• 611c918472e3d31337ef27efcdb23133c41b8fe1
  • 8d17189f1256ef22d0da123a3dba345b78287116
  • 21cc621deded194f5c1d81c1a365a5c418371de6
  • 7ceb2038d921be20bd4d3cf005cecee2f53fe766
  • 70b5493282635f1a6c1cc44ed60f076378ad144f

ビタミンB1サプリのおすすめ人気ランキング5選【肩こり改善・疲労回復にも!】

筋肉痛や疲労回復・また安眠をサポートする働きで注目されているビタミンB1(チアミン)。毎日の食事で摂取できるのが理想的ですが、食品のみでの摂取が難しいなら、サプリメントで補う方法もおすすめです。

ビタミンB1のサプリはコスパが良く続けやすい『メイソンビタミン』や『ネイチャーメイド』、ベジタリアン仕様が嬉しい『ネイチャーズライフ』や『ナウフーズ』など、その特徴や種類もさまざま。今回は、通販でも人気の商品をランキング形式でご紹介します。ビタミンB1の効能を具体的に知りたい方、いろんな種類のサプリを比較してみたい方、ぜひ参考にしてくださいね!

最終更新日:2017年12月07日 | 51views

ビタミンB1の効果とは?

ビタミンB1は「チアミン」とも呼ばれ、レバーや豚肉・豆類・牛乳・昆布などに多く含まれる栄養素です。ビタミンB群のひとつであるこのビタミンB1ですが、摂取するとどのような効能が期待できるのでしょうか?

ビタミンB1はまず摂取すると体内で酵素と結びつき、酵素の働きをサポートしてくれます。(このことから「補酵素」とも呼ばれています。)不足すると筋肉痛や疲労回復などに影響が出るため、エネルギー消費量が多い運動選手などは特にまめに摂取する必要がありますよ。

またビタミンB1には糖質をスムーズにエネルギーに変えてくれる働きがあり、中枢神経や末梢神経を正常に保つ効果もあります。ビタミンB1が不足してしまうと糖質がスムーズに脳のエネルギー源とならないため、イライラしたり、情緒不安定になりやすくなることも…。不足すると肉体や精神の疲労につながりやすいビタミンB1ですが、普段の食事だけで賄うのはなかなか大変です。そのため、サプリの形で取り入れるのが理に適っているんですね!

ビタミンB1サプリの選び方

それでは早速、ビタミンB1サプリの選び方となるポイントをご紹介していきます。しっかりご確認くださいね!

まずチェックしたい含有量

ビタミンB1を含むビタミン類のサプリメントを選ぶ際にはまず1日に必要な摂取量を確認して、それを目安に含有量をチェックしていく必要があります。ビタミンB1の1日における推奨量は成人男性において1.0~1.4mg、成人女性の場合だと0.8~1.1mg程度です。販売されている市販のサプリメントは100mg以上の含有量がほとんどとなりますが、ビタミンB群は水溶性ビタミンで、過剰分は尿に含まれて排泄されるため、さほど過剰摂取を気にする必要はありません。

このように体内に留まりにくいビタミンB1はサプリはできれば1日に数回、毎日一定量をきちんと摂取していく必要があります。ただしサプリの中には「タイムリリース」といってカプセルに包まれたビタミンがゆっくり体内で溶けていくタイプもあります。こちらであれば1日1粒でも栄養素をしっかり体内に摂り込めるため、よりよい効果が期待したいなら、こうしたタイプを選んでみるのも良さそうですね。

合成よりも天然由来の原材料がおすすめ!

本来であれば、自然の食材に含まれているビタミンB1を摂りこむのが理想ですが、その補助としてサプリメントを使うなら、原材料にも気を配っておきましょう。ビタミンB1のサプリを選ぶ際には、多少値段が高くても天然由来の材料から抽出された製品を選ぶのがおすすめ。

ビタミンB1を高濃度に含む植物性素材から抽出して作られたタイプなら、栄養素を自然に近い形で体内に摂り入れることができますよ。多くのビタミンB1サプリメントには、安価で大量に作れる「合成ビタミン」が使われていますが、天然ビタミンのサプリの方が自然な形で効率よく小腸から吸収することができるので、こちらもしっかり押さえておきましょう。

添加物についても確認しよう

サプリメントなどの錠剤を作る際には、どうしても添加物が不可欠となります。製造過程で粉を固めるために用いる成分や、材料を機械に詰まりにくくする成分なども必要となるからですね。このような成分は仕方がないとしても、中には錠剤の大きさや重さを調節する増量剤や、錠剤や粉末を甘くさせる合成甘味料などの、不必要な添加物が使われている場合も。

そのため、購入する際は原材料をしっかりチェックし、このような添加物についても確認しておきましょう。例え添加物を使っていても安全性が高く、できるだけ身体に良い材料を使うよう配慮された商品を選ぶようにしたいですね。

続けやすい価格・形状・服用量かどうか?

