• 【管理栄養士が教える】ビタミンB群サプリのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【管理栄養士が教える】ビタミンB群サプリのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【管理栄養士が教える】ビタミンB群サプリのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【管理栄養士が教える】ビタミンB群サプリのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【管理栄養士が教える】ビタミンB群サプリのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】のアイキャッチ画像5枚目

【管理栄養士が教える】ビタミンB群サプリのおすすめ人気ランキング10選【2019年最新版】

ビタミンB群サプリは、不規則な生活や睡眠不足などが原因で不足しがちな栄養素を摂取できる、日々の健康サポートにぴったりなアイテムです。しかし、ディアナチュラ・DHCなど、さまざまなメーカーの商品があり、含有されている成分や量もさまざま。どれを選べばいいか分かりにくいですよね。

そこで今回は、通販で人気のビタミンB群サプリをランキング形式でご紹介します。管理栄養士の資格を持つ一木さんにお聞きした具体的な選び方のほか、併せてお聞きできた飲む時間や副作用を防止するための注意点なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。

この記事に登場する専門家

一木 亜伊
  • 最終更新日:2019年05月13日
  • 243,596  views
目次

ビタミンB群サプリの選び方のポイント

健康な身体づくりや美しさをキープする効果が期待できるビタミンB群。どういった点に気をつけて選べばいいのか、横浜市にあるリンパトリートメントサロン「メゾンドスリール」のオーナー・一木さんに詳しく伺いました。


絶対に押さえておきたい4つのポイントを紹介しますので、自分の目的に合った商品を選ぶためにも、しっかり確認してくださいね。
ビタミンB群サプリの選び方のポイント

〈取材協力:一木 亜伊さん〉

10年間エステサロンに勤務したあと、2013年2月、横浜関内にリンパトリートメントサロン「メゾンドスリール」をオープン。リンパケアをメインとし、特に頑固な肩こりとむくみを解消するボディリンパトリートメントに定評がある。

これまで延べ約11,000人以上を施術した豊富な経験と管理栄養士資格を取得した確かな知識から、一人ひとりに有効な施術&カウンセリングを行い、日々お客様の美容と健康をサポートしている。

目的に合ったビタミンB群を選ぶ

ビタミンB群には、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ナイアシンなど8種類の栄養素が含まれています。それぞれの含有量によって得られる効果が変わりますので、ぜひ下記を参考にチェックしてみてください。

ビタミンB1:糖質の代謝を促し、ダイエットや疲労回復に

ビタミンB1:糖質の代謝を促し、ダイエットや疲労回復に
甘いものや炭水化物を摂ることが多いという方には、糖質の代謝を促してくれる「ビタミンB1」がおすすめです。甘いものが好きだけどダイエットしたい!という方は、ぜひ意識してみてくださいね。また糖質をエネルギーへと変換するため、疲労回復にも効果があります。

神経機能を正常に保つ働きもあり、心身を活性化させたい方にも最適な栄養素です。生活が不規則になりがちな人や、タバコ・お酒・インスタント食品を頻繁に摂る人に特に不足しがちな栄養素ですので、心当たりのある方は要チェックですよ。

ビタミンB2:脂質分解・美容効果・にきびや吹き出物の改善にも

ビタミンB2:脂質分解・美容効果・にきびや吹き出物の改善にも
揚げ物などの脂っこいものが好きな方には、脂質の代謝を促進してくれる「ビタミンB2」がぴったり。ついつい油ものを食べ過ぎてしまうという方は、ぜひ意識して摂ってみてください。

油は酸化すると過酸化脂質となり、細胞膜やDNAを傷つけて発がんのリスクを高めたり、動脈硬化などの原因にもなると言われています。ビタミンB2には、そんな過酸化脂質の代謝も促してくれる働きもあるんですよ。
一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
ビタミンB2には皮膚・髪・粘膜・爪などの細胞再生を助ける役割もあるため、美容にも効果を発揮してくれる女性には頼もしい栄養素です。にきびや吹き出物、口内炎、口角炎ができやすい方は特に意識して摂るといいですよ。ビタミンB1と同じく、糖質の代謝促進をサポートする役割もあり、ダイエット効果も期待できます。

ビタミンB6:身体づくりやアレルギー対策、つわり・生理前の不快症状も緩和する

ビタミンB6:身体づくりやアレルギー対策、つわり・生理前の不快症状も緩和する
ビタミンB群の中でも、身体づくりやつわり・生理前の不快症状軽減、アレルギー対策など、多彩な効果があるビタミンB6。タンパク質の代謝を助けエネルギーへと変換してくれる働きがあり、マラソンや運動好きで持久力が欲しい方や身体を鍛えたい方にぴったりな栄養素です。

