• カッテージチーズのおすすめ人気ランキング7選【低カロリーでおいしい!】のアイキャッチ画像1枚目
  • カッテージチーズのおすすめ人気ランキング7選【低カロリーでおいしい!】のアイキャッチ画像2枚目
  • カッテージチーズのおすすめ人気ランキング7選【低カロリーでおいしい!】のアイキャッチ画像3枚目
  • カッテージチーズのおすすめ人気ランキング7選【低カロリーでおいしい!】のアイキャッチ画像4枚目
  • カッテージチーズのおすすめ人気ランキング7選【低カロリーでおいしい!】のアイキャッチ画像5枚目

カッテージチーズのおすすめ人気ランキング7選【低カロリーでおいしい!】

クセがなく淡泊な味わいで、料理やスイーツなどさまざまなレシピに用いることのできる「カッテージチーズ(コッテージチーズ・ポップコーンチーズ)」。他のチーズよりカロリーが少なく、ダイエットにもいいと評判です。とはいえいざ買ってみようと思うと、雪印を始めとするさまざまなメーカーから販売されており、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、カッテージチーズの選び方とともに、人気のカッテージチーズをランキング形式でご紹介します。ランキングの後にカッテージチーズを使ったメニューの作り方(レシピ)もお伝えしますね。中にはカレーや離乳食も!ぜひ参考にしてみてください。
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 25,909  views
目次

カッテージチーズの選び方

それでは早速カッテージチーズの選び方について見て行きましょう。一口にカッテージチーズといっても、タイプや容量、産地など選び方のポイントはさまざまです。

食感のタイプで選ぶ

カッテージチーズというとそぼろ状の柔らかいチーズをイメージする方が多いと思いますが、中には「うらごし」タイプや「パニール」タイプの状態で販売されているものもあります。まずは、こうしたタイプの違いについて見て行きましょう。

料理に混ぜ込むなら「つぶ」タイプ

料理に混ぜ込むなら「つぶ」タイプ
「つぶ」タイプは、カッテージチーズと聞いて一般的に想像されるような、そぼろ状のもののこと。そのまま食べるときや、サラダに振りかけたり料理に混ぜ込んだりするときは、この「つぶ」タイプのものを選びましょう。

そぼろ状のものは、一番幅広い使い方ができるタイプです。柔らかい生の状態でも食べられますし、加熱する料理に使っても少しふわっとした食感になるだけで、他の食材の味わいを邪魔しません。ひき肉の替わりになりますので、普段の生活でカロリーや脂肪分を押さえた食事にしたいときにもぴったりですよ。

クリームチーズのように使うなら「うらごし」タイプ

クリームチーズのように使うなら「うらごし」タイプ
カッテージチーズには、うらごしされてクリームのようになった「うらごし」タイプがあります。何かにぬり込んで食べるときや、お菓子作りでクリームチーズなどの代わりに使いたいときは、このタイプのものが最適です。

うらごしされたカッテージチーズは、つぶタイプのものと比べると非常に滑らかでクリーミー。チーズそのものの風味が感じられます。もちろんカロリーや脂肪分は普通タイプのものと変わりありませんので、クリームチーズやモッツァレラチーズの変わりとして使えばより健康的に食事を楽しめますよ。お菓子作りでも、うらごしが必要ないので手間いらずです。

料理の具材にするなら「パニール」タイプ

料理の具材にするなら「パニール」タイプ
パニールとは、インドや中東地域などで作られるカッテージチーズのこと。いわば「インド風カッテージチーズ」です。普通のカッテージチーズとは違って水分を抜き、押し固められた状態で売られているため、モッツァレラチーズや豆腐のような固さと食べ応えがあるのが特徴的。料理の具材の1つとして使いたい時は、この「パニール」タイプを選びましょう。

本場インドでは、パニールをキューブ状に切り分けてそのまま揚げたり、カレーの具として煮込んだりと、料理の材料の1つとして扱われています。インド料理を作るときはもちろん、肉や魚の変わりに食べ応えのある材料を使いたいときにはぴったりでしょう。

カッテージチーズは賞味期限が短い!容量には注意

カッテージチーズは賞味期限が短い!容量には注意
カッテージチーズは熟成させないフレッシュチーズで、水分も多く含まれているため、熟成を経たチーズと比べて品質が落ちやすく、賞味期限が短いという特徴があります。そのため、どのくらいの容量が入っているのか、期限内に使いきれる容量なのかにも注意しておくことが大切です。

日本で売られているカッテージチーズは、100g~1kg以上まで幅広い容量の商品があります。普段あまり使わない場合はより少ない容量の方がいいでしょう。反対に、お得さを求めるなら大容量が○。普段からカッテージチーズを料理に取り入れているという方や、大量に使う予定のある方は、コストパフォーマンスに注目して選ぶのもおすすめです。

産地もチェック!

