• 市販の味噌のおすすめ人気ランキング10選【米味噌・麦味噌・豆味噌】のアイキャッチ画像1枚目
  • 市販の味噌のおすすめ人気ランキング10選【米味噌・麦味噌・豆味噌】のアイキャッチ画像2枚目
  • 市販の味噌のおすすめ人気ランキング10選【米味噌・麦味噌・豆味噌】のアイキャッチ画像3枚目
  • 市販の味噌のおすすめ人気ランキング10選【米味噌・麦味噌・豆味噌】のアイキャッチ画像4枚目
  • 市販の味噌のおすすめ人気ランキング10選【米味噌・麦味噌・豆味噌】のアイキャッチ画像5枚目

市販の味噌のおすすめ人気ランキング10選【米味噌・麦味噌・豆味噌】

日本の食卓に欠かせない発酵食品である「味噌」。お味噌汁はもちろん様々なお料理に使える栄養豊富な健康食材です。しかし、市販されている味噌は、甘口から辛口まで味のバリエーションが豊富で、米味噌・麦味噌・豆味噌など種類もたくさん。そのうえ、マルコメ・カクキューなどさまざまなメーカーから販売されているため、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、市販の味噌の選び方のポイントと、通販で購入できる人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。おいしくて体にいいこだわりの味噌で、心も体も癒されましょう♪

この記事に登場する専門家

川上 晶也
磯村 優貴恵
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 262,703  views
目次

市販の味噌の選び方

まずはじめに、市販の味噌の選び方のポイントを解説していきます。味噌は、色によって赤味噌・淡色味噌・白味噌に分けられ、使用する麹によって米味噌・麦味噌・豆味噌・調合味噌(2種類以上の味噌または麹を合わせたもの)に分類できます。しかし、この分類だけでは、味噌の味わいや栄養価を見極めるのは難しいものです。そこでまず、選ぶ際にチェックしておきたいポイントをまとめました。

味の好みで選ぶ

お味噌には、まろやかな甘口からコクのある辛口まで、いろいろな味があります。一般的に「白味噌は甘くて、赤味噌は辛い」というイメージがありますが、実は赤味噌にも甘い種類がたくさんあり、色だけでは判断できません。正しい選び方を知って、好みの味の味噌を見つけてくださいね。

甘口が好みなら麹の割合が多い味噌を

甘めの味噌がお好みなら、「麹歩合」の高い味噌を選びましょう。麹歩合とは、大豆に混ぜこむ米麹や麦麹の割合のこと。たとえば「12割麹」と表記されていたら、大豆の量が10に対して、麹が12の割合で作られていることを示します。

味噌は大豆・麹・塩を混ぜて発酵・熟成させることでできますが、この時混ぜる麹が多いほど甘くなります。麹甘酒が砂糖を使わないのに甘いのをイメージするとわかりやすいですよね。

一番甘い「甘味噌」は、麹歩合が15~20・塩分が5~7%ほど。代表的なのは白味噌・江戸甘味噌などです。つぎに甘い「甘口味噌」は麹歩合が12~17・塩分が7~12%ほど。米麹の淡色・赤味噌や麦麹の味噌がこれにあたります。

濃厚な辛口が好きなら長期熟成の味噌を

甘さの少ない濃厚な味わいが好きなら、熟成期間の長い味噌がおすすめです。「辛口味噌」に分類される味噌は、麹歩合が5~10・塩分が11~13%ほどと塩分が高めで、傷みにくいのが特徴。そのためじっくり時間をかけて熟成するのに向いています。

塩分が高いといっても、熟成が進むほど食べた時にしょっぱさを感じにくくなる「塩なれ」という現象が起こるため、塩辛いわけではありません。かわりに大豆の旨味とコクがギュッと凝縮されたような、深い味わいが生まれます。1~2年以上熟成させる八丁味噌が代表的です。

粗ずりの味噌なら食感が楽しめる♪

麹の食感を楽しめる「粗ずり」と呼ばれる味噌もあります。多くの味噌は麹をすりつぶしてなめらかにしていますが、「粗ずり」の味噌はあえて粗くつぶすことで、麹の食感を残しているのが特徴。食感にもこだわりたい方におすすめです。

味噌汁に使えばトロンとやさしい舌ざわり。粒が丸ごと残った甘口の味噌なら、そのままお酒の肴にもなります。きゅうりや焼きおにぎりにつければ、なめらかな味噌とはまた違った味わいを楽しむことができますよ。

期待できる効果で選ぶ

味噌は種類によって、味だけでなく、栄養価や含まれている成分にも違いがあります。それぞれに多く含まれている成分の効果にも注目し、おいしい健康食品として、日々の暮らしに取り入れてみましょう。

整腸効果を狙うなら「無添加」の生味噌を!

整腸効果を狙うなら「無添加」の生味噌を!