筋肉を修復するアミノ酸の代謝も促進してくれるので、筋力強化をしたい方にもおすすめ。さらに免疫機能を正常に維持する役割もあり、アレルギー性皮膚炎や花粉アレルギーに悩まされている方にも効果的です。
一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
排卵日前までは卵胞ホルモンのエストロゲンが盛んに分泌され、同時に精神に安定をもたらす神経伝達物質セロトニンの分泌も比例します。しかし生理前になると卵胞ホルモンの分泌が減少し、代わりに黄体ホルモンのプロゲステロンが分泌されます。

そのためセロトニンの分泌も減少してしまい、イライラや不安感が強く起こります。これがいわゆる月経前症候群=PMSの症状。ビタミンB6には不足した卵胞ホルモンの分泌を促進させる効果があり、この症状を和らげてくれるんです。

ナイアシン:二日酔い・冷え性・頭痛の緩和に効果を発揮

ナイアシン:二日酔い・冷え性・頭痛の緩和に効果を発揮
ナイアシンは、アルコールを分解する際に発生するアセトアルデヒドの代謝を促す役割があるので、二日酔い予防に効果があります。お酒を飲む機会が多い方は、飲んだ後に摂取しておくといいでしょう。

また血流も良くするため、冷え症や頭痛の改善にも効果的。その他にも、たんぱく質・糖質・脂質の代謝を促進する効果や、皮膚や粘膜が正常に維持されるように助ける働きもあり、肌や胃腸が弱い方にも適しています。

パントテン酸:ストレスを抑え、善玉コレステロールを増やす

パントテン酸:ストレスを抑え、善玉コレステロールを増やす
パントテン酸は、善玉コレステロール・ホルモン・免疫抗体などの合成に関係していることから、動脈硬化予防をはじめ、ホルモンバランスを整えたり、ストレスをやわらげたい方は要チェックの栄養素です。

また糖質・脂質・たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助する役割を持っていて、全身の細胞や組織の健康維持にも関わっています。
一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
パントテン酸には、コラーゲンをつくるときに必要なビタミンCの働きを助ける役割もあります。肌や髪の毛はコラーゲンなどのたんぱく質でできているため、健康な髪の毛や肌のためにはビタミンCの働きが不可欠です。

パントテン酸はこのコラーゲンをつくるときに必要なビタミンCの作用を助け、髪や肌を正常に保ってくれます。女性には特に嬉しい栄養素ですね。

葉酸・ビタミンB12:貧血・妊娠・授乳中の心強い味方

葉酸・ビタミンB12:貧血・妊娠・授乳中の心強い味方
「葉酸」と「ビタミンB12」は一緒になって赤血球の形成を助ける栄養素で、この働きから「造血のビタミン」と呼ばれ、悪性貧血を予防する効果があります。貧血予防をしたい方は、葉酸とビタミンB12が両方含まれていることを確認しましょう。

また胎児の正常な発育に必要な栄養素としても重要な働きを行うため、特に妊娠初期や栄養が不足しがちな授乳中の女性に最適です。
一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
ビタミンB12は子どもの成長期にも必要とされる栄養素のため、偏食しがちだったり、貧血気味なお子様の食生活のサポートとして活用するママもいますよ。

この他に、全身の細胞を助けるとともに脳からの指令を伝える神経機能を正常に保つ役割もあります。これらが不足すると、めまい・疲労感・筋力低下、場合によってはうつ病などを引き起こすこともあります。

ビオチン:アンチエイジング・抜け毛・白髪予防に

ビオチン:アンチエイジング・抜け毛・白髪予防に

ビオチンは、たんぱく質の合成やアミノ酸・脂質の代謝&分解を助ける働きがあり、健康な髪と皮膚を保つ働きがあります。なぜならビオチン不足になると、アミノ酸からたんぱく質をスムーズに作ることができなくなるので、たんぱく質を主成分とする体毛や皮膚、粘膜の生成に影響が出てしまうからです。


また、美肌効果や老化予防に活躍するほか、抜け毛や白髪予防にも効果があり、老若男女におすすめの栄養素です。爪を強化する効果もあり、ジェルネイルなどで爪が痛んでしまった場合や、爪のひび割れを起こしてしまった場合に利用するのもいいでしょう。

一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
ちなみにビタミンB群は、別々に摂るよりも一度にまとめて摂った方がお互いに作用し合ってより効果を発揮しやすい栄養素とされています。自分の目的に合ったビタミンが含まれているだけでなく、なるべく多くのビタミンB群が含まれているものを選んでみてくださいね。