産地もチェック!
日本で購入できるカッテージチーズには、日本産だけでなくインド産やカナダ産のものがあります。海外産のものは安全性が心配!という方は、ぜひ日本産のものからチェックしてみてください。

一方、海外の料理を日本で再現するため、本格的な海外のカッテージチーズが欲しいという方もいるでしょう。作りたい料理の産地で作られた商品は、まさしく本場の味わい。本格さを求める方はしっかりと産地を見てから商品を選んでくださいね。

カッテージチーズの人気ランキング7選

それではいよいよカッテージチーズの人気ランキングをご紹介します。先ほどお伝えした選び方のポイントを参考にして、ご自分にぴったりな商品を見つけてくださいね。
7位
タイプパニール
容量1kg
産地カナダ
6位

蔵王酪農センター蔵王チーズ パニールチーズ

756円 (税込)

タイプパニール
容量200g
産地日本
5位
カッテージチーズ メイトー カッテージチーズ うらごしタイプ
出典:amazon.co.jp

メイトーカッテージチーズ うらごしタイプ

719円 (税込)

タイプうらごし
容量200g
産地日本
4位
タイプパニール
容量400g
産地インド
3位
タイプつぶ
容量200g
産地日本
2位
タイプつぶ
容量110g
産地日本
1位
タイプうらごし
容量200g×6
産地日本

人気カッテージチーズの比較一覧表

商品画像
1
カッテージチーズ 雪印 カッテージチーズ

雪印

2
カッテージチーズ メイトー カッテージチーズ  つぶタイプ

メイトー

3
カッテージチーズ 雪印 カッテージチーズ

雪印

4
カッテージチーズ アリバ パニール チーズ

アリバ

5
カッテージチーズ メイトー カッテージチーズ うらごしタイプ

メイトー

6
カッテージチーズ 蔵王酪農センター 蔵王チーズ パニールチーズ

蔵王酪農センター

7
カッテージチーズ ナナック パニールキューブカット

ナナック

商品名

カッテージチーズ

カッテージチーズ つぶタイプ

カッテージチーズ

パニール チーズ

カッテージチーズ うらごしタイプ

蔵王チーズ パニールチーズ

パニールキューブカット

特徴お菓子作りにもぴったり!はじめてカッテージチーズを買う方におすすめ!容量たっぷりが嬉しい!つぶタイプを探している方に本場インドのパニールチーズ!食事のメイン食材にうらごしタイプで塗りやすい!初めてパニールを買う方におすすめ!コストパフォーマンス最高!たっぷり使いたい人に
最安値
3,263
送料要確認
詳細を見る
547
送料要確認
詳細を見る
470
送料要確認
詳細を見る
1,000
送料要確認
詳細を見る
719
送料要確認
詳細を見る
756
送料要確認
詳細を見る
1,269
送料要確認
詳細を見る
タイプうらごしつぶつぶパニールうらごしパニールパニール
容量200g×6110g200g400g200g200g1kg
産地日本日本日本インド日本日本カナダ
商品リンク

カッテージチーズの料理レシピもご紹介!

最後に、カッテージチーズを使ったメニューを3つご紹介します。カッテージチーズがぴったり合う、美味しいものばかりを集めたので、カッテージチーズを買ったらぜひ試してみてくださいね。

おつまみにおすすめ!カッテージチーズのディップ

おつまみにおすすめ!カッテージチーズのディップ
おつまみやパーティーのアペリティフなどを手早く作りたい時におすすめなのが、カッテージチーズを使ったディップです。作り方は簡単、カッテージチーズに塩コショウ・すりおろしニンニク・バジル・オリーブオイルを混ぜるだけ。分量は好みに調節してください。

食べるときには、クラッカーや野菜など、好きなものを好きなだけディップしていただきましょう!アボカドや海鮮類を乗せると、さらに食べ応えのある1品になります。

スパイスと相性抜群のパニールカレー

スパイスと相性抜群のパニールカレー
パニールタイプのカッテージチーズを買ったらぜひ試してみてほしいのが、パニールカレーです。パニールをサイコロ状にカットしてカレーに投入。この時パニールはそのままでもいいですし、素揚げしても食感が少し変わって美味しくいただけます。

そうしてカレーが出来上がれば完成。カレーのスパイスと淡泊なパニールの相性は抜群です。インドなどではよくほうれん草カレーなどに入れられていますが、お好きな味わいのカレーに入れてさまざまなバリエーションで楽しんでくださいね。

ダイエットにも最適な、カッテージチーズの簡単デザート

ダイエットにも最適な、カッテージチーズの簡単デザート
ダイエットしているけれどどうしてもデザートが食べたい!というときにおすすめなのが、カッテージチーズを使ったデザートです。デザートといっても、カッテージチーズにお好みのフルーツやジャムを添えるだけ。

かわいいグラスに重ねて入れたり、仕上げにミントで飾ったりすれば、簡単でも立派なデザートになります。さらに低カロリー・脂肪分なので、罪悪感なくデザートを満喫できるでしょう。ボリュームが欲しいときには、コーンフレークやナッツを入れても美味しくいただけますよ。

混ぜるだけ!サラダやお粥などの離乳食も

混ぜるだけ!サラダやお粥などの離乳食も
栄養価が高く脂肪分・塩分の少ないカッテージチーズは、離乳食にすることもできます。使い方はとても簡単。じゃがいも・ツナ・にんじん・ブロッコリーなどのサラダと一緒に混ぜたり、つぶしてお粥に混ぜたりするだけ。離乳食後期になれば、もっと使い道は広がります。

離乳食にチーズを使ってみたいと思っている方は、ぜひカッテージチーズを取り入れてみてください。なお、他のチーズと比べて脂肪分や塩分が少ないとはいえ、チーズであることに変わりはないので、あまりたくさんあげすぎないよう注意してくださいね。

カッテージチーズの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、カッテージチーズの楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

カッテージチーズの人気ランキングをご紹介してきましたが、いかがでしょうか。そのままサラダに振りかけたり、簡単おつまみの一品に仕立てたり、デザートに混ぜ込んだりと幅広い使い方ができるカッテージチーズ。健康にもいいので、今回の記事を参考にして、ぜひ普段の食事にカッテージチーズを取り入れてみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す