• 288d3d7c6ea50eec27ee5829644f78b5c85f7640
  • 1baea8436aabc18fff9a152dffc9a0117e905d02
  • 86d1821039e71e11c8efec3cce7f02aa07900708
  • Ba3412090795fd32814206d57bd21753885fb47a
  • 9f2fb066f963d35ee8c7d603213ceb30260b983a

ハムのおすすめ人気ランキング10選

朝食やお弁当、サンドイッチなどに活躍する食材「ハム」。家庭の定番食材なので、冷蔵庫に常備している方も多いのではないでしょうか。また、お中元やお歳暮の時期にはギフトとしても人気が高いので、丸大ハム・伊藤ハム・鎌倉ハムなど、人気のメーカーからギフト向けのハムも多数販売されています。

今回は、まず最初にハムの選び方のポイントを解説。その後で、人気のハムを吟味して決定した、おすすめランキングをご紹介したいと思います。記事後半では食べきれなかったハムを冷凍保存する方法なども解説しますので、ちょっと量が多すぎて心配という方もご安心ください。とっておきのハムの中から、自分好みのハムを見つけちゃいましょう!

最終更新日:2017年08月18日 | 9,294views

ハムの選び方のポイント

まずは、ハムの選び方を知ることから始めましょう。これから3つのポイントを紹介しますので、しっかりチェックして、あなた好みのハムを見つけてくださいね♪

用途にあわせてハムの種類を選ぶ

ハムには、大きく分けて3つの種類があります。それぞれ食べ方なども異なりますので、まずは用途にあわせて種類から選んでみましょう。

スーパーでもおなじみ。食卓の定番「ロースハム」

ロースハムは、豚ロースを加工したハムです。丸形で、薄くスライスした状態で販売されているのが特徴です。ハムと言えばこちらを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

スーパーやコンビニなどで手に入りるので、家庭の定番食材としてもおなじみですね。1枚1枚が薄いため口当たりは柔らかく、カットしてサラダに使ったり、そのまま挟んでサンドイッチにしたりと、さまざまなメニューに使われます。

ギフトとしても人気の高い「ボンレスハム」

ボンレスハムは型崩れしないようにタコ糸などで巻かれているのが特徴で、お中元やお歳暮の時期になると、ギフトボックス入りで販売されているのを見かけることもあります。

こちらはやや厚めにスライスして味わうもので、ハムステーキにぴったり。こんがり焼いてメイン料理として味わうのもおすすめです。

イタリアンやお酒のおつまみにぴったりの「生ハム」

生ハムは、ロースハムやボンレスハムとは違って加熱していないハムのこと。使われている部位は主に豚ロースや豚もも肉で、燻煙や加熱処理を行わないため生ハムと呼ばれています。

基本的には、サラダに乗せたりメニューに添えたりと、加熱せずにそのまま味わうのが一般的。オリーブオイルとも相性がいいため、チーズやパスタ、バケットなどにあわせるだけでイタリアンに。お酒のおつまみとして味わうのもおすすめです。

食品添加物の少ないものを選ぶ

ハムにはさまざまな食品添加物が含まれています。最近では添加物を含んでいないハムも登場していますが、スーパーなどで手軽に購入できるものはやはり添加物使用のハムがメイン。添加物と一口に言ってもその種類は多いので、特に気を付けたいものを重点的に確認してみてください。

肉の臭みやボツリヌス菌の発生を防ぐ亜硝酸ナトリウムは、発がん性が疑われているためなるべくなら含まれていない方が安心です。亜硝酸ナトリウムを使用していないハムには「無塩せき」という表示があるので、これを基準に選ぶといいでしょう。

この他、過剰摂取でカルシウムの吸収を妨げる「リン酸塩」、アレルギーの原因にもなってしまう「コチニール色素」などを含まないハムを選びたいですね。ちなみに、着色料を使っていないハムは鮮やかなピンク色をしていません。この点は見た目だけでもチェックできますから、気になる方は見比べてみてください。

