1. TOP
  2. >
  3. ベビー・キッズ
  4. >
  5. ベビー用品
  6. >
  7. 【徹底比較】マザーズバッグのおすすめ人気ランキング18選【おしゃれなデザインも】
【徹底比較】マザーズバッグのおすすめ人気ランキング18選【おしゃれなデザインも】

【徹底比較】マザーズバッグのおすすめ人気ランキング18選【おしゃれなデザインも】

おむつにミルク・哺乳瓶・おしりふきなど、赤ちゃんとのおでかけに必要な荷物を持ち歩くのに便利なマザーズバッグ。「普通のバッグと何が違うの?」「どれを買えばいいの?」と、購入を迷っているママも多いのではないでしょうか。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のマザーズバッグ18商品を比較して、最もおすすめのマザーズバッグを決定したいと思います。


比較検証は以下の2点について行いました。

  1. 使いやすさ
  2. 肩への負担

果たしてどの商品が最強のベストバイ商品なのでしょうか?マザーズバッグの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年07月14日更新
  • 812,040 views

検証のポイント

売れ筋のマザーズバッグ18商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 使いやすさ

    検証① 使いやすさ

    まずは、最も重要な「使いやすさ」について検証します。上の写真は、5ヵ月ごろの赤ちゃん連れを想定した荷物です。これを実際にマザーズバッグの中にしまい、収納力・中身の取り出しやすさをチェックしました。

  • 肩への負担

    検証② 肩への負担

    続いて検証するのは「肩への負担」について。マザーズバッグは長時間肩にかけっぱなしでいることが多いので、どれだけ負担を軽減してくれるかは大事なポイントです!「使いやすさ」の検証で使用した荷物を入れた状態で、マザーズバッグを肩にかけます。荷重をどの程度感じるかストラップが肩に食い込まないかおもに上記2点をチェックしました。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    マザーズバッグは初めての子育てなら1つは持っておきたい!

    マザーズバッグは初めての子育てなら1つは持っておきたい!

    マザーズバッグは、子どもと出かけるときに重宝する、荷物がたっぷり入る大容量のバッグのこと。大きめのバッグ全般を指すこともありますが、今回は「マザーズバッグ」として販売されているものに絞ってご紹介します。


    通常のバッグとマザーズバッグの大きな違いは、おむつポーチや哺乳瓶ポケットがついていたり、底に入っている荷物が取り出しやすかったりと、ママをサポートするさまざまな工夫が施されている点。


    絶対に必要なものというわけではありませんが、初めての子育てであればなおのこと、ぜひ1つは持っておきたいアイテムです。

    マザーズバッグの選び方

    マザーズバッグを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「3つのポイント」をご紹介します。

    ① ライフスタイルに合った形状タイプを選ぶ

    普通のバッグと同じように、「トートバック」「ショルダーバッグ」「リュック」のおもに3種類の形状タイプがあります。以下のポイントをおさえて、ライフスタイルに合ったマザーズバッグを選びましょう。

    「トートバッグ」は大容量タイプが多い!荷物の多い乳児期にぴったり

    「トートバッグ」は大容量タイプが多い!荷物の多い乳児期にぴったり

    大容量タイプの多いトートバッグは、おむつ・ミルク・着替えなど荷物が多くなりがちな乳児期にはぴったりです。大人1人であれば1泊できそうなぐらい収納力の高いものがたくさん販売されていますよ。


    肩からおろさなくても荷物が取り出せるのは嬉しいポイントですが、持ち手の材質によっては肩からずり落ちてしまうことも。実物を触る機会があれば、滑りにくいものを選ぶとよいでしょう。


    また、トートバッグにはお洒落なデザインが多いのも魅力。一見マザーズバッグとは分からないようなデザイン性の高い商品もあるので、服装や外出先に合わせてコーディネートも可能です。

    素手抱っこが多くなったら「ショルダーバッグ」がおすすめ

    素手抱っこが多くなったら「ショルダーバッグ」がおすすめ

    両手がふさがらず、かつ中身が取り出しやすいのがショルダーバッグ。マザーズバッグの場合、ショルダーバッグの機能のみで販売されているものは少なく、ほとんどがトートバッグと兼用のタイプになります。


