• 72f0d7d4c44c8dfd92749c927bf96497ca1c4f7c
  • 9e3d974f4343688d50c1ae202a6b9e664639ae33
  • 8dfb007e7e1b729a48e59ffd24ac6a6fe6175b59
  • Df952243d6c36f8396195ecd5ae09006667f76fe
  • Cc6544baf36662132cfb1dda948ca27f78485a36

【最強!】エギングロッドのおすすめ人気ランキング10選

堤防などの近場で気軽にはじめられる、釣って楽しく食べて美味しいイカを疑似餌で釣るエギング。イカの釣果を左右するのは、なんといってもエギングロッドです。総合釣具メーカーのダイワやシマノ、ルアーフィッシングに強いメーカーのアブやエバーグリーンなどから発売されているエギングロッド。メーカー・長さ・パワーなど、いったい何を基準に選んだらいいかわかりませんよね?

そこでビギナーからベテランまでが納得する「買って後悔しない10製品」をランキング形式でご紹介します。厳選したおすすめエギングロッドの中からあなたにぴったりのロッドをぜひ見つけてください!最新のものや、安いロッドもありますので、ぜひお試しください!

最終更新日:2017年06月07日 | 17,813views

エギングとは?

イカ釣りの一種で、疑似餌であるエギ(餌木)を使うルアーフィッシングです。近場の防波堤などで気軽にはじめることができ、釣って楽しく食べて美味しい釣りがエギングの魅力です。

エギングは、疑似餌であるエギには尻尾の部分に「かんな」と呼ばれる八方に広がった針があり、そこに引っ掛けてイカを釣ります。そこでロッドを巧みに操作してエギにアクションをあたえ、本物のエサ(生きた小魚)のように動かすことが釣果につながります。

エギングにおいてロッドは釣果を左右する重要なタックル(釣り道具)なので慎重に選びましょう!

エギングロッドの選び方

エギングロッドは、体型やフィールドなどから自分にあったものを選ぶことが重要です。しかし、はじめたばかりの方には難しいものです。

ロッドを選ぶ基準には、硬さ・長さ・軽さ・ガイドなどのパーツ・適正エギウェイト・値段などがあります。はじめてエギングロッドを購入する方は、扱いやすさと飛距離のバランスが良いといわれる「8.6ft(2.67m)ミディアムクラス」を基準にすると選びやすくなりますよ。

ロッドの「硬さ(ハリ)」は重要なポイント

はじめの1本目は、オールシーズン使用する3.0〜3.5号のエギに対応しているロッドをおすすめします。ロッドの硬さ(ハリ)は、ML(ミディアムライト)〜MH(ミディアムヘビー)で分類されています。

ML(ミディアムライト)クラスは、2.0〜3.5号(6〜20g)のエギに対応。
M(ミディアム)クラスは、2.5〜4.0号(10〜25g)のエギに対応。
MH(ミディアムヘヴィー)クラスは、3.0〜4.5号(15〜33g)のエギに対応。

キャスト時の飛距離とエギのアクションに大きな影響を与えるロッドの硬さ(ハリ)は、硬め(M〜MH)の方がエギをアクションさせやすい反面、腕力や体力が必要になります。子供や女性は無理をせずキャストしやすい柔らかめ(ML〜M)を選ぶことをおすすめします。

フィールドに適した「長さ」のロッドを選ぼう

8.4〜8.6ft(2.52〜2.58m)くらいがエギングロッドの標準的な長さで、堤防や護岸をはじめあらゆるフィールドで使用できるのでおすすめです。

9ftを超える長いロッドのメリットは、足場が高かったり遠投が必要なフィールド(磯・サーフなど)に向いています。
8ft以下の短いロッドのメリットは、キャスト精度や取り回しの良さが求められるフィールド(消波ブロック・ボートなど)に向いています。

キャストとシャクリを繰り返すのでロッドの「軽さ」は重要なポイント

常に攻めの釣りをすることがエギングでは釣果に差が出ます。イカのいそうなポイントへのキャストとエギをおいしそうな小魚に見せるシャクリを繰り返すことです。この繰り返しは、体力が必要になります。そこで「軽さ」もエギングロッドを選ぶ上で重要なポイントになります。

軽量なロッドほど、らくにキャストやシャクリを繰り返すことができて釣果に差が出ます。ただし、軽量化されたロッドほど高価になることを覚えておきましょう。

重要なパーツの特性も要チェック!

パーツによってロッド全体のバランスや重さが変わり、操作性や扱いやすさに差が出てきます。またエギングにはPEラインが多く使われます。メリットの多いPEラインですが、ロッドやガイドにに絡みやすく傷つけやすい特性があるので、購入前に各パーツもチェックしておきましょう!

