• 414a6998bb84a1e7dd77cff5ccc2c0c247e88845
  • 77e3b8992ca21c66043a8f251d11d2c0ac4562f8
  • Dbe09cf6353bd51091d62dd5514d51f976e28923
  • Dc2178827cfa60aa78506a8e7155f942e43e09cc
  • 023bdf9ccdf6c20770e851798be0dd6b79f24e22

【楽々カンタン!】大根おろし器(おろし金)のおすすめ人気ランキング10選

様々な料理で活躍する大根おろし。しかし「大根をおろすのは疲れるし大変」「もっと楽に簡単にできないかな」と思っていませんか?そんな人には大根おろし器(おろし金)を変えてみることをおすすめします。現在では電動の大根おろし器が登場するなど、大根おろし器も日々進化しています!今回は大根おろし器の選び方のポイントを解説し、セラミック製や業務用・全自動まで、口コミ等で人気のある商品をおすすめ順にランキング形式をご紹介したいと思います!ぜひ商品選びの参考にしてくださいね♪

最終更新日:2017年06月02日 | 49,749views

大根おろし器の選び方

大根おろし器なんてみんな同じと思っていませんか? でも実際は、大根おろし器によっておろしやすさが驚くほど違うんです。

金属製・プラスチック製・樹脂製、電動・手動など、世の中には様々な大根おろし器がありますが、そんな数々の大根おろし器の中から本当によいものを選ぶための3つのポイントをご紹介します。

1. 手動か電動か

電動大根おろし器は大変便利です。何といっても、力を使わずに短時間で大量の大根おろしを作れるというのが魅力です。ですが「便利だけど必要ではないもの」であるとも言えます。

確かに電動大根おろし器は便利ですが、手動のものと比較して高額です。しかも、ほんの少しの大根おろしを作っただけでも大きな本体など4つ程度のパーツを洗わなければならないなど、後片付けが面倒です。

大家族などで一度に大量の大根おろしを作りたい場合や、小さな赤ちゃんがいて調理時間を1秒でも短縮したいという場合でなければ、手動の大根おろし器で十分でしょう。

2. ストロークのしやすさ

手動でも短時間でたくさんの大根おろしを作るためには、ストロークのしやすさは特に重要なポイントです。

大根おろし器に立体的な縁が付いていると縁が邪魔になって一度にたくさんおろすことができず、その分ストロークの回数が増えて時間的・体力的に負担も大きくなってしまいます。

3. 水切りのしやすさ

大根おろしはおろしたまま使うだけでなく、水切りをして使用することも多いため、水切りのしやすさも重要なポイントです。

水切り機能がなければその度に手を添えながら大根おろし器を傾けて水切りしたり、大根おろしを握って絞ったりしなければいけません。そのときに流れ出てしまう大根おろしは勿体無いですし、どうしても手を汚してしまいます。

水切り機能のある大根おろし器なら、手を汚すことなく簡単に水切りすることができるのでとても便利です。

大根おろし器のおすすめランキング10選

それでは現在販売されている様々な大根おろし器の中から、本当に使いやすく上質な大根おろしができる商品のTOP10をご紹介します。

1位 貝印 おろし専科

貝印 おろし専科 DA-1204
874円(税込)

・サイズ:215mm×97mm×70mm
・重量:245g
・素材:(フタ、おろし、鬼おろし)AS樹脂 (本体、スノコ)ポリプロピレン (ラバー)シリコン樹脂

おろしやすさにこだわり抜いた設計

見た目は非常にシンプルで飾り気のない大根おろし器ですが、本体の緩やかな傾斜と湾曲したおろし面で、ほかの大根おろし器とは一線を画す軽いおろし心地を実現しました。スチロール樹脂製でありながら、おろし心地の軽さは金属製の商品を圧倒しています。

おろす時に邪魔になる縁もないのでストロークが非常にスムーズでストレスを感じません。じゃがいも、にんじん、生姜など大根以外の食材も力を入れずに簡単におろすことができます。

一往復で雪のようなふんわり大根おろしが山盛り!

