• あぐらチェアのおすすめ人気ランキング10選【キャンプにも室内にも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • あぐらチェアのおすすめ人気ランキング10選【キャンプにも室内にも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • あぐらチェアのおすすめ人気ランキング10選【キャンプにも室内にも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • あぐらチェアのおすすめ人気ランキング10選【キャンプにも室内にも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • あぐらチェアのおすすめ人気ランキング10選【キャンプにも室内にも!】のアイキャッチ画像5枚目

あぐらチェアのおすすめ人気ランキング10選【キャンプにも室内にも!】

キャンプにフェスにと大活躍してくれるアウトドアチェアが、年々進化しています。ロースタイルブームに合わせて登場したあぐらチェアもその一つで、あぐらをかいて座れるように工夫されており、室内でも使えるようなおしゃれなデザインのものもたくさん!ロゴスやキャプテンスタッグ・コールマンといったアウトドアブランドからさまざまな商品が発売され、一体どれを選んだら良いのか分からない方も多いですよね。

そこで今回は、あぐらチェアを選ぶ際のポイントとともに、楽天・アマゾンなどでも購入できる、おすすめ人気の商品をランキング形式でご紹介します。お気に入りのチェアを手に入れて、外でのんびりリラックスしちゃいましょう♪
  • 最終更新日:2019年06月04日
  • 10,722  views
目次

座り心地が病みつきに!あぐらチェアとは?

座り心地が病みつきに!あぐらチェアとは?
人をダメにするソファが大人気になりましたが、アウトドア用品でも「あぐらチェア」なるものが登場して、座り心地が病みつきになると、ひそかなブームになっています。

あぐらチェアとは、その名の通りあぐらをかいて座れるチェアのこと。座椅子のようなものを思い浮かべる方もいると思いますが、近年では主にアウトドアで使用する座高の低いチェアを差します。ロースタイルチェアとも呼ばれていますね。あぐらをかかなくても、足を投げ出して座ることができるので外で使うと開放感を一段と感じられるようです。背が低い分、後方の人の邪魔にならないので、花火大会や野外フェスに持っていく人も多いようですよ。

アウトドアだけではなく、室内でソファ代わりに使用したり、ベランダで使用したりと、幅広く使えるところも人気の理由です。おしゃれなデザインのものも多数発売されており、年々選択肢の幅が広がってきています。

あぐらチェアの選び方

使いやすくて、ぜひ使ってみたいあぐらチェアですが、通常のチェアよりも少し姿勢を崩して座るため、あぐらチェアならではのチェックポイントがあります。さっそく、座り心地の良いあぐらチェアを選ぶためのポイントを見ていきましょう。

まったりリラックス♪座り心地のチェックポイント

まず、何よりも気になるのはその座り心地ですよね。座り心地の良いあぐらチェアを選ぶには、どこに気をつけたら良いのでしょうか。愛用者の口コミなども参考にしてまとめました。

しっかりホールド!背もたれの高さをチェック

しっかりホールド!背もたれの高さをチェック
あぐらチェアの座り心地を大きく左右するのは、なんといっても背もたれの高さです。座った時に上半身が上までホールドされていないと疲れてしまいますよね。あぐらチェア利用者の方の声を見てみても、このポイントはかなり重視しているようです。

特に首部分まで支えられているものだと、しっかり寄りかかることができて安定感がグッと増しますよ。165~170cm弱の男性の方なら、足を投げ出して座る場合、背もたれ部分が40cm強の高さがあればしっかりホールドされるかと思います。

ほとんどの商品はサイズ表で全体の高さしか記載されていないので、背もたれ部分の高さが分からないかもしれませんが、「全体の高さ-座面の高さ」で背もたれの高さが割り出せますよ。

窮屈じゃない?座椅子部分の奥行をチェック

窮屈じゃない?座椅子部分の奥行をチェック
座り心地を左右するもう一つのポイントが、座る部分の奥行です。特に身長の大きい方が座る場合は、足を投げ出し背中がのけぞるようなスタイルになります。その際に、奥行きが深くないと腰が落ちてしまい、ゆっくり座れなくなってしまいます。でも、奥行きがしっかりあるものなら姿勢を崩してもしっかりホールドしてくれますよ。椅子の上に足を乗せてあぐらをかく際も、その方が安定感がありますよね。

身長によってもまちまちですが、奥行きは50cm以上あれば比較的深いといえるでしょう。サイズ表の奥行はチェア全体の奥行を指しますので、座面の奥行と若干ずれてしまいます。口コミも合わせて確認すると良いですね。

ひじ掛けの有無はシチュエーションに合わせて

ひじ掛けの有無はシチュエーションに合わせて
あぐらチェアにはひじ掛けがある物と、ないものがあります。くつろぐにはやはりひじ掛けが有った方がおすすめです。フィッシングに持っていくのであれば、ひじ掛けがあるものの方が腕が疲れず便利ですよ。

