• 【美味しい!】白味噌のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【美味しい!】白味噌のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【美味しい!】白味噌のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【美味しい!】白味噌のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【美味しい!】白味噌のおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【美味しい!】白味噌のおすすめ人気ランキング10選

味噌は、地域によって種類や特徴のバリエーションが幅広い調味料です。そして味噌は見た目の違いによって赤味噌・淡色味噌・白味噌に分類されます。それらの中でも、甘い口当たりで塩分控えめな白味噌は、味噌が苦手な方がいるご家庭やダイエット中の方にとてもおすすめです。

しかし一口に白味噌と言っても、製法や原材料によって様々な種類があります。そこで、白味噌の中で特に高品質で、「美味しい!」と口コミでの評判も高い人気の商品をランキング化しました。味噌汁に使えるのはもちろんですが、それ以外にも雑煮や鍋など様々なレシピで味付けができ、さらには漬け物や和え物にも使えるのが白味噌です。ぜひ、あなたにぴったりの白味噌を選んでみてくださいね!

この記事に登場する専門家

高木 千枝
室谷 真由美
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 67,709  views
目次

白味噌とは?

白味噌とは?
白味噌、という名前が付いていますが、白味噌は色が真っ白なわけではりません。薄いクリーム色、あるいは薄い茶色です。白味噌は、大豆に米麹と塩を混ぜて発酵・熟成させることによって出来上がります。大豆を蒸さずに煮る製法のため、タンパク質に褐色反応を引き起こすメイラード反応が起こらず、その結果見た目が白っぽい味噌になります。

白味噌は赤味噌や淡色味噌と比べて塩分濃度が薄く、味は甘口です。西日本が主な産地ですが、塩分が少ないことによるダイエット効果があることや、脳の神経伝達物質GABA(ギャバ)を豊富に含みリラックス効果も高いことから、全国的に人気がある味噌です。

白味噌の選び方

白味噌を選ぶにはいくつかのポイントがあります。大手メーカーの白味噌にするか老舗の製法を守る会社にするか、ダシ入りにするかどうか、素材や熟成法はどうかなどです。見た目には区別があまりないように見える白味噌ですが、様々な種類があることがご理解いただけると思います。

伝統の味を守っているかどうか

伝統の味を守っているかどうか
白味噌には、大手メーカーが工場で大量生産するものと、老舗の会社が伝統の製法を守りながら作ったものがあります。大手メーカーは主に「速醸法」と呼ばれる人工的に熱を加える方法を採用しています。それにより短期間に麹を活発にさせ白味噌を作ることが可能になります。そのため味は画一的で値段は安く、添加物が多く入る傾向にあります。

それに対し、老舗の会社は主に手作りで麹を作り、仕込み桶で短期熟成させるという昔ながらの方法をとっています。工場で作る方法に比べて時間と手間がかかり、値段もやや高価です。添加物も使っていない会社も多いため保存が難しく、品質管理も大変です。しかし、伝統の製法を守っている白味噌の方が栄養価が高く、おいしいです。

ダシが入っているかどうか

ダシが入っているかどうか
白味噌にはあらかじめダシが入っている商品とダシが入っていない商品があります。白味噌は甘口で味が薄めですので、味噌汁などを作る場合にはダシ入りの商品を買った方が調理が楽になり便利です。

しかし、よりおいしい味噌汁を作りたい場合はダシが入っていない商品を使い、調理時にダシを加えると良いでしょう。また、西京漬けなどダシが必要ない料理に白味噌を使う場合にもダシが入っていない商品の方が適しています。

白味噌の製法

白味噌の製法
大豆に米麹と塩を混ぜて発酵・熟成させるのが、白味噌の基本的な製法です。しかし、麹歩合(味噌の中に占める麹の割合)や熟成期間、原材料の産地や添加物の有無などによって味が大きく異なります。麹歩合が高いほど米の甘みが強くなり、より白味噌の特徴が際立ちます。そして品質の高い素材をじっくり熟成した方がよりランクの高い味わいの白味噌になります。

この記事のランキングでは、麹割合が比較的高く、国産大豆など良質な素材を使用し、水飴や酒精・ビタミンなどの添加物をなるべく使っていないもの、さらには昔ながらの手作り製法にこだわった物を上位にランキングしています。

プロの愛用するおすすめの白味噌

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの白味噌をご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、幅広く楽しめるおいしい白味噌を見つけてくださいね。
専門家の
マイベスト
専門家の
マイベスト

白味噌のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、白味噌のおすすめ人気ランキングを見ていきましょう!
10位

イヅツみそ讃岐のご膳処大森屋 手造り白小路

756円 (税込)

