• 1c16112cfdbc10d26bbfe44ecc739964c29b4dbb
  • 5091a0dbd80fd8c0e969113312b4bc37c70cd1cd
  • 387e072eea067f0e0afbdfc0798c52eab5649306
  • 4de87cc2f65c43f7a8cf12438b7cce5731a05a71
  • 26e99be63261fb08f1935f620502628409516537

【口コミで話題】電子タバコのおすすめ人気ランキング6選

世界的に禁煙や分煙が進む中、日本でも注目を集めている電子タバコ。禁煙グッズとして人気があり、JT・ego・kamryなどいろいろなメーカーから販売されています。また電子タバコにも多くの種類があり、マルボロなどの葉を蒸すもの・ニコチンなしでリキッドを加熱し水蒸気を楽しむもの・コンビニでも買えるものまでさまざま。気になってはいたけれど、なかなか手が出しづらいとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、通販で購入できる人気の電子タバコを比較して、おすすめなものをランキング形式で6つご紹介していきます。もちろん今話題の、iQOS・ploomTECH・gloまですべて登場。選び方のポイントも紹介するので、自分に合った電子タバコを手に入れてくださいね!

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
最終更新日:2017年11月13日 | 746,747views

電子タバコの種類

電子タバコは大きく2種類に分けることができます。1つはタバコの葉を蒸して蒸気を発生させる「タバコ葉加熱タイプ」、もう1つは香りや味のついた液体を水蒸気として吸い込む「リキッドタイプ」です。それぞれの特徴をみていきましょう。

タバコ感の強い「タバコ葉加熱タイプ」

このタイプは、タバコ葉の入ったカートリッジを加熱して煙を吸い込むタイプです。火を使用せず”蒸す”ため、燃やした煙や灰が発生することがありません。

ニコチンは薬物指定を受けているため販売するのに免許が必要になり、タバコ葉(タバコ葉入りのカプセルも同様)を加熱するタイプは「JT」「フィリップモリス」「ブリティッシュ・アメリカン・タバコ」以外の製品はほぼなく、バリエーションは非常に少なめ。しかしタバコを吸った感覚に最も近いため、ニコチンの強いタバコを吸っている方でも移行しやすくなっています。

香りやフレーバーを楽しむ「リキッドタイプ」

香りや味のついた液体を加熱して蒸気を発生させ、その蒸気を吸って楽しむのがこのタイプ。リキッドタイプは「使い捨て式」と「カートリッジ式」「リキッド補充式」に分かれます。

日本ではニコチンを含むリキッドの販売が薬事法で禁止されているので製造も販売もされていませんが、海外の製品の中にはニコチンを含むリキッドもあります。購入する場合は海外から個人輸入で取り寄せる形になるため、品質には十分注意する必要があります。

【タバコ葉加熱タイプ】電子タバコの選び方のポイント

タバコ葉加熱タイプの電子タバコを選ぶ時にはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 禁煙を目標に移行しようと考えている方は、以下の選び方をぜひ参考にしてください。

タバコ葉の加熱方式から選ぶ

タバコ葉を加熱するタイプの電子タバコには、主に3つのタイプがあります。「内側から加熱するもの」「外側から加熱するもの」「タバコ葉入りのカプセルを加熱するもの」の3種類。まずはそれぞれがどう違うのかを確認しておきましょう。

内側から加熱するタイプは「タバコ感」強め

タバコ葉の中心に加熱器具を差し込み、内側から加熱するタイプは、本来のたばこに最も近くなっています。吸い込んだ時や吐き出す時の煙量もタバコそのものとほぼ変わらず、満足感も高め。日本ではフィリップモリスの「iQOS(アイコス)」がこれに当たります。

メリットはきちんと「吸った感」が得られることですが、デメリットは吸い終わった後にこまめな掃除が必要なこと。手入れを怠るとタバコ葉が詰まりやすくなるので気をつけたいですね。

