【徹底比較】抱っこひものおすすめ人気ランキング24選【定番エルゴからプチプラまで】

【徹底比較】抱っこひものおすすめ人気ランキング24選【定番エルゴからプチプラまで】

赤ちゃんを楽に抱っこすることができる「抱っこひも」。アップリカやエルゴなど人気メーカーのものをはじめ、キャリーやスリングなどのタイプの違いもあり、対応する抱っこの仕方も前向き・横抱きなどいろいろ。一体どれを選べばいいのか分からないと悩むママやパパも多いのではないでしょうか。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の抱っこひも24商品を比較して、最もおすすめの抱っこひもを決定したいと思います。


比較検証は以下の3点について行いました。

  1. 使用感
  2. 肩への負担
  3. 通気性

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか? 抱っこひもの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年03月18日更新
  • 484,590 views

検証のポイント

売れ筋の抱っこひも24商品を全て集めて、徹底的に比較検証しました
  • 使用感

    検証① 使用感

    まずは、使用感に関する検証です。今回は、新生児と生後約3ヵ月に相当する重さの赤ちゃん人形2種類を使用。抱っこひもに抱き入れた状態で、大人と赤ちゃんがそれぞれ快適に過ごせるかを識者にチェックしていただきました。なお評価は、大人にとってちょうどよいサイズか、赤ちゃんが快適な姿勢で過ごせるか(シートの深さ・股関節サポート・背中の支え・フィット感)などを基準としています。

  • 肩への負担

    検証② 肩への負担

    続いては「肩への負担」について検証します。4500gの赤ちゃん人形を抱き入れた状態で抱っこひもを装着。肩にどれだけの負担がかかるか?肩ベルトは食い込まないか?などを体感でチェックします。

  • 通気性

    検証③ 通気性

    最後に検証するのは「通気性」です。霧吹きとカイロで赤ちゃんが汗をかいた状態を再現し、抱っこひもの内側の湿度を測りました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設
    No.1
    抱っこひもベストバイ

    サンアンドビーチMargaret Annie(OM-1)

    27,000円(税込)

    総合評価

    4.62
    • 使用感: 5.0
    • 肩への負担: 4.6
    • 通気性: 3.5

    ママにやさしい親切設計が◎!おしゃれで機能性もバツグンなパーフェクト抱っこひも

    第1位は「ママのことをちゃんと考えて作られている!」と専門家を感動させた抱っこひも。2007年にスタートした抱っこひもブランドであるサンアンドビーチの定番商品です!


    装着した瞬間驚くのは、とにかくフィット感が強いということ。腰ベルトが硬すぎず、体に沿うように作られているほか、肩ベルトと背当ての間など細かい箇所にも調整ベルトを取り入れており、小柄なママにもぴったりフィットします。


    シートの深さがマジックテープで調整できたり、密着ベルトはアウトドアリュックのように引っ張るだけで調整できるなど、シンプルでわかりやすい構造も◎。感覚的に使えるので新米ママでも安心です。


    またアーティストとのコラボレーションをおこなうなど、デザインにもこだわっているのもサンアンドビーチの特徴。


    高い機能性とデザイン性を兼ねそろえた、mybestが自信を持っておすすめするベストバイ抱っこひもです!

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重記載なし
    本体重量600g
    素材表:綿100%/裏:ポリエステル・オーガニックコットン
    対応する抱き方対面抱き,おんぶ
    No.2

    ボバキャリア4Gプラス

    17,280円

    総合評価

    4.38
    • 使用感: 5.0
    • 肩への負担: 3.2
    • 通気性: 3.7

    赤ちゃんの正しい姿勢を自然にキープ!ママも赤ちゃんも快適な抱っこひも

    背あての布が薄いながらも立体構造に優れているのが最大の特長。赤ちゃんが正しい姿勢をとりやすく、自己調整能力の働きを促してくれます!


    「ソフトキャンバス綿」と呼ばれる、薄くて柔らかい布が使われています。肌あたりがよいだけでなく、ママが体を動かしやすいのも嬉しいポイント。おでかけ時だけでなく、家事をしながらの抱っこにもおすすめですよ。


    ママも赤ちゃんも快適に過ごせる、文句なしの抱っこひもです!

