• 【ウィスキーやサワーに!】スキットルのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【ウィスキーやサワーに!】スキットルのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【ウィスキーやサワーに!】スキットルのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【ウィスキーやサワーに!】スキットルのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【ウィスキーやサワーに!】スキットルのおすすめ人気ランキング20選のアイキャッチ画像5枚目

【ウィスキーやサワーに!】スキットルのおすすめ人気ランキング20選

度数の高いお酒を入れる水筒である「スキットル」。古くから登山・アウトドアグッズとして人気です。しかしステンレス・チタン・ガラス・ピューター・プラスチックなどさまざまな素材があり、素材ごとに特徴が大きく異なりますので、どうしても迷ってしまいますよね。


そこで今回は、そんなスキットルの選び方とおすすめの商品を人気ランキング形式でご紹介します。スキットルは利便性もさることながら、ワイルドなかっこよさを引き立てる憧れのアイテムです。お気に入りのお酒を持ってお出かけすれば、アウトドアの楽しみが倍増すること間違いなしですよ。

  • 最終更新日:2019年03月19日
  • 19,796  views
目次

スキットルの選び方のポイント

ここでは、スキットルの選び方のポイントをご紹介します。使い勝手についてチェックしてから、自分の好みのデザインを選ぶと、長く愛用できるスキットルが見つかりますよ。

素材で選ぶ

スキットルの素材は最も重要なポイントです。どんな素材が使われているかによって、雰囲気や使い勝手が決まりますので、まずはどの素材にするかを決めておきましょう。

ステンレス:初心者向け。お手頃価格で手入れもラクラク、ただし金属臭に注意

ステンレス:初心者向け。お手頃価格で手入れもラクラク、ただし金属臭に注意

出典:amazon.co.jp

ステンレス製は錆びにくく丈夫でお手頃価格なため、現在販売されているスキットルの主流の素材です。種類が多いため、好みのデザインが見つかりやすいのもポイント。また、お手入れもしやすいので、初心者にもおすすめです。


ただし、他の素材に比べ金属臭が少し気になるという意見も。中に入れる飲み物にもよりますが、味や風味にこだわりのある方にはあまりおすすめできません。

チタン:頑丈で軽くて錆びにくい。ハードに使えるが、やや高額

チタン:頑丈で軽くて錆びにくい。ハードに使えるが、やや高額

出典:amazon.co.jp

ステンレスに次いで多いのがチタン製のスキットル。軽くて錆びにくい優れた素材です。また、頑丈なため登山やハードなツーリングなどに携帯するのにも最適。お酒を入れても変質しにくく、ステンレスに比べ臭いもあまり気になりません。

しかし、高額な商品が多いため、気軽に購入しにくいという面もあるので初心者には不向き。ステンレス製のスキットルから、レベルアップしたい方におすすめの素材です。

味に拘るならピューター(錫)やガラス製。リーズナブルなプラスチック製もおすすめ

味に拘るならピューター(錫)やガラス製。リーズナブルなプラスチック製もおすすめ

出典:amazon.co.jp

ピューター(錫)やガラス製は、ワインや日本酒の風味を損なわないのが魅力。どちらも高額で耐久性に難はありますが、美味しいお酒を持ち歩きたい方にピッタリです。

他にもリーズナブルなプラスチック製や、高級感のある銀製のスキットルもあります。使い方や使い道に応じてチェックしてみましょう。

容量200ml前後のものを選ぶ。形状は持ち歩き方法に合わせて

容量200ml前後のものを選ぶ。形状は持ち歩き方法に合わせて

出典:amazon.co.jp

スキットルは尻ポケットに入れて持ち歩くことを前提として作られたアルコール用の水筒です。そのため、四角形で尻の形に湾曲したものが主流。しかし、最近ではポケットに入れて持ち歩くのには不向きな、丸型のものや長細い形状のものも販売されています。


尻ポケットに入れて持ち歩くならポピュラーな形状のものがおすすめですが、持ち歩き方法にこだわりのない方は好みに合わせてデザインを選びましょう。


容量は200ml前後のものが主流。少し少なく感じるかもしれませんが、ウイスキーのシングルが30mlなので6~7杯は楽しめます。容量が嵩むと重量も増えますので、荷物を減らしたい登山用なら150ml前後のものもおすめです。

フタの形状や付属のアクセサリーにも注目

どんなスキットルがが欲しいかが決まったら、最後に付属のアクセサリーやフタなどの細かな部分もチェックしておきましょう。

紛失しにくい一体型がおすすめ

紛失しにくい一体型がおすすめ

出典:amazon.co.jp

スキットルのフタは、ペットボトルのように取り外せるタイプと、ストッパーで本体にとりつけられた一体型に分かれます。スキットルのフタはとても小さいので、屋外で紛失するとなかなか見つかりません。

