• レインスーツのおすすめ人気ランキング10選【登山・通学、自転車にも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • レインスーツのおすすめ人気ランキング10選【登山・通学、自転車にも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • レインスーツのおすすめ人気ランキング10選【登山・通学、自転車にも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • レインスーツのおすすめ人気ランキング10選【登山・通学、自転車にも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • レインスーツのおすすめ人気ランキング10選【登山・通学、自転車にも!】のアイキャッチ画像5枚目

レインスーツのおすすめ人気ランキング10選【登山・通学、自転車にも!】

雨の中の登山や釣り、また通勤通学や自転車に乗る時にも欠かせないレインスーツ。上下が分かれているので動きやすく、足元までしっかりカバーできるのが魅力です。着用時の快適さを見極めるなら、透湿度や耐水圧に注目するといいですよ。


今回はレインスーツの選び方を解説しながら、おすすめの商品を人気ランキングでご紹介します。目的に最適な1着を見つけて、雨の日もアクティブに活動しましょう!

  • 最終更新日:2019年01月10日
  • 36,149  views
目次

レインスーツの選び方

おすすめ商品のランキングを発表する前に、まずはレインスーツの選び方をご紹介します。

耐水圧・撥水性・透湿度をチェック!

レインスーツの着心地は、耐水圧・透湿度・撥水性をチェックすることである程度見極めやすくなります。それぞれの機能性をチェックして、高機能なものを選びましょう。

大雨に備えるなら「耐水圧」10,000mm以上のものを

大雨に備えるなら「耐水圧」10,000mm以上のものを

生地への水の染み込みにくさを示したものを、「耐水圧」と呼びます。雨の中で長時間活動したり突然の豪雨に備えるなら、なるべく耐水圧の高いレインスーツを選ぶのがおすすめです。


10,000mmあれば大雨にも耐えられますので、普段使いにはこの数字を目安にするといいでしょう。登山などアウトドアで使うなら、さらに激しい雨にも耐えられるよう、20,000mm以上のものを準備すると安心ですよ。

ハードに、あるいは長時間活動するなら浸透性が高いものをチョイス

ハードに、あるいは長時間活動するなら浸透性が高いものをチョイス

「透湿性」は、内側の蒸気を外に逃がす性能です。ムレによる不快感を減らすなら、透湿度の高いレインスーツを選びましょう。単位は○○g/m2/24hrsのように表され、数字が大きいほど透湿性が高いことを示します。


通勤通学程度であればさほど気にする必要はありませんが、レインスーツを着て激しい力仕事をする人やジョギング、登山などのアクティビティーに使うなら、透湿性の高い商品を選ぶのがおすすめです。


商品に記された数値は出荷時のものであり、繰り返し着用するうちに性能が低下します。最低5,000g/m2/24hrsを目安に10,000g/m2/24hrs以上のものを選ぶと、雨天のアウトドアも快適に楽しめることでしょう。

水を弾いてしみ込みを防ぐ「撥水性」も大切

水を弾いてしみ込みを防ぐ「撥水性」も大切

耐水圧と合わせてチェックしたいのが撥水性です。生地の表面や繊維に撥水コーティングを施したものは、水がかかってもコロコロと弾くのでしみ込みにくくなります


生地がびっしょり濡れるのを防ぐので、透湿性を高めてムレを防ぐというメリットも。撥水性は洗濯や繰り返しの着用によって効果が徐々に失われていきますのが、撥水スプレーでメンテナンスすれば、効果は長く保たれます。

素材による違いをチェック

レインスーツに使われている素材も要チェックです。それぞれのメリットとデメリットを確認して、目的に合うものを見つけましょう。

「合成繊維」タイプは軽く、動きやすさ抜群!

「合成繊維」タイプは軽く、動きやすさ抜群!