    対象月齢下限0ヶ月〜
    対象月齢上限記載なし
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量1150g
    素材本体:綿100%/ 裏地:ソフトキャンバス綿/中綿:天然綿100%
    対応する抱き方対面抱き,おんぶ,足置き
    No.3
    通気性No.1

    ボバボバエックス

    20,000円(税込)

    総合評価

    4.34
    • 使用感: 4.2
    • 肩への負担: 4.6
    • 通気性: 4.5

    通気性バツグンで真夏のおでかけも快適!重みを感じにくい肩ベルトが好印象

    クッション性のある肩ベルトは浮きにくく、赤ちゃんの重みをダイレクトに感じません。クロスして装着することも可能ですが、標準的な日本人体型だとベルトが浮きやすいのであまりおすすめしません。


    背中バックルのストラップにはゴムを使用。伸縮性が高い代わりに、MAXまで引き締めきれないというデメリットもあります。小柄なママにぴったりフィットさせることは難しいでしょう。


    背あての面積が広いので蒸れやすいように感じますが、意外にも通気性はバツグン。検証後に背あての内側を触ってみると、サラサラでした!真夏のおでかけでも赤ちゃんが快適に過ごせそうです。

    対象月齢下限0ヶ月〜
    対象月齢上限記載なし
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量720g
    素材生地:コットン100%/ベルト中綿:ポリエチレン62%・ポリウレタン38%
    対応する抱き方対面抱き,おんぶ
    No.4

    konny by erinコニー抱っこ紐

    7,480円(税込)

    総合評価

    4.24
    • 使用感: 4.3
    • 肩への負担: 3.6
    • 通気性: 4.7

    サイズさえ合えば最高!着脱が簡単なニュータイプ抱っこひも

    頭からすっぽりと被って使うタイプの抱っこひもです。スリングのように幅の広い布で肩を覆うので、赤ちゃんの体重が分散しやすいのが特長。長時間の抱っこも辛くありません!


    注意してほしいのは、頭からすっぽりと被って使うためサイズ調整ができないということ。体型がまったく異なるパパママ間での兼用は難しいでしょう。また、体型に合ったサイズを選ばないと正しく使えないので注意してくださいね。


    ぱっと見では抱っこひもとわからない、ショールのようでお洒落なデザインは周りのママと被りにくく、新しいモノ好きなママにおすすめですよ!

    対象月齢下限0ヶ月〜
    対象月齢上限記載なし
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量200g
    素材ポリエステル62%・ 綿33%・ポリウレタン5%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き
    No.5

    konny by erinコニー抱っこ紐サマー

    6,880円(税込)

    総合評価

    4.04
    • 使用感: 4.0
    • 肩への負担: 3.4
    • 通気性: 4.8

    通気性のよさはトップクラス!前面メッシュの夏仕様抱っこひも

    頭からすっぽり被ったあとに腰ひもを重ねて結ぶという変わった構造にも要注目です。


    しかし、生地の伸びがよすぎるがゆえにホールド感が弱いのが惜しいところ。手で支えていないと赤ちゃんがグラついてしまうため、手を離したら落ちてしまうのではないか…とヒヤヒヤしながらの抱っこになります。


    見てのとおり全面メッシュになっており、通気性に関してはトップクラスの点数を記録しました!赤ちゃんが汗をかいてもすぐに乾き、あせも防止に一役買ってくれますよ。夏のおでかけ用として1枚持っておきたい抱っこひもです。

    対象月齢下限0ヶ月〜
    対象月齢上限記載なし
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量160g
    素材ポリエステル87%・ポリウレタン13%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き
    No.6

    生地は薄いのに抱っこしやすい立体構造。通気性もよく夏のアウトドアに最適

    全体的に薄い生地が使われており、かなり計量かつコンパクトになるので持ち運びに最適。生地が薄い割には立体構造に優れており、ママと赤ちゃんが密着しやすい抱っこひもです。


    通気性にも優れ、汗をすばやく吸収して背あてをサラサラに保ってくれます。携帯しやすいので、夏のアウトドアなどでも活躍しそうです。

    対象月齢下限4ヶ月〜
    対象月齢上限記載なし
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量390g
    素材ナイロン・パラシュート生地
    対応する抱き方対面抱き(クロス可),おんぶ
    No.7

    ダッドウェイエルゴベビー ADAPT クールエア

    19,250円(税込)

    総合評価

    3.68
    • 使用感: 4.1
    • 肩への負担: 3.0
    • 通気性: 3.1

    大きめ設計&分厚いメッシュ生地が体にフィットせず着け心地△

    製造国がアメリカだからか、赤ちゃんにも大人にとっても大きめ設計。赤ちゃんの発達も考慮されていたり感覚的に使いやすかったりと、さすが老舗メーカーといったところ。


    メッシュ生地が分厚いほか肩ひもが浮きやすく、小柄な日本人体型ではイマイチ体にフィットしないのが残念。同じエルゴの抱っこひもでも、メッシュより布製のほうが体に沿いやすい傾向があります。

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限48ヶ月
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量798g
    素材本体:ポリエステル100%/ベビーウエストベルト:ポリエステル100%
    対応する抱き方対面抱き(クロス可),おんぶ,腰抱き
    No.8

