• 416499d71539ecc3bfcc958fe897c8c9e7e6f6f3
  • 94a49995f1bb1d6d52525613d0b356d9b35d76fa
  • 17d6f1125344a98674ad8b758cd2007e9b174214
  • 1d2a2db34ba567ee50ac630dff8372c885b04b87
  • 2bd58abee34c0b0c16343e74b37d30b6e6f9269f

白だしのおすすめ人気ランキング15選【うどん・卵焼き・茶碗蒸しに!】

白だしはお料理に入れるだけで簡単にだしの旨味を加えられる便利な調味料。めんつゆなどに比べて淡い色をしているので、「白つゆ」とも呼ばれています。味のバラつきも少なく簡単に料理のクオリティもUP!料理の時間も短縮してくれる、まさに万能調味料です。最近では家庭用白だしの人気が高まり、各醤油メーカーなどからいろいろな商品が発売されています。

そこで今回は、多種多様にある白だし中からお気に入りの味わいを見つけられるよう、白だしの選び方のポイントとともにAmazonなどの通販でも購入できるおすすめ商品をご紹介していきます。定番のうどんやおでん、お吸い物だけではなく、炊き込みご飯や肉じゃがなどの煮物にも大活躍。色々な料理の隠し味として、誰でも簡単に昔ながらの深い味わいを実現できますよ!早速、白だしを活用してお料理の幅をグッと広げてみてくださいね。

最終更新日:2017年10月12日 | 4,116views

白だしの選び方

白だしは、定番の和食料理だけに使うものと思われがちですが、実は、チャーハンやパスタなど洋食や中華のアクセントにもなる優れものです。白だしを活用してお料理上手になるためにも、選び方のポイントを押さえて、お気に入りの白だしを見つけてみてくださいね。

だしの種類で選ぼう

白だしの主原料はだしと醤油。白だしを選ぶ際は、まず何でだしをとっているかに注目してみましょう。日本人にとってポピュラーな昆布やカツオ、しいたけのだしを使った商品が主流ですが、地鶏やあご(トビウオ)・ふぐ・牡蠣など、各地方でそれぞれ馴染みのある素材をだしに使っている商品も多数。

スーパーなどではなかなか見かける機会も少ないかもしれませんが、興味のある方はインターネットで簡単に探せます。後ほど、変わり種のだしを使った商品も紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

淡口醤油 or 白醤油?醤油の種類で選ぼう

だしの次は、どんな醤油を使っているかに注目してみましょう。醤油といえば一般的には濃口醤油ですが、主に白だしに使われているのは淡口醤油や白醤油といった、透き通った薄い醤油になります。

しっかりとした塩気が特徴の「淡口醤油」

淡口醤油は関西でよく使われている淡い色の醤油です。京都や大阪の家庭では濃口醤油と淡口醤油の2本を常備して、料理によって使い分けているケースが多いですよね。濃口醤油より熟成期間が短いので見た目は薄いですが、実は塩分は濃口より高く少量でしっかり塩気が効きます。

薄い琥珀色が特徴の「白醤油」

白醤油とは醤油の中で最も色の淡い醤油で、薄い琥珀色が特徴です。熟成期間は短く、旨味も控えめ。素材に色がつかないので彩り良く料理を仕上げたい時に重宝されます。

濃口醤油など多くの醤油の主原料は大豆と小麦を半分づつ使用しますが、白醤油は小麦9割・大豆1割程度の比率が多いようです。白醤油の専業メーカーは少ないですが、最近では白だしのブームに伴って白醤油の認知度も上がってきています。

液体 or 粉末?使いやすさで選ぼう

白だしはほとんどの商品が瓶やボトルに入った液体タイプが主流です。しかし、まだ商品数は少ないものの粉末タイプもいくつか販売されています。どちらも時間をかけずに必要な分だけだし汁を作れたり、味を調節したりできるので便利ですが、液体タイプは直接料理にかけて食べることもできるので、使い勝手の良さとしては液体タイプの方がやや上といえるでしょう。

逆に、粉末タイプは、使う量だけ取り分けて使えるので長く保存しやすいことがメリットになります。いずれにしても、自分の料理のやり方、使い方に合わせて使いやすいタイプを選びましょう。

成分表示もチェック!

