• ルアーロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • ルアーロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • ルアーロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • ルアーロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • ルアーロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

ルアーロッドのおすすめ人気ランキング10選【初心者でも扱いやすいのはどれ?】

エギングロッド・アジングロッドなど、ルアーを使う釣りに欠かせないのが「ルアーロッド」です。しかし、ロッドによって利用できるルアーの重量や長さ、使いやすさはさまざま。また、どこで釣りをするのか、釣りたい魚は何かによっても適切なロッドが変わるため、これから釣りを始める人にとっては、どれを選べば良いのかわからないですよね。


そこで今回は、ルアーロッドを選ぶときのポイントをピックアップ。さらに、通販レビューでも評価の高いおすすめ商品を人気ランキング形式で紹介していきます。早速、自分にあったロッドを手にいれて、ルアー釣りを楽しみましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 11,657  views
目次

ルアーロッドの選び方

では、さっそくルアーロッドの選び方を見ていきましょう!

釣り場に合ったロッドタイプを選ぼう

どこで釣りをするのかによって選ぶべきルアーロッドが変わってきます。よく釣りをする場所に合わせて、適切なロッドを選んでいきましょう。

海や湖で遠投して魚を狙うなら「スピニングロッド」を

海や湖で遠投して魚を狙うなら「スピニングロッド」を

海でルアーを使って釣りをする場合は、スピニングロッドを選択しておきましょう。遠投しやすいスピニングリールを使用できるため、シーバスやタチウオだけでなく、沖にいる大物も狙う事ができます。また汎用性が高いので、どこで釣りをしてどの魚を狙いたいのか決まっていない人でも、とりあえず一本持っておけば安心です。


さらに汎用性を重視していろんな釣りを楽しみたいのであれば、バスロッドやエギングロッドのMクラス以上の専用ロッドを購入しておくのもありですよ。

防波堤や川で近くの魚を狙うなら「ベイトロッド」が◎

防波堤や川で近くの魚を狙うなら「ベイトロッド」が◎

遠投する必要の無い場所で釣りをするなら、ベイトロッドを選ぶといいでしょう。ベイトロッドで利用するリールは、重たい仕掛けを利用しても巻きとる力の強さが特徴です。


防波堤や湖での遠投には向いていませんが、仕掛けの落とし込みや近距離でのキャスト操作がしやすいのは魅力的。ただし、あまり汎用性のあるロッドとは言えないため、2本目に購入するロッドを探している人は候補に入れるといいでしょう。

利用するルアーを基準に選ぼう

利用するルアーを基準に選ぼう

ルアーロッドを選ぶにあたって外せないポイントが「適合ルアーウェイト」です。ロッドは、それぞれ使用できるルアーの重さが決まっています。そのため、自分の使用しているルアー・利用したいルアーが決まっているなら、ルアーの重さを基準に選ぶのも1つの方法です。


ルアーウェイトを超えたルアーを使用することもできますが、あまりに重い場合ルアーが外れたり、ロッドが破損する原因にもなるため注意して選びましょう。

テーパーの特徴を比較して選ぼう

ルアーアクションは、ルアーロッドのテーパー(調子)が影響します。テーパーは商品説明に書かれていないものもあるため、可能なら実際に売り場で触ってみたり、使用者のレビューも参考にしながら自分にあったロッドを絞っていきましょう。

操作性重視・重めのルアー使用なら「ファストテーパー」を

操作性重視・重めのルアー使用なら「ファストテーパー」を

ロッドアクションのしやすさを重視するなら「ファストテーパー」のロッドがおすすめです。ルアーへの動きが伝わりやすく、細かくルアーを動かしやすいのが一番の特徴。ルアー操作も軽い力で行うことができます。


また、重たいルアーを投げる際にも、反発を利用して投げやすいのも魅力。ただし、軽いルアーを用いて釣りをする場合は、遠投しづらくなることもあるので注意してください。

遠投せず軽量ルアーを利用するなら「スローテーパー」がおすすめ

遠投せず軽量ルアーを利用するなら「スローテーパー」がおすすめ

遠投せず軽いルアーを使用するなら「スローテーパー」がおすすめ。最も抵抗が数なく、ロッド全体がよく曲がるのが特徴です。ショートバイトでも合わせやすいうえ、フッキング率が高く、軽量のルアーをよく利用する人にピッタリ。


ただし、大きく曲がってしまうため、ロッドを上下左右に動かしてルアーアクションを付けるのには不向きです。また、重たいルアーを投げようとした場合も、パワーが足りず危険。あくまでも軽いルアーを利用する人向けという点に注意しておきましょう。

バランス重視で汎用性の高い1本を求めるなら「レギュラーテーパー」

バランス重視で汎用性の高い1本を求めるなら「レギュラーテーパー」

ルアーアクションもしやすく扱いやすい、汎用性のあるロッドを求めるなら「レギュラーテーパー」も検討しましょう。レギュラーはスローとファストの中間程度の曲がり具合で、取り付けるルアーによるクセがないのが特徴。他のタイプと比較すると、最もバランスの良いルアーロッドになります。