ただひじ掛けがあると重みが出ますので、荷物を軽くしたい人はひじ掛けなしがおすすめ。人によってはひじ掛けがあると椅子の上であぐらがかけない、ということもありますので、座面の幅と合わせて検討するのが良さそうです。

耐荷重が大きい方が安心感がUP

耐荷重が大きい方が安心感がUP
あぐらチェアは、通常のチェアに比べて座面への負荷が大きくなります。そのため、勢いよく座ると壊れやすい、という声もチラホラ見受けられますね。もちろん座る際にはなるべくドスンと座らないようにした方が良いのですが、そういった心配をあまりせずに使いたいですよね。そんな時は、商品の耐荷重をチェックしましょう。耐荷重が大きい方が丈夫で安心感がUPするのでおすすめです。

持ち運びのストレス軽減!収納性と重さもチェック

持ち運びのストレス軽減!収納性と重さもチェック
あぐらチェアは普通のアウトドアチェアよりもサイズが小さいので、持ち運びしやすいのも魅力です。ツーリングに持って行かれる方も多いようですね。持ち運びをする際には、やはり収納時のサイズも必ずチェックしたいですね。特に持っていける荷物が限られているツーリングなどでは隙間にも入るサイズか確認しましょう。

重さも同様で、持ち運ぶことを考えるならなるべく軽いものを選びましょう。軽くても丈夫なアルミやスチールを使っているものなら強度もあるので安心ですよ。

火や汚れに強いものを。座面の素材にも注目

アウトドアで使用するものだから、耐久性は大切です。特にキャンプやバーベキューなど、火のそばで使用するシーンが多い方は、素材にも注目してみて下さいね。

たき火やバーベキューでも安心な素材

たき火やバーベキューでも安心な素材
あぐらチェアを利用している人があげるあぐらチェアのメリットの一つに、焚火がしやすいという声も見られます。確かに火との距離も近く、よりゆったりできそうですよね。でも、火が近いので火に強い素材かどうかも大切なチェックポイントになります。

あぐらチェアの生地はポリエステルでできているものがほとんど。基本的にはどれも丈夫といえますが、中には耐火性に特化した素材を使用しているものもありますので、火の粉が飛んできたときにも安心です。心配な方や、バーベキュー・たき火など火を使用することが多い方は、素材にも注意して選ぶと良いですね。

汚れの拭き取りやすさや耐久性も重要

汚れの拭き取りやすさや耐久性も重要
屋外で使う物だけに、お手入れのしやすさは重要ポイントです。洗濯などはできないため、砂・水・食事の汚れなどが拭き取りやすいに越したことはありませんよね。その点でもポリエステルは優秀な素材ですが、中でも二重構造になっているものは破れにくく、汚れても濡れたタオルなどでゴシゴシ掃除できるのでおすすめです。ホールド感もUPするので座り心地の良さにもつながりますよ。

あぐらチェアのおすすめ人気ランキング10選

あぐらチェアの選び方のポイントを見てきたところで、ここからは実際に満足度の高い商品をランキング形式で10選ご紹介します。キャンプ以外にもどんな場面で使いたいか、具体的にイメージしながら見てみてくださいね。
10位
あぐらチェア ノースイーグル  ミディアムアームレストチェア 1枚目

ノースイーグル ミディアムアームレストチェア

サイズ80×68×80cm
座面高35cm
収納時20×20×100cm
重さ4.5kg
耐荷重80kg
素材スチール・600Dポリエステル
ひじ掛け
9位
あぐらチェア キャプテンスタッグ  エクスギア ロースタイルリクライニングチェア 1枚目

キャプテンスタッグ エクスギア ロースタイルリクライニングチェア

UC-1502

サイズ58×59~80×52~71cm
座面高18.5cm
収納時58×63×8cm
重さ2.5kg
耐荷重80kg
素材アルミニウム・ポリエステル・天然木
ひじ掛け
8位

コールマンファイアープレイスフォールディングチェア

4,085円 (税込)

サイズ54×55×61cm
座面高28cm
収納時54×9×57cm
重さ2.2kg
耐荷重80kg
素材アルミニウム・ポリエステル・天然木
ひじ掛け
7位
サイズ38.1×52.1×51.6cm
座面高5.1cm
収納時10.9×10.9×33cm
重さ635g
耐荷重113kg
素材7000シリーズアルミニウム・210Dリップストップナイロン・450Dポリエステル
ひじ掛け×
6位

スノーピークファニチャー ローチェア30

17,280円 (税込)

サイズ58×65×86cm
座面高-
収納時16×18×101cm
重さ3.6kg
耐荷重-
素材アルミニウム・ステンレス・ポリエステル・竹
ひじ掛け
5位
サイズ44×44×49.5cm
座面高19.5cm
収納時14×14×50cm
重さ2kg
耐荷重75kg
素材スチール・600Dポリエステル
ひじ掛け×
4位
サイズ62×55×60cm
座面高22cm
収納時20×71cm
重さ2.9kg
耐荷重100kg
素材スチール・ポリエステル
ひじ掛け
3位
サイズ45×45×49cm
座面高18cm
収納時-
重さ1.9kg
耐荷重75kg
素材-
ひじ掛け×
2位

