• スリングタイプの抱っこひものおすすめ人気ランキング11選【リング・バックル・チューブ式】のアイキャッチ画像1枚目
  • スリングタイプの抱っこひものおすすめ人気ランキング11選【リング・バックル・チューブ式】のアイキャッチ画像2枚目
  • スリングタイプの抱っこひものおすすめ人気ランキング11選【リング・バックル・チューブ式】のアイキャッチ画像3枚目
  • スリングタイプの抱っこひものおすすめ人気ランキング11選【リング・バックル・チューブ式】のアイキャッチ画像4枚目
  • スリングタイプの抱っこひものおすすめ人気ランキング11選【リング・バックル・チューブ式】のアイキャッチ画像5枚目

スリングタイプの抱っこひものおすすめ人気ランキング11選【リング・バックル・チューブ式】

新生児~2・3歳までと長く使えてとても便利な「スリングタイプの抱っこひも」。しかし、スリングには、リング・バックル・チューブ式と様々なタイプがあり、akoako・キャリーミー・ベッタ・ドラコ・buddy buddy・しろくまなど、たくさんの商品があるので、どれを選んだら良いか分からない方も多いはず。

そこで今回は、安全で使いやすいスリングタイプの抱っこひもの選び方を徹底解説。さらに、Amazonや楽天などの通販で人気の商品をタイプ別にランキング形式でご紹介します。今すぐ人気のスリングを手に入れて、大切なお子さんとオシャレにおでかけしちゃいましょう!

この記事に登場する専門家

光畑 由佳
  • 最終更新日:2019年05月30日
  • 47,434  views
目次

スリングタイプの抱っこひものメリット・デメリット

バックルでガッチリとめる従来タイプの抱っこひもにはない長所を持つ、スリングタイプの抱っこひもが人気です。でも、前もって知っておきたい短所もあります。その両方をしっかりとおさえたうえで、購入を検討してみてください。

ママとの密着度◎!1つで抱っこ&おんぶもOK

ママとの密着度◎!1つで抱っこ&おんぶもOK

出典:amazon.co.jp

スリングタイプの抱っこひもは、その多くが新生児期~2歳ごろまで使用でき、スリング1つで抱っこ&おんぶが可能。赤ちゃんとママとの密着度も高いため、ぐずりの酷い赤ちゃんがスリングの中では落ち着いて眠ってしまうということも利点として挙げられます。

腰や肩への負担も軽く、装着&脱着も慣れれば通常の抱っこひもよりもスムーズ。母乳で育てられている場合、授乳ケープ代わりになったり、タイプによってはコンパクトに収納可能なので、持ち運びも便利です。また、従来のおんぶひもや抱っこひもでは醸し出せないスタイリッシュな雰囲気も魅力です。

使い方によっては怪我や事故に繋がることも

ここまでメリットばかりを紹介しましたが、やはり長所と短所は裏表の関係にあります。まず、装着が簡単という点ですが、これは慣れればの話。慣れるまでは難しく感じることが多く、特に新生児期の首や腰が座っていない段階では、「怖い」と感じる方が多いようです。誤った使用法をすると、股関節脱臼や窒息の危険性もあるということも知っておかなければなりません。

また、密着度が高いため夏場は暑く感じますし、片方の肩にだけかける癖があると、肩こりなどに悩まされることもあります。安全が考慮されていない商品では、リングが急に破損したり、布地が破れてしまったりといった事故も報告があるので注意が必要です。

スリングの使用が初めてで心配、もっと安全に使いたい…という方は、「新生児シート」や「セーフティーベッド付きスリング」、またスリングよりも作りがしっかりした「多機能型抱っこ紐」を使うのもおすすめ。これらについても、この記事の最後に参考情報を紹介していますので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