また、フタのないスキットルは他に使いみちがあまりないので、特別なこだわりがない方は、ストッパー付きの一体型を選ぶのが無難です。

専用ロートは必須。初めてのスキットルなら要チェック

専用ロートは必須。初めてのスキットルなら要チェック

出典:amazon.co.jp

スキットルには、本体以外にロートやウイスキーカップなどが付属した商品が数多く販売されています。すでにお持ちの方は本体のみのでも問題ありませんが、はじめてスキットルを購入する方は付属アイテムが付いているものがお得です。


特にロートに関しては普通のものは使いにくいので、スキットル専用のものがベスト。別に用意するとその分費用がかかりますので、専用ロートをお持ちでない方はロート付きのものを選びましょう。

【ステンレス製】スキットルのおすすめ人気ランキング10選

最初にステンレス製のスキットルをご紹介します。ステンレス製のスキットルは製品数も多く、様々なデザインのものがあります。自分好みの製品を探してください。
10位
9位

SODIAL1オンス ポータブルステンレス鋼ヒップフラスコ キーリングシルバー

216円 (税込)

8位

HONEST携帯用スキットル ステンレス製ボトル エンボスライン

1,780円 (税込)

7位

HONESTスキットル ステンレス製ボトル スモールウィンドウ

5,600円 (税込)

6位
5位

Homestiaクロコデザインヒップフラスコ6オンス

2,398円 (税込)

4位
3位
2位
スキットル 佐藤金属興業 SALUS バッカス ウイスキーボトル 革ケース付 1枚目
出典:amazon.co.jp

佐藤金属興業SALUS バッカス ウイスキーボトル 革ケース付

3,980円 (税込)

1位

おすすめ人気【ステンレス製】スキットルの比較一覧表

商品画像
1
スキットル voocye 携帯用スキットル 1枚目

voocye

2
スキットル 佐藤金属興業 SALUS バッカス ウイスキーボトル 革ケース付 1枚目

佐藤金属興業

3
スキットル DUG カラースキットル5oz 1枚目

DUG

4
スキットル DUG チェックスキットル 8oz 1枚目

DUG

5
スキットル Homestia クロコデザインヒップフラスコ6オンス 1枚目

Homestia

6
スキットル STANLEY SSフラスコ0.14L 1枚目

STANLEY

7
スキットル HONEST スキットル ステンレス製ボトル スモールウィンドウ 1枚目

HONEST

8
スキットル HONEST 携帯用スキットル ステンレス製ボトル エンボスライン 1枚目

HONEST

9
スキットル SODIAL 1オンス ポータブルステンレス鋼ヒップフラスコ キーリングシルバー 1枚目

SODIAL

10
スキットル Homestia 8オンスヒップフラスコ 1枚目

Homestia

商品名

携帯用スキットル

SALUS バッカス ウイスキーボトル 革ケース付

カラースキットル5oz

チェックスキットル 8oz

クロコデザインヒップフラスコ6オンス

SSフラスコ0.14L

スキットル ステンレス製ボトル スモールウィンドウ

携帯用スキットル ステンレス製ボトル エンボスライン

1オンス ポータブルステンレス鋼ヒップフラスコ キーリングシルバー

8オンスヒップフラスコ

特徴品質と価格のバランスがいいスキットル皮ケース付で、おしゃれに持ち歩けるスキットル女性にも持ちやすいカラースキットルチェックの布がまかれたスキットルワニ皮風のおしゃれなデザイン独特の風合いが魅力的小窓付きで容量が確認できる美しいラインが特徴的でデザイン性に優れるキーホルダーが付いた小型のスキットル引き出し式のコップが収納された変り種
価格1,499円(税込)3,980円(税込)952円(税込)2,764円(税込)2,398円(税込)3,456円(税込)5,600円(税込)1,780円(税込)216円(税込)1,473円(税込)
商品リンク

【チタン製】スキットルのおすすめ人気ランキング5選

次にご紹介するのは、チタン製のスキットルです。高価格の製品が多くなりますが、品質は折り紙つきです。
5位
4位

Boundless Voyageチタンヒップフラスク

3,142円 (税込)

3位

VARGOチタニウム フランネル フラスコ

T-447

7,848円 (税込)

2位

スノーピークチタン丸型スキットル ラウンド

T-015

22,215円 (税込)

1位

スノーピークチタンスキットル L

T-013

15,984円 (税込)

おすすめ人気【チタン製】スキットルの比較一覧表

商品画像
1
スキットル スノーピーク チタンスキットル L 1枚目

スノーピーク

2
スキットル スノーピーク チタン丸型スキットル ラウンド 1枚目

スノーピーク

3
スキットル VARGO チタニウム フランネル フラスコ 1枚目

VARGO

4
スキットル Boundless Voyage チタンヒップフラスク 1枚目

Boundless Voyage

5
スキットル TOAKS チタニウムフラスコ 1枚目

TOAKS

商品名

チタンスキットル L

チタン丸型スキットル ラウンド

チタニウム フランネル フラスコ

チタンヒップフラスク

チタニウムフラスコ

特徴スタンダードなデザインの高品質スキットル手に良くなじむ丸型スキットル。安心の日本製シリコン製のじょうごが付いて便利なスキットル安価なチタン製スキットルチタン製品を多く販売するTOAKSのスキットル
価格15,984円(税込)22,215円(税込)7,848円(税込)3,142円(税込)7,244円(税込)
商品リンク