    歩き始めの赤ちゃんは少し歩いただけで疲れてしまい、抱っこを求めるもの。そういったときでも、両手が空くショルダーバッグならサッと抱っこできるのがメリットです。


    1つデメリットを挙げるとすれば、荷重がすべて片方の肩にかかること。負担を軽減するには、ストラップの幅が太めのものやクッション性のあるものを選ぶとよいでしょう。

    身軽に動ける「リュック」は子どもと手を繋いで歩くのにぴったり

    身軽に動ける「リュック」は子どもと手を繋いで歩くのにぴったり

    両手がふさがらず、荷物も安定するリュックは動きやすさを重視したいときにおすすめ。子どもと手をつなぎやすく、走ったり物を拾ったりという急な動作を邪魔しにくいのがメリットです。荷重が両肩に分散されるのも嬉しいですね。


    ただ、荷物を取り出すためにはいったん肩からおろさなければなりません。トートバッグやショルダーバッグに比べて縦長のものが多いので、背中側にジッパーがあるものなど、荷物の取り出しにくさをカバーしてくれる機能付きのものを選びましょう

    ② マザーズバッグならではのプラス機能に注目

    ママにとっての使いやすさを考えて作られているのがマザーズバッグ。普通のバッグにはない機能がついている商品もたくさんありますよ。

    おでかけ時に便利な「おむつ替えシート付」がおすすめ!一体型なら失くす心配もなし

    おでかけ時に便利な「おむつ替えシート付」がおすすめ!一体型なら失くす心配もなし
    家ではあまり出番のないおむつ替えシートも、外出先によっては必要になります。おむつ替えシートが付属しているマザーズバッグなら、わざわざ別で購入する必要がないのでお得!バッグ一体型の珍しいタイプもあり、かさばらないうえに失くす心配がなくおすすめです。

    「撥水加工」はさまざまなシーンで重宝すること間違いなし

    「撥水加工」はさまざまなシーンで重宝すること間違いなし

    生地に撥水加工がされているマザーズバッグは、子どもが水やジュースをこぼしてもサッと拭けるのが魅力。子どもとのおでかけではよくあることなので、1つ持っているとかなり重宝しますよ。


    ただし、表面にしか撥水加工されていないものがほとんどなので、内側の生地に水がかかってしまわないよう注意が必要です。

    床や地面に置くことが多いママには嬉しい「防塵加工」

    床や地面に置くことが多いママには嬉しい「防塵加工」
    防塵加工がされているマザーズバッグなら、少しぐらい砂ぼこりがついてしまっても、軽く叩けば綺麗に元通り。公園など、バッグを床や地面に置かなくてはいけない場所で活躍してくれます!

    ③ デイリー用なら5000円以下で気軽に使えるものがおすすめ

    デイリー用なら5000円以下で気軽に使えるものがおすすめ

    子どもが成長するにつれて、マザーズバッグに入れるものは変わっていきます。そのため、1つのマザーズバッグを使い続けるのは現実的ではありません。


    せっかく購入したお気に入りのマザーズバッグがタンスの肥やしになってしまった…というのはよくある話。普段使い用に購入する場合は、出番が少なくても損した気持ちにならないようまずは5000円以下のマザーズバッグを選ぶことをおすすめします。


    そのほか、外出先や服装に合わせてマザーズバッグを使い分ける必要も出てくるかもしれません。おでかけ用はビジュアルで選ぶ、というのも1つの手です。

    売れ筋の人気マザーズバッグ全18商品を徹底比較!

    マザーズバッグの検証

    いよいよここからは、Amazon・楽天・価格com・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位のマザーズバッグ18商品をすべて集めて、どれが最も優れた商品なのか検証していきます。


    検証項目は次の2つとしました。

    検証①:使いやすさ

    検証②:肩への負担

    今回検証した商品

    1. Blinkie(同)|マザーズリュック
    2. KLOKOL|マザーズバッグ
    3. Mommore|マザーズバッグ おむつ替えシート付 グレー
    4. OUTDOORMASTER|DIAPER BAG グレー
    5. OldShark|マザーズバッグ グレー
    6. Shoppers Smart|Children Hub 盗難防止・ 保温ポケット付きマザーズバッグ
    7. coaroo|5WAYトート レッド
    8. felice|2WAYマザーズバッグ WASHブルーデニム調
    9. kachabros|マザーズバッグ
    10. アーバンリサーチ|マザーズリュック
    11. ジェラートピケ|フルーツママバッグ ホワイト
    12. ダッドウェイ|スキップホップ マザーズバッグ キャラメル
    13. チプティー|Amato 3WAYマザーズバッグ フレンチフラワー
    14. ティアティア|SARA
    15. ディーコレ|ロイヤル 2wayマザーズバッグ ベージュ
    16. ビー・インターナショナルグループ|マザーズバッグ
    17. ブリスフェロウズ|マザーズバッグ 赤
    18. リバーランドトレーディング|デザイナートートバッグ ソリッドブラック