白だしの原料表示を見ると多くの商品に、調味料や甘味料として添加物が使用されています。中でも多いのが「アミノ酸液」と「調味料(アミノ酸)」です。「アミノ酸液」はグルタミン酸などの旨味成分の元であるアミノ酸を多く含んでいる液体調味料。「調味料(アミノ酸)」は糖蜜やでんぷんから作られているグルタミン酸ナトリウムという食品添加物を主に指します。

添加物というと敬遠しがちですが、白だしの場合は、決して添加物が入っているから味や風味が悪いということではなく、自分の口に合うかどうかが大事。九州地域、北陸や東北などの地域では、醤油にもアミノ酸液が一般的に使われており、アミノ酸液を使っている方が美味しいと感じる人も多いようです。

ただし、どうしても添加物が気になるという方は、無添加の白だしを選ぶようにしてくださいね。

健康を考えるなら減塩タイプがおすすめ

醤油より色が淡いので、ついつい入れすぎてしまいがちな「白だし」。原料の淡口醤油や白醤油は塩分が高い場合が多く、塩分の取り過ぎになる可能性もあります。そのため、塩分を気にしている方は、やはり減塩タイプのものを選ぶようにしましょう。

塩分だけでなく調味料で味付けもしっかりされているので、料理の際は味が濃くならないよう少量ずつ味見しながら使ってくださいね。

白だしのおすすめ人気ランキング15選

それでは、いよいよ白だしのおすすめ商品を発表します! 白だし発祥のメーカーの商品をはじめ、いろいろなだしや醤油を使った日本各地のものが登場しますのでお楽しみに!

15位:ヒガシマル醤油 京風割烹 白だし

ヒガシマル醤油 京風割烹 白だし 400ml×3本
945円(税込)

・内容量:400ml
・原材料:しょうゆ(本醸造)・、食塩・砂糖・たん白加水分解物・ふし(かつおぶし・さばぶし・うるめぶし・むろあじぶし・宗田かつおぶし・かつお削りぶし)・かつおぶしエキス・醸造酢・さばエキス・みりん・魚醤(魚介類)・酵母エキス・こんぶエキス・こんぶ・調味料(アミノ酸等)・アルコール・(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
・製造元:ヒガシマル醤油株式会社(兵庫県)

2種類の淡口醤油をブレンド

天正年間から400年以上、醤油を造り続けるヒガシマル醤油の2種類の淡口醤油を合わせた白だし。国内産のカツオ節・昆布に、うるめ節、サバ節、宗田カツオ節、むろあじ節といった、こだわりの節をだしに使用。それらのだしの持ち味を生かす醤油のおだやかな旨味を楽しんでください。

14位:ミエマン 的矢かきの白だし

ミエマン 的矢かきの白だし 360ml
540円(税込)

・内容量:360ml
・原材料:しょうゆ(本醸造)、食塩、砂糖、米発酵調味料、そうだかつおぶし、かきエキス、かつおぶし、むろぶし、さばぶし、かつおぶしエキス、こんぶエキス、しいたけエキス、たん白加水分解物、アルコール、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(原材料の一部に小麦、大豆、さば、豚肉、ゼラチンを含む)
・製造元:ミヱマン醤油

的矢かきの旨味が効いている!

