• 雪山登山におすすめのハードシェルパンツ人気ランキング10選【モンベル・ノースフェイス・マムートなど】のアイキャッチ画像1枚目
  • 雪山登山におすすめのハードシェルパンツ人気ランキング10選【モンベル・ノースフェイス・マムートなど】のアイキャッチ画像2枚目
  • 雪山登山におすすめのハードシェルパンツ人気ランキング10選【モンベル・ノースフェイス・マムートなど】のアイキャッチ画像3枚目
  • 雪山登山におすすめのハードシェルパンツ人気ランキング10選【モンベル・ノースフェイス・マムートなど】のアイキャッチ画像4枚目
  • 雪山登山におすすめのハードシェルパンツ人気ランキング10選【モンベル・ノースフェイス・マムートなど】のアイキャッチ画像5枚目

雪山登山におすすめのハードシェルパンツ人気ランキング10選【モンベル・ノースフェイス・マムートなど】

真冬の雪山登山に必要なウェアの一つである、ハードシェルパンツ。モンベルやノースフェイス、パタゴニア、マムートなど、有名なブランドからさまざまなものが販売されていますが、ハードな環境で着用するものなので、防水性はもちろん、さまざまな機能に注目して選びたいですね。

こちらでは、雪山登山におすすめのハードシェルパンツの選び方や、人気の商品をご紹介していきますね。動きやすい細身のタイプも多数ランクイン!自分の登山スタイルやシーンに合ったハードシェルパンツをゲットして、雪山登山を安全・快適に楽しみましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 6,857  views
目次

雪山登山向けのハードシェルパンツの選び方

ランキングの前に、まずは雪山登山向けのハードシェルパンツの選び方をご紹介していきます。

自分の登山スタイルに合ったタイプを選ぶ

ハードシェルパンツには、主に以下の二つのタイプがあります。1つずつチェックしましょう!

アルパインなど、ハードな動きが多いなら「パンツタイプ」がおすすめ

アルパインなど、ハードな動きが多いなら「パンツタイプ」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

アルパインスタイルやスキーなど、動きやすさを重視するのであれば、パンツタイプがおすすめです。通常のパンツと同様にウエストまでで穿くもので、着脱がしやすい、軽い、温度調節がしやすいなどのメリットがあります。

腰で締めるタイプのものや伸縮性のあるタイプ、サスペンダーでつるして履くタイプなど様々な種類がありますが、比較的防風性が低かったり、ウエストから雪が入ってしまう可能性があるなどのデメリットが。また、腰で締めるタイプのものはずり落ちやすいといった点に注意が必要ですので、覚えておきましょう。

雪の侵入を最小限に。バックカントリーには上半身がついた「ビブタイプ」も!

雪の侵入を最小限に。バックカントリーには上半身がついた「ビブタイプ」も!

出典:amazon.co.jp

パウダースノーが浮遊する環境下や、時に深雪の中を進むといったこともあるバックカントリーで着用するなら、ビブタイプを検討してみてはいかがでしょうか。ビブタイプは、パンツ部分だけでなく、胸と背中にも布があるサロペットのような形状。雪の侵入を最小限に抑え、保温性や防風性も高いのが特徴です。

肩からサスペンダーでつり下げるので、ずり落ちにくく、腰が締め付けられることもありません。ただし、着ていて重く暑苦しく感じやすい点や、簡単に脱ぎ着できないのはデメリットです。

湿雪に耐えられる?「防水透湿性」の高さをチェック

湿雪に耐えられる?「防水透湿性」の高さをチェック

出典:amazon.co.jp

日本の山をメインに登山を楽しむ方には特に、防水がしっかりしたタイプのハードシェルパンツがおすすめです。日本の雪は湿雪で水分が多いため、しっかりと防水してくれるパンツを選ばないと体が濡れてしまい命取りになります。

防水力が高く、透湿性にも優れている素材として、「GORE-TEX」や「Neoshell」といったものが人気がありますよ。また、パンツの作りとしても、シームテープや止水ファスナーが使われているものを選ぶことで、完全に水の侵入を防ぐことができるので、チェックしてみましょう!標高の高い山を目指す方は、できる限り防水・透湿にこだわったパンツを選んでくださいね。

氷やピッケルで傷つきやすいから、生地の強度も大切なポイント

氷やピッケルで傷つきやすいから、生地の強度も大切なポイント

出典:amazon.co.jp

雪山登山では、氷やピッケルなどでパンツを傷つけやすいため、しっかりとした丈夫な素材のものがおすすめです。防水透湿性の高い素材を、さらに表地と裏地で挟みこんだ3レイヤーの素材で出来たものなら、危ないものや雨雪風などから体を守ってくれますよ。丈夫さは、糸の太さでも変わってきますが、太いものは丈夫でも若干動きにくくなりますので、その点は注意が必要です。