外側から加熱するタイプは軽い口当たり

タバコ葉を外側から加熱するタイプは、煙の量が少し控えめ。バッテリーを内蔵した本体にタバコ葉カートリッジを差し込むことで加熱される仕組みです。このタイプでは、ブリティッシュ・アメリカン・タバコから発売されている「glo(グロー)」が良く知られており、これまでは宮城県仙台市に住所を持つ人しか購入できませんでした。

しかし最近では徐々にエリアを拡大し、ついに首都圏でも購入できるように。オンラインストアではまだ限定販売となっていますが、首都圏に足を運べる方はぜひ検討してみてはいかがでしょう。

メリットは、バッテリーを気にせずタバコが吸えること。しかしやはり、ニコチンが強めのタバコを愛用していた方には少し物足りないかもしれません。

カプセル加熱タイプなら「タバコ感」なし

3種類の加熱方式の中で、最もお手入れの必要のないのが「タバコ葉カプセル加熱タイプ」。スティック状のスリムな本体にタバコ葉の詰まったカプセルを装着するだけで吸うことができます。

JTより発売されている「Ploom TECH(プルーム・テック)」がこれに該当し、煙も臭いも少ないことが大きな特徴。タバコを吸わない人に不快感を与えることもほとんどありません。

メリットはタバコ独特の煙たさや臭いが全くないところですが、3種類の中では最もタバコ感がないのが惜しいポイント。1ミリほどの軽いタバコから移行する方に向いています。

【リキッドタイプ】電子タバコの選び方

電子タバコの中でも一般的で、種類も多いのがリキッドタイプ。リキッドタイプはどんなところに着目して選ぶべきなのでしょうか。注意点も解説していきますので、ここで選び方をマスターしましょう。

リキッドタイプの3つの種類から選ぶ

リキッドタイプは「使い捨て式」「カートリッジ式」「リキッド補充式」に分かれます。それぞれの特徴をしり、自分にピッタリのものを見つけてみてくださいね。

気軽に試せる「使い捨て式」

文字通り、吸い終わったら都度使い捨てにするタイプです。カートリッジを交換するタイプの電子タバコは便利ですが、購入したものの自分に合わなかったらもったいないですよね。そのため電子タバコの”お試し”的な形で使用するのに向いているタイプです。

気軽に試せるのは大きな魅力ですが、香りやデザインなどの種類が少ないため、電子タバコの良さが判断できるかは難しいという欠点もあります。

手軽で使いやすい「カートリッジ式」

このタイプはコンビニなどでも購入することができる電子タバコで、カートリッジを交換するだけで使えるお手軽感が特徴です。充電式のスリムボディに装着するだけで、すぐに吸い始められるところがいいですよね。

ただし使い捨て式と同じで、香りやデザインの種類が少なめ。バリエーション豊富ではないので、普段使う電子タバコのリキッドが無くなった時の代用品と考えておいた方がよいでしょう。

好みのフレーバーを注入する「リキッド補充式」

電子タバコで最も種類が多く、一般的にイメージされるのがこのリキッド補充式。デザインやリキッドの種類が非常に多く、自分に合う電子タバコを見つけやすいというメリットがあります。

形状としては「ペンシル型」と「ボックス型」の2種類に分けられます。ペンシル型は鉛筆のようにまっすぐな形をしているものを指し、ボックス型はバッテリー部分が箱型になっているものをいいます。

両者に性能的な違いはありませんが、ボックス型の方がバッテリー容量が少し大きめ。そのためどちらを選ぶかで悩んだ場合は、デザインで選んでも問題ないでしょう。

バッテリー(MOD/モッド)を確認しよう

MOD(モッド)とは、電子タバコのバッテリーのことです。通電するだけの「メカニカルMOD」と、電圧や電力などを調整してくれる「テクニカルMOD」があり、安全装置や制御盤が付いていないため自分で調節しなければならない「メカニカルMOD」は中~上級者向けです。

一方で安全装置や制御盤などを搭載し、蒸気の量なども調整することが簡単な「テクニカルMOD」は初心者向けと言えます。また、バッテリーの容量はmAh(ミリアンペア)で表記されていますが、スタンバイ中にも電池は消費されてしまうので注意が必要です。

