• 7a5b10e315a75e3369f113bd52bc7dac45e0f2ce
  • 51612c35f34b07e4e45a9cf37e8e6d4e0fc2c08b
  • D5178b23bb831c5129671c5a783234c70feb74f5
  • A3d19bfc4a03872a3f60afa815a0aaa5412680ca
  • 308da9a8ac9ccc27ad8688d100659136bba7a549

アーミーナイフのおすすめ人気ランキング12選

ナイフの他に缶切りや栓抜きがついていて、1本所持していれば何かと役立つアーミーナイフ。アウトドアやガレージでの作業などに重宝するアイテムですよね。ビクトリノックスやレザーマンなどのメーカーは特に有名なので、憧れのある方も多いのではないでしょうか?

でも、アーミーナイフと言っても機能はさまざまなので、どれにしようか迷ってしまうことも多いはず。そこで今回は、Amazonなどの通販で買えるものの中から、シチュエーション別のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。これを読めば、きっとあなたのお気に入りの1本が見つかるでしょう。

最終更新日:2017年10月19日 | 2,323views

アーミーナイフの選び方

「マルチツール」や「多機能ナイフ」「十徳ナイフ」とも呼ばれるアーミーナイフ。主に軍隊で使用されることから「アーミー」という名前がついていますが、戦闘用のナイフではなく、日常作業のための色々なツールを搭載した折りたたみナイフのことです。スイスのビクトリノックスやウェンガー、アメリカのレザーマンなどのメーカーが有名ですね。

セットされているツールの数はさまざまで、100種類を超えるようなものもありますが、本体の大きさや重量とのバランスも考えて選ぶ必要があるでしょう。では、アーミーナイフはどのような基準で選べば良いのでしょうか?

使いたいシチュエーションを考えてみる

一言でアーミーナイフと言っても、それをどのような場所(シチュエーション)で使用するかによって、求められる機能は違ってきます。キャンプなどのアウトドアで使用するなら、ブレードやノコギリといった機能が役に立つでしょう。一方、ガレージでの修理や整備に用いるなら、ドライバーのような工具が必要になります。

中にはPCの組み立てや修理に使うような精密工具をセットに含むアーミーナイフもあります。アーミーナイフを選ぶ際、どのようなシチュエーションでどう使うことが多くなりそうかを意識すれば、自分にはどんな機能が必要なのか見えてくるようになるでしょう。

初心者はツールの数が多すぎないものを

アーミーナイフを使うシチュエーションを絞れば、ある程度求められる機能は絞られてきます。しかし、それでも色々考えているうちに、いろんな種類のツールが欲しくなってしまうこともあるでしょう。

だけど、よく考えてください。そのツール、本当に必要ですか?使うこともありそうだからと、機能を細分化したたくさんのツールの揃ったアーミーナイフが欲しくなってしまいがちですが、結局使わず終いということも得てしてよくあることです。

まずはシンプルに必要最小限のツールの揃ったものから使い始めるのが良いでしょう。使っているうちに「こんなツールが付いていたらいいのにな」と思うようになるかもしれません。より多機能なアーミーナイフを使うのはそうして自分の使い方が見えてきてからでも遅くありません。

アウトドアで役立つアーミーナイフのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、アーミーナイフを使用するシチュエーション別におすすめの商品をランキング形式で紹介いたします。

まずはアウトドア用です。アウトドアでは、特に基本であるブレードの使用頻度が高くなるでしょう。またキャンプなどでは、のこぎりや栓抜きといったツールもあると便利ですね。

5位:My Vision 5 in 1 コンパクトマルチポケットナイフ MV-R085

My Vision 5 in 1 コンパクトマルチポケットナイフ MV-R085
480円(税込)

・サイズ:縦約7cm
・刃渡り:-
・材質:ステンレススチール
・機能:ナイフ・ロープカッター・栓抜き・ドライバー・消火器オープナー(全5機能)

キーホルダーとしても使えるミニマムなアイテム

そのサイズ、全長わずかに7cm!手のひらに収まる最小サイズのマルチツールです。ケースに収納すればキーホルダーとして携行可能。いつでもどこでもとっさの時に役立ちます。サイズがサイズですから、使える機能は限られますが、緊急時には充分使えるツールです。