キャプテンスタッグラコンテ ロースタイル イージー チェア

UC-1504

1,663円 (税込)

サイズ57×70×61cm
座面高15cm
収納時78×15×14cm
重さ2.3kg
耐荷重80kg
素材鋼・ポリエステル
ひじ掛け
1位

ロゴスストライプあぐらチェア・ポケットプラス

4,750円 (税込)

サイズ65×57×64.5cm
座面高20cm
収納時19.5×77cm
重さ3.1kg
耐荷重100kg
素材スチール・ポリエステル
ひじ掛け

おすすめ人気あぐらチェアの比較一覧表

商品画像
1
あぐらチェア ロゴス ストライプあぐらチェア・ポケットプラス 1枚目

ロゴス

2
あぐらチェア キャプテンスタッグ ラコンテ ロースタイル イージー チェア 1枚目

キャプテンスタッグ

3
あぐらチェア プロックス あぐらイス 1枚目

プロックス

4
あぐらチェア ロゴス  アウトドアチェア ナバホ 1枚目

ロゴス

5
あぐらチェア ノースイーグル  ベリーローチェア 1枚目

ノースイーグル

6
あぐらチェア スノーピーク ファニチャー ローチェア30  1枚目

スノーピーク

7
あぐらチェア エーライト  メイフライチェア2 1枚目

エーライト

8
あぐらチェア コールマン ファイアープレイスフォールディングチェア 1枚目

コールマン

9
あぐらチェア キャプテンスタッグ  エクスギア ロースタイルリクライニングチェア 1枚目

キャプテンスタッグ

10
あぐらチェア ノースイーグル  ミディアムアームレストチェア 1枚目

ノースイーグル

商品名

ストライプあぐらチェア・ポケットプラス

ラコンテ ロースタイル イージー チェア

あぐらイス

アウトドアチェア ナバホ

ベリーローチェア

ファニチャー ローチェア30

メイフライチェア2

ファイアープレイスフォールディングチェア

エクスギア ロースタイルリクライニングチェア

ミディアムアームレストチェア

特徴ダントツ人気!バランスがとれた安定感抜群のチェア高コスパでおなじみ。キャプテンスタッグのローチェア長時間でも疲れにくい。座面が広く安定感が◎人気のナバホシリーズ!見た目も可愛いあぐらチェアすっきりシンプル!背面のウレタンが気持ちいい「リラックス+作業のしやすさ」両方叶う絶妙な高さ軽くて丈夫ならコレ!ロッキングチェアとしても火に強い素材で焚火の時も安心♪4段階でリクライニングできるリラックスチェアしっかり深めに座れる奥行が◎
価格4,750円(税込)1,663円(税込)1,600円(税込)(税込)(税込)17,280円(税込)(税込)4,085円(税込)(税込)(税込)
サイズ65×57×64.5cm57×70×61cm45×45×49cm62×55×60cm44×44×49.5cm58×65×86cm38.1×52.1×51.6cm54×55×61cm58×59~80×52~71cm80×68×80cm
座面高20cm15cm18cm22cm19.5cm-5.1cm28cm18.5cm35cm
収納時19.5×77cm78×15×14cm-20×71cm14×14×50cm16×18×101cm10.9×10.9×33cm54×9×57cm58×63×8cm20×20×100cm
重さ3.1kg2.3kg1.9kg2.9kg2kg3.6kg635g2.2kg2.5kg4.5kg
耐荷重100kg80kg75kg100kg75kg-113kg80kg80kg80kg
素材スチール・ポリエステル鋼・ポリエステル-スチール・ポリエステルスチール・600Dポリエステルアルミニウム・ステンレス・ポリエステル・竹7000シリーズアルミニウム・210Dリップストップナイロン・450Dポリエステルアルミニウム・ポリエステル・天然木アルミニウム・ポリエステル・天然木スチール・600Dポリエステル
ひじ掛け×××
商品リンク

くつろぎ姿勢でテーブルに手が届けば最高!

あぐらチェアでゆっくりとくつろぐそばには、やはりおいしい食べ物や飲み物があると嬉しいですよね。ローチェアの高さでも使いやすいアウトドア用テーブルは、以下の記事が参考になりますのでチェックしてくださいね!

まとめ

色々なメーカーからあぐらチェアが販売されていますが、どれも評価が良く、皆さん一度使うと手放せないようですね。これを見た皆さんもあぐらチェアの魅力に気づかれたのではないでしょうか?キャンプ・公園・運動会・花火など、色々な場面で大活躍間違いなしのあぐらチェア、ぜひ購入を検討してみてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す