お弁当や朝食用など普段使いには小分けされていると便利

ハムは小分けにされて販売されていることが多いですが、使いやすい分量で分けられているものを選ぶことが大切です。

少量ずつしか使わない場合は、3~4枚ごとにパッケージされているものがおすすめ。一度で使い切れる量のため、ハムが空気に触れて酸化するのを防げます。作るメニューや食べる量にあわせて、使い切りやすい量のものを選んだ方が美味しく食べられます。

使い方に迷う場合は紹介ページのレシピも参考に

いろいろな料理に使いやすいのがハムの魅力のひとつでもありますが、普段あまり食べないタイプのハムはどんな料理に使って良いものか迷ってしまいます。選ぶ上でも、調理法がイメージできないハムは買いづらいですよね。そんなときは、商品紹介ページや公式ホームページなどの調理例やレシピを参考にしましょう。

例えばボンレスハムと生ハムでは適した食べ方が違うのは当たり前ですが、そのほかにも商品によってそれぞれ特徴がありますので、まずは商品に合った調理法を確かめてください。

ハムのおすすめ人気ランキング10選

それでは、人気があるハムの中でも特におすすめしたい商品をランキング形式でご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

10位:三代目肉工房 松本秋義 プレスハム

三代目肉工房 松本秋義 プレスハム
1,296円(税込)

昔懐かしいハムを味わいたいのなら、これ!

ハムを分厚くスライスし、そのままソテーやフライにした昔懐かしいメニュー。その味を再現するのにおすすめなのが、この三代目肉工房 松本秋義のプレスハムです。

豚肩肉とロース肉をブレンドして作り上げたハムなので、肉本来の美味しさを味わうことができます。添加物は最低限のものしか加えておらず、食品添加物が気になるという方にもぴったり。お好みの厚さにスライスして、ジューシーなハムステーキとして味わうのもおすすめですよ。

9位:鎌倉ハム 老舗造り

鎌倉ハム 老舗造り
6,480円(税込)

老舗のこだわりを詰め込んだハム。おもてなし料理にもぴったり!

1887年に創業した老舗のハム店・鎌倉ハム。宮内庁にも献納した実績を持つほどで、日本では良く知られているハムのブランドですが、そんな鎌倉ハムの職人が丁寧に作り上げた高級ハムがこちらです。

じっくり7日間熟成させたことで柔らかく上質なハムに仕上がっており、肉のうまみと舌触りを楽しむことができます。家庭で味わうには少々高価ですが、特別なお祝いメニューやおもてなし料理用としてご検討ください。もちろん、ギフトとして贈っても喜んでもらえる商品です。

8位:伊藤ハム 朝のフレッシュ ロースハム

伊藤ハム 朝のフレッシュ ロースハム

4枚ずつの小分けタイプ。使い切りやすいからいつでもフレッシュ

朝食やランチなど、少しだけハムを使いたい時に便利な小分けパックのロースハムです。1人分から家族全員分まで、必要な量にあわせて使い切りやすい4枚パック。使い残しを防げるため、いつでもフレッシュな状態で味わえるところが嬉しいですね。

他の食材とも組み合わせやすいサッパリ風味で、お弁当のおかずやサイドメニューなど幅広く活躍してくれます。

7位:プリマハム ワケあり 業務用ロースハム

プリマハム ワケあり 業務用ロースハム 1.0㎏
1,780円(税込)

たっぷり使いたい方におすすめの大容量パック

プリマハムのロースハムが、たっぷり1㎏のパックになった業務用ハム。頻繁にハムを使うという方や、家族の人数が多い方に最適です。

こちらはワケあり品となっており、スライスの厚さが不ぞろい・一部に破れや割れがある・パッケージが簡易包装、という理由でのお買い得価格。ハムの味や品質には問題ないため、見た目を気にしないのであればかなりお得な商品です。破れたハムが気になる場合は、小さく切ってスープやサラダに使ってしまうのがおすすめです。