4位:DETAIL ホーボーナイフ

・サイズ(収納時):縦10.8cm×横3.3cm×厚み3.4cm
・刃渡り:-
・材質:ステンレススチール
・機能:スプーン・フォーク・ナイフ・缶切り・ボトルオープナー・コルク栓抜き・リーマー(全7機能)フォークとスプーンを両方引き出すと、2個に分かれる設計。携帯に便利なベルトループ付きの専用収納袋が付属。

キャンプならこれ一本でOK?スプーン&フォークとして使えるマルチツール

ホーボー(Hobo)とは、19世紀末から20世紀初頭にかけての不景気だった時代のアメリカで、各地で労働しながら旅をして歩いた人々のことです。この「ホーボーナイフ」は、そんなホーボーたちの生活を彷彿とさせるマルチツールです。

最大の特徴はスプーンとフォークがツールとしてついているということ。ブレードを始め、アーミーナイフとしての基本的な機能は揃っていますので、食事も含め、これ一本で用が足りてしまいます。

3位:Belmont CRISIS CS-06

Belmont CRISIS CS-06
1,054円(税込)

・サイズ:縦9.0cm×横2.6cm×厚さ23mm(キーホルダーを除く)
・刃渡り:約5.0cm
・材質:ステンレススチール・真鍮(クロームメッキ)・亜鉛合金
・機能:ナイフ・マイナスドライバー・はさみ・LEDライト・爪ヤスリ・爪そうじ・プラスドライバー・穴開け・ひも通し・ホイッスル・缶切り・小刀・千枚通し(全13機能)

夜道も安心なLEDライトつき

キャンプや夜の登山など夜間行うレジャーの場合、照明の携行は必須ですよね。また、暗い夜道を歩く場合も手元にいつでも使える照明器具があると安心です。このBelmont CRISIS CS-06はLEDライトがついていますので、夜間のアウトドアでも安心です。またホイッスルもあるので、万一同行者とはぐれた場合などでも、連絡を取り合うのに使うことができます。

他にもナイフやマイナス不ドライバーなど、全部で13の機能が搭載されていますので、あらゆる局面で役立つでしょう。

2位:LEATHERMAN マルチツール STYLE CS

LEATHERMAN STYLE CS
3,136円(税込)

・サイズ:縦7.6cm(収納時)
・刃渡り:-
・材質:ステンレススチール・アルミ
・機能:ハサミ・カラビナ・ボトルオープナー・ピンセット・ナイフ・マイナスドライバー・ヤスリ(全7機能)

ハサミ機能のついた汎用性の高いアーミーナイフ

アウトドアのシーンでは、枝や草を切ったり、食料品のパッケージを開ける等、いろいろな場面でハサミが重宝します。「LEATHERMAN マルチツール STYLE CS」は、その機能を持つアーミーナイフです。本体を展開するとプライヤーとして使えるLEATHERMANおなじみのギミックがハサミに置き換えられているのが特徴です。

折りたためばコンパクトに持ち運べ、カラビナがついているのでベルトなどにぶら下げて携行するのも楽ちんです。

1位:VICTORINOX トラベラー

VICTORINOX トラベラー
3,500円(税込)

・サイズ:縦9.1cm×横2.6cm×厚さ1.7cm
・材質:ステンレススチール(ブレード)・セリドール樹脂(ハンドル)
・機能:ラージブレード(大刃)・スモールブレード(小刃)・コルクせん抜き・カン切り・マイナスドライバー(小)3mm・せん抜き・マイナスドライバー(大)6mm・ワイヤーストリッパー・リーマー(穴あけ)・キーリング・ピンセット(毛抜き)・ツースピック・はさみ・マルチフック・ソーイングアイ(糸穴)(全15機能)

アーミーナイフのトップメーカーの定番商品

アーミーナイフメーカーの最大手、ビクトリノックスのマルチツールの原点とも言えるのが「オフィサーナイフ」シリーズです。そのシリーズのひとつ「トラベラー」は、大小のブレードに加え、栓抜きや缶切り・ハサミ等、アウトドアや旅行で使いたい機能の揃った、まさにアウトドア用のアーミーナイフの決定版と呼ぶことができるでしょう。

ハンドル色はビクトリノックスカラーとしておなじみの赤の他、カモフラージュやブラック等、6色から選べます。

インドアで役立つアーミーナイフのおすすめ人気ランキング5選

アーミーナイフをインドア(屋内)で使う場合、必要になってくる機能はアウトドア用のものとは違ってきます。デスクワークやガレージ作業で便利な機能を集めたマルチツールを紹介しましょう。

