• 徹底比較!おすすめの抱っこひも7選【本当に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像1枚目
  • 徹底比較!おすすめの抱っこひも7選【本当に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像2枚目
  • 徹底比較!おすすめの抱っこひも7選【本当に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像3枚目
  • 徹底比較!おすすめの抱っこひも7選【本当に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像4枚目
  • 徹底比較!おすすめの抱っこひも7選【本当に使いやすいのはどれ?】のアイキャッチ画像5枚目

徹底比較!おすすめの抱っこひも7選【本当に使いやすいのはどれ?】

赤ちゃんを楽に抱っこすることができる「抱っこひも」。でも、一口に抱っこひもと言っても、アップリカやエルゴなどの人気メーカーのものをはじめ、キャリーやスリングなどのタイプがあり、対応する抱っこの仕方も前向き・横抱きなどいろいろ。一体どれを選べばいいのか分からないと悩むママやパパも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、抱っこひもを選ぶ際のポイントとあわせて、おすすめの人気抱っこひもをランキングでご紹介したいと思います。この記事の後半では各抱っこスタイルの特徴も紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事に登場する専門家

光畑 由佳
中道 登茂子
  • 最終更新日:2019年03月11日
  • 298,920  views
目次

抱っこひもの選び方のポイント

ここでは、抱っこひもの選び方について説明していきます。どこで使うか・誰が使うか・いつまで使うかなどを考慮しながら、快適に使えるものを選んでみましょう。

用途に合わせてタイプを選ぶ

抱っこひもには、主にキャリータイプとスリングタイプの2種類があります。まずはこの2つの違いを理解して、用途に合ったものを選んでみてください。

さまざまな抱き方ができて、シーンに合わせやすい「キャリー」

さまざまな抱き方ができて、シーンに合わせやすい「キャリー」

出典:ergobaby.jp

キャリータイプは、1つでいろいろな抱き方ができることや、頑丈で安定感に優れているところが特徴です。対面抱っこ(縦抱っこ)・横抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶと、ほとんどの商品が3WAYや5WAYに対応。シーンに応じて使い分けられて便利です。

腰ベルトの付いているタイプであれば、赤ちゃんの重さを肩と腰に分散させることができるので疲れにくく、肩こりや腰痛のあるママ・パパでも楽に抱っこすることができますよ。ただ機能面が充実しているためにコンパクトとはいかず、携帯性はあまり良くありません。徒歩でのお出かけが中心の方におすすめです。

簡単に着脱でき、携帯性も抜群。授乳にも便利な「スリング」

簡単に着脱でき、携帯性も抜群。授乳にも便利な「スリング」

出典:amazon.co.jp

スリングタイプは、赤ちゃんを包み込むように抱っこできるタイプです。キャリーに比べるとクッションや支えがないのでママの手を添える必要がありますが、キャリーよりもおしゃれなものが多く、人気も高くなっています。またスリングを使えば抱っこしたまま授乳もできますので、ラクな姿勢でお世話することができますよ。

折りたたむとコンパクトになるのでマザーズバッグにもしまいやすいですし、着脱が簡単でベビーカーと抱っこを併用するお出かけにもおすすめです。ただし、間違った使い方をすると、赤ちゃんの股関節脱臼や窒息、落下といったトラブルにもつながるので正しく使うことが何よりも大切です。以下の記事でも使い方などを詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

いつから使えるか、月齢に合わせて選ぶ

いつから使えるか、月齢に合わせて選ぶ
いつから使えるのかは、抱っこひもに記載されている対象月齢を確認しましょう。新生児から使えるタイプは横抱っこが主流で、首が座っていなくてもすぐに使い始められます。新生児のうちは出かける機会があまりないという方ならば、首が座った生後3ヵ月以降から使えるものを選ぶと良いでしょう。

3歳ごろまで対応したタイプを選ぶと長く使うことができますが、成長するにつれて赤ちゃんの抱っこスタイルも変わってきます。そのため、成長してから別なものを選べるように、あえて使用期間の短いものを選んでおくというのも1つの手です。

