• 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選

電子書籍を快適に読みたい方におすすめの「電子書籍リーダー」。Amazonの「Kindle」や楽天の「kobo」だけでなく、ソニーなど有名な家電ブランドからも発売されています。とはいえ商品数が多すぎて、どれを買えばいいのか迷ってしまう、という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、電子書籍リーダーの選び方と、人気製品のランキングをご紹介!PDFが閲覧できるものや、GooglePlayから各ストアのアプリをDLできるもの、タブレットとしての使い方も可能なものなど、豊富なラインナップですよ。使いやすい端末を手に入れて、読書をより楽しみましょう。

この記事に登場する専門家

こんち
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 315,727  views
目次

電子書籍リーダーを使うメリットとは?

電子書籍リーダーを使うメリットとは?

「スマホやタブレットで読めるのに、電子書籍リーダーを購入するのはどうなの…?」と不安な方もいらっしゃると思います。そんな方のために、まずは電子書籍リーダーのメリットを見ていきましょう。


第一のメリットは、「目に優しい」という点。電子書籍リーダーは、光を反射することで画面を表示する「電子ペーパー」を使っており、ブルーライトも発生していないので、疲れ目の方でも安心して読書することができます。


また「読書に集中できる」のもメリットの一つ。ネット接続は可能ですが、閲覧できるサイトや快適さは制限されるので、気を散らすことなく読書できるようになります。電子書籍を長時間読むことがある、読書に集中したいという方は、電子書籍リーダーの導入を検討してみてください!

電子書籍リーダーの選び方

どの電子書籍リーダーを選べばいいのか迷った時に気をつけたいこと、選び方のポイントをご紹介していきます。

利用している電子書籍ストアに対応しているものを選ぶ

利用している電子書籍ストアに対応しているものを選ぶ
電子書籍リーダーの中には、特定のストアの本しか読めないものもあります。自分が電子書籍をよく購入しているストアに対応しているかどうか、確認して選ぶようにしてください。例えばKindleを利用しているなら、Kindle対応の製品が適しています。

なお、複数のストアを使っている場合は、幅広いストアに対応している製品がおすすめです。GooglePlayからストアのアプリをダウンロードし、閲覧できる製品などをチェックしてみましょう。

どんな書籍を読むかによって、スペックをチェック

小説・マンガ・写真集など、どんな書籍を読むかによって、容量・サイズといったスペックを選ぶのもベターです。

マンガなら記憶容量8G以上、テキストなら4Gなど一般的な容量でOK

マンガなら記憶容量8G以上、テキストなら4Gなど一般的な容量でOK

記憶容量は、普段どんな本をよく読むかで決めましょう。一般的な電子書籍リーダーは、約4Gのフラッシュメモリが使われています。小説1冊は約1MBほどのことが多いので、テキスト中心の本をよく読む場合は、約4Gで十分です。


しかし、マンガは1冊につき40MBほどの容量が必要。そのため、主にマンガを読みたいという方は、8GBなど記憶容量が大きなものがおすすめです。


なお、ストアによっては、クラウド上に書籍データを保管し、必要なときにだけ読み込む形式のところもあります。クラウド対応のストアを使用している方は、マンガ中心でも記憶容量はあまり気にしなくて良いでしょう。

基本サイズは6インチ、写真・絵がメインなら7インチ前後も◎

基本サイズは6インチ、写真・絵がメインなら7インチ前後も◎

電子書籍リーダーのディスプレイサイズは6インチが大半ですが、中には7インチ以上の製品もあります。小説などテキスト中心の書籍を読むなら6インチが、写真集やマンガを読むなら7インチ前後がおすすめです。


ただし、文字を大きく拡大して読みたい場合は、読む本にかかわらず、大きめのディスプレイサイズが良いでしょう。

マンガ・写真集などの場合はより高解像度のものを

マンガ・写真集などの場合はより高解像度のものを

解像度が高いほど、写真はやイラストが細かいところまでキレイに見えます。マンガ・写真集など、ビジュアルも重要な書籍をよく読むなら、300ppi以上の高解像度を選ぶのが◎。ただし、小説など文章中心の書籍がメインの場合は、解像度はあまり気にしなくていいでしょう。