最後にチェックしたいポイントは、毎日続けやすい商品かどうかということです。価格はもちろんのこと、飲みやすい形状や容量であるかということも重要ですね。医薬品のように即効性のないサプリメントは、最低でも1ヶ月継続して使ってみて、はじめてその効能を知ることができるとされています。

そのため、例え良質の原材料が使われた商品であっても、自分の予算を上回ってしまう場合は継続が難しくなってしまうでしょう。また、飲みにくい錠剤やカプセルを毎日たくさん飲まなければいけない場合も同様に、続けるのが苦痛になってしまいますよね。

サプリメントを購入する際には飲みやすい形状で、無理なく飲める製品を予算の中から選んでいきましょう。続けていくために必要なことですので、こちらもしっかり押さえておいてくださいね!

ビタミンB1サプリのおすすめ人気ランキング5選

それでは、ここからはいよいよ、おすすめのビタミンB1サプリをランキング形式でご紹介します。気になる商品は見つかるでしょうか?

5位:メイソンビタミンズ ビタミンB1

Mason Vitamins ビタミンB1 100mg 100粒
720円(税込)

・含有量:100mg
・ビタミンB1のタイプ:合成
・原材料:チアミンHCl・第2リン酸カルシウム・コロイダルシリカ・クロスカルメロースナトリウム・微結晶性セルロース・ステアリン酸マグネシウム・ステアリン酸
・1ヶ月あたりのコスト:216円
・形状:錠剤
・1日の服用量:1日1粒

継続しやすいコスパの良さがおすすめ!

5位でご紹介するのは、サプリメント大国としても名高いアメリカで製造された『メイソンビタミンズ』の製品です。100mgのビタミンB1が1粒でしっかり摂れるこちらは、1ヶ月あたりのコストが200円台と続けやすいコストパフォーマンスも魅力的。 約10mm×10mmサイズのコンパクトな錠剤は、大きなタブレットが苦手な方にもおすすめですよ。

ただし使われているビタミンは合成ビタミンであること、ろ過助剤としてシリカが多く使われていることは知っておきたいですね。

4位:ネイチャーズライフ ビタミンB1 500mg

ネイチャーズライフ ビタミンB1 (チアミン) 500mg 50粒
930円

・含有量:500mg
・ビタミンB1のタイプ:合成
・原材料:チアミンHCl・セルロース・野菜由来ステアリン酸・炭酸カルシウム・野菜由来ステアリン酸マグネシウム・二酸化ケイ素・マイクロセルロース™コーティング剤
・1ヶ月あたりのコスト:558円
・形状:錠剤
・1日の服用量:1日1粒

ベジタリアン仕様がうれしい!

続いてご紹介するのは、アメリカで400種類ものサプリメントを販売している『ネイチャーズライフ』の商品。なんといっても大きな特徴は、牛や豚のゼラチンの代わりに植物性セルロースや野菜由来ステアリン酸などを使った植物性タブレットであることです。植物由来の成分でできていますから、ベジタリアンの方はもちろん、動物性たんぱく質などのアレルゲンを避けたい方にもぴったりですね。

体に優しい野菜由来の原材料を使った商品ですが、1粒における含有量が500mgと大変多いため、体内に摂取されないほとんどの量は尿として排出されてしまいます。このため錠剤を割って飲んだり、激しい運動をする前などに飲む用として使い分けるのがおすすめ。こうすれば、より無駄なく摂取できますよ。

3位:KAL ビタミンB1 100mg

KAL ビタミンB1 100mg 100粒
870円(税込)

・含有量:100mg
・ビタミンB1のタイプ:-
・原材料:チアミン・セルロース・ステアリン酸・シリカ・ステアリン酸マグネシウム
・1ヶ月あたりのコスト:261円
・形状:錠剤
・1日の服用量:1日1粒

コスパの良いシンプルなサプリメント

1932年にカリフォルニアでカルシウムの粉末をサプリメントとして販売して以来、できるだけ自然に近い状態のサプリメントを製造・販売している『KAL』の商品を3位で紹介します。こちらも結合剤にセルロースを使ったベジタリアンタイプで、添加物をあまり使わず製造しているのにも関わらず、1ヶ月のコストが200円台というコスパの良さもおすすめポイントですよ!