出典:mieman.co.jp

貞亨元年の創業から天然醸造にこだわって伝統の味を守り続けている三重県のミヱマン醤油の商品です。伊勢志摩の佐藤養殖場の高品質で安全な「清浄浄化 的矢かき」の長期熟成させたエキスが入った白だし。自社工場でサバ節・カツオ節・むろ節・宗田鰹節を厚削りしてとった天然だしも加えています。牡蠣の旨みに、さまざまな節からとった「だし」のコクと旨みがたっぷりです。

13位:にんべん 白だし

にんべん 白だし1000mL
906円(税込)

・内容量:1L
・原材料:混合だし(かつおぶし・さばぶし・そうだがつおぶし)・食塩・砂糖・大豆たん白加水分解物・こんぶだし・しょうゆ・醸造酢・調味料(アミノ酸等)・(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
・製造元:株式会社にんべん(東京都)

カツオ節屋さんが作った風味豊かな味わい

元禄12年の創業以来、カツオ節問屋として発展したきた「にんべん」の白だし。国内産のカツオ節・さば節・そうだがつお節の混合だしと北海道産の昆布だしを合わせています。無着色なので自然な色合いと上品な風味を堪能できます。麺類にそのままかけたり、浅漬けの素としても美味しいですよ。

12位:唐船峡 無添加唐船峡白だし

唐船峡 無添加唐船峡白だし 500ml
486円(税込)

・内容量:500ml
・原材料:薄口醤油(大豆、小麦)、素だし(鰹節、昆布、さば節、煮干し)、発酵調味料、天然塩、酵母エキス、砂糖、魚介エキス、椎茸、酒精
・製造元:株式会社唐船峡食品(鹿児島県)

天然素材の味が生きる無添加の白だし

カツオ節の名産地・鹿児島県枕崎のほど近くにある、めんつゆメーカーの無添加の白だし。枕崎産のかつお節がたっぷりで、宮古島の塩など天然素材をふんだんに使っています。お湯で薄めるだけで、天然の味わいが生きる体に優しいスープの出来上がりますよ。

11位:鎌田醤油 十倍白だし

鎌田醤油 十倍白だし
3,080円(税込)

・内容量:200ml×7個
・原材料:糖類(水あめ、砂糖)、みりん、食塩、しょうゆ(本醸造)、かつお節エキス、還元水あめ、かつお節、アミノ酸液、醸造酢、うるめいわし節、さば節、乾しいたけ、かつおエキス、こんぶ、酵母エキス、アルコール、調味料(アミノ酸等)
・製造元:株式会社鎌田商事(香川県)

うどん文化が根付く香川の老舗醤油メーカー

創業220年以上の香川県の醤油メーカーから販売されている10倍希釈タイプの白だし。かつお節・うるめいわし節・さば節・しいたけ・昆布といった天然材料の一番だしに、追いガツオでさらに風味を高め、淡口醤油で仕立てています。キリッと上品な味わいが特徴です。贈り物としても人気があります。

10位:東北醤油 万能白つゆ かくし味

東北醤油 万能白つゆ かくし味 500ml
450円(税込)

・内容量:500ml(濃縮5倍)
・原材料:しょうゆ(本醸造)(小麦を含む)・風味原料(かつおぶしエキス・かつおぶし)砂糖・食塩・米発酵調味料・たん白加水分解物・酵母エキス・ソルビトール・調味料(アミノ酸等)・酸味料・ビタミンB1
・製造元:東北醤油株式会社(秋田県)

東北地方の家庭では定番の味

色を薄く仕上げた本醸造の醤油に、カツオだしを合わせた薄い琥珀色の白だしです。煮物・お吸い物・めんつゆとしては薄めて、浅漬け・混ぜご飯・みそ汁などには薄めずそのまま使います。メーカーがある秋田県を中心に東北各地で人気で、東北の家庭のまさに「かくし味」の定番のの商品です。

9位:シマヤ ふぐの白だし

シマヤ ふぐの白だし 360ml
1,080円(税込)

・容量:360ml
・原材料:白醤油、ふぐエキス(シロサバフグ、クロサバフグ)、還元水あめ、食塩、昆布エキス、酒精、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)(原材料の一部に小麦、大豆を含む)
・製造元:株式会社シマヤ(山口県)

山口のふぐのエキスがたっぷり

山口のふぐのエキスから作られた「ふぐだし」に白醤油をブレンドした白だしです。トラフグよりも味が良いとされているシロサバフグ・クロサバフグを原料とし、本物のふぐのだしをたっぷり詰め込みました。ふぐの優しい旨みとの相性を考え、白醤油のみ使用。淡泊で上品な味わいを楽しめますよ。淡口醤油は使っていないので液の色は真っ白で、料理の色合いも上品に仕上がります。