おろし専科でおろした大根おろしは非常にキメ細やかです。力を入れずに一往復するだけで、まるで積もりたての雪のようにふんわりとした大根おろしを作ることができます。楽に大根をおろしたい人はもちろんのこと、ふわふわおろし派の人は必ず買っておきたい大根おろし器です。

2通りに水切りが可能

おろし専科には専用受け皿のほか、おろしながら水切りができる便利な水切りトレーが付いています。おろし金、水切りトレー、受け皿を重ねて使用でき、受け皿にも水切り穴が空いているので、「水切りトレーを外す」「おろしながら直接流す」の2通りの水切りが可能です。

2位 スケーター 鬼おろし付 水切り大根おろし

スケーター スノコ付大根おろし器用鬼おろし SDO10N
764円(税込)

・サイズ:215mm×97mm×70mm
・重量:245g
・素材:(フタ、おろし、鬼おろし)AS樹脂 (本体、スノコ)ポリプロピレン (ラバー)シリコン樹脂

食感自在の2WAY! ふわふわ&鬼おろしを使い分けたいなら絶対これ!

最大の特徴はふわふわの白雪タイプとシャキッとした歯ごたえがある鬼おろしタイプの2種類のおろし金が用意されていることです。よって1台で2種類の大根おろしを作って食べ比べることができます。

粗い鬼おろしタイプの大根おろしは食物繊維やビタミンCなど大根の栄養が詰まった水分が失われていません。焼き魚やおろし蕎麦、鍋物にはもちろんのこと、食感の良さを活かしてそのままサラダに加えることもできます。

焼き魚や卵焼きを大根おろし2種盛りで楽しむのもいいですね。その食感は鬼おろし未体験の人に新たな境地を開拓させてくれるでしょう。

もちろん水切りトレー付き

おろし金と受け皿の間には水切りトレーも付いており、余分な水分を簡単に切ることができます。水分の多く出る白雪タイプの大根おろしを作っても簡単に水を切れるのはとても便利です。

保存するときにも安心の蓋付き

蓋付きなので大根をおろしたまま冷蔵庫で保存することができます。また大根おろし器の保管中にホコリが入ることや、ほかの物を取り出すときにうっかり触れて怪我をする事故を防止します。ほかの調理器具と重ねて保管しても、大根おろし器や上に乗せる調理器具を傷めてしまうこともありません。

3位 ニトリ おろし器 受け皿付き

ニトリ おろし器 受け皿付き
307円(税込)

・サイズ:190mm×80mm×60mm
・重量:約80g
・素材:(おろし器、受け皿)ABS樹脂 (すべり止め)シリコンゴム

安全におろせる安定感のある受け皿付き

受け皿の裏側にシリコンゴム製の滑り止めがついているので、力を入れておろしても大根おろし器が動いてしまうことがなく安全です。

縁は付いているものの、緩やかな傾斜の付いた低い縁なので比較的ストロークの邪魔にはならず、おろし面に付けられた傾斜によってスムーズにおろすことが可能です。また、おろし金の一部が薬味おろしになっています。

お手入れ簡単のシンプルな構造

こちらは飾り気のないおろし金と受け皿だけというシンプルな構造なので、お手入れが非常に簡単です。水切り機能などは必要がなく、とにかくシンプルを求めたい人におすすめの大根おろし器です。

4位 貝印 クックファイル アルミ受け皿付おろし器

貝印 クックファイル アルミ受け皿付きおろし器 DH-2211
1,080円(税込)

・サイズ:210mm×100mm×40mm
・重量:85g
・素材:(おろし金)アルミニウム、アルマイト加工 (受け皿)スチロール樹脂

ストロークはしにくいが納得の仕上がり

おろし金に薬味おろしも付いた一般的なタイプのアルミ製大根おろし器です。薬味おろしが付いている分おろし金のスペースが狭く、縁も高いのでストロークはあまり良くありません。受け皿には滑り止めも付いていないので片手で大根おろし器を支えておく必要があります。