【その他の素材製】スキットルのおすすめ人気ランキング5選

ここではステンレス製、チタン製以外のスキットルをご紹介します。素材によって特徴がありますので、それを知ることが重要です。
5位
4位
スキットル GSI ハイランドフラスコ  1枚目
出典:amazon.co.jp

GSIハイランドフラスコ

11871979000009

1,166円 (税込)

3位
2位

PINDER BROSピュータースキットル イングリッシュローズ 6オンス

SP-013

16,890円 (税込)

1位

おすすめ人気【その他の素材製】スキットルの比較一覧表

商品画像
1
スキットル ROYAL SELANGOR ヒップフラスコ 1枚目

ROYAL SELANGOR

2
スキットル PINDER BROS ピュータースキットル イングリッシュローズ 6オンス 1枚目

PINDER BROS

3
スキットル nalgene フラスコ 1枚目

nalgene

4
スキットル GSI ハイランドフラスコ  1枚目

GSI

5
スキットル 早川器物 ウィスキースキットル 1枚目

早川器物

商品名

ヒップフラスコ

ピュータースキットル イングリッシュローズ 6オンス

フラスコ

ハイランドフラスコ

ウィスキースキットル

特徴コスパが良く、初めてのピューター製スキットルにおすすめ英国ピンダーブロス社製のスキットル本体とスリーブの二重構造のプラスチック製スキットル肩から下げられるプラスチック製スキットル銀地仕上げの高級スキットル
価格10,800円(税込)16,890円(税込)1,555円(税込)1,166円(税込)25,000円(税込)
商品リンク

スキットルを使うときの注意点

お気に入りのスキットルが見つかったら、長く楽しむためにもアルコールの種類やお手入れの方法も抑えておきましょう。

糖度が高くアルコール度の低いものは避ける

糖度が高くアルコール度の低いものは避ける

出典:amazon.co.jp

スキットルは飲み口が小さいため、内部の洗浄が難しいアイテムです。そのため、糖度が高くアルコール度の低いリキュール類を入れると、内部がベタついてしまいます。


基本的に持ち歩きが前提なので、時間経過とともに側面にこびりついたリキュールが落とせなくなり取り返しが付かないことにもなりかねません。使われている素材にもによりますが、スキットルに入れるお酒はウイスキーやウォッカなどのアルコール度の高い蒸留酒がおすすめです。


また、最近では日本酒やワイン向けのスキットルも販売されていますので、蒸留酒以外のお酒を入れる方はそれらの商品もチェックしておきましょう。

洗浄にはお湯とホワイトビネガーがおすすめ

洗浄にはお湯とホワイトビネガーがおすすめ

出典:amazon.co.jp

スキットルのお手入れは、基本的には熱湯消毒で十分です。もし気になるようなら、お湯に加えてホワイトビネガーで殺菌しましょう。酵素系漂白剤を薄めて洗浄する方法もありますが、すすぎ残しの心配もありますので、口に入れても問題ないもので洗浄するのがおすすめです。


また、素材によっては熱湯で変形したり割れるものや、ホワイトビネガーや漂白剤で変色してしまうものもありますので、お手持ちのスキットルに合わせて洗浄方法を代えてください。


汚れがひどい場合は、研磨剤の代わりに砂や卵の殻を入れて振って落とす方法もありますが、汚れが落ちても内部に傷がついてしまう可能性があります。スキットルを長く使うためにも、研磨剤を使わずにすむよう、こまめなお手入れを心がけましょう。

お手入れの後はしっかり乾燥させることが重要

お手入れの後はしっかり乾燥させることが重要

出典:amazon.co.jp

スキットルを洗った後は、蓋を外した状態で内部を自然乾燥させます。このとき、乾ききる前にフタをしめると、雑菌が混じっている場合はカビの原因や臭いがこもる原因にもなってしまいます。そのため、お手入れ後はしっかり乾燥させることが重要。しっかり乾かしてからフタをして収納しましょう。

スキットルに入れるお酒もチェック!

お気に入りのスキットルを手に入れたら、中に入れて持ち歩くためのお酒も準備しましょう。以下の記事ではウイスキーやテキーラの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

スキットルの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、スキットルのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、おすすめのスキットルを人気ランキング形式でご紹介しましたが、いかがでしたか?


アウトドアで飲むスキットルに入れたお酒には、普段のお酒とは違ったおいしさがあります。アウトドア生活をより充実させるためにも、お気に入りのスキットルを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す