8位:光浦醸造 まほうだし

光浦醸造 まほうだし(白だし) 360ml
429円(税込)

・内容量:360ml
・原材料:醤油(大豆(遺伝子組み換えでない)小麦を含む)、風味原料(かつおぶし、こんぶ)、ぶどう糖、食塩、みりん、調味料(アミノ酸等)、酒精
・製造元:光浦醸造工業株式会社

カツオと昆布の上品な味わい

慶応元年の創業以来150年以上、味噌や醤油などの伝統的な調味料づくりを続けている、山口県の小さな醸造所「光浦醸造」の、カツオと昆布の香りが豊かな白だし。原料や製法に受け継がれてきたこだわりがあるのはもちろん、光浦醸造の商品はパッケージやラベルのデザイン、ネーミングのセンスが洗練されているのも注目ポイントです。卵焼きや茶碗蒸しに入れると絶品ですよ。

7位:つぼ市製茶本舗 化学調味料無添加 粉末白だし

つぼ市製茶本舗 化学調味料無添加 粉末白だし S011150T
486円(税込)

・内容量:55g
・原材料:-
・製造元:株式会社つぼ市製茶本舗(大阪府)

数少ない粉末タイプの無添加白だし

嘉永3年に大阪・堺に創立したお茶の老舗メーカーが作った白だしです。職人のこだわりによって無添加で仕上げられました。白だしとしては珍しい粉末タイプで、使いたい量だけ取り出せて湿気にくい容器を採用しているので使い勝手は抜群。大阪ならではの透き通った淡い色のつゆを家庭で簡単に作れますよ。

6位:チョーコー 京風仕立て白だし

チョーコー 京風仕立て白だし 400ml 瓶
451円(税込)

・内容量:400ml
・原材料:しょうゆ(本醸造)(大豆(遺伝子組換えでない)・小麦を含む)・清酒・食塩・みりん・砂糖・かつおぶし・酵母エキス・醸造酢・魚貝エキス・昆布
・製造元:チョーコー醤油株式会社(長崎県)

すっきり上品な甘さ抑えめの味わい

出典:choko.co.jp

1941年に長崎県下の醸造元29軒が集まって創業し、その後業界で初めて無添加の醤油を開発したチョーコー醤油株式会社。以来、安心安全な味噌や醤油を作り続ける同社がつくる天然素材を生かした白だしです。本醸造の丸大豆うすくち醤油をベースに、昆布とカツオの風味が豊かなひと品。京風のすっきり上品な甘さ抑えめの味わいで、味の伸びが良いのが特徴です。

5位:創味 創味の白だし 白醤油仕立て

創味 創味の白だし 白醤油仕立て 500ml
480円(税込)

・内容量:500ml
・原材料:しょうゆ(本醸造)・糖類(水あめ・砂糖)・食塩・たん白加水分解物・かつお削りぶし・にぼし・かつおぶしだし・かつおエキス・にぼしエキス・昆布エキス・しいたけエキス・調味料(アミノ酸等)・(原材料の一部に小麦を含む)
・製造元:株式会社 創味食品(京都府)

白醤油仕立ての白だし

創業以来60年以上にわたって、業務用のスープや調味料を製造販売し続け、プロを納得させる味づくりを続けているメーカー・創味食品。25年前からは家庭でプロの味を手軽に再現できる家庭用の「創味つゆ」も発売され、長年安定的な人気を誇っています。

そんな創味がつくる白だしは、吟味したカツオ節と煮干からった一番だしに本醸造の白醤油を加え、香り豊かに仕上げられています。あらゆる和風料理にマッチする甘さ控えめの味わいです。

4位:フンドーキン 鶏白だし

フンドーキン 鶏白だし 500ml
388円(税込)

・内容量:500ml
・原材料名:しょうゆ・食塩・砂糖・たん白加水分解物・チキンエキス・清酒・かつおエキス・こんぶエキス・調味料(アミノ酸等)・アルコール
・製造元:フンドーキン醬油株式会社(大分県)