出典:amazon.co.jp

アウトドア・スポーツ・野外作業に使うなら、ナイロンやポリエステルを使った合成繊維タイプがおすすめです。レインスーツの生地を縫い合わせて加工したもので、軽量でストレッチ性があり、また透湿性も持つため動作を妨げにいのが魅力です。


防水加工が十分でないものは縫い目から浸水することがありますので、ジッパー部分や縫い目に「シームテープ加工」が施されたものを選ぶといいでしょう。

ビニールなど、縫わない「化成」タイプなら完全防水できる

ビニールなど、縫わない「化成」タイプなら完全防水できる

出典:amazon.co.jp

完全防水のものが欲しい方には、ビニール素材がおすすめ。これはPVCやEVAなど厚手のビニールを使ったレインスーツで、溶接して成形してあるため縫い目から浸水することがありません。


生地が重くストレッチが効かないものがほとんどですが、代わりに高い防水性を発揮します。価格も安いものが多いので、自転車で近所を走行するときや野外フェス・スポーツ観戦など、手頃なレインスーツをお探しの方におすすめです。

雨が侵入しにくいか、すき間をチェック!

雨が侵入しにくいか、すき間をチェック!

出典:amazon.co.jp

すき間から雨が入り込まないよう、手首や足首、顔周りが調節できるかはしっかりチェックしましょう。ドローコードやベルクロなどで顔周りが絞れるものなら、フードからの浸水が防止できます。


またフロントのファスナーやボタンから浸水しないよう、フラップが付いていたり、止水ファスナーが使われていると安心です。ポケットにもフラップがついていると、携帯電話や財布などを濡らさずに持ち歩くことができますよ。

自転車・バイクでは「視界の確保」と「リフレクター」を確認

自転車・バイクでは「視界の確保」と「リフレクター」を確認

出典:amazon.co.jp

自転車やバイクに乗るときは、視界が確保できるかどうか、またリフレクターがついているかどうかしっかり確認しましょう。


透明なつば付きのものなら、フードをすっぽりかぶった状態でも視界を確保できて安全です。フードが風で飛ばされないよう、ドローコードなどで顔周りにフィットさせられるかも合わせてチェックしてください。


雨の日は自動車ドライバーにとっても視界不良となりやすいので、夜間に走行しても存在をアピールできるよう、必ずリフレクターがついたレインスーツを着用するよう心がけましょう。背中だけでなくフロントも光ると安心です。

アウトドアは「ベンチレーション」「着脱のしやすさ」を確保

アウトドアは「ベンチレーション」「着脱のしやすさ」を確保

出典:amazon.co.jp

キャンプや登山、釣りなどのアウトドアでは、通気性の良さを重視しましょう。湿気を逃がしやすいゴアテックスやエントラント生地の他、レインスーツの内側がメッシュ地になったタイプなら、汗や蒸れを防止して低体温症を予防することもできます。


パンツの裾にジッパー付きのタイプなら、靴を履いたままで着用できるので便利ですよ。着脱しにくい登山靴やレインブーツを脱がずに、そのまま穿けるので素早く身に着けられます。


なお、登山用のレインウェアは以下の記事でも紹介しています。登山用をお探しの方はこちらも参考にしてくださいね。

リュック・ランドセルを使うなら「背中のマチ」に注目!

通勤・通学時にリュックを使っているなら、リュックの上から着用できるレインスーツがおすすめです。背面のマチを広がってカバンごとすっぽりと覆ってくれるので、荷物が濡れるのを防止できます。

小中高生の通学にはもちろん、自転車で通勤する方や、仕事でバイクを使うという方にもおすすめ。ちょっとしたハイキングのときもリュックに入れておけば、いざというときに安心ですね

コンパクトになるものは持ち運びやすい

レインスーツには「収納する」ことがつきものです。突然の雨に備えるなら、軽量でコンパクトに収納できるものを選びましょう。


専用ポーチがついているものや、レインスーツ本体のフード、あるいはポケットなどにまとめられるものなら出し入れも簡単です。激しい雨の日は厚手のレインスーツを使い、カバンや引き出しには軽量&コンパクトなサブを忍ばせておく、というのもおすすめです。

サイズ選びは身長や胴回りに合わせて

サイズ選びは身長や胴回りに合わせて

出典:amazon.co.jp

サイズを選ぶ際は、メンズ・レディース・キッズともに、胴回り・肩幅をしっかりチェックしましょう。レインスーツには適応身長が記載されていますが、これだけで選ぶと体型に合わない場合もあります。


あまりも大きすぎるものはすき間から雨が入り込むこともあるので、ある程度のフィット感は必要。ですが寒い季節には、厚手の衣類の上に着られるゆとりもが欲しいところです。試着ができない場合、サイズ選びに迷ったら一つ大きめを選んでおくのがおすすめです。

