1. TOP
  2. >
  3. パソコン
  4. >
  5. 電子書籍リーダー
  6. >
  7. 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選【お風呂で読める防水タイプも】
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選【お風呂で読める防水タイプも】のアイキャッチ画像1枚目
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選【お風呂で読める防水タイプも】のアイキャッチ画像2枚目
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選【お風呂で読める防水タイプも】のアイキャッチ画像3枚目
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選【お風呂で読める防水タイプも】のアイキャッチ画像4枚目
  • 電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選【お風呂で読める防水タイプも】のアイキャッチ画像5枚目

電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選【お風呂で読める防水タイプも】

電子書籍を快適に読みたい方におすすめの、電子書籍リーダー。気になっている方は多いのではないでしょうか?でも、AmazonのKindleや楽天のkoboをはじめ、さまざまな商品があるので、どれを買えばいいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、電子書籍リーダーの選び方と、おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介!PDFが閲覧できるものやGooglePlayからアプリをDLできるもの、タブレットとしての使用も可能なものなど、さまざまな特徴を持った商品が登場しますよ。使いやすい端末を手に入れて、読書をもっと楽しみましょう!

この記事に登場する専門家

こんち
  • 最終更新日:2020年03月13日
  • 459,637  views
目次

電子書籍リーダーを使うメリットとは?

電子書籍リーダーを使うメリットとは?

「スマホやタブレットで読めるのに、電子書籍リーダーを購入する意味はあるの?」と思う方もいらっしゃると思います。そんな方のために、まずは電子書籍リーダーのメリットを見ていきましょう。


第一のメリットは「目に優しい」という点。電子書籍リーダーは、光を反射することで画面を表示する「電子ペーパー」を使っており、ブルーライトも発生していないので、疲れ目の方でも安心して読書することができます。


また「読書に集中できる」のもメリットの一つ。ネット接続は可能ですが、閲覧できるサイトや快適さは制限されるので、気を散らすことなく読書できるようになります。電子書籍を長時間読むことがある、読書に集中したいという方は、電子書籍リーダーの導入を検討してみてください!

電子書籍リーダーの選び方

どの電子書籍リーダーを選べばいいのか迷った時に気をつけたいこと、選び方のポイントをご紹介していきます。

利用している電子書籍ストアに対応しているものを選ぶ

利用している電子書籍ストアに対応しているものを選ぶ
電子書籍リーダーの中には、特定のストアの本しか読めないものもあります。自分が電子書籍をよく購入しているストアに対応しているかどうか、確認して選ぶようにしてください。例えばKindleを利用しているなら、Kindle対応の製品が適しています。

なお、複数のストアを使っている場合は、幅広いストアに対応している製品がおすすめです。GooglePlayからストアのアプリをダウンロードし、閲覧できる製品などをチェックしてみましょう。

どんな書籍を読むかによって、スペックをチェック

小説・マンガ・写真集など、どんな書籍を読むかによって、容量・サイズといったスペックを選ぶのもベターです。

本の種類や冊数に合わせて、適した記憶容量のものを選ぼう

本の種類や冊数に合わせて、適した記憶容量のものを選ぼう

記憶容量は、普段どんな本をよく読むかで決めましょう。一般的に、テキストよりも画像の方がメモリが必要になります。小説や新書などテキスト中心の本よりも、漫画や写真集、雑誌などの写真やイラストが多い本の方がより大きい記憶容量が必要と覚えておくとよいでしょう。


本のページ数や保存しておきたい冊数によっても、必要な記憶容量は異なります。ストアの詳細情報には、ファイルサイズが記載されていることもあるので、購入前にあらかじめ確認しておくのも一つの手です。


なお、ストアによっては、クラウド上に書籍データを保管し、必要なときにだけ読み込む形式のところもあります。クラウド対応のストアを使用している方は、記憶容量はあまり気にしなくてよいでしょう。

基本サイズは6インチ、写真・絵がメインなら7インチ前後も◎

基本サイズは6インチ、写真・絵がメインなら7インチ前後も◎

電子書籍リーダーのディスプレイサイズは6インチが大半ですが、中には7インチ以上の製品もあります。


製品にもよりますが、6インチはおよそ縦幅12〜13cm×横幅7〜9cmほどの大きさで、目安として文庫本より少し小さめのサイズ。これを目安にして、テキストやイラストなどが読みやすい大きさを選ぶのがコツです。