PDFファイルが閲覧できると便利

PDFファイルが閲覧できると便利

忙しいビジネスマンの方に、ぜひチェックしていただきたいのがPDF閲覧機能。電子書籍リーダーでPDFファイルを閲覧できれば、自作データや仕事用のファイルも確認することが可能になります。


また、青空文庫の小説やWeb小説などをPDFに変換して自炊している方も、電子書籍リーダーで読書ができるようになります。ストアからダウンロードしたもの以外を読みたい方も、要チェックですよ。

お風呂で読むなら防水機能付きを選ぶ

お風呂で読むなら防水機能付きを選ぶ
お風呂でゆっくり読書したい方は、防水加工された電子書籍リーダーを選びましょう。防水加工の規格はIP1からIP8まであり、お風呂で安心して使えるのは、水滴がついても問題のないIP5以上です。IP6はシャワーにあたっても安全、IP7以上は水没しても耐える高性能品になります。

防水加工されていない機種をお風呂に持って行くと、故障の原因になりますので、バスルームで使うためには防水機能を必ずチェックしてくださいね。

プロの愛用するおすすめの電子書籍リーダー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの電子書籍リーダーをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、読みたい本に合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、電子書籍リーダーをランキング方式でご紹介していきます。自分にあった電子書籍リーダーを手に入れましょう!

10位
対応ストア拡張子ごとに対応/配信コンテンツ(.mnh)・XMDF (.zbf・ドットブック (.book)・(.epub)・PDF・Text (.txt)
内蔵ストレージ容量2GB
ディスプレイサイズ6インチ
解像度
防水加工
主な搭載機能PDFファイル対応
本体サイズ240×141×30mm(幅×高さ×厚み)
重量290g
9位
対応ストアGooglePlayからアプリをダウンロード可能なストア
内蔵ストレージ容量16GB
ディスプレイサイズ6インチ
解像度300ppi
防水加工
主な搭載機能PDFファイル対応
本体サイズ160×114×7.8mm(幅×高さ×厚み)
重量170g
8位
対応ストアGooglePlayからアプリをダウンロード可能なストア
内蔵ストレージ容量2GB
ディスプレイサイズ10.3インチ
解像度300ppi
防水加工
主な搭載機能PDFファイル対応
本体サイズ200×160×40mm(幅×高さ×厚み)
重量430g
7位
対応ストアGooglePlayからアプリをダウンロード可能なストア
内蔵ストレージ容量32GB
ディスプレイサイズ7インチ
解像度323ppi
防水加工
主な搭載機能
本体サイズ120×189×12mm(幅×高さ×厚み)
重量341g
6位
対応ストア楽天kobo電子書籍ストア
内蔵ストレージ容量8GB
ディスプレイサイズ6インチ
解像度300ppi
防水加工×
主な搭載機能PDFファイル対応
本体サイズ111×157×8.3mm(幅×高さ×厚み)
重量166g
5位
対応ストアGooglePlayからダウンロード
内蔵ストレージ容量16GB
ディスプレイサイズ7.8インチ
解像度300ppi
防水加工
主な搭載機能PDFファイル対応
本体サイズ198×144×9.3mm(幅×高さ×厚み)
重量245g
4位
対応ストアBOOXストア
内蔵ストレージ容量64GB
ディスプレイサイズ13.3インチ
解像度207ppi
防水加工
主な搭載機能PDF対応
本体サイズ325x237x7.5mm(幅×高さ×厚み)
重量
3位
対応ストア楽天kobo電子書籍ストア
内蔵ストレージ容量8GB
ディスプレイサイズ6.8インチ
解像度265ppi
防水加工IPX8
主な搭載機能PDFファイル対応
本体サイズ172.0 x 129.0 x 8.8mm(幅×高さ×厚み)
重量207g
2位
対応ストアkindleストア
内蔵ストレージ容量4GB
ディスプレイサイズ6インチ
解像度167ppi
防水加工×
主な搭載機能PDFファイル対応
本体サイズ160×113×8.7mm幅×高さ×厚み)
重量174g
1位
対応ストアKindleストア
内蔵ストレージ容量8GB・32GB
ディスプレイサイズ6インチ
解像度300ppi
防水加工IPX8
主な搭載機能PDFファイル対応
本体サイズ116×117×8.18mm(幅×高さ×厚み)
重量182g