レインスーツの人気ランキング10選

おすすめのレインスーツをランキング形式で10点ご紹介します。

果たしてお気に入りの物は見つかるのでしょうか!
10位
レインスーツメンズ カジメイク サイクルレインスーツ 1枚目
出典:amazon.jp

カジメイクサイクルレインスーツ

CY-003

3,323円 (税込)

9位

カナディアンイースト3レイヤーマウンテンジャケット&パンツ上下セット

CEW1360

10,778円 (税込)

8位

ロゴスハイスタンドカラー防寒防水スーツ

5,767円 (税込)

7位

ハリケーンレインウェア上下セット

1,980円 (税込)

6位

ロゴスバックパックレインスーツ

6,696円 (税込)

5位
レインスーツメンズ オンヨネ レディスブレステックレインスーツ 1枚目
出典:amazon.jp

オンヨネレディスブレステックレインスーツ

ODS86034

12,150円 (税込)

4位
レインスーツメンズ ノースフェイス レインテックスフライト 1枚目
出典:amazon.jp

ノースフェイスレインテックスフライト

NP11625

37,908円 (税込)

3位

マックスーパーマック

AS-4900

3,540円 (税込)

2位
レインスーツメンズ モンベル サンダーパス ジャケット&パンツ 1枚目
出典:amazon.co.jp

モンベルサンダーパス ジャケット&パンツ

15,000円 (税込)

1位

ミズノベルグテックEXストームセイバーV レインスーツ

A2JG4A01

10,962円 (税込)

おすすめ人気 レインスーツの比較一覧表

商品画像
1
レインスーツメンズ ミズノ ベルグテックEXストームセイバーV レインスーツ 1枚目

ミズノ

2
レインスーツメンズ モンベル サンダーパス ジャケット&パンツ 1枚目

モンベル

3
レインスーツメンズ マック スーパーマック 1枚目

マック

4
レインスーツメンズ ノースフェイス レインテックスフライト 1枚目

ノースフェイス

5
レインスーツメンズ オンヨネ レディスブレステックレインスーツ 1枚目

オンヨネ

6
レインスーツメンズ ロゴス バックパックレインスーツ 1枚目

ロゴス

7
レインスーツメンズ ハリケーン レインウェア上下セット 1枚目

ハリケーン

8
レインスーツメンズ ロゴス ハイスタンドカラー防寒防水スーツ 1枚目

ロゴス

9
レインスーツメンズ カナディアンイースト 3レイヤーマウンテンジャケット&パンツ上下セット 1枚目

カナディアンイースト

10
レインスーツメンズ カジメイク サイクルレインスーツ 1枚目

カジメイク

商品名

ベルグテックEXストームセイバーV レインスーツ

サンダーパス ジャケット&パンツ

スーパーマック

レインテックスフライト

レディスブレステックレインスーツ

バックパックレインスーツ

レインウェア上下セット

ハイスタンドカラー防寒防水スーツ

3レイヤーマウンテンジャケット&パンツ上下セット

サイクルレインスーツ

特徴独自の防水透湿素材で快適!アウトドア専門メーカーだからこそできる高い品質コスパ最強!細部にわたる工夫で雨をシャットアウト!ゴアテックスⓇ素材でハードなアウトドア活動も安心国産スキーウェアメーカーが手掛けるスタイリッシュなレイ...リュック派は必見!サイクリングに便利なクリアフード付き低コストを侮るな!普段使いには十分な機能性寒い季節のレインスーツは防寒性も重視!基本性能+オシャレさを備えたオールマイティーなレインスーツ手ごろな価格とちょうどよい性能
価格10,962円(税込)15,000円(税込)3,540円(税込)37,908円(税込)12,150円(税込)6,696円(税込)1,980円(税込)5,767円(税込)10,778円(税込)3,323円(税込)
商品リンク

もっとレインウェアを見たい方は、こちら!

バイクや自転車、アウトドアなど、用途別のレインウェアは以下の記事でも紹介しています。こちらも参考にして、あなたの用途にぴったりなものを見つけてみてくださいね。

まとめ

今回はおすすめのレインスーツをご紹介しましたが、いかがでしたか?どんなシーンで着用するのか考慮して選ぶことで、用途に最適なものが見つけられます。


お気に入りのレインスーツがあれば、雨の日が待ち遠しく感じられるようになりますよ!この記事を参考に、あなたにぴったりのレインスーツを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す