とは言っても大根おろしの仕上がりは納得のクオリティーで、水切り機能はありませんが受け皿が大きく、たくさんの大根おろしを作っても溢れにくいのも魅力です。

5位 京セラ セラミックおろし器

京セラ セラミックおろし器 CD-18
1,145円(税込)

・サイズ:160mm×160mm×30mm
・重量:350g
・素材:(刃)セラミック磁器

痒い所に手が届く、食材かき出し用ブラシ付き小型大根おろし器

ファインセラミック専門メーカーである京セラの大根おろし器です。セラミック製なので錆とは無縁で、シャープな歯でふんわりとした大根おろしを作ることができます。
滑り止めがしっかりしているので片手で大根おろし器を押さえる必要がなく、お子様が両手で食材を持っておろすこともできます。食材かき出し用ブラシが付属しているので、爪楊枝などを使わなくても簡単に歯の間に詰まった食材をかき出すことができるのも、細かいながらも嬉しい気遣いです。

大量の大根おろしを作るのには向きませんが、作られる大根おろしはふんわりとしており、少量だけ大根や生姜などをおろすには十分です。

6位 サンクラフト 業務用プロおろし

サンクラフト 業務用プロおろし PT2500
1,936円(税込)

・サイズ:138mm×230mm×90mm
・重量:約380g
・素材:ステンレススチール、ポリプロピレン

力加減ひとつで粗さを変えられる万能大根おろし器

業務用なので容量も大きく、簡単に大量の大根おろしを作ることができます。受け皿の滑り止めと本体の傾斜、湾曲したおろし面のお陰で、力を入れなくてもサクサクおろせてストレスを感じません。

力を入れると粗い大根おろし、力を入れなければふわふわの大根おろしと力加減一つで食感を変えることができ、にんじん、じゃがいも、生姜はもちろん、トマトやチーズ、パンなども簡単におろすことができます。
サイズが大きい分保管する際に場所を取ってしまいますが、食材がおろし金の歯の間に挟まりにくい設計になっているので使い終わった後はサッと水洗いするだけで綺麗になり、非常に使い勝手の良い大根おろし器です。

7位 萬洋 竹鬼おろし

萬洋 竹鬼おろし 29K-104(17-016)
1,433円(税込)

・サイズ:265mm×90mm
・重量:110g
・素材:竹

自宅で簡単にプロの大根おろしが楽しめる

鬼おろしファンから絶大な人気を誇っているのが、この萬洋の竹製鬼おろしです。大きく鋭い歯が無駄な水分は出さずに繊維をほどよく残し、シャキシャキした食べ応えのある大根おろしを作り出します。

竹製というと普段のお手入れに気を使わなければいけないのではと心配される方もいらっしゃるかと思いますが、サッと水洗いして水気を拭き直射日光の当たらない風通しの良いところで完全に乾燥させるだけと、普段の洗い物とほとんど変わりません。

ふんわりした大根おろしが好みの方には不向きですが、上質な鬼おろしを食べてみたい人に一押しの商品です。

8位 大矢製作所 両面平型おろし金

大矢製作所 両面平型おろし金
7,560円(税込)

・サイズ:(S)110mm×190mm (M)110mm×210mm (L)130mm×225mm (LL)150mm×245mm
・重量:(Lサイズ)320g
・素材:銅+錫メッキ

一つで二役! プロも愛用の伝統的な大根おろし器

表面が大根おろし、裏面が薬味おろしになっている両面おろし器です。
江戸時代から受け継がれている伝統的な大根おろし器で、一つ一つ職人の手で手作りされています。手作りのため刃の感覚や高さが不揃いで、おろす度に刃と食材の当たり方が変わり、大根の向きを変えなくても軽い力でスムーズにおろすことができます。

長年使用し続けて切れ味が悪くなってきても目立て直しをしてもらえるので、一生ものの大根おろし器になるでしょう。抗菌作用のある銅製であることと出来上がる大根おろしの質から、プロの間でも支持されている大根おろし器です。