    検証① 使いやすさ

    使いやすさ

    まずは、最も重要な「使いやすさ」について検証します。


    上の写真は、5ヵ月ごろの赤ちゃん連れを想定した荷物です。これを実際にマザーズバッグの中にしまい、収納力・中身の取り出しやすさをチェックしました。

    【検証結果ハイライト】自立するバッグは荷物が取り出しやすい!見た目と収納力が比例しない場合もあるので注意して

    【検証結果ハイライト】自立するバッグは荷物が取り出しやすい!見た目と収納力が比例しない場合もあるので注意して

    手で支えなくても自立するマザーズバッグ=中身を取り出しやすいという傾向がみられました。共通点は、生地がへたらないこと。中身を取り出す際に口が閉じてしまうこともなく、赤ちゃんを抱っこしながら片手で使うことも出来そうです。


    ただ、形状記憶型は手で押さえていないと口が閉じてしまい、逆に中身を取り出しづらいので注意してください。


    大容量なものが多いマザーズバッグですが、用意した荷物がきれいに収まらないパターンも。見た目が大きくても、内容量が伴わないものも中にはあるため、サイズ感は各商品の説明を参考にしてくださいね。


    • リッタグリッタマザーズリュック
    • ダッドウェイスキップホップ マザーズバッグ


    また、内ポケットが多すぎてメインの収納部分がせまくなってしまう…という本末転倒な商品も見受けられました。写真の商品のように、内ポケットにゴムがついてるものだと中身が安定してメインの収納を邪魔しないのでおすすめです!

    検証② 肩への負担

    肩への負担

    続いて検証するのは「肩への負担」について。マザーズバッグは長時間肩にかけっぱなしでいることが多いので、どれだけ負担を軽減してくれるかは大事なポイントです!


    「使いやすさ」の検証で使用した荷物を入れた状態で、マザーズバッグを肩にかけます。


    • 荷重をどの程度感じるか
    • ストラップが肩に食い込まないか

    おもに上記2点をチェックしました。

    【検証結果ハイライト】クッション性のあるものが上位を独占!体感にかなりの差が出る結果に

    【検証結果ハイライト】クッション性のあるものが上位を独占!体感にかなりの差が出る結果に

    クッション性の有無によって、重さの体感にかなりの差が出ました。クッション性のあるマザーズバッグが高評価を獲得する一方で、ストラップがペラペラな商品は荷重が肩にダイレクトに伝わってしまい、軒並み低評価という結果になりました。


    また、中にはストラップの調整金具が直接体にあたらないようパッドがついている商品も。使う人の体型によっては肩の骨や鎖骨に金具があたってしまうので、こうした工夫は嬉しいですね。今回検証した中では、「coaroo 5WAYトート」にこういった工夫がなされていました。

    No.1

    OUTDOORMASTERDIAPER BAG グレー

    3,280円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 使い勝手: 4.4
    • 肩への負担: 4.0

    見た目以上の収納力と使いやすさ!コスパ最強のマザーズバッグはこれだ!

    見た目はコンパクトながら、基本のお出かけセットを全部入れてもまだ3分の1は空きがあるほど、しっかりとした収納力。哺乳瓶用のポケットはなんと最大3本まで対応可能!それぞれのポケットがゆったりめに作られているので、指が入りやすく楽に取り出すことができます。


    さらにパスケースやキーホルダーを繋げるストラップまでついており、かなり使い勝手を考えた設計だと言えます。口にワイヤーが入ってるので、荷物を出し入れする時にもリュックのポケットがへたりません。


    肩ひもには適度な厚みがあり、クッション性がいいので負担を感じません。ずっしりとした感覚もなく、楽に背負うことができます。長さの調整幅も広いので、小柄な人から大柄な人までフレキシブルに対応できそう。


