• 【最強が決定!】ビジネスマンにおすすめのインソール(中敷き)ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【最強が決定!】ビジネスマンにおすすめのインソール(中敷き)ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【最強が決定!】ビジネスマンにおすすめのインソール(中敷き)ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【最強が決定!】ビジネスマンにおすすめのインソール(中敷き)ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【最強が決定!】ビジネスマンにおすすめのインソール(中敷き)ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【最強が決定!】ビジネスマンにおすすめのインソール(中敷き)ランキング10選

革靴を履く外回りの多いビジネスマンのお助けアイテムであるインソール(中敷き)。疲れを防止してくれるだけでなく、姿勢を矯正し、偏平足・外反母趾・O脚・足底筋膜炎・腰痛・膝痛といった様々な悩みを防止・軽減してくれるれものです。

今回は、インソールの選び方に加え、ビジネスマンにおすすめのインソールをランキング形式で10品紹介したいと思います。一番疲れないインソールは果たしてどれ!?
  • 最終更新日:2019年04月11日
  • 280,040  views
目次

インソールの選び方

ランキングに入る前に、インソールの選び方について解説していきます。ポイントを押さえて、自分に合ったインソール選びに役立ててくださいね。

「3点アーチ」が重要

3点アーチという言葉をご存知ですか?この言葉を知っているのと知らないのでは、インソールの選び方に大きな差が出ることになります。

人は体重を、かかと、親指の付け根、小指の付け根の3点で支えていて、その3点を結んだなだらかな山のような線をアーチと呼びます。全身のバランスを保つだけでなく、歩くときの重心移動をスムーズにしたり衝撃を吸収する働きがあるんですよ。

このアーチのバランスが崩れると様々な問題が出てきます。たとえば横アーチが崩れると魚の目・タコや外反母趾やにおいの原因となり、内側縦アーチが崩れると疲れやむくみなど足全体の不調を招き、外側縦アーチが崩れるとO脚や下半身デブの元となると言われています。

インソールでこの3点アーチをしっかりと作ってあげることで、正しい歩き方ができるようになり、体の不調解消につながるということになります。

ムレにくい素材を選ぶ

ムレにくい素材を選ぶ
インソールでもうひとつ重視したいのがムレにくさ。いくら正しい歩き方ができていても、足裏がムレてしまっていては不快な思いをしてしまいます。

インソールは様々な素材の商品が存在します。商品によっては水分を吸収して蒸発させる素材を使って作られているものもあるので、特に足裏がムレやすい人は、ムレ抑止機能などがついたインソールを選ぶようにしたほうがいいでしょう。

ビジネスマンにおすすめのインソールランキングBEST10

それではインソールの売れ筋商品の中から、機能性に優れかつコストパフォーマンスの高いおすすめのインソールをランキング形式でご紹介したいと思います。
1位

ドクターショールバイオメカニクス フルインソールタイプ

12,780円 (税込)

サイズXS(22.5-23.5cm)、S(24.0-25.0cm)、M(25.5-26.5cm)、L(27.0-28.0cm)
2位
サイズC(23.0-23.5㎝)、D(24.0-24.5㎝)、E(25.0-25.5㎝)、F(26.0-26.5㎝)、G(27.0-27.5㎝)
3位
サイズXS(22.0-23.0cm)、S(23.5-24.5cm)、M(25.0-26.5cm)、L(27.0-28.0cm)、XL(28.5-29.5cm)
4位

スーパーフィートトリムフィット グリーン

4,670円 (税込)

サイズB(21.5-23.0㎝)、C(23.5-25.0㎝)、D(25.5-27.0㎝)、E(27.5-29.0㎝)、F(29.5-31.0㎝)
5位
インソール ビルケンシュトック ブルーフットベッド トラディション 1枚目
出典:amazon.co.jp

ビルケンシュトックブルーフットベッド トラディション

010001

3,888円 (税込)

サイズ38(約24.5cm)、 39(約25.0~25.5cm)、 40(約26.0cm)、 41(約26.5cm)、 42(約27.0~27.5cm)、43(約28.cm)
6位
サイズXS(22.0-23.0cm)、S(23.5-24.5cm)、M(25.0-26.5cm)、L(27.0-28.0cm)、XL(28.0-29.5cm)
7位
サイズレディース 35(22.5~23.0㎝)~38(24.5㎝)、メンズ 39(24.5㎝)~44(27.5~28.0㎝)
8位
インソール ソルボ ソルボヘルシー フルインソールタイプ 1枚目
出典:amazon.jp

ソルボソルボヘルシー フルインソールタイプ

1,014円 (税込)

サイズ3S(22.0-22.5cm)、2S(23.0-23.5cm)、S(23.5-24.5cm)、M(25.0-25.5cm)、L(26.0-26.5cm)、2L(27.0-27.5cm)
9位
インソール 村井 インソールプロメンズ(モートン病対策) 1枚目
出典:amazon.jp

村井インソールプロメンズ(モートン病対策)

1,400円 (税込)

サイズM(25cm~25.5㎝)、L(26㎝~27㎝)

番外編

10位
サイズSS(16cm)~LL(23cm)