    ルミエール6WAY 抱っこ紐

    15,780円(税込)

    総合評価

    3.48
    • 使用感: 3.3
    • 肩への負担: 4.2
    • 通気性: 3.3

    厚い肩ひもで食い込まない!負担が少なくて楽だが調節のしにくさが残念

    肩ひもに厚みがあり、クッション性も高いので食い込みがありません。緩め付けると腰に負担がかかってしまいますが、調整してぴったりフィットさせるととても楽でした。ただ、調節用のスナップが固いということで減点に。


    背あてのシートが若干浅く、赤ちゃんの腰が反りがちなのがやや気になります。ママと赤ちゃんがしっかり密着していないと少し不安な抱っこひもです。

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限48ヶ月
    利用可能体重記載なし
    本体重量1220g
    素材記載なし
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ,腰抱き
    No.9

    グレコルーポップ

    5,380円(税込)

    総合評価

    3.36
    • 使用感: 3.2
    • 肩への負担: 3.2
    • 通気性: 4.0

    オーソドックスな形状のシンプルな抱っこ紐。通気性がいい分生地が薄いのが気になる

    標準的な形状の抱っこ紐。赤ちゃんと商品のサイズが合っている状態であれば、問題なく姿勢が保たれます。ただし、成長につれてフィットしなくなるので使用期間に注意しましょう。


    全体的に生地が薄く通気性は比較的良いですが、その分クッション性はあまりありません。肩に食い込むまではいきませんが、赤ちゃんの重みをずっしりと感じてしまいます。

    対象月齢下限4ヶ月
    対象月齢上限48ヶ月
    利用可能体重体重15㎏まで
    本体重量395g
    素材ポリエステル100%
    対応する抱き方対面抱き,おんぶ
    No.10

    コンビジョイン EL-E

    9,900円(税込)

    総合評価

    3.32
    • 使用感: 3.1
    • 肩への負担: 3.1
    • 通気性: 4.2

    小柄な女性だと肩ひもが浮く可能性大!

    やわらかく肩にフィットする「肩楽フィットベルト」をウリにした、コンビの抱っこひも。着け心地のよさを謳っているだけあって、素材の柔らかさは識者のお墨付き◎


    ただ、赤ちゃんの汗をしっかり吸い取ってしまう生地で、速乾性はいまいち。やわらかくてクッション性はありますが、肩ひもが浮いてしまうのが難ありといえます。

    対象月齢下限4ヶ月※専用インファントシート(別売)使用で1か月から可
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重15㎏まで
    本体重量620g
    素材記載なし
    対応する抱き方対面抱き,おんぶ,腰抱き
    No.11

    ナップナップベビーキャリー BASIC メッシュドライ

    8,778円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 使用感: 2.7
    • 肩への負担: 4.3
    • 通気性: 3.6

    ふかふかクッションでフィット感はよし!速乾性はあるけど背当てがしっとりしまう結果に…

    ママたちの声を反映して作られた抱っこひも。こちらも日本人の赤ちゃん向けに小さめに作られているため、低月齢ならフィットします。


    ふかふかクッションで体にフィットさせやすい点が、同ブランドの「ベビーキャリー COMPACT」と大きく異なるポイントです。通気性検証では背当て部分がしっとりしたのが気になりました。

    対象月齢下限4ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量472g
    素材ポリエステル100%
    対応する抱き方対面抱き,おんぶ
    No.12

    ダッドウェイエルゴベビー OMNI 360 クールエア

    29,000円(税込)

    総合評価

    3.14
    • 使用感: 2.8
    • 肩への負担: 3.0
    • 通気性: 4.3

    小柄な赤ちゃんには肩・お尻のサイズがフィットしづらい構造

    ハワイ生まれのべビー用品ブランド「エルゴベビー」は、シンプルながらデザイン性に優れた人気ブランドのひとつです。


    ただし、実際に比較検証を行ってみると、小柄な日本人の赤ちゃんには分厚い肩ひもはフィットしづらい結果となりました。欧米規格でサイズも大きめで、お尻が小さい赤ちゃんの場合は腰に負荷がかかるため、おすすめできません。

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限48ヶ月
    利用可能体重体重20㎏まで(前向き抱きのみ13㎏)
    本体重量798g
    素材本体:ポリエステル100%/ベビーウエストベルト:ポリエステル100%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ,腰抱き
    No.13