5位:スミス&ウェッソン マルチツール

スミス&ウェッソン マルチツール
2,970円(税込)

・サイズ:-
・刃渡り:-
・材質:-
・機能:バネ付プライヤー(ニードルノーズ・レギュラー)・ワイヤーカッター・ナイフ・プラスドライバー(小)・缶切り六角レンチ(3サイズ)・マイナスドライバー(大小)・栓抜き・釘抜き・のこぎり・定規(インチ表記)・やすり(全12機能)

老舗の拳銃メーカーがつくった風格あるツール

スミス・アンド・ウエッソンと言えば拳銃の老舗メーカーとして世界的にその名前が知られていますが、そのS&W社が制作したマルチツールです。ガンメタルブラックのカラーと、拳銃のグリップにあるのと同じエンブレムが風格を感じさせます。

プライヤーとしての機能を中心に、3サイズの六角レンチやプラスドライバー・ワイヤーカッターなどの機能を備えていますので、ガレージでの作業に持って来いです。

4位:VICTORINOX マネークリップ

VICTORINOX マネークリップ
3,525円(税込)

・サイズ:7.4cm
・刃渡り:-
・材質:-
・機能:ナイフ・ハサミ・爪やすり・マネークリップ(全4機能)

財布の代わりに使えるマネークリップ機能つき

欧米では、財布の代わりにお札やチケットなどを挟んで使うマネークリップが普及しています。ビクトリノックスのマネークリップには、ハンドル裏面にクリップがついているので、普通のマネークリップとしても使えます。ポケットサイズで邪魔にならず、ブレードやハサミもついていますので、オフィスでレターオープナーとして使うにも適しています。

3位:LEATHERMAN Juice S2

LEATHERMAN Juice S2
8,880円(税込)

・サイズ:8.6cm(収納時)
・刃渡り:-
・材質:-
・機能:ニードルノーズプライヤー・直刃ナイフ・ワイヤーカッター・ハードワイヤーカッター・マイナスドライバー(大/中/小/特小)・プラスドライバー・紐取り付けリング・栓抜き・缶きり・ハサミ(全10機能)

ライトなサイズで扱いやすい

LEATHERMANのマルチツールと言えば、ヘビーデューティの大振りなツールというイメージが強いですが、このJuiceシリーズは一回り小型で取扱いしやすいシリーズとして定評があります。

プライヤーとしての基本機能の他、ブレードや4種類の大きさのマイナスドライバーなど機能も充実しており、オフィスやガレージで使いやすいマルチツールになっています。

2位:VICTORINOX クラシック シグネチャー

VICTORINOX クラシック シグネチャー
1,890円(税込)

・サイズ:縦5.8cm×横1.8cm×厚さ1.0cm
・刃渡り:-
・材質:ステンレススチール(ブレード)・セリドール樹脂(ハンドル)
・機能:スモールブレード(小刃)・つめやすり・マイナスドライバー(小)3mm・キーリング・はさみ・ピンセット(毛抜き)・ボールペン(ブルー)(全7機能)

オフィスで役立つボールペン付きのコンパクトなアーミーナイフ

オフィスで最も使われているツールと言えば、やっぱり筆記用具でしょう。ビクトリノックスのクラシックシグネチャーはボールペン機能の付いたコンパクトなアーミーナイフです。

ブレードやハサミもセットされており、デスクワークに重宝しそうです。たたんでおけばデスクの上に転がしておいても邪魔にならないサイズ。キーホルダーとして持ち歩くこともできます。

1位:VICTORINOX サイバーツール

VICTORINOX サイバーツール
14,040円(税込)

・サイズ:9.1cm(ハンドル)
・刃渡り:-
・材質:-
・機能:ラージブレード(大刃)・スモールブレード(小刃)・コルク栓抜き・カン切り・マイナスドライバー(小)3mm・栓抜き・マイナスドライバー(大)6mm・ワイヤーストリッパー・リーマー(穴あけ)・ソーイングアイ(糸穴)・キーリング・ピンセット・ツースピック・ボールペン・ピン・眼鏡ドライバー・プライヤー・ワイヤーカッター・端子つぶし・はさみ・マルチフック・レンチ・5mmヘックスドライバー・4mmヘックスドライバー(ビット用)・フィリップスビット0・フィリップスビット1・ビットケース・スロットビット4mm・フィリップスビット2・ヘックスピット4mm・トクルスビット8・トクルスビット10・トクルスビット15(全34機能)