出典:amazon.co.jp

発酵食品である味噌は、植物性乳酸菌の宝庫!しっかりとした整腸効果を期待するなら、原材料に「大豆・麹・塩」以外の添加物がないか確認し、「酒精・防腐剤」が含まれていない商品を購入しましょう。

「酒精」は、乳酸菌や酵母菌を殺して、味噌の発酵を止めるために使われます。発酵が続いてしまうと、ガスが発生して容器が破損するなどして、扱いにくくなるためです。そのためスーパーなどで売られている味噌の多くには「酒精」が使われ、残念ながら生きた乳酸菌が入っていません。

本来味噌に含まれる植物性乳酸菌は、ヨーグルトの動物性乳酸菌よりも胃酸に強く、腸まで届いて定着しやすいといわれています。善玉菌を増やして便秘やアレルギー症状を改善する効果が期待できますよ。

「白味噌」なら身体も心もリラックス

「白味噌」なら身体も心もリラックス

出典:amazon.co.jp

夜寝つきが悪い・眠りが浅い、という方は、夜に白味噌の味噌汁を飲むのがおすすめです。白味噌には、ストレスを緩和してリラックスさせる神経伝達物質「GABA」が豊富に含まれています。やさしい甘みも、気持ちをほっこりさせてくれそうですね。

また、白味噌には他の味噌より多くの乳酸菌も含まれているといわれています。味噌汁のほかには、西京焼きや肉の味噌漬け焼きなどにもぴったりです。

アンチエンジング効果を期待するなら「赤味噌」を

アンチエンジング効果を期待するなら「赤味噌」を

出典:amazon.co.jp

赤味噌には「メラノイジン」という抗酸化物質が多く含まれおり、肌や体の老化を促す活性酸素を除去してくれるため、アンチエイジング効果が期待できます。

この「メラノイジン」という物質は、色の濃い味噌ほど多く含まれています。とりわけ、黒色に近い豆味噌である「八丁味噌」はメラノイジンが豊富。極めて高い抗酸化作用があるといわれています。さらに、血中コレステロールを低下させたり、糖の吸収を抑えたり、代謝を上げる働きもあるので、ダイエットにも最適。活動的になりたい朝にとるのがおすすめです。

塩分を抑えたいなら「減塩タイプ」「白味噌」

塩分を抑えたいなら「減塩タイプ」「白味噌」

出典:amazon.co.jp

味噌には豊富な栄養があるのに、塩分が気になって汁まで飲めない…。そんな時は、「減塩タイプ」の味噌か、「白味噌」を使うのがおすすめです。塩分ひかえめでもおいしく食べられるよう工夫された「減塩タイプ」や、もともと塩分の割合が低い「白味噌」なら、栄養を維持したまま、塩分だけを減らすことができます。

ワカメなどカリウムが豊富な食材を具に入れると、塩分の摂取が抑えられて、さらに効果的。より一層減塩効果が高まりますよ。

忙しい日は「だし入り味噌」「液状味噌」にお任せ

忙しい日は「だし入り味噌」「液状味噌」にお任せ

出典:amazon.co.jp

できるだけ簡単に味噌汁を作りたいなら、「だし入り味噌」や「液状味噌」を使えばラクチンです。家にある野菜をお湯に入れて味噌を溶かせば、あっという間に野菜たっぷりの味噌汁のできあがり!面倒なダシとりの手間から解放されます。液状タイプ味噌なら、すぐにサッと溶けて、ダマになる心配もありません。

あえて気になる点をあげるなら、だし入りの味噌は、味噌そのもの味・風味・乳酸菌などの栄養価が、無添加のもとのくらべて若干損なわれてしまうこと。しかし、いくら体にいい味噌でも、調理が面倒だとたまにしか使わなくなってしまいますよね。腕をふるってきちんと料理したいときは天然醸造のこだわり味噌、忙しい時にはパパッと一品作れるだし入り味噌、と使い分けてみるのもいいですね。

プロの愛用するおすすめの市販の味噌

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの市販の味噌をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、お料理や好みに合わせて選んでくださいね。
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

