1. TOP
  2. >
  3. 自動車・バイク
  4. >
  5. 自動車
  6. >
  7. 国産オープンカーのおすすめ人気ランキング3選【ロードスター・コペン・S660】

国産オープンカーのおすすめ人気ランキング3選【ロードスター・コペン・S660】

オープンカーと言えば輸入車に目がいきがち。でも実は、マツダ・ダイハツ・ホンダなどのメーカーから「国産オープンカー」も発売されています。種類は少ないものの、颯爽と風をきって走る楽しみを与えてくれる、おすすめの車ばかり。輸入車よりも購入しやすい価格なのも魅力です。とはいえ特殊なタイプの車なので、いざ購入しようとすると、選択に迷ってしまう方も多いと思います。


そこで今回は、国産オープンカーの選び方と人気ランキングをご紹介!「ロードスター」「コペン」「S660」といった有名なオープンカーがそろい踏みです。解放感があり、街での注目度も高いオープンカーを手に入れて、休日のドライブをもっと楽しみましょう!

  • 最終更新日:2018年11月13日
  • 3,879  views
目次

国産オープンカーの選び方

まずは国産オープンカーの選び方からおさえておきましょう。

代表車種は3つ!それぞれの特徴を知っておこう

2018年現在、新車で購入できる国産オープンカーは、マツダの「ロードスター」とダイハツ「コペン」、ホンダ「S660」の3種になります。それぞれの特徴を知り、どれが自分に最も合うのか検討してみましょう。

走りの良さや充実の機能を感じたいなら「ロードスター」一択!

走りの良さや充実の機能を感じたいなら「ロードスター」一択!

出典:mazda.co.jp

3種のうち、唯一の普通自動車「ロードスター」。走りの良さや機能の充実を実感できるので、パーフェクトなオープンカーを求める方におすすめです。

ロードスターは初代から「人馬一体」の走りを追求してきたブランドで、進化したエンジン「SKYACTIV-G 1.5」「SKYACTIV-G 2.0」を搭載し、ドライバーの「こう走りたい」という想いに敏感に反応してくれる車に仕上がっています。


グレードの選択肢も最も多く、S・S Special Package・S Leather Package・RS・Caramel Topと5種のランクに加え、「ロードスター RF」もS・VS・RSと3種のランクがありますよ。

デザインで遊びたい方に!着せ替えできる軽オープンカー「コペン」

やや異色なのが、着せ替えできる軽オープンカー「コペン」。Robe・XPLAY・Ceroと3つの外装デザインがありますが、このうちRobeとCeroに関しては、お互いに外装の着せ替えが可能。パーツを別途購入しておけば、RobeからCeroに変身できます。

またインテリアもそれぞれ3種類ずつ異なるデザインのものがあり、アルミホイールも3つから選べるようになっています。デザインの多彩さでは他の国産オープンカーの追随を許さないため、他人と同じデザインの車には絶対に乗りたくない、という個性重視の方におすすめの車です。

軽でもプロが認めるほどの走りを体感できる「S660」

軽でもプロが認めるほどの走りを体感できる「S660」

出典:honda.co.jp

「S660」も軽自動車ですが、同じ軽自動車のコペンがデザインにこだわっているのに対し、S660は走りにこだわっています。普通車の「ロードスター」まではいきませんが、軽自動車で、なおかつプロが認めるほどの高いレベルまで仕上がっているのは驚きです。


さらにハイレベルな走りを期待する方のために、「S660 Modulo X」というワンランク上のグレードもあるなど、軽でスポーツカーらしい走りをしたい方にぴったりの車。


特に接地性が良く、低速から高速までどんなシーンでも安定した走りを実現しています。運転初心者からプロまで満足させる軽と言えるでしょう。

ルーフ開閉はやっぱり電動が便利!

ルーフ開閉はやっぱり電動が便利!
オープンカーで最も気になる部分といえばルーフ。特に、どのように開閉するのかは重要ポイントです。

開閉方法は手動と電動に分かれますが、電動開閉なら座ったままボタンをタッチするだけでOKなので、便利さを求める方にはこちらがおすすめ。


一方の手動は、いったん席を立ってルーフを畳む必要があります。手間こそかかるものの、昔のオープンカーの多くは電動開閉ではなかったため、オープンカーに便利さを求めない方や郷愁を大切にしたい方には、手動はいまだに人気。自分が何を求めるかによって選ぶのが良いでしょう。

シートヒーターは標準装備か?要チェック!