どんな抱っこがしたいかも大切。ママが使いやすいものを選んで

どんな抱っこがしたいかも大切。ママが使いやすいものを選んで

出典:amazon.co.jp

抱っこひもを使っての抱っこのスタイルは、大きく分けて5タイプあります。

・横抱っこ
・対面抱っこ(タテ抱っこ)
・前向き抱っこ
・腰抱っこ
・おんぶ

商品によって対応している抱っこスタイルが異なりますので、希望する抱き方ができるものを選ぶようにしましょう。特に新生児抱っこの場合、抱っこひもによって横抱っこと縦抱っこに分かれ、抱き方が変わりますので気を付けてくださいね。

それぞれの抱っこの特徴はこの記事の最後に紹介していますので、新米のママ・パパはぜひ参考にしてください。

サイズ調節の幅が広いものは、パパと兼用もしやすい

サイズ調節の幅が広いものは、パパと兼用もしやすい

出典:amazon.co.jp

ほとんどの抱っこひもは、サイズの調節ができるようになっています。人によってラクな姿勢が異なりますから、できるだけ調節できる幅が広いものを選ぶといいですよ。

サイズ調節ができるものは、ママのサイズにフィットさせやすいことはもちろん、ママよりも体格のいいパパにも合わせやすいので兼用することもできます。

通気性のいいメッシュ素材なら赤ちゃんも快適

通気性のいいメッシュ素材なら赤ちゃんも快適

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんは体温が高く、大人より暑がりで汗っかきです。暑い夏はもちろん、真冬でも汗をかくことがあるので、通気性のいいメッシュタイプのものがおすすめです。

ただし、ママや赤ちゃんが敏感肌の場合は、綿100%など肌に優しい素材の方が良いでしょう。特に夏場は、だっこひもが肌に直接触れることも多いですので肌触りの良い素材を選べるといいですね。

「一人で着脱できるか」をチェックしておくと失敗しにくい

「一人で着脱できるか」をチェックしておくと失敗しにくい

出典:amazon.co.jp

着脱のしやすさも重要なポイントです。こればかりは実際に触れてみるほかありませんので、できる限り店頭で確かめておきましょう。自分一人でも無理なく着脱させられるものなら、使いやすい抱っこひもと判断できます。

やむなく通販で購入する際は、口コミを確認しておくと良いでしょう。使いにくさや着脱時の不便さに関するレビューを中心にチェックして、ラクに扱えそうなものを選んでおくと安心です。

通販では類似品に注意。安全性はSGマークの有無で確かめる

通販では類似品に注意。安全性はSGマークの有無で確かめる

出典:sg-mark.org

有名メーカーの抱っこひもや人気のある抱っこひもには類似品・偽造品が存在することがあります。正規購入するよりも安価で手に入りますが、当然ながら正規品とは違いますし、なにより安全性が不確かですのでおすすめできません。見分けるのは難しいですので、心配な方は正規取り扱い店舗や公式サイトで購入するようにしましょう。

また、メーカーやブランドに関わらず、安全性を示すSGマークの有無を確認してください。激安販売されているノンブランド商品などではSGマークの記載がないこともあるので、注意しておきましょう。

プロの愛用するおすすめの抱っこひも

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの抱っこひもをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、安心して使えるものを選んでくださいね。
専門家の
マイベスト
Oscha リングスリング 1枚目
出典:oscha.jp

Oschaリングスリング

6,798円

詳細情報
・タイプ:スリング
・対象月齢:-
・抱っこスタイル:対面
・サイズ調節:〇
・SGマーク:-
専門家の
マイベスト
詳細情報
・タイプ:キャリー
・対象月齢:0~48ヵ月
・抱っこスタイル:対面・横抱き・おんぶ
・サイズ調節:〇
・SGマーク:〇