6位:トンデンファーム 石狩川ロースハム

トンデンファーム 石狩川ロースハム
3,780円(税込)

こだわりの炭火乾燥でじっくり燻製。味わい深い極上ハム

北海道・江別のトンデンファームで作られたこのハムは、炭火による燻製でハム本来のうまみをアップさせています。燻製する際は職人の手によって火加減が調整されるなど、1つ1つが手間暇をかけて仕上げられている贅沢なハム。そのクオリティは、ドイツの国際ハム・ソーセージ品質協議会にて銀賞を受賞するほどです。

切ってそのまま味わうのはもちろんのこと、具材を巻いたり、サンドイッチに挟んでも。分厚くカットして贅沢なハムステーキ、なんていう楽しみ方もおすすめです。

5位:鎌倉ハム 生ハム切落し 500g

鎌倉ハム 生ハム切落し 500g
1,490円(税込)

絶品生ハムを豪快なボリュームで。お酒のおつまみにも

こちらは鎌倉ハムから販売されている切り落とし生ハム。500gの大容量なので、大勢が集まるホームパーティーでのメニューなどに最適です。家族の人数が多い家庭や、生ハムに目がない、なんていう方にもおすすめですよ。お酒が好きな方なら、毎日のおつまみとして楽しむのもいいかもしれませんね。

薄味のため使いやすく、サンドイッチやサラダなどメニューの幅も広がります。ただし、ボンレスハムやロースハムの500gに比べるとかなりボリューミーなので、小量しか使う予定がないという方はご注意くださいね。

4位:手造りハム工房蔵 ハム・ソーセージセットB

手造りハム工房蔵 ハム・ソーセージセットB
2,950円(税込)

厳選素材の手造りハム。添加物は少なめだから安心

鹿児島県の生豚肉を使用し、手造りにこだわってハムを製造する、手造りハム工房蔵。合成保存料や着色料などは使用していないため、添加物が気になる方にもおすすめできます。

そんな手造りハム工房蔵の自信作である、ロースハム・豚トロハム・チョリソーを詰め合わせたこの商品は、こだわりの味を3種類も楽しめる贅沢な一品。ギフトボックス入りなのでこのまま贈り物にもできちゃいます。ただし、3種類合計で300g分とやや少ない点にはご注意を。ちょっとした贈り物や、自宅用としては大満足のハムセットです。

3位:丸大ハム 煌彩

丸大ハム 煌彩
2,980円(税込)

最高金賞受賞のロースハム入りでギフトにぴったり!

ハムのブランドとしておなじみ、丸大ハムのギフト向けハムセット。こちらにはモンドセレクションを受賞した特撰ロースハムをはじめ、直火焼焼豚・ミートローフ・ハーブローフを詰め合わせてあります。4種合計でおよそ1㎏分と、ボリュームもたっぷり。お歳暮やお中元のギフトにも最適です。

セットの焼豚とローフも、ロースハムと同じくスライスするだけでそのままでも味わえます。焼くことで香ばしさを楽しめるので、肉料理としてメインディッシュにするのもおすすめです。

2位:鎌倉ハム 伝統の味

鎌倉ハム 伝統の味 KD-113
3,240円(税込)

1人でも家族みんなでも、食べきりやすいベストな量!