シートヒーターは標準装備か?要チェック!
ルーフをオープンにして運転するのは、春や秋といった心地よい季節でも、意外と肌寒いもの。それもオープンカーの醍醐味ではありますが、少し肌寒いときのために、シートヒーターが装備されていると便利です。

寒さは気にしない、暖かい季節しか使わないという方はあまり気にしなくていいですが、春や秋のちょっとした寒さを解消したい方は、シートヒーターが標準装備されているのか確認しておきましょう。

オープンカーにはトランクがない車も!有無と容量を確認しよう

オープンカーにはトランクがない車も!有無と容量を確認しよう
オープンカーのデメリットとしてよく挙げられるのが、収納力の乏しさです。オープンカーは車体にルーフを収納するスペースが必要なので、一般車両に比べ極端に収納力が劣ります。

そのため、多少の収納力は必要という方は、トランクの有無や容量に注目しましょう。そもそもトランクが存在しないという車種もありますが、そういった車種はわざわざトランクがないことは明記してくれないため、購入してから「ない」ことに気づいて慌てるユーザーもいるようです。


オープンカーには荷物なんてほとんど載せない、という方は良いですが、必要な方はトランクがあることがきちんとわかっている車を選びましょう。

国産オープンカーの人気ランキング3選

3位

ホンダS660

1,980,720円 (税別)

ルーフ開閉方法手動
シートヒーター×
トランク×
グレードα・β・Modulo X
価格帯約198万~285万円
エンジン高回転型660cc DOHCエンジン
2位

ダイハツコペン

1,906,200円 (税別)

ルーフ開閉方法電動
シートヒーター
トランク
グレードCero・Cero S ※他にRobe・XPLAYあり
価格帯約185万~214万円
エンジン3気筒DOHCターボ
1位

マツダロードスター

2,554,200円 (税別)

ルーフ開閉方法手動
シートヒーター
トランク〇(130L)
グレードS・S Special Package・S Leather Package・RS・Caramel Top(特別仕様車)
価格帯約255万円~381万円
エンジンSKYACTIV-G 1.5

人気国産オープンカーの比較一覧表

商品画像
1
国産
オープンカー マツダ ロードスター

マツダ

2
国産
オープンカー ダイハツ コペン

ダイハツ

3
国産
オープンカー ホンダ S660

ホンダ

商品名

ロードスター

コペン

S660

特徴走りも良く、幅広いグレードから気に入った車種を選べる「D-Frame」というたった1つの骨格が生み出す多様...軽なのに軽じゃない走り!オープンカーに走りの質を求める方に
最安値
2,554,200
送料要確認
詳細を見る
1,906,200
送料要確認
詳細を見る
1,980,720
送料要確認
詳細を見る
ルーフ開閉方法手動電動手動
シートヒーター×
トランク〇(130L)×
グレードS・S Special Package・S Leather Package・RS・Caramel Top(特別仕様車)Cero・Cero S ※他にRobe・XPLAYありα・β・Modulo X
価格帯約255万円~381万円約185万~214万円約198万~285万円
エンジンSKYACTIV-G 1.53気筒DOHCターボ高回転型660cc DOHCエンジン
商品リンク

スズキの「カプチーノ」2018年年末に復活?

スズキの「カプチーノ」2018年年末に復活?
先にご紹介のとおり、2018年11月現在に新車で購入できる国産オープンカーは3つのみですが、「カプチーノ」が2018年年末に復活するかもしれない、という情報もあります。

カプチーノは1991~1997年まで販売され、26000台あまりを売り上げたスズキの軽オープンカー。販売終了後20年以上が経過しましたが、いまだに人気で、中古市場ではかなりの高額で取引されています。もはや伝説のような存在になっているカプチーノが復活するとなれば、要注目なのは間違いなし!


公式発表されていないのでまだ未確定な情報ではありますが、もし復活するなら「S660」「コペン」のライバルとなります。国産オープンカーの選択肢が増えるのは嬉しい限りなので、続報を待ちましょう!(この情報は、2018年11月執筆段階のものです)

外車オープンカーも比較検討してみよう

今回は国産に限定してオープンカーをご紹介しましたが、外車のほうがオープンカーの種類は豊富です。もし国産にこだわりがなければ、外車オープンカーも比較・検討してみましょう!以下の記事ではさまざまな外車オープンカーをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、国産オープンカーの人気ランキングをご紹介しました。オープンカーは日本ではそれほどメジャーではなく、車種はたったの3つですが、どれも強いこだわりを持って製作されており、魅力的なものばかり。自分にとって最も気持ちよく乗れるオープンカーを見つけて、ドライブを楽しんでくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す