試着してみて、動きやすさも合わせて確認する必要がありますね。しっかりとした素材になればなるほど、価格も高価にはなっていくので、どの程度の山を登るのか、予算はいくらか、というところの兼ね合いで選んでみてくださいね。

無駄な動きを省くために、ポケットの位置も確認

無駄な動きを省くために、ポケットの位置も確認

出典:amazon.co.jp

雪山で着用するハードシェルパンツは、様々な道具を入れられるように、ポケットが多くついているものがおすすめです。その中でも、より無駄な動きを省くためには、使いやすい場所にポケットがあるかどうかをチェックしておきたいですね!

ハーネスを取り付ける可能性があるなら、邪魔にならない場所にポケットがあるかどうかや、お尻のポケットか腿のポケットがどちらが自分的に取りだしやすいか、など自分の使い方に合わせてチェックすると失敗がないですね。

雪山を快適にしてくれる、プラスαの機能性もチェック!

雪山を快適にしてくれる、プラスαの機能性もチェック!

出典:amazon.co.jp

ハードシェルパンツは、雪山での登山をより快適にするために、他にもさまざまな機能が搭載されています。中でも、自分が必要だと感じるものをチェックしてみましょう!

透湿性の高い素材であることはもちろん重要ですが、それ以外に湿度や温度調節をする方法として、サイドベンチレーションがあります。腿辺りに配置されたサイドベンチレーションは、温度調節など空気を循環させてくれますし、足首からひざ辺りのジッパーは、温度調節以外にも、ブーツを履きやすくしてくれますよ。

他にも、雪が中に侵入するのを防ぐ「インナースパッツ」や、履いていて最も摩耗しやすい裾口の内側に布で補強されている「エッジガード」など、基本の機能にさらに付加された機能などがあります。どこまでが必要な機能かどうかを見極めて、自分にぴったりのものを選びたいですね。

【パンツタイプ】雪山登山向けのハードシェルパンツの人気ランキング5選

ここからは、実際のハードシェルパンツの人気商品をご紹介していきます。パンツタイプとビブタイプに分けてランキング!まずは、パンツタイプからご紹介です。
5位
防水透湿素材ゴアテックス
生地の強度3レイヤー
ポケットヒップスタッシュポケット
サイドベンチレーションあり
インナースパッツあり
エッジガードあり
4位
防水透湿素材ゴアテックス
生地の強度2.5レイヤー
ポケット腰にあり
サイドベンチレーションあり
インナースパッツ
エッジガードあり
3位
防水透湿素材ゴアテックス
生地の強度3レイヤー
ポケット腰にあり
サイドベンチレーションあり
インナースパッツあり
エッジガードあり
2位
雪山登山
ハードシェルパンツ マウンテンハードウェア スーパーフォーマパンツ
出典:amazon.co.jp

マウンテンハードウェアスーパーフォーマパンツ

42,120円 (税込)

防水透湿素材ドライQエリート
生地の強度3レイヤー
ポケット前ももにあり
サイドベンチレーションあり
インナースパッツ
エッジガードあり
1位
雪山登山
ハードシェルパンツ ファイントラック エバーブレスアクロパンツ
出典:amazon.co.jp

ファイントラックエバーブレスアクロパンツ

36,720円 (税込)

防水透湿素材エバーブレス
生地の強度3レイヤー
ポケット両腿にあり
サイドベンチレーション上下4つのダブルアクションファスナー
インナースパッツ
エッジガードあり

【パンツタイプ】雪山登山向けの人気ハードシェルパンツ比較一覧表

商品画像
1
雪山登山
ハードシェルパンツ ファイントラック エバーブレスアクロパンツ

ファイントラック

2
雪山登山
ハードシェルパンツ マウンテンハードウェア スーパーフォーマパンツ

マウンテンハードウェア

3
雪山登山
ハードシェルパンツ モンベル アルパインパンツ

モンベル

4
雪山登山
ハードシェルパンツ マムート コンベイパンツ

マムート

5
雪山登山
ハードシェルパンツ アークテリクス ベータ

アークテリクス

商品名

エバーブレスアクロパンツ

スーパーフォーマパンツ

アルパインパンツ

コンベイパンツ

ベータ

特徴類を見ないストレッチ性を誇る、動きやすいパンツドライQエリート素材でパンツ内が蒸れない!標高3000m越えの雪山登山にも!スリムで動きやすいデザインゴアテックス2.5レイヤー素材。軽くて動きやすい!様々な用途で使える!汎用性の高さが◎
価格36,720円(税込)42,120円(税込)31,104円(税込)27,720円(税込)37,944円(税込)
防水透湿素材エバーブレスドライQエリートゴアテックスゴアテックスゴアテックス
生地の強度3レイヤー3レイヤー3レイヤー2.5レイヤー3レイヤー
ポケット両腿にあり前ももにあり腰にあり腰にありヒップスタッシュポケット
サイドベンチレーション上下4つのダブルアクションファスナーありありありあり
インナースパッツありあり
エッジガードありありありありあり
商品リンク