    ダッドウェイエルゴベビー Original

    11,980円

    総合評価

    3.12
    • 使用感: 3.2
    • 肩への負担: 3.0
    • 通気性: 3.0

    肩部分・背当てが分厚くフィット感も通気性もナシ

    エルゴの定番シリーズ「ティール」は13位にランクイン。他のエルゴの抱っこひも同様にサイズが大きめの設計で、赤ちゃんが発達しても使い続けられるためコスパ◎


    定番シリーズということもあって、エルゴの中でも最も感覚的に使える操作性のよさも魅力です。ただし、他のエルゴ製品同様に肩クッション・背当てが分厚くてフィット感はありません。生地が分厚いために、通気性もよいとは言い切れませんでした。

    対象月齢下限4ヶ月〜
    対象月齢上限記載なし
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量1100g
    素材本体:綿100%/ベビーウエストベルト:ポリエステル100%
    対応する抱き方対面抱き,おんぶ,腰抱き
    No.14

    アップリカコアラ

    18,999円(税込)

    総合評価

    2.94
    • 使用感: 2.3
    • 肩への負担: 3.2
    • 通気性: 4.6

    背あての構造に工夫アリ!初心者でも上手に抱き入れができる安心設計

    赤ちゃんの抱き入れがスムーズにできるよう工夫が凝らされた抱っこひも。通常の抱っこひもは赤ちゃんを抱っこしてから肩ベルトを装着するので、抱っこひもに慣れていない新米ママには少し難しいもの。コアラは背あて部分が2層になっており、肩ベルトを片方かけた状態で抱き入れられるのが最大のメリットです!


    ただ、抱っこひも自体のサイズが大きく、普段11号サイズの服を着用している女性でも大きめに感じるほど。小柄なママだと肩ベルトが浮いてしまい、腰に負担がかかるでしょう。

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重15㎏まで
    本体重量971g
    素材表:綿100%/メッシュ部:ポリエステル100%/裏:ポリエステル100%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ,横抱き
    No.15

    ベビービョルンベビーキャリア MINI Air

    12,099円(税込)

    総合評価

    2.90
    • 使用感: 2.2
    • 肩への負担: 3.6
    • 通気性: 4.3

    総括してみるとかなり使い勝手に難あり!赤ちゃんが抱きつきにくい構造で残念

    スウェーデンのベビー用品ブランド「ベビービョルン」の抱っこひも。海外の老舗ベビー用品ブランドで通気性は申し分ないですが、使用感はいまひとつ…


    抱っこすると腰ベルトがあっという間に伸び切ってしまうだけでなく、赤ちゃんがしがみつきにくい構造で、ママ・赤ちゃんどちらにとっても不安定で負荷がかかってしまいます。肩ひもが首に当たって痛くなることもあるため、上位の商品のほうがおすすめです。

    対象月齢下限1ヶ月〜
    対象月齢上限記載なし
    利用可能体重体重11㎏まで
    本体重量721g
    素材綿100%・エコテックス素材使用
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き
    No.16

    日本エイテックスサンクマニエル プレール

    5,299円(税込)

    総合評価

    2.78
    • 使用感: 2.3
    • 肩への負担: 2.7
    • 通気性: 4.3

    「肩のみで赤ちゃんを支える」という無茶な構造

    腰ベルトがなく、肩ベルトのみで赤ちゃんの体重を支える構造になっています。全体的にかなり簡素な造りで、ママの体にかかる負担までは考えられていないかもしれません。


    肩に赤ちゃんの体重がかかるぶん、重心バランスをとろうとして腰が前に突き出てしまいがち。長時間・長期的に使用すると、腰を痛めてしまいそうでおすすめしづらいといえます。

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重15㎏まで
    本体重量380g
    素材表:ポリエステル65%・綿35% /裏:ポリエステル100%/ピロー:ポリエステル100%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ,横抱き
    No.17

    ナップナップベビーキャリー COMPACT

    8,778円(税込)

    総合評価

    2.60
    • 使用感: 2.4
    • 肩への負担: 2.6
    • 通気性: 3.2

    小柄な赤ちゃんには◎ 通気性・コスパで考えるとおすすめできない…

    ポーチのように収納できて、柄のバリエーションが豊富な抱っこひも。日本規格ということもあり、欧米規格の抱っこひもでは股幅・背当てが大きすぎる小柄な赤ちゃんにも最適なサイズです。


    ただし、生地が薄めで、緩めに抱っこひもをつけても赤ちゃんの重さで肩に食い込むため、肩への負担での検証では最低評価に…。月齢が大きくなるにつれて、脚が下にずり落ちてしまうしまう点も気になりました。通気性も悪いため、買うときは慎重に検討しましょう。

    対象月齢下限4ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量472g
    素材ポリエステル100%
    対応する抱き方対面抱き,おんぶ
    No.18