ただし、文字を大きく拡大して読みたい場合は、読む本にかかわらず、大きめのディスプレイサイズが良いでしょう。 

マンガ・写真集などの場合はより高解像度のものを

マンガ・写真集などの場合はより高解像度のものを

解像度が高いほど、写真やイラストの細かいところまでキレイに見えます。マンガ・写真集など、ビジュアルも重要な書籍をよく読むなら、300ppi以上の高解像度を選ぶのが◎。ただし、小説など文章中心の書籍がメインの場合は、解像度はあまり気にしなくていいでしょう。

PDFファイルが閲覧できると便利

PDFファイルが閲覧できると便利

忙しいビジネスマンの方に、ぜひチェックしていただきたいのがPDF閲覧機能。電子書籍リーダーでPDFファイルを閲覧できれば、自作データや仕事用のファイルも確認することが可能になります。


また、青空文庫の小説やWeb小説などをPDFに変換して自炊している方も、電子書籍リーダーで読書ができるようになります。ストアからダウンロードしたもの以外を読みたい方も、要チェックですよ。

お風呂で読むなら防水機能付きを選ぶ

お風呂で読むなら防水機能付きを選ぶ

お風呂でゆっくり読書したい方は、防水加工された電子書籍リーダーがおすすめ。潜水状態での使用が保護されている「IPX8」を目安にするとよいでしょう。


ただし、電子書籍リーダーは水中で使えるように作られているわけではなく、シャワーなどの水滴を弾くわけではありません。


防水加工されていない機種をお風呂に持って行くと、故障の原因となってしまいます。バスルームで使うときは、シャワーなどの水滴や浸水に十分に注意してくださいね。

プロの愛用するおすすめの電子書籍リーダー

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの電子書籍リーダーをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、読みたい本に合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト

電子書籍リーダーのおすすめ人気ランキング10選

人気の電子書籍リーダーをランキング方式でご紹介します。なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年3月3日時点)をもとにして順位付けしています。

10位
対応ストアGoogle Playからアプリを入手できるストア
内蔵ストレージ容量64GB
ディスプレイサイズ10.3インチ
解像度-
PDFファイルの閲覧機能
防水加工-
重量390g
9位
対応ストア楽天ブックス
内蔵ストレージ容量32GB
ディスプレイサイズ8インチ
解像度300ppi
PDFファイルの閲覧機能
防水加工有(IPX8規格準拠)
重量197g
8位
対応ストアkindleストア
内蔵ストレージ容量4GB
ディスプレイサイズ6インチ
解像度167ppi
PDFファイルの閲覧機能-
防水加工
重量174g
7位
対応ストア楽天ブックス
内蔵ストレージ容量8GB
ディスプレイサイズ7インチ
解像度300ppi
PDFファイルの閲覧機能
防水加工有(IPX8)
重量192g
6位
対応ストアGoogle Playからアプリを入手できるストア
内蔵ストレージ容量32GB
ディスプレイサイズ7.8インチ
解像度-
PDFファイルの閲覧機能
防水加工-
重量275g
5位
対応ストアGoogle Playからアプリを入手できるストア
内蔵ストレージ容量16GB(+最大128GBのmicroSD対応)
ディスプレイサイズ7.8インチ
解像度300ppi
PDFファイルの閲覧機能
防水加工-
重量245g
4位
対応ストアGoogle Playからアプリを入手できるストア
内蔵ストレージ容量32GB(+最大128GBのmicroSD対応)
ディスプレイサイズ7.8インチ
解像度-
PDFファイルの閲覧機能
防水加工-
重量268g
3位
対応ストアGoogle Playやオリジナルアプリストアからアプリを入手できるストア
内蔵ストレージ容量64GB
ディスプレイサイズ13.3インチ
解像度207dpi
PDFファイルの閲覧機能
防水加工-
重量490g
2位
対応ストア楽天ブックス
内蔵ストレージ容量8GB
ディスプレイサイズ6インチ
解像度300ppi
PDFファイルの閲覧機能
防水加工
重量166g
1位
対応ストアKindleストア
内蔵ストレージ容量8GB(32GBも有)
ディスプレイサイズ6インチ
解像度300ppi
PDFファイルの閲覧機能
防水加工有(IPX8)
重量182g (Wi-Fiモデル)

