1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. 電子書籍リーダー
  6. >
  7. Kindle端末のおすすめ人気ランキング4選【徹底比較!】

Kindle端末のおすすめ人気ランキング4選【徹底比較!】

Amazonが販売している電子書籍・Kindle。快適に読むには、5つのモデルからなる「Kindle端末」を使うのがおすすめです。とはいえ、機能の充実度合いや容量、値段などはさまざま。同じモデルでも3G通信やキャンペーン情報の有無によって複数の種類に分かれており、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いかもしれません。


そこで今回はKindle端末の選び方と、人気の高い端末をランキング形式でご紹介します。自分のKindleの使い方にぴったりの一台を手に入れて、毎日の読書をより快適にしましょう!

  • 最終更新日:2020年06月17日
  • 30,280  views
目次

Kindle端末には魅力がたくさん!お得な特典も

Kindle端末には魅力がたくさん!お得な特典も

Kindleはスマホやタブレットでも閲覧できるので、「Kindle端末は必要なの?」と思う方も多いかもしれません。ですが、Kindle端末だからこそのメリットも多くあります。


まず最初のメリットは、本物の紙のようなマットな画面なので、明るい場所でも反射が少なく見えやすいということ。また、オフラインでも辞書機能が使えるなど、細かい部分の便利さも抜群です。Kindleは外出先で使うことも多いものなので、嬉しい特徴ですよね。


またAmazonのプライム会員で、なおかつKindle端末を持っていれば、月に一度、Kindle本を無料で一冊ダウンロードできるという特典も!本好きの方にとっては嬉しい特典ですよね。見やすさや機能性、お得な特典を備えたKindle端末を、ぜひチェックしてみてください!

Kindle端末の選び方

それでは早速Kindle端末の選び方を見て行きましょう。モデルによってさまざまな違いがあるので、選び方をしっかりチェックして、自分の使い方や好みに合ったものを選んでくださいね。

まずはキャンペーン情報の有無を選ぼう

まずはキャンペーン情報の有無を選ぼう

Kindle端末にはキャンペーン情報の付いているモデルと付いていないモデルがあります。大きな違いは広告表示の有無と価格。それぞれのメリット・デメリットを確認し、自分に合ったものを選びましょう。


キャンペーン情報付きモデルは、スリープ画面やホーム画面下などに広告が表示されます。しかしキャンペーン情報なしのモデルより端末価格が2,000円ほど安価。読書の邪魔にならない配置で、Kindle関連の広告が表示されるため、あまり気にならない方であれば安価なこちらを選ぶのもアリです。


キャンペーン情報なしのモデルは広告が一切表示されません。キャンペーン情報付きモデルより価格は上がりますが、広告表示が気になる方はこちらのほうがストレスなく読書を楽しめるでしょう。後から変えることができないポイントですので、じっくり考えてから選んでくださいね。

購入する本の種類にあわせて容量を選ぼう

購入する本の種類にあわせて容量を選ぼう

Kindle端末の容量は、4・8・32GBの3種類です。自分がどのような本を主に購入するのかにあわせて選びましょう。


活字の本を中心に購入する場合は、4GBでも数百冊保存することができます。しかしマンガの場合は4GBだと90冊程度しか保存できないので、マンガ中心に購入するなら8GBか32GBがいいでしょう。8GBならマンガを140冊、32GBなら700冊保存することができます。


ちなみに、Kindle Paperwhiteマンガモデルという、マンガを読むことに特化した32GBのモデルもありますよ。活字はほとんど購入しない、Kindleはマンガを読むために使うという方は、こうしたモデルを選んでみてもいいかもしれません。

3G通信可能なモデルなら外出先でもダウンロードできる!

3G通信可能なモデルなら外出先でもダウンロードできる!

Kindle端末の中には、Wi-Fiに加えて無料の3G回線が利用できるモデルもあります。外出先や移動中に本の購入・ダウンロードを行う方は、ぜひこのモデルのKindle端末を選んでください。


なお、このタイプのモデルは本体さえ購入してしまえば3G回線が無料で永久に使用でき、特別な契約も必要ないため、月ごとの料金も発生しません。Wi-Fiのみのモデルよりやや価格が高めの傾向にありますが、普段からよく使う方にとってはこちらのほうがお得ですね。


ただしマンガなど容量の大きい本は、3G回線ではうまくダウンロードできないことも。Kindle端末では主にマンガを読むという方は、Wi-Fiモデルのほうがいいでしょう。

Kindleを使う環境に合った機能をチェック!