老舗の鎌倉ハムの味を今に伝える「伝統の味」シリーズ。こちらは、昔と変わぬ製法で仕上げられたロースハムと、そのまま1品メニューとして楽しめる焼豚をセットにした商品です。スープやサラダなどに使いやすいロースハムと一緒に、チャーハンやラーメンの具材として使える焼豚という組み合わせで、メニューが偏らないところも嬉しいポイントです。

ハムの賞味期限は、製造からおよそ40日~50日ほどになっていることが多く、あまり大量になると食べきれないこともありますよね。しかし、このセットは2種類分で550gほど。1人でも十分食べきれる量で、家族みんなで少しずつ味わうこともできますよ。ギフトとしては価格も手頃ですし、贈り物に迷ったらこれを選んでおけば間違いのない商品と言えます。

1位:大山ハム 食の匠工房 5種詰め合わせ

大山ハム 食の匠工房 5種詰め合わせ
3,240円(税込)

5つの味わいが楽しめる!ハム好きにおすすめのギフトセット

大山ハムは、1954年創業の食肉加工企業。ドイツの農業協会が主催する国際ハム・ソーセージ品質協議会において、6度の金賞を受賞しており、銀賞と銅賞もそれぞれ3度受賞するなど、その品質は世界からも認められています。

このハムの詰め合わせは、そんな大山ハムの自信作を5つも詰め込んだ贅沢なギフトです。ハムやソーセージが好きな方には特におすすめで、生ハムとローストハムの他、熟成ベーコンと2種類のソーセージを加えた豪華なセット。ソーセージは、黒コショウとチーズの風味が効いた「チーズリヨナー」と、ソテーしたオニオンとハーブが香る「フライシュケーゼ」となっており、どれも飽きのこない味わいです。

いずれもすべてスライスされていますので、取り出してすぐに調理することが可能。料理としてだけでなく、お酒のお供として味わいたい方にも、ぜひおすすめしたいセットです。

ハムは冷凍保存してもいいの?

賞味期限内に食べきれそうもない場合、ハムを冷凍して保存したいという方も多いのではないでしょうか?ハムは、凍らせることで風味が失われるため、冷凍保存が推奨されていません。しかし、どうしても使い切れなかった場合、できるだけ美味しく保存する方法があるので、ぜひ参考にしてみてください。

冷凍保存できるのはおよそ1ヶ月。ラップでしっかり密閉しよう

ハムを冷凍する場合、美味しさを極力保つためにはラップで密閉することが基本です。ロースハムや生ハムはキレイに広げて、ぴったりとラップで包んでしまいましょう。ボンレスハムの場合はそのままラップをするのではなく、できるだけスライスした状態でラップするのがおすすめです。

ラップで包んだ後は、さらに冷凍庫で使用できる密閉容器に入れて保管すると安心ですよ。ただし、ハムを冷凍保存しておけるのは1ヶ月間です。どんなに長くても1ヶ月以内には、解凍して使い切るようにしましょう。

美味しく食べるためには、解凍方法にも気を付けて

せっかく丁寧に冷凍しても、解凍方法を間違ってしまうとハムの美味しさが失われてしまいます。ハムには水分が多いので、一気に加熱解凍すると水分が抜けてパサパサに。水気と一緒に旨味も飛んでしまいます。

これを防ぐためには、自然解凍させることが大切。どうしても時間を短縮したい場合は、電子レンジではなく解凍プレートを使うなどして、急に水分を飛ばさないように気をつけましょう。

お弁当のおかずやお酒のおつまみにはこちらもおすすめ

今回はおすすめのハムをご紹介しましたが、ハムと近い使い方のできるソーセージやサラミもチェックしてみてはいかがでしょう。ソーセージならお弁当のおかずとしてもお手軽ですし、サラミならそのままでもワインなどによく合います。下記記事ではそれぞれの選び方やおすすめ商品を紹介していますので、ぜひあわせてご覧ください。

ハムの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ハムのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご覧ください。

まとめ

普段使いにおすすめのコスパ優秀なものから、贈り物としても使える上質品まで紹介してきましたが、いかがでしたか?今回ご紹介したハムは、どれも自信をもっておすすめできるものばかりです。

少々高価なハムも登場しましたが、記念日や特別な日のメニューに味わう、というのもいいのではないでしょうか。ランキングや選び方を参考にして、とっておきのハムを選んでみてくださいね!

人気の記事