口コミでも「コスパが良いから続けやすい」「飲みはじめてから寝つきがよくなった」とコスパ、使用感ともに人気の商品です。

2位:ナウフーズ ビタミンB-1 100mg

ナウフーズ ビタミンB-1 100mg 100錠
1,500円(税込)

・含有量:100mg
・ビタミンB1のタイプ:合成
・原材料:チアミンHCI・セルロース・植物性ステアリン酸・植物性ステアリン酸マグネシウム
・1ヶ月あたりのコスト:450円
・形状:錠剤
・1日の服用量:1日1粒

良質・安心の大手老舗メーカーが手がける一品

続いて2位にご紹介するのは、アメリカでも自然加工食品の大手老舗メーカーとして知られる『ナウフーズ』のサプリとなります。こちらの商品は同社のポリシーにより原材料に遺伝子組み換え作物が一切使われておらず、また動物性製品も使われていないベジタリアン仕様であることが大きなポイントとなります。加えてメインの原材料となるチアミンHCIの他、使われている添加物が少ないのも特徴的ですよ。

口コミでも「疲れがたまりにくくなった」「情緒不安定によるパニック症候群に効果的」「朝の目覚めが快適になった」と人気の商品です。また「錠剤を4当分にして25mgずつ服用している」とのアイデアもあるようですよ。

1位:大塚製薬 ネイチャーメイド ビタミンB-1

大塚製薬 ネイチャーメイド ビタミンB-1 80粒
454円(税込)

・含有量:14mg
・ビタミンB1のタイプ:-
・原材料:乳糖・セルロース・V.B1・ショ糖脂肪酸エステル
・1ヶ月あたりのコスト:340円
・形状:錠剤
・1日の服用量:1日2粒

無駄のない安心ベースサプリ!

栄えある1位としてご紹介するのは、『ネイチャーメイド』の商品です!こちらは、なんと言っても栄養成分として「タンパク質/0.018g、脂質/0.006g、炭水化物/0.264g、 ナトリウム/0mg、ビタミンB1/14mg」と、全てのビタミン・ミネラルの成分量が記載されているのが最大のおすすめポイントとなります。

何がどれだけの分量入っているかしっかり明記されていること、着色料や保存料を一切使用していないこと、また問い合わせ先の電話番号がサプリメントの瓶に明記されていることも消費者として安心できる大きな要素となりますよね。

1粒に含まれるビタミンB1は男性の1日分の推奨量の約10倍となる14mgですので、過剰に摂りすぎて尿とともに排出されてしまう無駄も防げます。1日2回に分けて飲めば、かなり効率的に摂取することができそうです!

知っておきたいビタミンB1の豆知識

気になる商品は見つかりましたでしょうか?最後に、知っておくと役立つビタミンB1の豆知識を簡単にご紹介しますので、こちらもご参照くださいね!

ビタミンB1を積極的に取りたい人とは?

ビタミンB1を積極的に取り入れたい方として挙げられるのは、独り暮らしだったり多忙でインスタントや加工食品に頼りがちな食生活を送っているという方、または偏食気味で必要な栄養素が摂れていないな…と感じている方などです。

また、ビタミンB1は運動後の筋肉痛の予防にも効果がありますから、スキーや山登りなどのレジャー前に飲んでおくのもおすすめ。筋肉痛は乳酸やピルビン酸などの疲労物質が筋肉内に残ることが原因とされますが、ビタミンB1をはこの疲労物質の代謝を促してくれるため、筋肉痛の予防や暖和にも効果が期待できますよ。

「アリシン」との同時摂取がおすすめ!

水溶性ビタミンはサプリとして一度に一定量を摂取しても、すぐに体内に排出されがちな栄養素です。そこで、吸収率を上げるアイデアとして、ニンニクと一緒に摂り込むのもおすすめ。これは、ニンニクに含まれる「アリシン」という栄養素が体内でビタミンB1と結合して「アリチアミン」に変化するからです。この「アリチアミン」は血液中に長く留まり、ビタミンB1を少量ずつ離していきます。そのため、体内でゆっくり吸収することが可能となるんですね。

アリシンはニンニクの他にも長ネギやにら、玉ねぎなどにも多く含まれていますよ。「アリシン」のサプリメントも多く販売されているため、こうしたものを利用すれば、よりビタミンB1を効率よく摂取できそうですね。ただしこの「アリシン」は、熱に弱く水に溶けやすい性質を持っています。水中に長く放置したり長期間熱すると効果が薄くなるため、さっと洗って食べるようにするのがおすすめですよ!

ビタミンB1サプリの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ビタミンB1サプリのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

情緒の安定や疲労回復、快眠などのサポートにぴったりのビタミンB1。意識的に毎日レバーや豆類をきちんと摂っている方であれば十分な量の摂取が可能となりますが、多忙な毎日ではなかなかそうはいかないもの。きちんとした食生活が送れていない、と感じるときだけでも賢くサプリメントを使うと脚気などの予防にも繋がりますし、激しいスポーツの前後に意識して飲めば、筋肉痛の予防にも役立ちます。

ビタミンB1サプリメントの特徴や効能などをしっかり理解し、毎日の生活で上手に使いこなしていきましょう!

関連記事

人気の記事