スリングタイプの抱っこひもの選び方

スリングタイプのメリット・デメリットを押さえてところで、ここからは、安全で使いやすいスリングタイプの抱っこひもの選び方を考えていきます。

安全基準がしっかり明記されているものを選ぼう

安全基準がしっかり明記されているものを選ぼう

出典:tocochan.jp

スリングタイプの抱っこひもは、使用方法によっては危険性を伴うということで、正しい抱き方を普及しようと、2003年10月、日本ベビースリング協会が発足しました。日本ベビースリング協会が第三者機関に依頼して8項目の試験を行い、それをクリアした製品にはセイフティ・スリングマーク(通称SSマーク)が付与されています。

海外製のスリングの場合は、ヨーロッパ安全基準EN71やアメリカ安全基準ASTM F2907-15などが付いていることが特徴。また、そのようなマークがなくても、第三者機関にて安全テストを行い、耐荷重実験を行っていると明記されているものもあります。

スリングタイプの抱っこひもは、リング部分の劣化による破損や布地の劣化による破損などによる事故も起こり得る商品です。そのため、何らかの安全基準がしっかり明記されているものを選ぶと安心です。

リング・バックル・チューブ式。タイプ選びのポイント

スリングタイプの抱っこひもは、リング式・バックル式・チューブ式と大きく3つのタイプに分けられます。それぞれの特徴をおさえ、それぞれのおすすめポイントをみていきましょう。

【リング式】長さの微調整可能で一番扱いやすい!

リング式のスリングは、一枚の布に二つのリングがついたタイプのものです。布をリングに通して引き絞ることによって長さ調節が可能で、縫製の違いにより「フレアテールタイプ」と「ベルトテールタイプ」に分けられます。

フレアテールタイプは、布の端が縫製されておらずふんわり広がることから、授乳時の目隠しや赤ちゃんの日よけとしても使えるのが特徴。一方、ベルトテールタイプは、端の部分がミシン処理され、まとまっているので、初心者の方にはこちらのほうが長さ調節しやすく扱いやすくなっています。

どちらのタイプも長さ調節可能なため、体格差のある男女(パパとママ)で使い分けが可能。布地のボリュームがかなりあるので、持ち運び時にはかさばるといった声も多いですが、最もポピュラーなスリングと言えば、リング式のスリングになります。慣れれば最も扱いやすく、おすすめです。

【バックル式】着脱に自信のないスリング初心者におすすめ!

【バックル式】着脱に自信のないスリング初心者におすすめ!

出典:amazon.co.jp

バックル式のスリングは、スリングにバックルがついており、あらかじめ長さを調節して使えるので、スリングの使用が初めてという方におすすめです。バックルで着脱するため、スリング装着も比較的容易に扱えるのが特徴。中には、中の赤ちゃんをバックルで固定するタイプもあります。

ただ、バックルの存在感はやはりかなりのもので、持ち運び時にはかさばりやすく、体にバックルが当たって違和感を覚える方も。そのため、バックルではなく、かさばらないファスナーで調整するタイプのものも発売されています。

【チューブ式】サイズ選びが重要!着脱・持ち運びは超便利

バックルやリングがなく、一枚の布を縫い合わせただけというシンプルな筒型のものをチューブ式スリングと呼びます。リングやバックルがないということは、長さ調節が不可能ということ。そのため、細かくサイズ設定されている商品が多く、サイズ選びが肝となります。

使い手に合わせたサイズになるので、体格差のある人同士(パパとママ)で共用することは不可能です。しかし、そのかわり、抱っこのたびに長さ調整する手間がないので毎回の着脱は超簡単!リングやバックルがないのでかさばらず、持ち運びも楽々です。サイズ選びさえ間違わなければ、かなり快適に使えます。

肩こりが心配な方は綿パッド入りがおすすめ

肩こりが心配な方は綿パッド入りがおすすめ

出典:betta.co.jp

スリングタイプの抱っこひもには、綿パッドが入っているタイプと入っていないタイプがあります。綿が入っているのは、肩の部分とフチの部分。綿パッドが入っていると、コンパクトにたためず持ち運びに不便という声も聞かれますが、利点もあります。