    ベビービョルンベビーキャリア ONE KAI Air

    23,760円

    総合評価

    2.54
    • 使用感: 1.6
    • 肩への負担: 4.0
    • 通気性: 3.9

    慣れれば使いやすさ満点◎片手で留められるバックルが魅力

    両手を使わなくてもバックルがスライドで留められたりと、「使いやすさ」を追求した構造になっているのがわかります。他メーカーの商品と異なる部分が多く、最初は戸惑うかもしれませんが、1度慣れればかなり使いやすい抱っこひもです。


    肩ベルトの厚みやクッション性がほどよく、柔らかいメッシュ生地を使用しているので着け心地がよいのもメリットの1つ。赤ちゃんが正しい姿勢をややとりづらいので、着用の際にチェックしてあげることが必要です。

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重15㎏まで
    本体重量998g
    素材本体:ポリエステル100%/レッグ用ファスナーカバー:綿100%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ
    No.19

    Perkisbobyベビーキャリア

    2,680円

    総合評価

    2.54
    • 使用感: 1.4
    • 肩への負担: 3.5
    • 通気性: 5.0

    赤ちゃんの姿勢くずれが心配。長時間の抱っこには向いていない

    ヒップシートにしては珍しく、小柄なママにもフィットするサイズ感。肩ベルトの浮きもほとんどなく、ママの体にぴたっと沿わせることができます。ただ、赤ちゃんの姿勢はやや崩れがち。おしりが突き出たような姿勢になりやすく、長時間の抱っこには向いていません


    背あて部分がメッシュで出来ており、赤ちゃんが汗をかいても抱っこひもの中に熱がこもりにくいのが◎。また、481gと軽量なため持ち運びも苦になりません。

    対象月齢下限3ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量481g
    素材メッシュ:ポリエステル100%/ 表:オーガニックコットン45%・コットン55%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ,横抱き
    No.20

    ベビーアムールベビーキャリア

    6,882円(税込)

    総合評価

    2.46
    • 使用感: 1.5
    • 肩への負担: 3.5
    • 通気性: 4.3

    初めてのヒップシートで迷ったらとりあえずこれを選んでOK!感覚的に使える簡単ヒップシート

    ろのバックルが背中にあたらないようパッドがついていたり、肩ベルトが双方向どちらに引っ張っても調整できたりと、使いやすさの工夫は他のヒップシートに引けをとりません。感覚的に使えるので、初めて購入するヒップシートとしておすすめです。


    赤ちゃんが座る面にはシリカゲル製の滑り止めがついていますが、ちょっとした摩擦で劣化してしまいそうです。抱っこしているうちに赤ちゃんの位置がずれてしまい、滑り止めの効果もあまり感じられませんでした。

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重14.9㎏まで
    本体重量1006g
    素材ポリエステル
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ,横抱き
    No.21

    LaNova抱っこひも

    2,499円

    総合評価

    2.40
    • 使用感: 1.4
    • 肩への負担: 3.5
    • 通気性: 4.3

    赤ちゃんの正しい姿勢はキープできるが、ママの腰痛が心配になる

    赤ちゃんの背中が反りがちなヒップシートですが、ポグネーの抱っこひもはママと赤ちゃんが密着しやすく、比較的正しい姿勢をキープすることができます。


    ただひとつ、負担がすべて腰にかかるのがネック。赤ちゃんの体重がかかればかかるほどママの腰が沿ってしまいます。日常的に使っていると、腰痛になってしまうかもしれません

    対象月齢下限3ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重20㎏まで
    本体重量721g
    素材表:コットン100% /裏:ポリエステル/ヒップシート中材:発砲ポリプロピレン
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ,腰抱き
    No.22

    ポグネーオルガ ヒップシートキャリア

    19,980円

    総合評価

    2.40
    • 使用感: 1.4
    • 肩への負担: 3.5
    • 通気性: 4.3

    着け心地はママも赤ちゃんも微妙。滑り止めなどの工夫も意味なし

    こちらもヒップシートタイプの抱っこひも。赤ちゃんが座る部分に滑り止めがついていますが、赤ちゃんのおしりがだんだん後ろにずれてしまい、不自然な姿勢に…。腰ベルトの幅がかなり広く、肋骨や骨盤にあたって痛いのでママも辛い思いをします。


    背あての前面を取り外して、メッシュ生地だけの状態に変えることもできます。メッシュの目が粗いので通気性はバツグン。真夏のおでかけでも背中は快適でしょう。

    対象月齢下限4ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重15㎏まで
    本体重量860g
    素材無地:オーガニックコットン100%/柄地:コットン100%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ
    No.23

    ケラッタベビーキャリア

    3,689円(税込)

