な車種なら、比較的手ごろに、そこそこ状態のいいものが手に入ることもあります。

不人気車は車種やボディカラーの人気がないことで中古車価格が安めとなっています。ですので、どうしても手に入れたいという意中の車種がないのなら、賢い選択と言えます。

中古SUVのおすすめ人気ランキング10選

人気の中古SUVをランキング形式でご紹介します。なおランキングは、編集部独自で2020年3月25日時点に順位付けしました。

10位
中古SUV LEXUS(レクサス) NX 1枚目
出典:carsensor.net

LEXUS(レクサス)NX

タイプクロスオーバーSUV
平均価格359.2万円
9位
中古SUV TOYOTA(トヨタ) C-HR 1枚目
出典:carsensor.net

TOYOTA(トヨタ)C-HR

タイプクロスオーバーSUV
平均価格219万円
8位
中古SUV TOYOTA(トヨタ) RAV4 1枚目
出典:carsensor.net

TOYOTA(トヨタ)RAV4

タイプクロスオーバーSUV
平均価格315.4万円
7位
中古SUV HONDA(ホンダ) ヴェゼル 1枚目
出典:carsensor.net

HONDA(ホンダ)ヴェゼル

タイプクロスオーバーSUV
平均価格192.2万円
6位
中古SUV LEXUS(レクサス) RX 1枚目
出典:carsensor.net

LEXUS(レクサス)RX

タイプクロスオーバーSUV
平均価格491万円
5位
中古SUV SUBARU(スバル) フォレスター 1枚目
出典:carsensor.net

SUBARU(スバル)フォレスター

タイプクロスオーバーSUV
平均価格294万円
4位
中古SUV TOYOTA(トヨタ) ランドクルーザー プラド 1枚目
出典:carsensor.net

TOYOTA(トヨタ)ランドクルーザー プラド

タイプクロスカントリーSUV
平均価格353.1万円
3位
中古SUV MAZDA(マツダ) CX-5 1枚目
出典:carsensor.net

MAZDA(マツダ)CX-5

タイプクロスオーバーSUV
平均価格262.7万円
2位
中古SUV NISSAN(日産) エクストレイル 1枚目
出典:carsensor.net

NISSAN(日産)エクストレイル

タイプクロスオーバーSUV
平均価格202.2万円
1位
中古SUV TOYOTA(トヨタ) ハリアー 1枚目
出典:carsensor.net

TOYOTA(トヨタ)ハリアー

タイプクロスオーバーSUV
平均価格264.7万円

人気中古SUVの比較一覧表

商品画像
1
中古SUV TOYOTA(トヨタ) ハリアー 1枚目

TOYOTA(トヨタ)

2
中古SUV NISSAN(日産) エクストレイル 1枚目

NISSAN(日産)

3
中古SUV MAZDA(マツダ) CX-5 1枚目

MAZDA(マツダ)

4
中古SUV TOYOTA(トヨタ) ランドクルーザー プラド 1枚目

TOYOTA(トヨタ)

5
中古SUV SUBARU(スバル) フォレスター 1枚目

SUBARU(スバル)

6
中古SUV LEXUS(レクサス) RX 1枚目

LEXUS(レクサス)

7
中古SUV HONDA(ホンダ) ヴェゼル 1枚目

HONDA(ホンダ)

8
中古SUV TOYOTA(トヨタ) RAV4 1枚目

TOYOTA(トヨタ)

9
中古SUV TOYOTA(トヨタ) C-HR 1枚目

TOYOTA(トヨタ)

10
中古SUV LEXUS(レクサス) NX 1枚目

LEXUS(レクサス)

商品名

ハリアー

エクストレイル

CX-5

ランドクルーザー プラド

フォレスター

RX

ヴェゼル

RAV4

C-HR

NX

特徴ラグジュアリー感漂う外観&室内で優雅に走れるストレスを軽くしてドライビングを快適に色んな所へ出かける方に寄り添う一台オンロードもオフロードも力強く走破ファミリーでのお出かけにおすすめデザインにも妥協したくないならこのモデル「Honda SENSING」で安全な運転をサポート操縦の安定性と力強い走りを実現したクロスオーバーSUV普段乗りを快適に!性能と乗り心地の良さを両立存在感と高級感が圧倒的!こだわりの一台を手に入れたい方に
タイプクロスオーバーSUVクロスオーバーSUVクロスオーバーSUVクロスカントリーSUVクロスオーバーSUVクロスオーバーSUVクロスオーバーSUVクロスオーバーSUVクロスオーバーSUVクロスオーバーSUV
平均価格264.7万円202.2万円262.7万円353.1万円294万円491万円192.2万円315.4万円219万円359.2万円
商品リンク

欲しいSUV車が決まったら、ここもチェック!

お目当ての車種が見つかり、ほぼこれで決まりという段階になったら、次は支払総額やアフター保障についても確認していきましょう。

見積内容をよく読んで「支払総額」を確認

見積内容をよく読んで「支払総額」を確認
支払総額とは、「車輌本体価格+諸費用(諸経費)」のことです。新車で購入するときと同様に、登録手数料・車庫証明申請代行料・納車費用がかかり、また他にも、登録するのに必要な法定費用や税金・保険、車検切れの場合は車検代などが必要となります。

内容は購入状況や販売店によってまちまちですので、見積書・契約書をしっかり確認するようにしましょう。

「現状販売」なら、その他の費用との兼ね合いも考えて

「現状販売」なら、その他の費用との兼ね合いも考えて
気をつけなければいけないのが「現状販売」とされている中古車の場合です。現状販売とは展示してある状態での販売となり、修理や整備が必要な場合は費用が別途かかります。

修理や整備によって、現状価格にいくらぐらい上乗せになるか、よく確認するようにしましょう。

アフター保証があるとさらに安心

アフター保証があるとさらに安心

できるだけ購入後の保障がある店舗で購入するのがおすすめです。どんなに慎重に選んでも、当たり外れがあるのが中古車というもの。ときには購入後すぐに修理が必要になる場合があります。保証内容・範囲は販売店によって違うので、事前にしっかり確認しておきましょう。

新車も検討中ならこちらも!

新車もあわせて検討したい方には、以下の記事がおすすめです。燃費性能抜群のSUVや国産に限定したおすすめSUVを紹介していますよ。じっくり比較して、納得のいく一台を手に入れてくださいね。

まとめ

今回はおすすめの中古SUV車をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

オフロードを走れる力強い走行性と、オンロードも走れる自由度がSUVの魅力ですよね!この記事を参考に、あなたにぴったりな1台をお得にゲットしてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す