市販の味噌のおすすめ人気ランキング10選

いよいよここからは、おすすめの市販の味噌をランキング形式でご紹介していきます。甘口味噌や辛口味噌・麹が生きた生味噌から便利なだし入り味噌まで、様々なタイプから厳選しました。日本人でよかった~と思えるようなおいしい味噌が続々登場するのでお見逃しなく!
10位
米麹
甘口味噌
淡色
熟成期間6~12ヶ月
塩分-
添加物酒精
9位
豆麹
辛口味噌
熟成期間2年以上
塩分-
添加物なし
8位
米麹(15割)
甘味噌
熟成期間-
塩分減塩
添加物なし
7位
もち米麹(12割)
中甘口味噌
熟成期間-
塩分11%
添加物なし
6位
米麹(12割)
中甘口味噌
熟成期間-
塩分12%
添加物なし
5位
麦麹
甘口味噌
熟成期間-
塩分8.8%
添加物なし
4位
米麹(20割)
甘味噌
淡色
熟成期間-
塩分8.9%
添加物なし
3位
胚芽押麦・もち玄米など
-
-
熟成期間-
塩分11%
添加物鰹節エキスなど(化学調味料・保存料・着色料不使用)
2位
米麹(24割)
甘味噌
淡色
熟成期間-
塩分11.7%
添加物なし
1位
米麹・麦麹(合わせ味噌)
中甘口味噌(甘さ控えめ)
淡色
熟成期間-
塩分-
添加物調味料(アミノ酸等)・酒精

おすすめ人気市販の味噌比較一覧表

商品画像
1
市販味噌 日田醤油 こだわり味噌  1枚目

日田醤油

2
市販味噌 マルコメ プラス糀 無添加 糀美人 1枚目

マルコメ

3
市販味噌 タマチャンショップ 三十雑穀みそスープ 1枚目

タマチャンショップ

4
市販味噌 マルコメ 丸の内タニタ食堂の減塩みそ 1枚目

マルコメ

5
市販味噌 麦みそや 愛媛の麦みそ 1枚目

麦みそや

6
市販味噌 浅利佐助商店 百年蔵みそ 1枚目

浅利佐助商店

7
市販味噌 佐野みそ 金亀子みそ赤 1枚目

佐野みそ

8
市販味噌 かわばたみそ 白味噌 1枚目

かわばたみそ

9
市販味噌 カクキュー 三河産大豆八丁味噌銀袋 1枚目

カクキュー

10
市販味噌 渋谷商店 越後味噌 特撰つぶ 白味噌風  1枚目

渋谷商店

商品名

こだわり味噌

プラス糀 無添加 糀美人

三十雑穀みそスープ

丸の内タニタ食堂の減塩みそ

愛媛の麦みそ

百年蔵みそ

金亀子みそ赤

白味噌

三河産大豆八丁味噌銀袋

越後味噌 特撰つぶ 白味噌風

特徴天皇献上品!麦の粒感が味わえる万能合わせ味噌麹の食感を味わえる。国産米麹をたっぷり24割雑穀味噌でヘルシーに♪簡単30品目スープタニタ食堂で使われている減塩味噌麦麹の香り♪塩分ひかえめで食物繊維が豊富原料はすべて秋田県産。百年の伝統の秋田味噌貝の味噌汁にピッタリ。味噌汁専門店の人気味噌生きた乳酸菌たっぷりの本物の白味噌煮込み料理と相性Good!2年熟成のコクと風味味噌づけ焼きに◎さっぱりとした程よい甘み
最安値
1,188
送料要確認
詳細を見る
455
送料要確認
詳細を見る
594
送料無料
詳細を見る
355
送料要確認
詳細を見る
2,360
送料要確認
詳細を見る
750
送料別
詳細を見る
950
送料要確認
詳細を見る
998
送料要確認
詳細を見る
要確認
528
送料要確認
詳細を見る
米麹・麦麹(合わせ味噌)米麹(24割)胚芽押麦・もち玄米など米麹(20割)麦麹米麹(12割)もち米麹(12割)米麹(15割)豆麹米麹
中甘口味噌(甘さ控えめ)甘味噌-甘味噌甘口味噌中甘口味噌中甘口味噌甘味噌辛口味噌甘口味噌
淡色淡色-淡色淡色
熟成期間--------2年以上6~12ヶ月
塩分-11.7%11%8.9%8.8%12%11%減塩--
添加物調味料(アミノ酸等)・酒精なし鰹節エキスなど(化学調味料・保存料・着色料不使用)なしなしなしなしなしなし酒精
商品リンク

まだまだたくさん!美味しいお味噌

今回ご紹介したお味噌以外にも、美味しいお味噌はまだまだたくさん!定番の赤味噌や白味噌も原材料の違いによって、それぞれ違った味わいを楽しむことができます。早速、以下の記事もチェックして、お好みの味噌を探してみてくださいね。

市販の味噌の売れ筋ランキングもチェック!

なお、市販の味噌のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

通販で買える市販の味噌についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?お湯を注ぐだけでおいしい味噌汁ができる味噌から、伝統ある天然醸造のこだわりの味噌まで、いろいろな味噌がありましたね。

地方の小さな味噌蔵の味噌は、スーパーだとなかなか出回りませんが、今ではネット通販で購入できるものが数多くあります。また、便利なだし入り味噌や減塩味噌も、どんどん味がよくなり、栄養面も工夫されています。お好みの味噌を選んで、おいしくヘルシーな食事を楽しんでくださいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す