小さくて軽量、持ち運びにも便利なKindle端末。どんな場所や環境で使うかによっても、選ぶべきモデルは変わってきます。

お風呂で使いたいなら防水性能が重要に

お風呂で使いたいなら防水性能が重要に

お風呂でゆっくりお湯に漬かりながら、読書をして癒しのひとときを過ごす方も多いのではないでしょうか。その場合、重要になってくるのは「防水性能」です。


Kindle端末の中でも、位のモデルの端末には防水仕様のものがあります。万が一落としてしまっても安心なように、お風呂でよく使用する方は、防水性能の有無を確認しましょう。

バックライトがあれば暗い所でも見やすい!

バックライトがあれば暗い所でも見やすい!

寝る前にベッドの中で読書することが多い方には、バックライト付きの端末がおすすめです。モデルによってバックライトの有無や個数などが異なりますが、就寝前の読書なら、できるだけバックライトが多いものの方が適しています。

移動中に読むならページめくりボタン付きが便利

移動中に読むならページめくりボタン付きが便利

Kindle端末の中にはページめくりボタンという機能がついているものがあります。これは本体の両脇につけられた圧力センサーによって、軽く触れるだけで次のページを開いてくれるという機能。


スワイプすることなく、本体を持つ手の指を動かすだけで本を読み進めることができるので、移動中の読書に便利です。電車内などで読むことが多い方は、ぜひこの機能がついているモデルを選んで、ストレスなく読書を楽しみましょう。

Kindle端末のおすすめ人気ランキング4選

それではいよいよ、Kindle端末の人気ランキングをご紹介します。文芸・マンガ・雑誌などよく読むジャンルや、読書をする場所などご自分のライフスタイルにあった機種を探してくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月8日時点)をもとにして順位付けしています。

4位
接続Wi-Fi
容量8GB
防水仕様-
バックライト-
ページめくりボタン-
3位
接続Wi-Fi
容量4GB・8GB
防水仕様-
バックライト-
ページめくりボタン
2位
接続Wi-Fi・Wi-Fi+無料4G
容量8GB・32GB
防水仕様
バックライト-
ページめくりボタン
1位
接続Wi-Fi・Wi-Fi+無料4G
容量8GB・32GB
防水仕様
バックライト-
ページめくりボタン

人気Kindle端末の比較一覧表

商品画像
1
Kindle端末 Amazon Kindle Paperwhite 1枚目

Amazon

2
Kindle端末 Amazon Kindle Oasis 1枚目

Amazon

3
Kindle端末 Amazon Kindle 1枚目

Amazon

4
Kindle端末 Amazon Kindle キッズモデル 1枚目

Amazon

商品名

Kindle Paperwhite

Kindle Oasis

Kindle

Kindle キッズモデル

特徴薄く、軽く、使いやすい!コスパ最強の電子書籍リーダー場所を選ばず読書を楽しめるハイエンドモデル価格重視ならコレ!基本性能を携えたベーシックモデル子どもの読書意欲を高めるうれしい機能が満載!
最安値
12,900
送料無料
詳細を見る
32,980
送料無料
詳細を見る
8,980
送料無料
詳細を見る
10,980
送料無料
詳細を見る
接続Wi-Fi・Wi-Fi+無料4GWi-Fi・Wi-Fi+無料4GWi-FiWi-Fi
容量8GB・32GB8GB・32GB4GB・8GB 8GB
防水仕様--
バックライト----
ページめくりボタン-
商品リンク

Kindle Paperwhiteを使うならケースも用意しよう!

Kindle端末の中でも人気の高い「Kindle Paperwhite」。こちらに関しては、ケースも多数発売されています。機能重視の実用的なケースから、デザイン性に優れたおしゃれなケースまでさまざま。Kindle Paperwhiteの購入を考えている方は、ぜひ以下の記事もあわせてチェックしてみてください!

まとめ

人気の高いKindle端末をご紹介してきましたが、いかがでしょうか。お値段や画面の見やすさ、機能性など、選ぶポイントは人それぞれ。今回の記事を参考にしてお気に入りのKindle端末を選んで、快適な読書生活を楽しんでくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す