まず、肩に綿パッドが入っている場合は、肩へのあたりが柔らかいので、肩こりなどの心配がある方にはおすすめです。

次に、フチに綿パッドが入っている場合は、赤ちゃんへの足のあたりが柔らかくなり、さらにフチがねじれにくくなるという効果も。ただ、リング形式の場合は、フチ部分の綿のせいで長さ調節に限界が出てくるため、注意が必要です。

素材選びも重要!

素材選びも重要!

出典:amazon.co.jp

スリングタイプの抱っこひもの欠点として、赤ちゃんと密着するため、夏場は暑いということがあります。通気性や貼り付き感の少ないものを選ぶことも大切です。

中でも、おすすめの素材は、しじら織や綿・ワッフル素材など。さらに、チューブ式スリングなら、伸縮性が大切になってきますので、ニット素材がおすすめになります。また、丈夫さやオシャレ度を考えるなら、タンガリー素材も人気です。

化繊メッシュ素材の網状のスリングは濡れてもすぐ乾くので、夏場に海や川などのレジャーに行くときなどに重宝します。しかし、素材の特性上、かなり肩に負担がかかるので長時間の使用は無理。一時的な使用にとどめるというつもりで購入を検討しましょう。

使い方DVD・日本語の説明書つきが安心

使い方DVD・日本語の説明書つきが安心

出典:amazon.co.jp

スリングタイプの抱っこひもは、慣れればこれほど快適に使えるものはありませんが、最初は使い方に戸惑うと思います。そこで、使い方に不安がある方におすすめしたいのが、使い方を説明するDVDが付属している商品です。

また、スリングは海外で発祥したものなので、海外製のオシャレなものもたくさん発売されていますが、直輸入商品の場合、説明書が日本語ではないことも。英語が堪能…ということでないようなら、最低限、日本語の説明書が入っているかどうかは確認しておきましょう。

プロの愛用するおすすめのスリングタイプの抱っこひも

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのスリングタイプの抱っこひもをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、安心して使える抱っこひもを見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
Oscha リングスリング 1枚目
出典:oscha.jp

Oschaリングスリング

6,798円

【リング式】スリングタイプの抱っこひも おすすめ人気ランキング3選

それではここからは、おすすめのスリングタイプの抱っこひもをリング式・バックル式・チューブ式の3タイプに分けてご紹介したいと思います。まずはリング式から。リング式でおすすめできるのは3商品!どれも通販サイト等で大人気のものばかりです。
3位
スリングタイプ抱っこひも femmebelly ファムベリー しじらコレクション (百合(ゆり)) 1枚目
出典:amazon.co.jp

femmebelly ファムベリーしじらコレクション (百合(ゆり))

8,424円 (税込)

素材しじら織 リング=ステンレス
安全基準- ※専門の検査機関で生地・リングの強度検査及び繊維ホルマリン検査など、安全テスト済み。400㎏の耐久テストにも合格。PL保険も加入。
対象年齢新生児~2歳(~15㎏)
サイズ
カラー5~6色展開
綿パッド肩パッドあり、ポーチパッドあり
使い方説明×
その他ドルフィンテール(特許出願中)、日本製
2位
スリングタイプ抱っこひも 青葉 ベビハグスリングメッシュ(ラベンダー) 1枚目
出典:amazon.co.jp

青葉ベビハグスリングメッシュ(ラベンダー)

9,180円 (税込)

素材綿、ポリエステル
安全基準SSマーク ※100kgの過重に耐える丈夫さ、リング強度284㎏
対象年齢新生児~3歳頃
サイズ約160cm×60cm
カラー4色展開
綿パッド肩パッドあり、フチに綿入り
使い方説明説明書あり
その他日本製
1位