ブランド鶏の濃厚な旨味を凝縮

鹿児島県産「南国元気鶏」をだしに使用した白だし。昆布やカツオだしが多い白だしの中でも珍しい商品です。鶏の旨味だしが効いているので炊き込みご飯の隠し味に使うのがおすすめ。その他、和食だけでなく、パスタ、鍋料理など洋食や中華丼などの料理の味付けもこれ一本で決まりますよ。

3位:マエカワテイスト だし屋が造った無添加白だし しあわせ

マエカワテイスト だし屋が造った無添加白だし しあわせ ods-110304
993円(税込)

・内容量:300ml
・原材料:風味原料(イワシ節・トビウオ煮干・昆布・椎茸)・食塩・砂糖
・製造元:マエカワテイスト(兵庫県)

4種類の原料の旨みを凝縮した無添加白だし

昭和26年削り節専門店として開業して以来、だしを一筋に作り続けてきた­マエカワテイスト株式会社。添加物など不使用の液体だしの開発を行ってる会社の白だしです。

イワシ節・トビウオ煮干・昆布・椎茸の4種類の原料を熱水抽出し煮詰めて旨みを濃縮させて、天然素材だけで余計なものは一切加えず作られています。和食はもちろん、パスタや洋風スープなど幅広い料理におすすめです。

2位:七福醸造 元祖料亭白だし 無添加

七福醸造 元祖料亭白だし 無添加 360ml
798円(税込)

・容量:360ml
・原材料名:有機白しょうゆ(本醸造)・風味原料(かつお節・あじ節・まぐろ節・椎茸・かつお節エキス・昆布エキス)・糖類(水飴、砂糖)・たん白加水分解物・食塩・焼酎・本みりん・酵母エキス・(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
・製造元:七福醸造(愛知県)

「白だし」を初めて商品化したメーカー

白醤油にだし汁を入れた調味料に白だしという名をつけて初めて発売した白醤油メーカー「七福醸造」の元祖白だし。かつおかれぶし削り・あじぶし削り・まぐろぶし削り・乾しいたけなどに有機白醤油を絶妙なバランスで配合した無添加白だしです。薄めるだけでお吸い物やだし巻き卵がプロ級の味に仕上がりますよ。

1位:ヤマシン しらつゆ

ヤマシン しらつゆ 013
736円(税込)

・容量:900ml
・原材料:白醤油・食塩・たんぱく加水分解物・煮干イワシ・サバ節・かつおぶし・砂糖・かつおぶしエキス・こんぶエキス・アルコール・調味料(アミノ酸等)・ビタミンB1(一部に小麦・大豆・豚肉・さばを含む)
・製造元:ヤマシン(愛知県)

白だしが世に出る前から発売されていた商品

「白だし」という名前の商品が世に出る前から、発売されていたのが「しらつゆ」。白醤油をはじめて商品化したヤマシン醸造の商品です。しらつゆも白醤油にだし汁を入れた調味料なので中身は白だしと同じです。

ヤマシン醸造は、白醤油を造り続けて200年。現在も昔と変わらない味を守り続ける会社で、昭和37年からは宮内庁御用達としても知られています。確かな製法と味を誇る、ほのかに甘い白醤油をベースにカツオ節・サバ節・昆布・しいたけのだしをふんだんに使った一押しの商品です。

その他のだしも活用してお料理上手に!

料理に味を左右する"だし"は、白だしの他にもかつおだし、中華だし、昆布だしなどたくさん。それぞれのだしの味わいを使い分けると、より手軽においしい料理が完成します。ぜひ、以下の記事でご紹介している"だし"もチェックして、毎日の料理に活用してみてくださいね。

まとめ

素材の色を生かしながら、いとも簡単にだしの旨味を加えられる「白だし」。いつものお料理の幅も広がり、味がマンネリ化したりバラついたりすることもなくなるので、ぜひご家庭でもお気に入りの商品を見つけて活用してみてくださいね。

関連記事

人気の記事