摂取目安量を参考に、「含有量」「含有成分」をチェックする

摂取目安量を参考に、「含有量」「含有成分」をチェックする
ビタミンB群サプリを選ぶ際には、ビタミンB群が何種類含まれているかだけではなく、どれくらいの量が含まれているかもしっかり確認しましょう。ビタミンB群の1日あたりの摂取目安量は、下記のとおりです。

・ビタミンB1:成人男性1.2~1.4mg・成人女性0.9~1.1mg
・ビタミンB2:成人男性1.3~1.6mg・成人女性1.1~1.2mg
・ビタミンB6:成人男性1.4mg・成人女性1.2mg
・ナイアシン:成人男性13~15mg・成人女性10~11mg
・パントテン酸:成人男性5mg・成人女性4~5mg
・葉酸:成人男女240μg
・ビタミンB12:成人男女2.4μg
・ビオチン:成人男女50μg

※成人前のお子様に関しては、年齢により摂取目安量が変わるため、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」を確認してみてください。

ほとんどのビタミンB群サプリがこの摂取目安量を満たしていますが、ものにより種類が全て含まれていなかったり、含有量が異なっていますので、よく確認してみてくださいね。
一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
含まれている成分の豊富さではマルチビタミンも魅力的ですが、求める栄養がはっきりしているなら、個人的には栄養素の含有量が多いビタミンB群サプリをおすすめします。

安全にこだわるなら「GMP」取得をひとつの目安に

安全にこだわるなら「GMP」取得をひとつの目安に
サプリメントに添加物はつきものですが、なるべく添加物が少なく安全性の高いものを選びたいのであれば、GMPを取得しているかどうかをひとつの目安にするといいでしょう。

GMPとは、原材料の受け入れから製造、出荷に至るまで、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるように定められた製造工程管理基準のこと。GMPを取得するかどうかは日本ではまだ任意ですが、米国や国内大手企業などでは採用しているところも多いです。気になる方は、GMPの表示があるか確認してみるといいでしょう。
一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
どのサプリメントにも言えることですが、安全性にこだわるなら、GMP基準が採用されているかどうかをひとつの目安にするといいですよ。

また、GMP基準が採用されていない場合にも、気になったメーカーの商品があればホームページなどを見て、サプリの成分や安全性についてきちんと説明されているかどうかを確認して判断しましょう。

飲みやすさに注目して「形状」を選ぶ

飲みやすさに注目して「形状」を選ぶ
吸収率の良さを重視するなら「粉末タイプ」、外出先などで気軽に飲みたい方は「錠剤タイプ」、また最近ではおやつ代わりにもなる「グミタイプ」もあり、ライフスタイルや好みに合わせて無理なく飲み続けられるものを選びましょう。

ビタミン系のサプリメントには水溶性と脂溶性の2つのタイプがあり、それぞれ体内に蓄積される時間が異なります。ビタミンB群サプリは水溶性のタイプに当たり、毎日摂取しても吸収されなかった分は尿と一緒に排出されるので、毎日基準量をとりたい栄養素といえます。そのため、自分にとって飲みやすく続けやすい形状を選ぶことが大切です。
一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
自分の体質や用途に合っているかどうか判断するためにも、サプリはひとつのものを使い続けることが大切です。2週間から1ヵ月ほど続けてみて、体調の変化や効果の感じ方をチェックしてみてください。

ビタミンB群サプリの人気ランキング10選

ここからは、人気のビタミンB群サプリのおすすめランキングをご紹介します。プロのアドバイスも参考にしながら、あなたにぴったりなものを見つけてみましょう。

なお掲載商品は、上記の選び方で記載した効果・効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果・効能をご確認ください。

10位
ビタミンBサプリ NOW社 ビタミンB100 コンプレックス
出典:amazon.co.jp
ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 100mg・B2 100mg・B6 100mg・B12 100μg・ナイアシン 100mg・パントテン酸 100mg・ビオチン 100μg・葉酸 400μg
GMP取得
形状錠剤
9位
ビタミンBサプリ ファンケルHS ビタミンB群&イノシトール
出典:amazon.co.jp

ファンケルHSビタミンB群&イノシトール

198円 (税込)

ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 10mg・B2 40mg・B6 30mg・B12 6μg・ナイアシン 30mg・パントテン酸 30mg・ビオチン 50μg・葉酸 400μg
GMP取得
形状錠剤
8位
ビタミンBサプリ エープライム ライフスタイル B-50 コンプレックス
出典:amazon.co.jp

エープライムライフスタイル B-50 コンプレックス

4,750円 (税込)

ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 50mg・B2 50mg・B6 50mg・B12 50μg・ナイアシン 50mg・パントテン酸 50mg・ビオチン 50μg・葉酸 400μg
GMP取得
形状錠剤
7位
ビタミンB群の種類B6
含有量1.2mg
GMP取得
形状錠剤
6位
ビタミンBサプリ UHA味覚糖 UHAグミサプリキッズ ビタミン&鉄 ぶどう味
出典:amazon.co.jp

UHA味覚糖UHAグミサプリキッズ ビタミン&鉄 ぶどう味

418円 (税込)

ビタミンB群の種類B6
含有量0.8mg
GMP取得
形状グミ
5位
ビタミンBサプリ アサヒグループ食品 ディアナチュラスタイル ビタミンB群 60日分
出典:amazon.co.jp

アサヒグループ食品ディアナチュラスタイル ビタミンB群 60日分

385円 (税込)

ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 30mg・B2 33mg・B6 30mg・B12 20μg・ナイアシン 40mg・パントテン酸 40mg・ビオチン 45μg・葉酸 200μg
GMP取得
形状錠剤
4位
ビタミンBサプリ 小林製薬 小林製薬の栄養補助食品 ビタミンB群
出典:amazon.co.jp

小林製薬小林製薬の栄養補助食品 ビタミンB群

490円 (税込)

ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 2mg・B2 12mg・B6 10mg・B12 3.6μg・ナイアシン 15mg・パントテン酸 30mg・ビオチン 72μg・葉酸 200μg
GMP取得
形状錠剤
3位
ビタミンBサプリ 大塚製薬 ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒
出典:amazon.co.jp

大塚製薬ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒

545円 (税込)

ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 15mg・B2 12mg・B6 10mg・B12 15μg・ナイアシン 10mg・パントテン酸 10mg・ビオチン 50μg・葉酸 240μg
GMP取得
形状錠剤
2位
ビタミンBサプリ アサヒグループ食品 ディアナチュラ ビタミンB群(60日分)
出典:amazon.co.jp

アサヒグループ食品ディアナチュラ ビタミンB群(60日分)

370円 (税込)

ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 20μg・B2 12mg・B6 10mg・B12 20μg・ナイアシン 11mg・パントテン酸 5.5mg・ビオチン 45μg・葉酸 200μg
GMP取得
形状錠剤
1位
ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 40mg・B2 30mg・B6 30mg・B12 20μg・ナイアシン 40mg・パントテン酸 40mg・ビオチン 50μg・葉酸 200μg
GMP取得
形状錠剤

人気ビタミンB群サプリの比較一覧表

商品画像
1
ビタミンBサプリ DHC ビタミンBミックス 60日分

DHC

2
ビタミンBサプリ アサヒグループ食品 ディアナチュラ ビタミンB群(60日分)

アサヒグループ食品

3
ビタミンBサプリ 大塚製薬 ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒

大塚製薬

4
ビタミンBサプリ 小林製薬 小林製薬の栄養補助食品 ビタミンB群

小林製薬

5
ビタミンBサプリ アサヒグループ食品 ディアナチュラスタイル ビタミンB群 60日分

アサヒグループ食品

6
ビタミンBサプリ UHA味覚糖 UHAグミサプリキッズ ビタミン&鉄 ぶどう味

UHA味覚糖

7
ビタミンBサプリ マルマン GABA (ギャバ)100

マルマン

8
ビタミンBサプリ エープライム ライフスタイル B-50 コンプレックス

エープライム

9
ビタミンBサプリ ファンケルHS ビタミンB群&イノシトール

ファンケルHS

10
ビタミンBサプリ NOW社 ビタミンB100 コンプレックス

NOW社

商品名

ビタミンBミックス 60日分

ディアナチュラ ビタミンB群(60日分)