9位 T-WORLD 大根おろし器(水切りネット付き)

T-WORLD 大根おろし器 水切りネット付き 3007
835円(税込)

・サイズ:約88mm×168mm×53mm
・重量:約152g
・素材:(本体、水切り枠)ポリプロピレン (ネット部)ポリエチレン (おろし板)スチロール樹脂 (滑り止め)シリコンゴム

プラスチックなのに軽い力でサクサクおろせる特殊な三枚刃

特殊な三角刃でプラスチックとは思えない軽いおろし心地を実現している大根おろし器です。水切りがメッシュになっているため、細かい大根おろしも逃さず不要な水分だけをほどよく切ることができます。

コンパクトで収納にも便利ですが、容量が小さいので大家族など一度に大量の大根おろしが必要なご家庭には不向きです。

10位 マイクロプレイン ジャパニーズスタイル グレーター

マイクロプレイン ジャパニーズスタイル グレーター MP-056
3,065円(税込)

・サイズ:66mm×315mm×32mm
・本体重量:(本体)約133g (ケース)約20g
・素材:(本体・刃)18-8ステンレス (グリップ)ABS樹脂 (すべり止め部分)塩化ビニール (カバー)PIMM樹脂

柔らかいものから固いものまでスイスイおろせる万能おろし器

栗原はるみさんなどプロにも愛用者の多い、マイクロプレイン社の日本限定モデルです。

日本人がよく使用する大根や玉ねぎ、生姜、山芋といった水分の多い食材をスムーズにおろせるように刃の配列や角度が変更されていて、まったく力を入れなくても食材をおろすことができます。刃が細かく並んでいながらも目詰まりしにくいのも魅力です。

グリップは女性でも握りやすい形状ですが、おろしている間中ずっと片手で大根おろし器を握っていなければならない点と、細長く湾曲した形状のため置いたときに安定感がないのが難点です。

オレンジの皮のような潰れやすい食材や、チーズやアーモンド、チョコレートや岩塩などの固い食材もふわふわにおろすことができるので、いろいろな場面で活用でき料理の幅も広がります。

番外編:三ッ谷電機 電動大根おろし器 おろしちゃん楽々

三ッ谷電機 電動大根おろし器 おろしちゃん楽々 MRO-30R
2,980円(税込)

・サイズ:170mm×110mm×210mm
・本体重量 :770g
・素材:(本体)ABS樹脂 (蓋・容器)AS樹脂 (押棒・刃)ABS樹脂

たった7秒!あっという間に大根おろし

投入口のサイズに合わせて切った大根をセットしてスイッチを入れるだけで、誰でも簡単に大根おろしを作ることができます。力を入れる必要がなく安全蓋ロックも付いているので、お年寄りやお子様だけでも安全に大根おろしを作ることができます。
もちろん大根以外にもりんごやにんじん、山芋もスムーズにおろすことができるので、いろいろな料理やお菓子作りなどに活躍してくれます。

後片付けも楽チン

電動大根おろし器は使用後の後片付けの面倒さが一つのネックになりますが、こちらはパーツの分解も簡単で本体ごと丸洗いできるので、他社製品と比較して後片付けも楽です。おろすのも片付けるのも簡単なので、より手軽に大根おろしを毎日の食事に取り入れることができます。

まとめ

刃の硬さや鋭さだけでなくストロークや水切りのしやすさにこだわって大根おろし器を選ぶだけで、大根をおろす作業は今よりずっと手軽なものに変わります。

受け皿の容量や大根おろしの粗さ、収納との兼ね合いなど、最適な大根おろし器はご家庭によって異なります。大量の大根おろしを作る必要があったり、できる限り調理の時間を短縮したいのであれば電動大根おろし器という選択肢もアリでしょう。

自分や家族の好みにマッチする大根おろしが作れる大根おろし器を見つけて、主役級の大根おろしを手軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

人気の記事

関連キーワード