ガイド:飛距離と軽量化に影響する重要パーツ

出典:www.daiwa.com

ガイドリングはラインが接触するので、1.摩擦抵抗が少ないこと、2.ラインが傷つきにくいこと、3.軽いことが重要です。このパーツは概ね「SiCリング」が採用されており、どのメーカーのロッドを選んでもほぼ同一のパーツメーカー(富士工業社製)のものが使用されています。

ガイドフレームは「Kシリーズ(Kガイド)」と呼ばれるキャスト絡みを防ぐ特徴をもったものがあります。エギングで多く使用されるPEラインは、ガイドに巻きつきやすい特性があるのでトラブルの発生を減らす効果があります。

ブランクス:基本はファーストテーパー

ロッド本体のこと。中空構造になっているためブランクスと呼ばれます。ロッドの先端部がしなるファーストテーパー(先調子)と中程からしなるレギュラーテーパー(胴調子)があります。ファーストテーパーはアタリが取りやすく、エギにアクションを与えやすくなります。レギュラーテーパーは乗りが良くバラシにくく、キャストしやすくなります。エギングロッドはファーストテーパーを多く採用しています。

グリップエンド:ロッドの取り回しに影響します

エギングロッドを選ぶときにはグリップエンドの長さも重要なポイントです。ボート釣りは短め、それ以外では長めにすると扱いやすくなります。リールフットを持ったときに「肘より飛び出さない長さ」を目安にしましょう。

長すぎる場合には、エギにアクションをつけているとグリップエンドが服などに引っかかり釣りにくくなってしまいます。また短すぎる場合には、手首だけのキャストになり飛距離が出なかったり、人によっては巻き上げにくくなりますので注意しましょう。

エギングロッドのおすすめ人気ランキング10選

人気があり評価の高いおすすめのエギングロッドをランキング形式でご紹介します。デザイン・価格・スペックなどをチェックして、あなた好みのエギングロッドを見つけてください。

10位:TIGA DIVIDE EGING 8.4F

ハラ(TIGA) ロッド DIVIDE EGING 8.4F
5,067円(税込)

・全長(ft/m):8.4/2.52
・継数(本):5
・仕舞寸法(cm):55
・自重(g):149
・適合エギウエイト(号):2.0〜4.0

エギングロッドでは珍しいパックロッド

仕舞寸法55cmというコンパクトサイズで、バイクや自転車、公共交通機関を利用して手軽にエギングが楽しめます。使い勝手のいい長さとパワーを持ち、2.0〜4.0号のエギを幅広くキャストできる5本継とは思えないパワフルなロッドです。リーズナブルな価格が魅力のパックロッドです。

9位:メジャークラフト ソルパラ SPS-862E

メジャークラフト ロッド ソルパラ SPS-862E
7,479円(税込)

・全長(ft/m):8.6/2.58
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):記載なし
・自重(g):116
・適合エギウエイト(号):2.5〜3.5

飛距離が欲しいならコスパ抜群のこのロッド

ロングキャストで深場を狙うときや春先の大物を狙いたいときに、しっかりと応えてくれるエギングロッドです。しなやかさとパワーもあるのでエギングだけでなく、シーバスやチョイ投げ用としても兼用できる汎用性とコストパフォーマンスが高いおすすめのロッドです。

8位:アブガルシア タコスフィールド TKFC-762H

アブガルシア ロッド タコスフィールド TKFC-762H
11,794円(税込)

・全長(ft/m):7.6/2.29
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):118
・自重(g):171
・適合エギウエイト(号):2.5〜(180gまで)

春先のデカイカ狙いなら、あえてこのロッド

春先のキロオーバーのデカイカ狙いなら、あえてタコ釣り用のこのロッドをおすすめします。柔らかすぎるかな?と思うほどしなるティップは身切れを防ぎ、デカイカに負けないパッドパワーを備えています。ベイトリールとこのロッドで、夢のランカークラスを釣り上げてみましょう。

7位:ダイワ エメラルダス 66M-S ボート

ダイワ ロッド エメラルダスアウトガイドモデル 66M-S ボート
11,340円(税込)

・全長(ft/m):6.6/1.98
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):103
・自重(g):92
・適合エギウエイト(号):3.0〜(60gまで)

ボート派におすすめの取り回しやすいロッド

出典:www.daiwa.com

6.6ft(1.98m)の取り回しの良さを優先したボート用エギングロッドです。ラインスラックや風によるガイドへの糸絡みを少なくするガイドシステムを採用しており、スムーズなライン放出で飛距離を伸ばすだけでなく、繊細なアタリも逃しません。ポイントの近い消波ブロックなどでも、ポテンシャルを発揮出来るショートロッドです。

6位:シマノ セフィア SS R S806M

シマノ ロッド セフィア SS R S806M
19,403円(税込)

・全長(ft/m):8.6/2.59
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):133.2
・自重(g):111
・適合エギウエイト(号):2.5〜4.0