    総合評価

    2.34
    • 使用感: 1.3
    • 肩への負担: 3.5
    • 通気性: 4.3

    購入した時点でほつれがあった。使用するなら片手も添えてあげて

    購入した商品を開けてみると、背あて部分やヘッドレストにほつれを発見…。大切な赤ちゃんを入れておくものなのに、縫製の荒さが目立ち、不安になってしまいました。


    ヒップシートタイプなので肩への負担が軽減されるのはメリットといえるでしょう。とはいえ粗雑なつくりなので、手放しでの抱っこは危険。片手を添えての抱っこが安心です。

    対象月齢下限3ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重15㎏まで
    本体重量500g
    素材ナイロン
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ
    No.24

    Mobesyベビーキャリア

    2,680円

    総合評価

    2.08
    • 使用感: 1.3
    • 肩への負担: 3.1
    • 通気性: 3.4

    布地の薄さが際立ち、抱っこひもとしての性能に疑問が残る

    驚くほど薄い生地に、工夫が感じられない構造。赤ちゃんの体に布が食い込み、かなり不自然な姿勢になってしまいます。


    腰ベルトと本体が分かれており、一体どうやって着けるの…?と迷ってしまうような不思議なデザインも低評価の原因に。感覚的な装着ができず、ママに親切とはいえません。

    対象月齢下限0ヶ月
    対象月齢上限36ヶ月
    利用可能体重体重15㎏まで
    本体重量599g
    素材綿65%・ポリエステル35%
    対応する抱き方対面抱き,前向き抱き,おんぶ,横抱き

    人気抱っこひもの検証結果比較表

    抱っこは赤ちゃんとの大事なコミュニケーション

    抱っこは赤ちゃんとの大事なコミュニケーション

    抱っこひもはおんぶひもと違い、子どもの様子を見れるのが何より大きなメリットです。また、抱っこしたまま座れるので、家庭で長時間抱っこするときや電車での移動時なども重宝します。


    抱き癖がつくからあまり抱っこしないほうがいい、という考え方もありますが、抱っこは赤ちゃんとの大事なコミュニケーションのひとつ。たくさん抱っこしてあげるためにも、抱っこひもはぜひ用意しておきたい育児グッズなんです。


    ただし、長時間つけていても疲れないようにするためには、正しい位置で抱っこすることが大切。具体的な抱っこの仕方については記事中盤で解説しますので、ぜひそちらも参考にしてくださいね。

    抱っこひもの選び方

    それでは検証に入る前に、抱っこひもの選び方から見ていきましょう。

    ① 使い方に合ったタイプを選ぶ

    抱っこひもには、主にキャリータイプとスリングタイプの2種類があります。まずはこの2つの違いを理解して、用途に合ったものを選んでみてください。

    お散歩のお供に便利なキャリー。ベルト付きなら疲れにくい

    お散歩のお供に便利なキャリー。ベルト付きなら疲れにくい

    キャリータイプは、1つでいろいろな抱き方ができることや、頑丈で安定感に優れているところが特徴です。対面抱っこ(縦抱っこ)・横抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶと、ほとんどの商品が3WAYや5WAYに対応。シーンに応じて使い分けられて便利です。


    腰ベルトの付いているタイプであれば、赤ちゃんの重さを肩と腰に分散させることができるので疲れにくく、肩こりや腰痛のあるママ・パパでも楽に抱っこすることができますよ。


    ただ機能面が充実しているためにコンパクトとはいかず、携帯性はあまり良くありません。徒歩でのお出かけが中心の方におすすめです。

    簡単に着脱でき、携帯性も抜群。授乳にも便利な「スリング」

    簡単に着脱でき、携帯性も抜群。授乳にも便利な「スリング」

    スリングタイプは、赤ちゃんを包み込むように抱っこできるタイプです。キャリーに比べるとクッションや支えがないのでママの手を添える必要がありますが、キャリーよりもおしゃれなものが多く、人気も高くなっています。またスリングを使えば抱っこしたまま授乳もできますので、ラクな姿勢でお世話することができますよ。

    折りたたむとコンパクトになるのでマザーズバッグにもしまいやすいですし、着脱が簡単でベビーカーと抱っこを併用するお出かけにもおすすめです。ただし、間違った使い方をすると、赤ちゃんの股関節脱臼や窒息、落下といったトラブルにもつながるので正しく使うことが何よりも大切です。


    ちなみに今回は、キャリータイプの抱っこひもを比較検証した結果をご紹介します。スリングタイプについては以下の記事で徹底比較していますので、ぜひあわせて参考にしてください。

    ② いつから使える?対象月齢をチェック

    いつから使える?対象月齢をチェック

    いつから使えるのかは、抱っこひもに記載されている対象月齢を確認しましょう。新生児から使えるタイプは横抱っこが主流で、首が座っていなくてもすぐに使い始められます。新生児のうちは出かける機会があまりないという方ならば、首が座った生後3ヵ月以降から使えるものを選ぶと良いでしょう。