ただし、その分何かに特化した機能が付いていないため、中途半端と見られる傾向も。ルアーアクションの性能や、何かに特化してルアーロッドを選択したい人は、他のタイプから選択するといいでしょう。特性などがまだよく分からない初心者は、レギュラーテーパーから始めてみるのもありですよ。

扱いやすいものを選ぼう

ルアーを利用した釣りは、何度も投げて操作を繰り返すため扱いやすさも大切なポイントです。快適に釣りをするために、必要な要素も把握してロッドを選んでいきましょう。

長時間のルアー操作でも疲れにくい軽量ロッドが◎

長時間のルアー操作でも疲れにくい軽量ロッドが◎

釣りの方法にもよりますが、何度もルアーをキャストしてシャクリを繰り返す場合、なるべく軽量の商品を選択することをおすすめします。ルアーロッドの中でもエギングロッドは、他のロッドよりも比較的軽量に作られているため、多くの人が利用している人気のロッドです。女性や子供が利用できる軽めのロッドを探している場合にもピッタリですよ。

万能ロッドを求めるなら9フィート前後がおすすめ

万能ロッドを求めるなら9フィート前後がおすすめ

さまざまな魚釣りに利用できるロッドを探している場合、ロッドパワーや重量などのバランスが良い9フィート前後のルアーロッドがおすすめです。ロッドの長さ(レングス)は、ルアーの飛距離にも影響します。


どこでも釣りをしやすい万能ロッドを探している人は、川や海のすぐそばばかりで釣りをするわけではないですよね。そのため、多少離れていても投げやすくパワーもある、9フィート前後を目安にするといいでしょう。

様々なルアーを使いたいならミディアムクラスパワーをチョイス

様々なルアーを使いたいならミディアムクラスパワーをチョイス

ロッドのパワー(強度)スペックは、主に「L(ライト)・M(ミディアム)・H(ヘヴィ)」の3種類。このうち、より扱いやすく、狙える魚や利用できるルアーの種類が多いロッドを探している場合はMがおすすめです。Lは竿が柔らかく適合ルアーの重さも軽くなるのが特徴。逆にHは、硬くなりすぎるため、初心者には少し扱いにくいでしょう。

携帯性を重視するならコンパクトモデルが◎

携帯性を重視するならコンパクトモデルが◎
持ち運びやすさを重視する人は、コンパクトに収納できるモデルがおすすめです。釣り場に行くときの移動手段にもよりますが、車移動でもないかぎりコンパクトになるタイプを選びましょう。伸縮するタイプと、分解して小さくなるルアーロッドなら自転車でも持ち運びやすく安全です。

車で移動する場合でも、ワンボックスカーのような全長が長い車でない限り、長さは注意して選びましょう。おすすめは、最低でも継数2つ以上の商品です。おすすめの9フィートの商品は全長3m近くなりますが、半分になれば1.5m程なので問題なく持ち運べるでしょう。

ルアーロッドの人気ランキング10選

今回は、主に汎用性の高いスピニングリールが使用できるロッドを中心に紹介しています。では、ここまで見てきたルアーロッドの選び方を踏まえて、人気商品をランキング形式で見ていきましょう!

10位
ルアーロッド DAIWA ショアジギングロッド スピニング ジグキャスター 96M
出典:amazon.co.jp

DAIWAショアジギングロッド スピニング ジグキャスター 96M

9,702円 (税込)

ロッドタイプスピニング
適合ルアーウェイト10~60g
テーパー
ロッド重量205g
ロッドの長さ9.6フィート
ロッドのパワーライト
継ぎ数2継
9位

KastKingコンパクト ロッド BlackhawkII

5,248円 (税込)

ロッドタイプスピニング・ベイト
適合ルアーウェイト5~18g
テーパー
ロッド重量130g
ロッドの長さ1.98m
ロッドのパワー
継ぎ数ー(伸縮タイプ)
8位
ルアーロッド SHIMANO ルアーマチック スピニング S80L
出典:amazon.co.jp

SHIMANOルアーマチック スピニング S80L

4,809円 (税込)

リール適合スピニング
適合ルアーウェイト4~21g
テーパー
ロッド重量135g
ロッドの長さ2.44m
ロッドのパワー
継ぎ数2継
7位
ロッドタイプスピニング・ベイト
適合ルアーウェイト30~40g
テーパー
ロッド重量200g
ロッドの重さ2.1m
ロッドのパワー
継ぎ数伸縮タイプ(40cm以下)
6位
ルアーロッド メジャークラフト ファーストキャスト アジソリッド
出典:amazon.co.jp

メジャークラフトファーストキャスト アジソリッド

FCS-S682AJI

5,767円 (税込)

ロッドタイプスピニング
適合ルアーウェイト0.6~10g
テーパーファストテーパー
ロッド重量118g
ロッドの長さ6.8フィート
ロッドのパワー
継ぎ数2継
5位

メジャークラフトエギングロッド スピニング ソルパラ

SPS-832E

4,640円 (税込)