PCユーザー必携! パソコンデスクに常備したいマルチツール

軍の兵士が野戦において、戦闘行動以外に必要となるさまざまなツールをまとめたアーミーナイフ。そのノウハウを活かして現代のITに対応したツールがこのサイバーツールです。

大小1セットのブレードやマイナスドライバーといった基本的なツールの他、5mmヘックスビットや4mmヘックスドライバー等の、パソコンの修理調整に用いるIT用のツールを11種類も搭載。パソコンのトラブルに対応するときや新規に自作する際には、大いに頼りになるツールです。

番外編:オールマイティーなおすすめアーミーナイフ2選

ここまで、「アウトドア」「インドア」の2つのカテゴリにわけてアーミーナイフを紹介してきましたが、実はアーミーナイフのバリエーションは、その2つには収まりきれないほど豊富です。ここでは色々なシチュエーションで使えるオールマイティーなアーミーナイフを紹介しましょう。

VICTORINOX エクセルシオール

VICTORINOX エクセルシオール
1,862円(税込)

・サイズ:-
・刃渡り:-
・材質:-
・機能:ラージブレード(大刃)・スモールブレード(小刃)・キーリング(全3機能)

シンプルイズベスト!ブレードのみのアーミーナイフ

現在通常販売されているビクトリノックスのアーミーナイフの中でも最もシンプルなものがこちらのエクセルシオール。搭載されているのは大小のブレード一組のみというシンプルさです。

ナイフはただ切るだけでなく、工夫次第で他にも色々な使い方ができる万能ツールでもあります。余計な機能はいらない、ブレードだけで十分使いこなせる、という自信のある人ならぜひ持ちたい一品ですね。

VICTORINOX スイスチャンプ(時計付き)

VICTORINOX スイスチャンプ 時計付き
15,876円(税込)

・サイズ:縦9.1cm×横2.6cm×厚さ3.3cm
・材質:ステンレススチール(ブレード)・セリドール樹脂(ハンドル)
・機能数:ラージブレード(大刃)・スモールブレード(小刃)・コルクせん抜き・カン切り・マイナスドライバー(小)3mm・せん抜き・マイナスドライバー(大)6mm・ワイヤーストリッパー・リーマー(穴あけ)・ソーイングアイ(糸穴)・キーリング・ピンセット(毛抜き)・ツースピック・はさみ・マルチフック・のこぎり・うろこ落とし・はり外し・スケール(cm/inch)・つめやすり・金属やすり・つめそうじ・金属のこぎり・精密ドライバー・のみ・プライヤー・ワイヤーカッター・端子つぶし・プラスドライバー(全31機能)

全部のせ!欲張りな人向きの31機能アーミーナイフ

あれこれ選ぶのもめんどくさい、大は小を兼ねるというし、いっそ考えられるあらゆるツールを一緒にしたアーミーナイフがあればいいんじゃないか?そんな欲張りな方にぴったりなのがこのスイスチャンプ。

なんとツールの数は31種類もあり、あらゆる状況下で使うことが可能です。しかもハンドル部にはアーミーナイフと並ぶスイスの名物=時計まで装備。まさに究極のアーミーナイフと言えるでしょう。

アーミーナイフを持ち歩く際の注意点

いざというときに便利なアーミーナイフですが、外を持ち歩く場合は注意が必要です。8cm以上の刃物の持ち歩きについては銃刀法で取り締まりがされていますが、実はそれ以下の大きさの刃物も軽犯罪法で規制されています。

軽犯罪法の中では「正当な理由がなくて刃物、鉄棒その他人の生命を害し、又は人の身体に重大な害を加えるのに使用されるような器具を隠して携帯していた者」を「拘留又は科料に処する」という条文がありますので、刃渡りのサイズの如何によらず、刃物を持ち歩いていると、最悪逮捕されることもあるということです。

アーミーナイフを不用意に屋外で持ち歩くことは止めましょう。

まとめ

おすすめのアーミーナイフをご紹介しましたが、いかがでしたか?持っていればなにかと便利なアーミーナイフ。自分だったらどんな用途に使うかよく考えて、愛用の一本になるアーミーナイフを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

関連キーワード