    3000円強というお手頃価格でこの機能性は驚きの一言!マイベストが自信を持っておすすめする、ベストバイマザーズバッグです。

    タイプリュック
    付属品おむつ替えシート
    重量約1060g
    特徴-
    No.2

    ディーコレロイヤル 2wayマザーズバッグ ベージュ

    85653648

    351円(税込)

    総合評価

    4.20
    • 使い勝手: 4.2
    • 肩への負担: 4.2

    おむつ替えシートにもなる優れもの!収納力も持ちやすさも文句なし

    バッグ底のジッパーを開けるとおむつシートに変身する、斬新なマザーズバッグ。おむつ替え台がないトイレでも緊急対応でき便利です。


    内ポケットが四方についており、収納力は抜群。口が広げやすく、出し入れも楽にできます。荷物の量に合わせてフレキシブルにフィットする柔らか素材なので、出先で荷物が増えてしまった時にも安心。


    トートバッグとしての持ち手のみで、ショルダーベルトは付属しません。持ち手にクッション性があり、かなり楽な使用感です。スベスベした素材なので、肩から滑り落ちやすいのが唯一の難点でした。

    タイプトート
    付属品ボトルバッグ・ミニポーチ・おむつ替えシート
    重量約721g
    特徴おしゃれ
    No.3

    アーバンリサーチマザーズリュック

    14,730円(税込)

    総合評価

    4.00
    • 使い勝手: 3.5
    • 肩への負担: 4.5

    シンプルでスタイリッシュなデザイン。生地の薄さが気になる

    人気アパレルブランドのマザーズバッグだけあって、シンプル&スタイリッシュなデザイン。普通のリュックのような見た目なので、ファッションにこだわりのある人でも抵抗なく使えそうです。


    内ポケットは大きめのものがひとつだけ、というシンプル設計。物を細かく分けるのが苦手な人におすすめです。哺乳瓶用の保冷ポケットも高得点。


    反面、全体的に生地がペラペラで破れやすそうな点が気にかかります。特に内側の生地が安っぽく、不安な気持ちに。


    肩ひもはクッションが厚めで、ステッチもないので柔らか。肩への負担はほぼなく、重さも感じません。ひもの長さの調整幅が広く、様々な体型の人に対応できそうです。

    タイプリュック
    付属品ポーチ
    重量約400g
    特徴おしゃれ,軽量設計
    No.4

    Shoppers SmartChildren Hub 盗難防止・ 保温ポケット付きマザーズバッグ

    2,680円

    総合評価

    3.98
    • 使い勝手: 4.4
    • 肩への負担: 3.5

    保温仕様の哺乳瓶ポケットが画期的。へたりづらいので長く使えそう

    哺乳瓶ポケットに保温性のある素材が使われており、工夫を感じます。パスケースやキーホルダーなどを繋ぐことができるストラップが付いているので、使いたい時にサッと取り出すことができ便利です。


    口にワイヤーが入っていて、荷物を取り出す際にもへたらないのは嬉しいポイント。マザーズバッグが必要なくなるまで、長く使えそうです。


    肩ひもに適度な厚みがあり、クッション性があるので、負担を感じません。ただ、素材が微妙にザラザラしているので、ノースリーブを着ていると刺激を感じるかもしれません。

    タイプリュック
    付属品おむつ替えシート
    重量約775g
    特徴-
    No.5

    ティアティアSARA

    12,744円(税込)

    総合評価

    3.93
    • 使い勝手: 3.5
    • 肩への負担: 4.3

    5つのポケットが付いて収納力抜群!クッション性があり持ちやすい

    大きめの内ポケットが5つ付いており、収納力は抜群。ただ、スペースに余裕があることとへたりやすい生地が原因で、中に入れた荷物は安定しづらいというデメリットもあります。


    口が広げやすく、荷物の出し入れが簡単。全体的にクッション性があり、ふかふかした気持ちいい質感です。持ち手にもある程度の厚みがあるので、荷物の重みをダイレクトに感じることなく、楽に持ち運べます。肩ひもには厚みがあり、滑り落ちやすいので要注意。

    タイプトート,ショルダー
    付属品ポーチ
    重量約500g
    特徴2way,軽量設計
    No.6

    Blinkie(同)マザーズリュック

    13,500円(税込)