【ビブタイプ】雪山登山向けのハードシェルパンツの人気ランキング5選

続いて、ビブタイプのハードシェルパンツをご紹介します。脱げにくいパンツが欲しい方や、収納ポケットの多いパンツがいい方は、ビブがおすすめですよ!
5位
雪山登山
ハードシェルパンツ アウトドアリサーチ メンターパンツ
出典:amazon.co.jp

アウトドアリサーチメンターパンツ

50,760円 (税込)

防水透湿素材ゴアテックスプロ
生地の強度3レイヤー
ポケット大腿部にジッパーポケット
サイドベンチレーション2重スライド式
インナースパッツあり
エッジガードあり
4位
雪山登山
ハードシェルパンツ パタゴニア パウスレイヤー ビブ
出典:amazon.co.jp
防水透湿素材ゴアテックスプロ
生地の強度3レイヤー
ポケット腿に2個・胴に1個
サイドベンチレーションツーウェイスライダーのサイドジッパー
インナースパッツあり
エッジガードあり
3位
防水透湿素材ゴアテックスプロ
生地の強度3レイヤー
ポケット胸・ももにあり
サイドベンチレーションあり
インナースパッツあり
エッジガードあり
2位
防水透湿素材ゴアテックスプロ
生地の強度3レイヤー
ポケット胸にあり
サイドベンチレーションあり
インナースパッツあり
エッジガードあり
1位
雪山登山
ハードシェルパンツ モンベル パウダートラック ビブ
出典:amazon.co.jp
防水透湿素材ゴアテックス
生地の強度3レイヤー
ポケット腰2個と胸1個あり
サイドベンチレーションあり
インナースパッツあり
エッジガードあり

【ビブタイプ】雪山登山向けの人気ハードシェルパンツ比較一覧表

商品画像
1
雪山登山
ハードシェルパンツ モンベル パウダートラック ビブ

モンベル

2
雪山登山
ハードシェルパンツ マウンテンハードウェア スーパーフォーマパンツ

マウンテンハードウェア

2
雪山登山
ハードシェルパンツ アークテリクス シータSVビブ

アークテリクス

3
雪山登山
ハードシェルパンツ ノースフェイス SUMMIT L5 GTX Pro Bib

ノースフェイス

4
雪山登山
ハードシェルパンツ パタゴニア パウスレイヤー ビブ

パタゴニア

5
雪山登山
ハードシェルパンツ アウトドアリサーチ メンターパンツ

アウトドアリサーチ

商品名

パウダートラック ビブ

スーパーフォーマパンツ

シータSVビブ

SUMMIT L5 GTX Pro Bib

パウスレイヤー ビブ

メンターパンツ

特徴抜群の防水透湿性と大きなポケットが特徴ドライQエリート素材でパンツ内が蒸れない!傷みやすい部分は、さらに丈夫な生地で補強氷壁登攀時の動きを研究して開発!適度なフィット感が雪山登山を助ける過酷な雪山登山にも耐える、抜群の保護性能
価格32,184円(税込)42,120円(税込)75,358円(税込)51,840円(税込)79,920円(税込)50,760円(税込)
防水透湿素材ゴアテックスドライQエリートゴアテックスプロゴアテックスプロゴアテックスプロゴアテックスプロ
生地の強度3レイヤー3レイヤー3レイヤー3レイヤー3レイヤー3レイヤー
ポケット腰2個と胸1個あり前ももにあり胸にあり胸・ももにあり腿に2個・胴に1個大腿部にジッパーポケット
サイドベンチレーションありありありありツーウェイスライダーのサイドジッパー2重スライド式
インナースパッツありありありありあり
エッジガードありありありありありあり
商品リンク

雪山登山の必須アイテムは他にも

時に命の危険も伴う雪山登山。以下の記事では、そんな雪山登山向きのジャケットや登山靴など、さまざまなアイテムをご紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

まとめ

雪山登山におすすめのハードシェルパンツの記事は、参考になりましたか?雪のない山を登頂するよりも、格段にレベルの高い雪山登山。しっかりと準備をして臨みたいですね。快適に過ごせるハードシェルパンツをゲットして、雪山登山を楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す

アクセスランキングよく見られている人気記事