    3歳ごろまで対応したタイプを選ぶと長く使うことができますが、成長するにつれて赤ちゃんの抱っこスタイルも変わってきます。そのため、成長してから別なものを選べるように、あえて使用期間の短いものを選んでおくというのも1つの手です。

    ③ 抱き方のバリエーションをチェック

    抱き方のバリエーションをチェック
    どんな抱っこをするか、誰が抱っこをするか、などによっても選ぶポイントは変わります。抱っこひもを使っての抱っこのスタイルは、大きく分けて以下の5パターン。

    • 横抱っこ
    • 対面抱っこ(縦抱っこ)
    • 前向き抱っこ
    • 腰抱っこ
    • おんぶ


    商品によって対応している抱っこスタイルが異なりますので、希望する抱き方ができるものを選ぶようにしましょう。

    ④ 汗っかきな赤ちゃんのために通気性もチェック

    汗っかきな赤ちゃんのために通気性もチェック
    赤ちゃんは体温が高く、大人より暑がりで汗っかき。暑い夏はもちろん、真冬でも抱っこひもの中では汗だく…なんてことがよくあります。

    赤ちゃんの肌を汗疹から守ってあげるためにも、通気性のよい抱っこひもを選んであげましょう。生地の特徴によっても違いがあるので、詳しくは検証結果を参考にしてみてくださいね。

    ⑤ 正しい姿勢で抱っこできるものを選ぼう

    正しい姿勢で抱っこできるものを選ぼう

    抱っこひも着用時の赤ちゃんの姿勢として、理想的なのは「素手で抱っこしたときと同じ姿勢」をキープできること。また、正しい抱っこができていないと怪我や事故に繋がる可能性があるほか、ママの肩・腰への負担も増えるばかりです。


    以下のポイントを正しい抱っこの基準として考えるとよいでしょう。


    • 赤ちゃんの足はM字開脚になっているか
    • 赤ちゃんはママがおでこにキスできるぐらいの高さ
    • 赤ちゃんのおしりはママのおへそより上にきているか

    抱っこひもがママと赤ちゃんに合っていないと正しい抱っこはできません。今回は上記のポイントも加味して検証をおこなったので、詳しくは商品情報のコメントを参考にしてみてくださいね

    売れ筋の人気抱っこひも全24商品を徹底比較!

    抱っこひもの検証

    いよいよここからは、Amazon・楽天・価格comなどで売れ筋上位の抱っこひも24商品をすべて集めて、どれが最も優れた商品なのか検証していきます。


    上記の選び方のポイントを踏まえて、検証項目は次の3つとしました。

    検証①:使用感

    検証②:肩への負担

    検証③:通気性

    今回検証した商品

    1. サンアンドビーチ|Margaret Annie(OM-1)
    2. ボバ|キャリア4Gプラス
    3. ボバ|ボバエックス
    4. konny by erin|コニー抱っこ紐
    5. konny by erin|コニー抱っこ紐サマー
    6. ボバ|ボバエアー
    7. ダッドウェイ|エルゴベビー ADAPT クールエア
    8. ルミエール|6WAY 抱っこ紐
    9. グレコ|ルーポップ
    10. コンビ|ジョイン EL-E
    11. ナップナップ|ベビーキャリー BASIC メッシュドライ
    12. ダッドウェイ|エルゴベビー OMNI 360 クールエア
    13. ダッドウェイ|エルゴベビー Original
    14. アップリカ|コアラ
    15. ベビービョルン|ベビーキャリア MINI Air
    16. 日本エイテックス|サンクマニエル プレール
    17. ナップナップ|ベビーキャリー COMPACT
    18. ベビービョルン|ベビーキャリア ONE KAI Air
    19. Perkisboby|ベビーキャリア
    20. ベビーアムール|ベビーキャリア
    21. LaNova|抱っこひも
    22. ポグネー|オルガ ヒップシートキャリア
    23. ケラッタ|ベビーキャリア
    24. Mobesy|ベビーキャリア

    検証① 使用感

    使用感

    まずは、使用感に関する検証です。


    今回は、新生児と生後約3ヵ月に相当する重さの赤ちゃん人形2種類を使用。抱っこひもに抱き入れた状態で、大人と赤ちゃんがそれぞれ快適に過ごせるかを識者にチェックしていただきました。


    なお評価は、大人にとってちょうどよいサイズか、赤ちゃんが快適な姿勢で過ごせるか(シートの深さ・股関節サポート・背中の支え・フィット感)などを基準としています。

    【検証結果ハイライト】定番だからといって海外製を選ぶのは危険

    【検証結果ハイライト】定番だからといって海外製を選ぶのは危険

    「皆使っているから」と定番のエルゴを選ぶ方も多いと思いますが、実際に着用してみるとその大きさにびっくり。日本人の小柄な体型には合わせづらく、普段11号の服を着用しているスタッフでも大きく感じるほどです。体にフィットしないことで赤ちゃんがかなり下の位置にきてしまうなど、正しい抱っこができませんでした。