本当に使いやすい!おすすめの抱っこ紐7選

対象4ヵ月(首が完全にすわって体重5.5Kg以上)から15kgまで
耐荷重15kg
材質外生地、内生地、綿100%
サイズウエスト回り66cm~132cmまで
抱っこ新生児抱っこ(縦抱っこ)・対面抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶ
備考新生児抱っこはインファントインサート(別売)が必要
抱っこひも ベビービョルン ベビーキャリアONE+Air
出典:amazon.jp

ベビービョルンベビーキャリアONE+Air

17,280円 (税込)

対象首すわり前の1ヵ月頃(53cm/3.5kg以上)から36ヵ月(100cm/15kg)まで
耐荷重15kg
材質主要素材:コットン60%、ポリエステル40% 裏地:コットン100%
サイズヒップサイズ67~160cmまで
抱っこ新生児抱っこ(縦抱っこ)・対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ
備考-
対象首すわり(4ヵ月頃)~体重15kg(36ヵ月頃)
耐荷重15kg
材質表地 ポリエステル(ヘリンボーン織)100%     裏地 ポリエステル100%     メッシュ地 ポリエステル100%
サイズ腰ベルトサイズ 74cm~118cm(男女兼用)
抱っこ新生児抱っこ(横抱っこ)・対面抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶ
備考新生児抱っこはコランハグ専用新生児シート(別売)が必要
対象新生児から20kgまで
耐荷重20kg
材質綿100%
サイズフリーサイズ・腰ベルト:63~147cm
抱っこ新生児抱っこ(縦抱っこ)・対面抱っこ・おんぶ
備考-

キューズベリー 抱っこ紐

10,800円 (税込)

対象首がすわってから16kgまで
耐荷重16kg
材質デザインにより帆布(綿100%)、ガーゼ(綿100%)、綿麻(綿100%、麻20%)
サイズフリーサイズ
抱っこ対面抱っこ
備考-
対象生後2週間から14.9キロまで(約3歳程度)
耐荷重14.9kg
材質綿100%
サイズ450cm×38cm
抱っこ新生児抱っこ(縦抱っこ)・対面抱っこ・おんぶ
備考-
対象腰がすわってから(7ヵ月頃から)15kgまで
耐荷重15kg
材質綿100%
サイズXS(155cm以下)からXL(185cm以上)まで5サイズ
抱っこ腰抱っこ
備考-

おすすめ人気抱っこ紐の比較一覧表

商品画像
抱っこひも エルゴベビー 抱っこひも

抱っこひも ベビービョルン ベビーキャリアONE+Air

ベビービョルン

抱っこひも アップリカ コランハグ

アップリカ

抱っこひも ボバ キャリア4Gプラス

ボバ

抱っこひも キューズベリー 抱っこ紐

抱っこひも FILT社 トンガ・フィット

FILT社

商品名

エルゴベビー 抱っこひも

ベビーキャリアONE+Air

コランハグ

キャリア4Gプラス

キューズベリー 抱っこ紐

トンガ・フィット

特徴人気のエルゴから登場した前向き抱っこ対応モデル付属品なしで新生児から使えるキャリー軽量なのに安定感バツグン。いろいろな抱っこに対応新生児から大きくなるまで長く使える!キャリーのような純日本製抱っこひも2本目に最適!抱っこの補助に
価格10,800円(税込)17,280円(税込)10,990円(税込)17,280円(税込)10,800円(税込)2,894円(税込)
対象4ヵ月(首が完全にすわって体重5.5Kg以上)から15kgまで首すわり前の1ヵ月頃(53cm/3.5kg以上)から36ヵ月(100cm/15kg)まで首すわり(4ヵ月頃)~体重15kg(36ヵ月頃)新生児から20kgまで首がすわってから16kgまで腰がすわってから(7ヵ月頃から)15kgまで
耐荷重15kg15kg15kg20kg16kg15kg
材質外生地、内生地、綿100%主要素材:コットン60%、ポリエステル40% 裏地:コットン100%表地 ポリエステル(ヘリンボーン織)100%     裏地 ポリエステル100%     メッシュ地 ポリエステル100%綿100%デザインにより帆布(綿100%)、ガーゼ(綿100%)、綿麻(綿100%、麻20%)綿100%
サイズウエスト回り66cm~132cmまでヒップサイズ67~160cmまで腰ベルトサイズ 74cm~118cm(男女兼用)フリーサイズ・腰ベルト:63~147cmフリーサイズXS(155cm以下)からXL(185cm以上)まで5サイズ
抱っこ新生児抱っこ(縦抱っこ)・対面抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶ新生児抱っこ(縦抱っこ)・対面抱っこ・前向き抱っこ・おんぶ新生児抱っこ(横抱っこ)・対面抱っこ・前向き抱っこ・腰抱っこ・おんぶ新生児抱っこ(縦抱っこ)・対面抱っこ・おんぶ対面抱っこ腰抱っこ
備考新生児抱っこはインファントインサート(別売)が必要-新生児抱っこはコランハグ専用新生児シート(別売)が必要---
商品リンク