原材料米・大豆(遺伝子組み換えでない)・食塩・水飴・酒精
9位
原材料米・大豆・食塩・水飴・酒精
8位
原材料米・大豆(遺伝子組換えでない)・食塩・水飴・酒精・ビタミンB2
7位
原材料米・大豆(遺伝子組換えではない)・食塩・酒精・調味料(アミノ酸等)
6位
白味噌 村田味噌 淀屋勇心 蔵元詰め 錦城特白
出典:amazon.co.jp

村田味噌淀屋勇心 蔵元詰め 錦城特白

411円 (税込)

原材料米・大豆(遺伝子組替でない)・食塩・酒精・砂糖・ビタミンB2
5位
白味噌 宮坂醸造 神州一 信州諏訪産無添加きぬごし
出典:amazon.co.jp

宮坂醸造神州一 信州諏訪産無添加きぬごし

691円 (税込)

原材料大豆(アメリカまたはカナダ産)・米(国産)食塩(メキシコ産)
4位
原材料米みそ・食塩・砂糖・たん白加水分解物・かつお節粉末・かつおエキス・宗田かつお節粉末・昆布エキス・酒精・調味料(アミノ酸等)
3位
原材料大豆・米・食塩
2位
白味噌 マルクラ食品 国産米・国産大豆白みそ
出典:amazon.co.jp

マルクラ食品国産米・国産大豆白みそ

270円 (税込)

原材料白米、大豆(遺伝子組換えでない)食塩
1位
原材料米・大豆・食塩・酒精(成分:ビタミンB2)

おすすめ人気 白味噌の比較一覧表

商品画像
1
白味噌 石野味噌 懐石白みそ

石野味噌

2
白味噌 マルクラ食品 国産米・国産大豆白みそ

マルクラ食品

3
白味噌 ヤマニ醸造 ヤマニの純正みそ

ヤマニ醸造

4
白味噌 マルコメ 液みそ 料亭の味

マルコメ

5
白味噌 宮坂醸造 神州一 信州諏訪産無添加きぬごし

宮坂醸造

6
白味噌 村田味噌 淀屋勇心 蔵元詰め 錦城特白

村田味噌

7
白味噌 伊豆フェルメンテ こし伊豆みそ

伊豆フェルメンテ

8
白味噌 新庄みそ 広島白みそ

新庄みそ

9
白味噌 西京味噌 西京白みそ 匠

西京味噌

10
白味噌 イヅツみそ 讃岐のご膳処大森屋 手造り白小路

イヅツみそ

商品名

懐石白みそ

国産米・国産大豆白みそ

ヤマニの純正みそ

液みそ 料亭の味

神州一 信州諏訪産無添加きぬごし

淀屋勇心 蔵元詰め 錦城特白

こし伊豆みそ

広島白みそ

西京白みそ 匠

讃岐のご膳処大森屋 手造り白小路

特徴高級懐石の味を家庭で再現甘酒屋のノウハウが生きた自然の味わい100年以上続くシンプルな製法ダシ入り白味噌のパイオニア添加物一切なしの白味噌関西人に好まれる白味噌富士箱根の湧き水が使われた白味噌広島の軟水を使用した程よい甘みが特徴洗練された上質な白味噌まったりした甘味噌
価格980円(税込)270円(税込)970円(税込)218円(税込)691円(税込)411円(税込)490円(税込)439円(税込)669円(税込)756円(税込)
原材料米・大豆・食塩・酒精(成分:ビタミンB2)白米、大豆(遺伝子組換えでない)食塩大豆・米・食塩米みそ・食塩・砂糖・たん白加水分解物・かつお節粉末・かつおエキス・宗田かつお節粉末・昆布エキス・酒精・調味料(アミノ酸等)大豆(アメリカまたはカナダ産)・米(国産)食塩(メキシコ産)米・大豆(遺伝子組替でない)・食塩・酒精・砂糖・ビタミンB2米・大豆(遺伝子組換えではない)・食塩・酒精・調味料(アミノ酸等)米・大豆(遺伝子組換えでない)・食塩・水飴・酒精・ビタミンB2米・大豆・食塩・水飴・酒精米・大豆(遺伝子組み換えでない)・食塩・水飴・酒精
商品リンク

まとめ

白味噌には、他の味噌に比べて甘くて塩分濃度が低く、口当たりの良い上質という特徴があります。そして、原材料や地方独自の製法によって、白味噌にも様々な商品があることがおわかりただけたかと思います。地域によってはスーパーなどの小売店に白味噌が置いていないこともありますが、この記事でランキング化した白味噌は全てインターネットで注文することができますので、試しに購入されてはいかがでしょう?

ただし、白味噌は塩分が低いため保存が難しいです。また伝統の製法を守っているメーカーから購入した白味噌は添加物が含まれていないためさらに劣化しやすくなります。ですので白味噌はあまり買いだめせず、開封後は必要な分だけ取り出して余りは密封して冷蔵しましょう。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す