人気電子書籍リーダーの比較一覧表

商品画像
1
電子書籍リーダー Amazon Kindle Paperwhite 1枚目

Amazon

2
電子書籍リーダー 楽天 Kobo Clara HD  1枚目

楽天

3
電子書籍リーダー 文石 Boox Max3 1枚目

文石

4
電子書籍リーダー Boyue LikeBook Ares 1枚目

Boyue

5
電子書籍リーダー Boyue Likebook Mars 1枚目

Boyue

6
電子書籍リーダー 文石 BOOX Nova Pro 1枚目

文石

7
電子書籍リーダー 楽天 Kobo Libra H2O 1枚目

楽天

8
電子書籍リーダー Amazon Kindle 1枚目

Amazon

9
電子書籍リーダー 楽天 Kobo Forma 1枚目

楽天

10
電子書籍リーダー 文石 BOOX Note Pro 1枚目

文石

商品名

Kindle Paperwhite

Kobo Clara HD

Boox Max3

LikeBook Ares

Likebook Mars

BOOX Nova Pro

Kobo Libra H2O

Kindle

Kobo Forma

BOOX Note Pro

特徴アンチグレア・防水機能・4G対応で、場所を問わず使える持ち運びに最適!軽くて高解像度の画面とにかく大画面!パソコンのミラーリングにも使えるペンタブレットとしても使用可能!勉強・仕事にもおすすめmicroSD対応だから、容量を気にせず使える!Android搭載!いろいろなストアから書籍を買いたい方にホワイトカラーが新鮮。適度なサイズで読みやすい小説だけならコレ!人気のKindleが手軽に使えるマンガが見開きで楽しめる大画面メモをとりながら読書ができる!
最安値
13,980
送料要確認
詳細を見る
12,980
送料無料
詳細を見る
98,780
送料要確認
詳細を見る
33,700
送料別
詳細を見る
27,756
送料無料
詳細を見る
58,212
送料要確認
詳細を見る
24,624
送料無料
詳細を見る
31,680
送料無料
詳細を見る
68,899
送料要確認
詳細を見る
対応ストアKindleストア楽天ブックスGoogle Playやオリジナルアプリストアからアプリを入手できるストアGoogle Playからアプリを入手できるストアGoogle Playからアプリを入手できるストアGoogle Playからアプリを入手できるストア楽天ブックスkindleストア楽天ブックスGoogle Playからアプリを入手できるストア
内蔵ストレージ容量8GB(32GBも有)8GB64GB32GB(+最大128GBのmicroSD対応)16GB(+最大128GBのmicroSD対応)32GB8GB4GB32GB64GB
ディスプレイサイズ6インチ6インチ13.3インチ7.8インチ7.8インチ7.8インチ7インチ6インチ8インチ10.3インチ
解像度300ppi300ppi207dpi-300ppi-300ppi167ppi300ppi-
PDFファイルの閲覧機能-
防水加工有(IPX8)----有(IPX8)有(IPX8規格準拠)-
重量182g (Wi-Fiモデル)166g490g268g245g275g192g174g197g390g
商品リンク

Kindleのみ利用なら、こちらもチェックしてみよう

今回は電子書籍リーダーを総合的にご紹介しましたが、中にはKindle版の作品のみ購入するという方もいらっしゃいますよね。その場合は、ぜひ以下の記事もチェックしてみてください。Kindle端末に限定して、さまざまな機種を紹介していますよ!

電子書籍リーダーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電子書籍リーダーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

電子書籍リーダーのおすすめランキングはいかがでしたか?読書専用端末の電子書籍リーダーには、スマホやタブレット端末とはまた別の良さがあります。


スマホ・タブレット・パソコンで読書をしていて目が疲れる方は、ぜひ電子書籍リーダーを導入してみてください。より快適に読書を楽しめるようになりますよ!

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す