    総合評価

    3.83
    • 使い勝手: 4.6
    • 肩への負担: 3.0

    使い勝手のよさはトップクラス。肩への負担が足を引っ張った

    内ポケットのゴムの締め付けが程よく、中に入れた物が安定します。収納スペースも狭すぎず広すぎず、ジャストなサイズ感。間口が大きく、取り出しやすさも上々です。


    反面、「肩への負担」検証の結果はいまひとつです。肩ひもの質感は固め。ステッチのせいか、ボコボコした感触があり快適とは言えません。重みがダイレクトに感じられ、あまりたくさんの荷物は入れたくないという気持ちになります。

    タイプリュック
    付属品ミニポーチ・巾着
    重量約626g
    特徴おしゃれ
    No.7

    ブリスフェロウズマザーズバッグ 赤

    2,759円(税込)

    総合評価

    3.70
    • 使い勝手: 3.9
    • 肩への負担: 3.5

    見た目以上の収納力!おままごとバッグのような見た目が恥ずかしい

    細長いだけの形状で、「絶対に荷物が入りきらない」と思われましたが、見た目に反して収納力高め。基本のお出かけセットがぴったり収まりました。とはいえ、付属品のポーチやおむつシートをバッグの中に入れてしまうと、他の荷物が入らなくなる恐れがあります。


    ネックは見た目の子供っぽさ。おままごと用のバッグのようで、ダサいと感じる人もいそうです。


    持ち手が細く、一見痛そうですが、実際に持ってみると意外と気になりません。ショルダーベルトも、薄くてクッション性がなく、角があるわりには食い込まないので、肩への負担は少なめ。重さもそこまで感じませんでした。

    タイプトート,ショルダー
    付属品ボトルケース・ミニポーチ・ミニバッグ
    重量約430g
    特徴かわいい,2way,軽量設計
    No.8

    ダッドウェイスキップホップ マザーズバッグ キャラメル

    15,970円(税込)

    総合評価

    3.60
    • 使い勝手: 3.2
    • 肩への負担: 4.0

    がっちりしすぎて出し入れしづらい。バッグ自体の重量が気になる

    形状記憶性のある分厚い素材を使っており、がっちりとした質感。安定性が高い反面、固すぎて融通がきかず、物の出し入れがしづらいのが不便です。内ポケットの口にゴムが入っているので、中身が飛び出さないのは気が利いています。


    肩ひもはクッション性があり、肌あたり柔らか。バックルも、体の横に位置している割には気になりません。バッグ自体に重量があるせいか、背負うとほかのリュックよりも重たく感じました。

    タイプリュック
    付属品-
    重量-
    特徴おしゃれ
    No.9

    ビー・インターナショナルグループマザーズバッグ

    9,936円(税込)

    総合評価

    3.48
    • 使い勝手: 3.2
    • 肩への負担: 3.7

    しっかりした作りで丈夫だが重たい。ガンガン使いたい人におすすめ

    メインのスペースは狭めですが、大きな外ポケットが2つあり、総合的な収納力は優秀です。かなりしっかりした生地で、縫製も丁寧。多少雑に扱っても壊れなさそうなほど丈夫で、汚れの目立たない色なので、ガンガン使えるマザーズバッグを探している人におすすめです。


    ただし、ポケットの中身を確認する際にジッパーを開閉する必要があるため、何を入れたか忘れてしまうと面倒かもしれません。メインの内ポケットがかなり下の方についているので、中身を取り出しづらいのも難点。


    持ち手は丈夫なぶん硬く、骨にあたると痛みを感じます。肩が痩せている人には適しません。生地が厚手でカバン自体が重めなので、荷物を入れて持つとずっしりした感覚がありました。

    タイプトート
    付属品-
    重量約721g
    特徴おしゃれ
    No.10

    ジェラートピケフルーツママバッグ ホワイト

    5,184円(税込)

    総合評価

    3.38
    • 使い勝手: 3.6
    • 肩への負担: 3.1

    撥水加工で雨の日もOK。持ち手に改良の余地あり

    中身が見えるけれど物が飛び出さない、ジッパー付きのメッシュの内ポケットが便利。フロントポケットの中にストラップがついていて、パスケースなどを取り付けることもできます。表面は撥水加工されているので雨や汚れに強く、ひとつで色々なシチュエーションに対応できそう。