北極しろくま堂キュットミー!しじら織り

10,800円 (税込)

素材しじら織 リング=ナイロン
安全基準SSマーク
対象年齢2ヵ月~36ヵ月
サイズ180×74×2㎝
カラー多数あり
綿パッド可動式スリングレールあり(特許出願中)
使い方説明取り扱い説明DVD、リーフレット付き
その他大きな肩パッド、700㎏の過重に耐える、日本製

おすすめ人気【リング式】スリングタイプの抱っこひもの比較一覧表

商品画像
1
スリングタイプ抱っこひも 北極しろくま堂 キュットミー!しじら織り 1枚目

北極しろくま堂

2
スリングタイプ抱っこひも 青葉 ベビハグスリングメッシュ(ラベンダー) 1枚目

青葉

3
スリングタイプ抱っこひも femmebelly ファムベリー しじらコレクション (百合(ゆり)) 1枚目

femmebelly ファムベリー

商品名

キュットミー!しじら織り

ベビハグスリングメッシュ(ラベンダー)

しじらコレクション (百合(ゆり))

特徴北極しろくま堂ブランドはやっぱり安心!SSマークつきメッシュ素材だけど耐久性抜群!SSマークつき美しすぎるドルフィンテールでオシャレママからの支持率高し!
価格10,800円(税込)9,180円(税込)8,424円(税込)
素材しじら織 リング=ナイロン綿、ポリエステル しじら織 リング=ステンレス
安全基準SSマーク SSマーク ※100kgの過重に耐える丈夫さ、リング強度284㎏- ※専門の検査機関で生地・リングの強度検査及び繊維ホルマリン検査など、安全テスト済み。400㎏の耐久テストにも合格。PL保険も加入。
対象年齢2ヵ月~36ヵ月新生児~3歳頃新生児~2歳(~15㎏)
サイズ180×74×2㎝約160cm×60cm
カラー多数あり 4色展開 5~6色展開
綿パッド可動式スリングレールあり(特許出願中)肩パッドあり、フチに綿入り 肩パッドあり、ポーチパッドあり
使い方説明取り扱い説明DVD、リーフレット付き説明書あり ×
その他大きな肩パッド、700㎏の過重に耐える、日本製日本製ドルフィンテール(特許出願中)、日本製
商品リンク

【バックル式】スリングタイプの抱っこひも おすすめ人気ランキング5選

それでは次にバックル式のおすすめのスリングタイプの抱っこひも5選をご紹介します。バックル式のものは、バックル部分のタイプもそれぞれです。どれが使いやすいかは多少個人差があるかと思いますので、じっくりチェックしてくださいね。
5位
スリングタイプ抱っこひも ホットスリングス  ベビースリング 1枚目

ホットスリングス ベビースリング

5,994円 (税込)

素材コットン97%、スパンデックス3%
安全基準
対象年齢新生児~2歳(~14㎏)
サイズ肩から腰までが58~66㎝の方対象
カラー13色展開
綿パッドフチにパッドあり
使い方説明日本語説明書付き
その他安全ゾーンお知らせ機能、ワイドショルダーデザイン、安全のダブルストラップ、収納袋つき、1年保証
4位
素材綿100%
安全基準×
対象年齢新生児~2歳(~11.3㎏)
サイズ約42~60×幅12cm ※ファスナーとの組み合わせによって、42cm/48cm/54cm/60cmに調整可
カラー19色展開
綿パッド-
使い方説明-
その他軽量コンパクト(250g)、丸まり防止構造(立体裁断)、肩紐12㎝の幅広設計、日本製
3位
素材ポリエステル・ナイロン
安全基準- ※PL保険加入、70㎏の過重に耐えられるバックル使用
対象年齢おすわりができる頃から24カ月(~13㎏)
サイズ身長150~175cm、アンダーバスト~100cm位
カラー 3色展開
綿パッド ×
使い方説明 ×
その他肩らくネット、日本製
2位