人気 ビジネスマンにおすすめのインソール 比較一覧表

商品画像
1
インソール ドクターショール バイオメカニクス フルインソールタイプ 1枚目

ドクターショール

2
インソール ウォークフィットプラチナム 1枚目

3
インソール シダス ウォークスリム3D 1枚目

シダス

4
インソール スーパーフィート トリムフィット グリーン 1枚目

スーパーフィート

5
インソール ビルケンシュトック ブルーフットベッド トラディション 1枚目

ビルケンシュトック

6
インソール バネインソール ベーシック7 1枚目

バネインソール

7
インソール ペダック ビバ 1枚目

ペダック

8
インソール ソルボ ソルボヘルシー フルインソールタイプ 1枚目

ソルボ

9
インソール 村井 インソールプロメンズ(モートン病対策) 1枚目

村井

10
インソール 子供用インソール げんきくん 1枚目

商品名

バイオメカニクス フルインソールタイプ

ウォークフィットプラチナム

ウォークスリム3D

トリムフィット グリーン

ブルーフットベッド トラディション

ベーシック7

ビバ

ソルボヘルシー フルインソールタイプ

インソールプロメンズ(モートン病対策)

子供用インソール げんきくん

特徴医療用矯正装具をベースに開発あなたのアーチにジャストフィット!普段使いからスポーツまで対応できる万能タイプこれが本気で足のことを考えたインソールだ!靴の名門、BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)...更に注目したいのはムレにくさ!見た目も◎!おしゃれビジネスマンはこれ!コストパフォーマンス抜群!長時間歩いていると足裏が痛くなってくる人におすすめ!子供用はほとんど使い捨てになるのでコスパ最重視で!
価格12,780円(税込)3,980円(税込)3,585円(税込)4,670円(税込)3,888円(税込)4,536円(税込)3,456円(税込)1,014円(税込)1,400円(税込)378円(税込)
サイズXS(22.5-23.5cm)、S(24.0-25.0cm)、M(25.5-26.5cm)、L(27.0-28.0cm)C(23.0-23.5㎝)、D(24.0-24.5㎝)、E(25.0-25.5㎝)、F(26.0-26.5㎝)、G(27.0-27.5㎝)XS(22.0-23.0cm)、S(23.5-24.5cm)、M(25.0-26.5cm)、L(27.0-28.0cm)、XL(28.5-29.5cm)B(21.5-23.0㎝)、C(23.5-25.0㎝)、D(25.5-27.0㎝)、E(27.5-29.0㎝)、F(29.5-31.0㎝)38(約24.5cm)、 39(約25.0~25.5cm)、 40(約26.0cm)、 41(約26.5cm)、 42(約27.0~27.5cm)、43(約28.cm)XS(22.0-23.0cm)、S(23.5-24.5cm)、M(25.0-26.5cm)、L(27.0-28.0cm)、XL(28.0-29.5cm)レディース 35(22.5~23.0㎝)~38(24.5㎝)、メンズ 39(24.5㎝)~44(27.5~28.0㎝)3S(22.0-22.5cm)、2S(23.0-23.5cm)、S(23.5-24.5cm)、M(25.0-25.5cm)、L(26.0-26.5cm)、2L(27.0-27.5cm)M(25cm~25.5㎝)、L(26㎝~27㎝)SS(16cm)~LL(23cm)
商品リンク

ジャストサイズのインソールを買うためのチェックポイント

ここまでおすすめのインソール商品を紹介してきましたが、インソールが靴や足のサイズに合っていなければ期待している効果も得られません。ジャストサイズのインソールを買うための3つのポイントをご紹介します。

1. かかとがフィットしているか

1. かかとがフィットしているか
インソール選びで最も重要なのが「かかと」です。

かかとをインソールのかかと部分に合わせてみて、はみ出していないか、ずれていないかなどをチェックしましょう。

2. インソールと足裏のポイントが合っているか

2. インソールと足裏のポイントが合っているか
かかと部分を合わせた際に最も重点的にチェックしてほしいのが、インソールの3点アーチと足裏の3点アーチの位置が合っているかという点です。

チェック方法は簡単です。つま先を曲げた時、親指の付け根とインソール裏のサポートの端が合っているか見てください。

3. 大きさは余裕を持って調整

3. 大きさは余裕を持って調整
インソールは各社多数のサイズを販売していますが、縦幅はもちろん横幅までジャストフィットの既製品はオーダーメイド品でない限りなかなかありません。

買ったインソールのサイズが少しだけ合わない!そんな時はかかとを合わせた状態でつま先部分をはさみで切って調整してください。元々ついている靴の中敷きに合わせて行うと失敗しにくいですよ。切りすぎると役目を果たさなくなっしまうので少し大きめに切っておくといいでしょう。

まとめ

ドイツでは「病気になったら靴屋に行け」ということわざもあるくらい、靴と健康は密接な関係にあります。足に合ったインソールを使用することでびっくりするくらい腰痛や膝痛が軽減され、歩くのが苦でなくなります。

ビジネスマンの皆様の毎日が少しでも快適になるためにこの記事がお役に立てたら嬉しいです!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す