    持ち手は固くてペラペラなので、重さを軽減できないのが残念。丈夫ではありますが、肩への負担は大きめです。

    タイプトート
    付属品-
    重量約540g
    特徴かわいい
    No.11

    coaroo5WAYトート レッド

    7,344円(税込)

    総合評価

    3.35
    • 使い勝手: 3.5
    • 肩への負担: 3.2

    使いやすさへの気配りが感じられる設計。持ち手の硬さが残念

    へたりやすい生地でいまいち頼りないものの、底敷きが入っているので自立は可能です。内ポケットの大きさがちょうどよく、母子手帳がぴったり収まります。他のトートタイプに比べてスペースが余り過ぎることもなく、基本のお出かけセットを入れてちょうどいいサイズ感。ポケットひとつひとつが大きめに作られてるので、物の取り出しもスムーズです。


    持ち手は2つ折りかつ縫製されているので、なかなか硬め。幅も細いので一部分に重量が集中しやすく、肩に食い込んでしまいます。ショルダーベルトは、調整金具が体に直接あたらないようにパッドが挟まる構造になっており、それほど負担を感じませんでした。

    タイプトート,ショルダー
    付属品-
    重量約700g
    特徴5way
    No.12

    Mommoreマザーズバッグ おむつ替えシート付 グレー

    3,699円(税込)

    総合評価

    3.15
    • 使い勝手: 3.5
    • 肩への負担: 2.8

    内ポケットが多いぶんメインスペースが狭くなる。背面のクッション性は高ポイント

    内ポケットが多く物の分類に便利ですが、そのぶんメインのスペースがかなり狭いつくりです。基本のお出かけセットを入れるとギュウギュウの状態に。


    内ポケットのうち2つは保冷仕様で、哺乳瓶の持ち歩きも可能です。背中にクッションが入ってるので、背中側に固い荷物を入れても痛くならないのは高得点。


    肩ひものクッション性は抜群ですが、バックルがあばらの部分に当たってしまうのが気になります。ひもの長さが出荷時以上に短くできないので、小柄な人には不向きでしょう。

    タイプリュック
    付属品おむつ替えシート
    重量約600g
    特徴おしゃれ
    No.13

    felice2WAYマザーズバッグ WASHブルーデニム調

    3,780円(税込)

    総合評価

    3.13
    • 使い勝手: 3.4
    • 肩への負担: 2.8

    大きすぎて荷物が安定しない。サイズのわりに脆弱な素材も不安要素

    旅行にも対応できそうな大型のトートバッグ。平均的な荷物量では中のスペースが余ってしまい、物が安定しません。大きさに対して生地がそれほど頑丈ではなく、荷物を入れたぶんだけダイレクトに重量を感じます。


    間口が広く、取り出しやすさは上々。持ち手&ショルダーベルトともに布が硬くペラペラなので、重量が分散されず肩への負担も大きめです。

    タイプトート,ショルダー
    付属品-
    重量-
    特徴かわいい,2way
    No.14

    チプティーAmato 3WAYマザーズバッグ フレンチフラワー

    2,149円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 使い勝手: 3.5
    • 肩への負担: 2.5

    普段使いよりも旅行向きの大きさ。持ち手が肩に食い込んで痛い

    全体的に生地にハリがなく、頼りない質感です。特に内ポケットは大きいうえにペラペラなので、中に入れた物が安定しません。


    ほかの商品に比べて容量がかなり大きく、普段使いには大きすぎる印象。旅行用に適したサイズ感です。口が広く、取り出しやすい点は高評価。しかし持ち手が薄く固いので肩に馴染まず、角が食い込んで痛くなります。

    タイプトート,ショルダー
    付属品-
    重量-
    特徴かわいい,2way,3way
    No.15

    KLOKOLマザーズバッグ

    2,999円

    総合評価

    2.97
    • 使い勝手: 3.5
    • 肩への負担: 2.4

    全体的に雑なつくり。生地が薄くへたりやすい

    全体的に生地が薄く、すぐにへたってしまいます。荷物が出し入れしづらく、使い勝手の悪さを感じました。特に内側のポケットがペラペラ。外側のポケットは、ただ布を貼り付けただけの粗雑な作りで実用性がありません。