MiniMonkey ベビースリング

4,899円 (税込)

素材綿100%
安全基準ヨーロッパ安全基準EN71取得
対象年齢新生児~2歳(~15㎏)
サイズ182×70×3cm
カラー11色展開
綿パッドあり
使い方説明×
その他バナナ抱き・カンガルー抱き・腰抱き可能、3ヵ月までならハンモックとしての使用も可
1位
素材綿100%
安全基準アメリカの安全基準ASTM F2907-15
対象年齢新生児~2歳(~14㎏)
サイズ95×45㎝ ※ストラップでサイズ調整可能
カラー6色展開
綿パッド厚手肩パッド
使い方説明日本語説明書・使い方DVD付き
その他1年間保証付き、小物ポケットつき、ループつき

おすすめ人気【バックル式】スリングタイプの抱っこひもの比較一覧表

商品画像
1
スリングタイプ抱っこひも Baba Slings ベビースリング  1枚目

Baba Slings

2
スリングタイプ抱っこひも MiniMonkey  ベビースリング 1枚目

MiniMonkey

3
スリングタイプ抱っこひも Buddy Buddy かんたんネットPLUS 1枚目

Buddy Buddy

4
スリングタイプ抱っこひも Betta キャリーミー! プラス 1枚目

Betta

5
スリングタイプ抱っこひも ホットスリングス  ベビースリング 1枚目

ホットスリングス

商品名

ベビースリング

ベビースリング

かんたんネットPLUS

キャリーミー! プラス

ベビースリング

特徴しっかりバックルでカチッと!安全性もOK!初心者さんに...オランダの爽やかカラーのスリング!小児科医とともに開発...コンパクトさはピカ一!肩が凝らない工夫もバックル=ファスナーなのでサイズ調整楽々♪スリング自体に取り付け案内目印あり!
価格11,880円(税込)4,899円(税込)4,000円(税込)7,450円(税込)5,994円(税込)
素材綿100% 綿100% ポリエステル・ナイロン綿100% コットン97%、スパンデックス3%
安全基準アメリカの安全基準ASTM F2907-15ヨーロッパ安全基準EN71取得- ※PL保険加入、70㎏の過重に耐えられるバックル使用×
対象年齢新生児~2歳(~14㎏)新生児~2歳(~15㎏)おすわりができる頃から24カ月(~13㎏)新生児~2歳(~11.3㎏)新生児~2歳(~14㎏)
サイズ95×45㎝ ※ストラップでサイズ調整可能182×70×3cm 身長150~175cm、アンダーバスト~100cm位約42~60×幅12cm ※ファスナーとの組み合わせによって、42cm/48cm/54cm/60cmに調整可肩から腰までが58~66㎝の方対象
カラー6色展開11色展開 3色展開19色展開13色展開
綿パッド厚手肩パッド あり ×-フチにパッドあり
使い方説明日本語説明書・使い方DVD付き× ×-日本語説明書付き
その他1年間保証付き、小物ポケットつき、ループつきバナナ抱き・カンガルー抱き・腰抱き可能、3ヵ月までならハンモックとしての使用も可肩らくネット、日本製軽量コンパクト(250g)、丸まり防止構造(立体裁断)、肩紐12㎝の幅広設計、日本製安全ゾーンお知らせ機能、ワイドショルダーデザイン、安全のダブルストラップ、収納袋つき、1年保証
商品リンク

【チューブ式】スリングタイプの抱っこひも おすすめ人気ランキング3選

それでは最後に、バックルもリングもない、一枚布でできたチューブ式のスリングタイプの抱っこひもおすすめ3選をご紹介します。サイズ選びが難しいチューブ式ですが、逆に、サイズ選びさえしっかりすれば、こんなに楽な抱っこひもは他にありません。ぜひ挑戦してみてください。
3位

Baby K'tan ベビーキャリア

8,640円 (税込)