おすすめ人気 電子書籍リーダーの比較一覧表

商品画像
1
電子書籍リーダー Amazon Kindle 1枚目

Amazon

2
電子書籍リーダー Amazon Kindle 1枚目

Amazon

3
電子書籍リーダー KOBO kobo aura Edition 2 1枚目

KOBO

4
電子書籍リーダー BOOX BOOX Max2 1枚目

BOOX

5
電子書籍リーダー Boyue Likebook Mars 1枚目

Boyue

6
電子書籍リーダー KOBO Kobo Clara HD  1枚目

KOBO

7
電子書籍リーダー KOBO Kobo Arc 7HD  1枚目

KOBO

8
電子書籍リーダー Boyue Likebook Mimas  1枚目

Boyue

9
電子書籍リーダー SKTSELECT BOOX Poke Pro 1枚目

SKTSELECT

10
電子書籍リーダー ソニー Reader 6型 1枚目

ソニー

商品名

Kindle

Kindle

kobo aura Edition 2

BOOX Max2

Likebook Mars

Kobo Clara HD

Kobo Arc 7HD

Likebook Mimas

BOOX Poke Pro

Reader 6型

特徴アンチグレア・防水機能アリで、場所を問わず使える小説だけならコレ!人気のKindleが手軽に使えるバスタイムの読書にも!薄くて軽い電子書籍リーダーセカンドモニターにもなる!使い道が豊富な端末タブレット機能も使える電子書籍リーダー持ち運びに最適!軽いのに高解像度の画面タブレット機能も使える!koboの電子書籍リーダー手書きメモもOK!大画面で読書をするならコレ多彩なストアに対応。柔軟な使い方ができるPDFファイルや青空文庫・web小説閲覧におすすめ
最安値
12,766
送料要確認
詳細を見る
8,980
送料無料
詳細を見る
22,130
送料要確認
詳細を見る
134,951
送料別
詳細を見る
27,800
送料無料
詳細を見る
12,980
送料無料
詳細を見る
要確認
55,800
送料別
詳細を見る
25,704
送料別
詳細を見る
24,000
送料無料
詳細を見る
対応ストアKindleストアkindleストア楽天kobo電子書籍ストアBOOXストアGooglePlayからダウンロード楽天kobo電子書籍ストアGooglePlayからアプリをダウンロード可能なストアGooglePlayからアプリをダウンロード可能なストアGooglePlayからアプリをダウンロード可能なストア拡張子ごとに対応/配信コンテンツ(.mnh)・XMDF (.zbf・ドットブック (.book)・(.epub)・PDF・Text (.txt)
内蔵ストレージ容量8GB・32GB4GB8GB64GB16GB8GB32GB2GB16GB2GB
ディスプレイサイズ6インチ6インチ6.8インチ13.3インチ7.8インチ6インチ7インチ10.3インチ6インチ6インチ
解像度300ppi167ppi265ppi207ppi300ppi300ppi323ppi300ppi300ppi
防水加工IPX8×IPX8×
主な搭載機能PDFファイル対応PDFファイル対応PDFファイル対応PDF対応PDFファイル対応PDFファイル対応PDFファイル対応PDFファイル対応PDFファイル対応
本体サイズ116×117×8.18mm(幅×高さ×厚み)160×113×8.7mm幅×高さ×厚み)172.0 x 129.0 x 8.8mm(幅×高さ×厚み)325x237x7.5mm(幅×高さ×厚み)198×144×9.3mm(幅×高さ×厚み)111×157×8.3mm(幅×高さ×厚み)120×189×12mm(幅×高さ×厚み)200×160×40mm(幅×高さ×厚み)160×114×7.8mm(幅×高さ×厚み)240×141×30mm(幅×高さ×厚み)
重量182g174g207g245g166g341g430g170g290g
商品リンク

Kindleのみ利用なら、こちらもチェックしてみよう

今回は電子書籍リーダーを総合的にご紹介しましたが、中にはKindleのみ購入するという方もいらっしゃいますよね。その場合は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてください。Kindle端末に限定して、さまざまな機種を紹介していますよ!

電子書籍リーダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電子書籍リーダーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

電子書籍リーダーのおすすめランキングはいかがでしたか?読書専用端末の電子書籍リーダーには、スマホやタブレット端末とは別の良さがあります。スマホ・タブレット・パソコンで読書をしていて目が疲れる方は、電子書籍リーダーを導入してみてください。今より読書を楽しめるようになりますよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す