    持ち手にはクッションがついてるので、それほど重みが集中しません。ショルダーベルトの方はクッション部分が肩にあたらず、肩甲骨の下あたりに位置している上に、体から浮いているので本来の機能を果たさず、「付いているだけ」状態になってしまいました。

    タイプトート,ショルダー
    付属品ボトルバッグ
    重量約522g
    特徴2way,軽量設計
    No.16

    リバーランドトレーディングデザイナートートバッグ ソリッドブラック

    3,980円(税込)

    総合評価

    2.93
    • 使い勝手: 3.8
    • 肩への負担: 2.0

    週末旅行にも対応するキャパシティ。持ちにくさと安定性の悪さがネック

    1〜2泊くらいの旅行にも対応できそうな大容量のトートバッグです。間口が四角く広いので、荷物の出し入れがしやすく便利


    一方、置いた時に自立しづらい不安定さはマイナスポイント。母子手帳が入る大きさのポケットがない、保冷つきポケットが背中側にあるので、哺乳瓶を入れると体にあたって痛い、といった細かな部分の設計も、「気が利かない」という印象になってしまいます。


    持ち手は薄くて細く、重みがぐっとかかってきます。肩がけすると、ちょうど合皮素材の部分が肩にあたるので、食い込んでしまい不快です。痩せ型の人が使うと、骨に当たって痛みを感じる可能性も。

    タイプトート
    付属品おむつ替えシート
    重量約600g
    特徴かわいい
    No.17

    OldSharkマザーズバッグ グレー

    3,888円(税込)

    総合評価

    2.93
    • 使い勝手: 3.3
    • 肩への負担: 2.5

    チャイルドシートやUSBポート付属で便利だが、出し入れしやすさが犠牲に……

    フロントポケットが子供用の座席シートになる、携帯充電用のUSBポートがついているなど、珍しい機能がいろいろと搭載されたマザーズバッグです。大小様々な内ポケットも付いていて、物を無くしがちなお母さんには便利です。


    ただ、内ポケットが多いぶんメインのスペースが狭くなってしまい、物の出し入れがしづらいというデメリットも……。


    肩ひもはクッション性があって柔らかいものの、バックルが体に当たって痛いのが残念。容量が小さいので、荷物を入れるとリュックの背面がパンパンに膨らんでしまい、背負った時に違和感があります。

    タイプリュック
    付属品-
    重量-
    特徴-
    No.18

    kachabrosマザーズバッグ

    1,399円(税込)

    総合評価

    2.90
    • 使い勝手: 2.8
    • 肩への負担: 3.0

    縦に長いので下の荷物が取り出しづらい。標準体型〜大柄な人向け

    縦に長い割に横幅が狭いため、見た目ほど容量は大きくありません。上のほうまで荷物が積みあがってしまい、下の荷物が非常に取り出しづらくなります。内ポケットがどれも小さく、母子手帳が入らないぐらいの中途半端なサイズ感。哺乳瓶ポケットはついています。


    肩ひも自体のクッション性は悪くないものの、バックル(留め具)の位置が高く、胸の横に当たるのが気になります。肩ひもを長くすることはできますが、出荷時以上に短くすることはできないので、小柄な人には使いづらい印象です。

    タイプリュック
    付属品-
    重量約640g
    特徴おしゃれ

    人気マザーズバッグの検証結果比較表

    小分けグッズで中身の移し替えをスムーズに!

    複数のマザーズバッグを使い分ける場合、中身を入れ替えるのは意外に面倒なもの。中身がある程度まとまっていれば、移し替えの作業が格段に楽になります!

    小分けアイテムとして、かさばるおむつをコンパクトに収納できる「おむつポーチ」や、哺乳瓶と粉ミルクを一緒に入れて置ける「哺乳瓶ホルダー」などがおすすめ。気になる人は、以下のリンクからおすすめ人気ランキングをチェックしてくださいね

    マザーズバッグの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、マザーズバッグのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

    まとめ

    マザーズバッグには、「ママにとっての使いやすさ」を考えた機能や構造がたくさん盛り込まれています。子育てのお助けアイテムとしてもきっと活躍してくれますよ。1つは持っていて損はありませんので、ライフスタイルや子どもの成長に合ったものを選んでみてくださいね。


    検証/文:木原成美、写真:三浦晃一・稲垣佑季・岩上紗亜耶

    ランキング作成日:2019/06/28

    その他のマザーズバッグ記事

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す