素材100%コットンニット
安全基準EUとアメリカの安全基準に適合 ※アメリカで「cerrified Miracle:ミラクルシール」賞受賞、PL保険加入
対象年齢新生児~2歳ごろ(3.6~15.8㎏)
サイズ3サイズ展開
カラーコットンデニム
綿パッド×
使い方説明日本語の説明書
その他ダブルループデザイン、2014年キッズデザイン賞受賞
2位

DORACOリバーシブル スリング

9,936円 (税込)

素材綿100%(表面=Tシャツのような伸縮性のある素材、裏面=伸縮性のない素材のリバーシブル)
安全基準×
対象年齢4ヵ月~2歳ごろ(~15㎏)
サイズ1㎝単位のオーダーメイド
カラー7柄展開
綿パッド×
使い方説明購入前にサポートあり
その他助産師さんが店長
1位

AKOAKO STUDIOAKOAKOスリング

6,480円 (税込)

素材しじら織
安全基準×
対象年齢新生児~6歳
サイズ9サイズ展開
カラー表11色×裏19色展開
綿パッド別売りで「おにぎりクッション」や「スリングホルダー」あり
使い方説明付属読本あり
その他セミオーダー、コンパクトサイズ、日本製

おすすめ人気【チューブ式】スリングタイプの抱っこひもの比較一覧表

商品画像
1
スリングタイプ抱っこひも AKOAKO STUDIO AKOAKOスリング 1枚目

AKOAKO STUDIO

2
スリングタイプ抱っこひも DORACO リバーシブル スリング 1枚目

DORACO

3
スリングタイプ抱っこひも Baby K'tan  ベビーキャリア 1枚目

Baby K'tan

商品名

AKOAKOスリング

リバーシブル スリング

ベビーキャリア

特徴サイズ展開豊富!必ず自分に合うサイズがあるはず!なんと店長=助産師!赤ちゃんの心地よさ&安全性を考えた...ダブルループデザインのスリング
価格6,480円(税込)9,936円(税込)8,640円(税込)
素材しじら織綿100%(表面=Tシャツのような伸縮性のある素材、裏面=伸縮性のない素材のリバーシブル) 100%コットンニット
安全基準××EUとアメリカの安全基準に適合 ※アメリカで「cerrified Miracle:ミラクルシール」賞受賞、PL保険加入
対象年齢新生児~6歳4ヵ月~2歳ごろ(~15㎏)新生児~2歳ごろ(3.6~15.8㎏)
サイズ9サイズ展開1㎝単位のオーダーメイド 3サイズ展開
カラー表11色×裏19色展開7柄展開コットンデニム
綿パッド別売りで「おにぎりクッション」や「スリングホルダー」あり××
使い方説明付属読本あり購入前にサポートあり日本語の説明書
その他セミオーダー、コンパクトサイズ、日本製助産師さんが店長ダブルループデザイン、2014年キッズデザイン賞受賞
商品リンク

新生児からの抱っこ紐ならこちらもチェック!

新生児からスリングを使うのが不安という方は、冒頭でもお伝えしたとおり、首がすわる前でも安全に使えるインサート付きのスリングや、1つで何通りもの使い方ができる多機能化型の抱っこ紐がおすすめです。ぜひ、以下の記事もチェックしてみてくださいね。

スリングの売れ筋ランキングもチェック

なおご参考までに、スリングのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、スリングタイプの抱っこひものおすすめ商品をタイプ別にご紹介しました。スリングの使用はメリットが多い反面、初心者は使用方法に戸惑うこともあるようです。

ただ、スリングは一度使い方のコツをつかんでしまえば、着脱簡単で本当に便利なもの。自治体やスリングのショップなどで、使用方法を伝授してくれる教室が開催されていたりもします。ぜひともスリングを使いこなして、育児を今よりもっと楽に、もっと楽しくさせてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す