    • サンアンドビーチ Margaret Annie
    • ボバ キャリア 4Gプラス

    識者の高評価を獲得したのは上記の商品。しっかりベルトの引き締めができるなど、小柄なママを想定した造りの抱っこひもが高評価を獲得する結果となりました。


    また、赤ちゃんが正しい姿勢をキープできたのは背あてシートの深さ・立体構造が十分な抱っこひもでした。


    深さのある背あてシートは赤ちゃんの首までしっかりと支えることができ、立体構造は赤ちゃんを正しい位置におさめ、自然と自立姿勢をとれるようサポートしてくれます。赤ちゃんが正しい位置・姿勢をキープできることによって、大人も快適に抱っこすることができました

    検証② 肩への負担

    肩への負担

    続いては「肩への負担」について検証します。


    4500gの赤ちゃん人形を抱き入れた状態で抱っこひもを装着。肩にどれだけの負担がかかるか?肩ベルトは食い込まないか?などを体感でチェックします。

    【検証結果ハイライト】クッション性に優れた肩ベルトもフィットしなければ形無し

    【検証結果ハイライト】クッション性に優れた肩ベルトもフィットしなければ形無し

    クッション性のある肩ベルトはいくつか見受けられましたが、抱っこひも自体がフィットせず肩ベルトが浮いてしまうものも。そうすると腰だけで赤ちゃんの体重を支えることになるため、赤ちゃんが正しい姿勢をキープできないだけでなく、腰痛の原因にもなりえます。


    小柄な体型にもフィットし、かつクッション性に優れており肩への負担が軽かった抱っこひもは以下の2商品です。


    • ボバ ボバエックス
    • ナップナップ ベビーキャリー BASIC メッシュドライ


    総じて肩への負担が軽かったのは「ヒップシート」。エルゴやコンビなどの抱っこひもとは違い、ウエストポーチのような腰ベルトで支えるタイプです。赤ちゃんの体重が肩にはほとんどかからず、快適に使うことができました!


    ただし構造上ママと赤ちゃんが密着しづらく、上記写真のように赤ちゃんの背中が沿ってしまいます。背あてシートと赤ちゃんのおしりの間にタオルを挟むなど、正しい姿勢をキープできるよう工夫が必要です。


    なお、今回検証したヒップシートタイプの抱っこひもは以下の5商品です。


    • Perkisboby ベビーキャリア
    • LaNova 抱っこひも
    • ベビーアムール ベビーキャリア
    • ケラッタ ベビーキャリア
    • ポグネー オルガ ヒップシートキャリア

    検証③ 通気性

    通気性

    最後に検証するのは「通気性」です。


    霧吹きとカイロで赤ちゃんが汗をかいた状態を再現し、抱っこひもの内側の湿度を測りました。

    【検証結果ハイライト】フロントカバーの取り外しができる抱っこひもは体温調節ができて◎

    【検証結果ハイライト】フロントカバーの取り外しができる抱っこひもは体温調節ができて◎

    メッシュ素材の抱っこひもは、いうまでもなく通気性バツグンでした!ただ、夏でも室内は涼しかったりと、場所によっても温度はかなり変わります。全面メッシュ素材の抱っこひも優秀ではありますが、以下のような商品も高評価を獲得しました。


    • ポグネー オルガ ヒップシートキャリア

    上記の商品はフロントカバーを取り外して背あてをメッシュ仕様に変えることができ、オールシーズン・屋内外問わず使えて便利です。体温調節が上手にできない赤ちゃんにとってはかなり有難い機能ですね!


    また、メッシュ素材は直接肌に触れるとやや刺激があるので、ママや赤ちゃんが敏感肌の場合は綿100%など肌に優しい生地の抱っこひもをおすすめします。

    抱っこひも収納カバーもあると便利

    抱っこひもの持ち運びには、収納カバーを使うのがおすすめ。かさばってしまう抱っこひもをコンパクトにして持ち運べるので、お出かけ先で使いたい時に活躍しますよ。気になる方は以下のリンクも確認してみてくださいね。

    抱っこひもの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、抱っこひものAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    日本では定番のエルゴが低評価を獲得するなど、意外な結果となりました。検証結果や選び方を参考に、ママと赤ちゃんに合った抱っこひもをゲットしてくださいね。


    検証/文:木原成美、写真:三浦晃一・稲垣佑季・岩上紗亜耶・芝崎テツジ

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す