ネイチャーメイド B-コンプレックス 60粒

小林製薬の栄養補助食品 ビタミンB群

ディアナチュラスタイル ビタミンB群 60日分

UHAグミサプリキッズ ビタミン&鉄 ぶどう味

GABA (ギャバ)100

ライフスタイル B-50 コンプレックス

ビタミンB群&イノシトール

ビタミンB100 コンプレックス

特徴ビタミンB群8種類全部入りにイノシトールをプラス余計なものは含まず、安心して続けられる品質サプリ王国アメリカで圧倒的な支持を受けるサプリ製薬会社の技術力を結集させたビタミンB群サプリ1粒で8種類のビタミンB群をしっかり摂れる美味しく食べながら子どもの健康をサポート健康的に体づくりをしたい方や体力アップに効果的天然のビタミンを1日1粒で摂取可能15日分のお試し用にぴったり1粒で十分な量を摂取可能
価格707円(税込)370円(税込)545円(税込)490円(税込)385円(税込)418円(税込)1,319円(税込)4,750円(税込)198円(税込)1,000円(税込)
ビタミンB群の種類B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸B6B6B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸B1・B2・B6・B12・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸
含有量B1 40mg・B2 30mg・B6 30mg・B12 20μg・ナイアシン 40mg・パントテン酸 40mg・ビオチン 50μg・葉酸 200μgB1 20μg・B2 12mg・B6 10mg・B12 20μg・ナイアシン 11mg・パントテン酸 5.5mg・ビオチン 45μg・葉酸 200μgB1 15mg・B2 12mg・B6 10mg・B12 15μg・ナイアシン 10mg・パントテン酸 10mg・ビオチン 50μg・葉酸 240μgB1 2mg・B2 12mg・B6 10mg・B12 3.6μg・ナイアシン 15mg・パントテン酸 30mg・ビオチン 72μg・葉酸 200μgB1 30mg・B2 33mg・B6 30mg・B12 20μg・ナイアシン 40mg・パントテン酸 40mg・ビオチン 45μg・葉酸 200μg0.8mg1.2mgB1 50mg・B2 50mg・B6 50mg・B12 50μg・ナイアシン 50mg・パントテン酸 50mg・ビオチン 50μg・葉酸 400μgB1 10mg・B2 40mg・B6 30mg・B12 6μg・ナイアシン 30mg・パントテン酸 30mg・ビオチン 50μg・葉酸 400μgB1 100mg・B2 100mg・B6 100mg・B12 100μg・ナイアシン 100mg・パントテン酸 100mg・ビオチン 100μg・葉酸 400μg
GMP取得
形状錠剤錠剤錠剤錠剤錠剤グミ錠剤錠剤錠剤錠剤
商品リンク

ビタミンB群サプリの効果的な飲み方と注意点

普段からなんとなくサプリを飲んでいる…という方も少なくないと思いますが、実は飲むタイミングによって効果は変わります。今回はビタミンB群サプリの効果的な飲み方と注意点をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

飲むタイミングは食後30分以内がベスト

飲むタイミングは食後30分以内がベスト
ビタミンB群サプリを飲むタイミングは、食後30分以内がおすすめ。ビタミンはミネラルなど他の栄養素と互いに作用しながら身体の中でより一層働いてくれる栄養素なので、食事でいろいろな栄養素を摂った後に飲んだ方が効果的です。

また筋力をつけたいという方は、トレーニング後、食事をしてから飲むのが理想的。ビタミンB群サプリには、タンパク質を「破壊された筋肉を修復するアミノ酸」へと変える働きがあります。

トレーニング後の食事でタンパク質をしっかり摂り、加えてビタミンB群サプリを飲むと身体に入った豊富なタンパク質がアミノ酸に変化。筋繊維を修復する効果が高まるのでより筋力強化が期待できますよ。

過剰摂取や飲み合わせに注意して副作用を防止

過剰摂取や飲み合わせに注意して副作用を防止
ビタミンB群はほとんどが水溶性で、不要となった分は尿などと共に排出されるため基本的に過剰症の心配はないのですが、ビタミンB6・ナイアシン・葉酸のみ耐用上限量というものが決められています。

耐用上限量を超えて摂取すると、肌トラブルやめまい、頭痛などの副作用がでることもありますので、パッケージをよく見て用量を守りましょう。
一木 亜伊
管理栄養士/エステティシャン
一木 亜伊さんのコメント
葉酸サプリと一緒に利用する妊婦さんも多いですが、妊娠中はビタミンB群の耐用上限量が通常よりも低くなるため、かかりつけの医師に相談してからサプリを検討した方が無難です。また持病や生活習慣病で医療用医薬品を服用している方も、飲み合わせが悪い場合がありますので注意しましょう。

食べてビタミン摂取するならビタバァレーもおすすめ

押し麦にビタミン類をプラスした加工食品、ビタバァレーで効率良くビタミン摂取するのもおすすめです。麦ごはんとして食べられるので、いつものご飯と同じように食べられると言う手軽さも魅力です。興味のある方は以下のリンクもチェックしてくださいね。

ビタミンB群サプリの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ビタミンB群サプリのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは下記よりご覧ください。

まとめ

ビタミンB群サプリの選び方とおすすめ商品をご紹介しましたがいかがでしたか?ビタミンB群はまとめて摂取することで、より効果を発揮してくれる栄養素です。

健やかな心身や美しさをキープするためにも、ぜひ毎日のサポートとして、成分や含有量に納得できるビタミンB群サプリを選んでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す