ロッドタイプスピニング
適合ルアーウェイト20g
テーパーレギュラー
ロッド重量499g
ロッドの長さ8.3フィート
ロッドのパワーM
継ぎ数3継
4位
ルアーロッド SHIMANO スピニングロッド ルアーマチック
出典:amazon.co.jp

SHIMANOスピニングロッド ルアーマチック

S90ML

5,890円 (税込)

ロッドタイプスピニング
適合ルアーウェイト6-28g
テーパー
ロッド重量155g
ロッドの長さ9フィート
ロッドのパワーML
継ぎ数2継
3位

メジャークラフトショアジギングロッド

SPS-962LSJ

5,059円 (税込)

ロッドタイプスピニング
適合ルアーウェイト最大50g
テーパーレギュラー
ロッド重量680g
ロッドの長さ9.6フィート
ロッドのパワーM
継ぎ数2継
2位
ルアーロッド PRO MARINE ロッド ワンダーバス
出典:amazon.co.jp
ロッドタイプスピニング
適合ルアーウェイト1.8~113g
テーパー
ロッド重量103g
ロッドの長さ1.8m
ロッドのパワー
継ぎ数2継
1位
ロッドタイプスピニング
適合ルアーウェイト6-28g
テーパー
ロッド重量145g
ロッドの長さ8.6フィート
ロッドのパワー
継ぎ数2継

人気ルアーロッドの比較一覧表

商品画像
1
ルアーロッド シマノ(SHIMANO) ルアーマチック

シマノ(SHIMANO)

2
ルアーロッド PRO MARINE ロッド ワンダーバス

PRO MARINE

3
ルアーロッド メジャークラフト ショアジギングロッド

メジャークラフト

4
ルアーロッド SHIMANO スピニングロッド ルアーマチック

SHIMANO

5
ルアーロッド メジャークラフト エギングロッド スピニング ソルパラ

メジャークラフト

6
ルアーロッド メジャークラフト ファーストキャスト アジソリッド

メジャークラフト

7
ルアーロッド PiDiEn ルアーロッド

PiDiEn

8
ルアーロッド SHIMANO ルアーマチック スピニング S80L

SHIMANO

9
ルアーロッド KastKing コンパクト ロッド BlackhawkII

KastKing

10
ルアーロッド DAIWA ショアジギングロッド スピニング ジグキャスター 96M

DAIWA

商品名

ルアーマチック

ロッド ワンダーバス

ショアジギングロッド

スピニングロッド ルアーマチック

エギングロッド スピニング ソルパラ

ファーストキャスト アジソリッド

ルアーロッド

ルアーマチック スピニング S80L

コンパクト ロッド BlackhawkII

ショアジギングロッド スピニング ジグキャスター 96M

特徴淡水から海まで幅広く活用できるルアーロッド子どもでも利用しやすいコスパ最高のルアーロッドルアーアクションのしやすいレギュラーテーパーロッド狙える魚の種類が豊富なルアーロッド汎用性の高い商品を探している人におすすめの1本軽量ルアーを使用するならこれ衝撃に強くしなやかな初心者におすすめの1本アジングからシーバスまで対応したルアーロッド初心者から中級者のサブロッドにおすすめコスパ抜群!遠投性・強度に優れた軽量ルアーロッド
価格6,233円(税込)1,562円(税込)5,059円(税込)5,890円(税込)4,640円(税込)5,767円(税込)4,809円(税込)5,248円(税込)9,702円(税込)
ロッドタイプスピニングスピニングスピニングスピニングスピニングスピニングスピニング・ベイトスピニングスピニング・ベイトスピニング
適合ルアーウェイト6-28g1.8~113g最大50g6-28g20g0.6~10g30~40g4~21g5~18g10~60g
テーパーレギュラーレギュラーファストテーパー
ロッド重量145g103g680g155g499g118g200g135g130g205g
ロッドの長さ8.6フィート1.8m9.6フィート9フィート8.3フィート6.8フィート2.1m2.44m1.98m9.6フィート
ロッドのパワーMMLMライト
継ぎ数2継2継2継2継3継2継伸縮タイプ(40cm以下)2継ー(伸縮タイプ)2継
商品リンク

釣り場に合わせてルアーも使い分けよう

ルアーロッドと一緒に、ルアーも手に入れておきましょう。ルアーも種類が豊富ですが、釣り場や釣りたい魚に合わせて上手に使い分ければ、好釣果が期待できますよ。ぜひ以下の記事も参考に、必要なルアーを揃えてみてくださいね。

まとめ

今回は、ルアーロッドの選び方をいくつかのポイントをいくつかピックアップして紹介してきましたが、いかがでしたか?ルアーロッドを選ぶときは、ルアーを基準にするか使いやすさを基準にするか優先したい基準にそってルアーロッドを絞っていきましょう。

この記事のランキングで紹介している商品は、どれも人気のある商品ばかりです。この記事で紹介している選び方も参考にして、商品を比較検討して自分にあったルアーロッドを手に入れてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す