シーンに応じて抱っこスタイルを使い分けて

抱っこひもを使っての抱っこのスタイル。どれがいいか迷うこともありますよね。それぞれの特徴をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

新生児にぴったりの「横抱っこ」

首がすわる前の新生児抱っこで悩むのが、横抱っこと縦抱っこのどちらがいいかということ。これについてはいろいろな意見や見方があるようですが、日本では、両手とも自由に動かせることや、安心感から横抱っこが主流なようです。

以下の記事では、生まれたばかりの新生児から使える「横向き抱っこ紐」を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

顔を見ながらあやせる「対面(タテ)抱っこ」

顔を見ながらあやせる「対面(タテ)抱っこ」

出典:amazon.co.jp

赤ちゃんと向き合って抱っこするスタイルです。ママやパパの胸に赤ちゃんの顔がくっつくため、赤ちゃんは安心感が得られやすいです。抱っこしていて赤ちゃんの顔がすぐ見られるのも、対面抱っこならではですね。

赤ちゃんの視界が広がる「前向き抱っこ」

赤ちゃんの視界が広がる「前向き抱っこ」
赤ちゃんとママが同じ方向を向いて抱っこするタイプです。視界が広がりさまざまな景色をママと一緒に楽しめるので、テンションの上がる赤ちゃんも多いです。前向き抱っこやおんぶ抱っこでは視界が狭く、ぐずってしまう赤ちゃんにもおすすめですよ。

ママに負担がかかりにくい「腰抱っこ」

ママに負担がかかりにくい「腰抱っこ」
赤ちゃんをママの腰に乗せるように抱っこします。赤ちゃんがママの脇に来るため、赤ちゃんもママも視界が開けます。赤ちゃんは周囲を見渡せ、ママは前方や足元が見やすくなるので、お買い物や階段の上り下りも安心してできるようになります。

家事をしながら過ごせる「おんぶ」

家事をしながら過ごせる「おんぶ」

出典:amazon.co.jp

背中に赤ちゃんを背負います。前方が完全に開けるので家事をしながら赤ちゃんを抱っこしたいときに最適で、寝かしつけにも向いています。赤ちゃんの様子が分かりにくいというデメリットもありますので、寝かし付けなど短時間の使用にとどめておくと良いでしょう。

抱っこひも収納カバーもあると便利

抱っこひもの持ち運びには、収納カバーを使うのがおすすめ。かさばってしまう抱っこひもをコンパクトにして持ち運べるので、お出かけ先で使いたい時に活躍しますよ。気になる方は以下のリンクも確認してみてくださいね。

抱っこひもの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、抱っこひものAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

人気の抱っこひもランキング、いかがでしたか?抱っこひもは、赤ちゃんとのお出掛けにはもちろん、寝かしつけのときや泣いている赤ちゃんをあやすときなど、育児をする上でとても便利なアイテムです。

成長していく赤ちゃんを抱っこし続けるには、少しでも負担が少なく、利用シーンにマッチしているものを選ぶことが大切。ご紹介した選び方も参考にしながら、自分に一番合った抱っこ紐をぜひ選んでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す