フィールドを選ばないスーパーオールラウンドモデル

フィールドやシーズンを問わずオールラウンドに活躍するエギングロッドです。ハリのあるティップと粘りのあるブランクスは、キャストやシャクリなどの操作性に優れています。低活性でじっくりシャクったり、高活性でキャストを繰り返したり、ワンランク上の操作性を実現するおすすめのロッドです。

5位:ダイワ リバティクラブ エギング 862MH

ダイワ ロッド リバティクラブ エギング 862MH
7,459円(税込)

・全長(ft/m):8.6/2.60
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):135
・自重(g):145
・適合エギウエイト(号):2.5〜4.0

ビギナーでも扱いやすいコストパフォーマンスの高いロッド

出典:www.daiwa.com

エギがシャクリやすく、ロングキャストが可能なビギナー向けのエギングロッドです。ハリとパワーがあるのでキャストしやすく、ティップのバランスがいいのでシャクリやすくアタリがわかりやすい使い勝手のいいロッドです。この価格で買えるのは、さすが一流メーカーといった感じで、「エギングをはじめてみよう!」という方におすすめのロッドです。

4位:EVERGREEN ポセイドン セカンドステージ SSSS-88L スラックジャーク88

エバーグリーン(EVERGREEN) ロッド ポセイドン スキッドロウ セカンドステージ SSSS-88L スラックジャーク88
33,686円(税込)

・全長(ft/m):8.8/2.64
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):記載なし
・自重(g):106
・適合エギウエイト(号):2.5〜4.0

エギを瞬時にスラックジャークさせる操作性抜群のロッド

しっかりしなり、素早く戻る理想のブランクスを採用しているので、エギを左右に移動させるスラックジャークさせやすいエギングロッドです。ブランクスだけでなくガイド・リールシート・グリップエンドなど細部のパーツに至るまで妥協していないこのロッドは、8.8ftと長めのロッドにもかかわらず、わずか106gと軽量です。ワンランク上のエギアクションを身に付けたい人におすすめのロッドです。

3位:シマノ セフィア BB S809M

シマノ ロッド セフィア BB S809M
13,516円(税込)

・全長(ft/m):8.9/2.67
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):137
・自重(g):99
・適合エギウエイト(号):2.5〜4.0

100gを切る軽さは子供や女性に最適なロッド

8.9ftのロングレングスでありながら、わずか99gの軽量エギングロッドです。高い弾性率のカーボンを採用しているので、軽いだけでなくバランスの良いしなりとねばりがあります。そのためロングキャストとシャクリを繰り返しても、疲労感が他のロッドとは違ってきます。

軽さ・調子・デザインは、まるでワンランク上のロッド。子供や女性にも扱いやすい軽さで、コストパフォーマンスの高いおすすめのエギングロッドです。

2位:YAMAGA Blanks Calista 86M/TZ NANO

ヤマガブランクス(YAMAGA Blanks) ロッド カリスタ 86M/TZ NANO
44,340円(税込)

・全長(ft/m):8.6/2.58
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):132.5
・自重(g):99
・適合エギウエイト(号):2.5〜4.0

先進のテクノロジーを搭載したハイパフォーマンスロッド

ハリのあるブランクは反発力があり、シャクリが楽しくなるエギングロッドです。またティップから元までしっかり曲がってくれる弾力性を持ち合わせているのでイカを乗せても身切れすることなく、軽い力でキャスト・シャクリ・イカとのファイトが楽しめます。

4.0号エギをディープでもビシビシシャクリまくる操作性と8.6ftあるとは思わせない扱いやすさを持っているハイパフォーマンスロッドです。エギングにハマってしまった人におすすめです。

1位:ダイワ エメラルダス AIR AGS 86M

ダイワ ロッド エメラルダス エア AGS86M
31,546円(税込)

・全長(ft/m):8.6/2.59
・継数(本):2
・仕舞寸法(cm):134
・自重(g):90
・適合エギウエイト(号):2.5〜4.0

ロングキャストと操作性を両立したオールマイティロッド

出典:www.daiwa.com

ブランクス・ガイド・グリップなどダイワのテクノロジーを集結したエギングロッドです。スマートフォンより軽い驚きの90gを実現し、シャープな振り心地と8.6ftのロングレングスにより、ロングキャストに長けています。

ハイクラスなブランクスとガイドを採用したことにより、エギにアクションを伝えやすくなり、イカが触れる繊細なアタリも逃しません。

軽さ・長さ・硬さのバランスが良く、さらに感度・心地よい振り抜け、どれをとってもハイパフォーマンスな買って後悔のないおすすめのエギングロッドです。

まとめ

おすすめのエギングロッドをランキングでご紹介しました。アクション重視から飛距離優先まで、さまざまなエギングロッドがあります。あなたにぴったりのエギングロッドを持ってフィールドに出掛けましょう!

エギングは気軽にはじめられるので、ぜひお気に入りのロッドを手に入れて楽しいフィッシングライフを送ってくださいね!

人気の記事

関連キーワード