安全性の高いものを選ぼう

電子タバコは水蒸気を吸うため、タバコの有害物質とされているタールを含んでいません。副流煙の心配もないため周りにも迷惑をかけにくい商品です。しかし、海外製のリキッドには、タールだけでなくニコチンを含んでいるものが存在します。ニコチンを確実に避けたければ日本製のリキッドを選ぶようにしましょう。

また、海外製のリキッドでさらに気を付けたいのは、あまりにも安価なものを使用すると、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒドが含まれている危険があることです。日本と違って安全基準の設定が緩いこともあるため粗悪なものも多く、健康被害の原因になりかねないので注意してください。

好みのリキッドをチェック

リキッドは様々な香りの種類が発売されています。自分好みのリキッドを見つけるのも、電子タバコを楽しむために必要なことですよね。

たとえば、ストロベリーやオレンジ、レモンなどのフルーツ系のリキッドは、爽やかな香りで女性に人気があります。他にもチョコレートやキャラメルなどスイーツ系の甘い香りや、メンソール系ですっきりとするリキッド、コーラなどドリンク味のものもあります。自分好みのリキッドを使用することでリラックス効果も得られるため、色々な香りを試してみてくださいね。

プロの愛用するおすすめの電子タバコ

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめの電子タバコをご紹介します。プロのおすすめポイントも参考に、好みに合った1本を見つけてくださいね。

【PR】「エレコム」から電子タバコケースが登場!話題の3つのメーカー専用仕様だから、とっても使いやすい!

電子タバコを買おうかと思っているけど、本体が高いから失くしたり壊したりするのが心配…とお考えの方には電子タバコケースがおすすめ!しかも、今回日本のメーカー「エレコム」から、話題のIQOS・Ploom TECH・gloそれぞれ専用仕様の電子タバコケースが登場したんです!

衝撃や外圧からしっかり守ってくれるものから、ソフトレザーを使用したスタイリッシュなもの、リップやカード・小銭まで一緒に収納できるものまで、目的に合わせて選べるのが嬉しい♪専用仕様のためサイズ感もぴったりなので、安心して使うことができます。

ケース以外にも、とっても便利なアクセサリも発売されているので、是非そちらもチェックしてみてくださいね。

ユーザー目線にこだわる「エレコム」ならではの高品質×リーズナブルな価格でコスパ◎!

最近電子タバコの普及と共に、ケースや専用ホルダー等の電子タバコ専用アクセサリが増えてきましたね。色々なものがあってどれを選べばいいか分からない…、買ってみたけどいまいちしっくりこない…。とお悩みの方も多いと思います。

今回ご紹介している商品は、今までユーザー目線にこだわってきた「エレコム」だからこそ成し得た安心の高品質と、どれも2,000円前後で購入できるリーズナブルな価格でコスパ◎♪ぜひこの機会に詳細を確認してみてくださいね。

女性にもおすすめなビタミン水蒸気スティック

出典:amzn.asia

愛用品のおすすめポイント
B5d7075e41bb6bd61037e443b792fd151ff4deb7
パーソナルトレーナー
佐久間 健一

ビタミン水蒸気スティックです。

最近若い子の間で流行りつつあるアイテムです。ニコチンもタールもゼロなので体に無害ですし、逆にビタミンA・B・C・D・EとコエンザイムQ10が摂れるのでダイエット中で乱れがちな肌もビタミン補給ができます。

【タバコ葉加熱タイプ】電子タバコのおすすめ人気ランキング3選

ここからは、タバコ葉加熱タイプの電子タバコを3つご紹介します。タバコの葉を熱していますから、リキッドタイプの電子タバコと違いニコチンが含まれているので注意が必要です。続けてリキッドタイプのおすすめもご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

3位:ブリティッシュ・アメリカン・タバコ グロー スターターキット

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ glo スターターキット
10,980円(税込)

・種類:タバコ葉加熱タイプ
・容量:1回の充電で30本吸うことができる。
・カラー展開:シルバー
・付属品:gloタバコヒーター・専用ACアダプター・専用USBケーブル・専用クリーナーブラシ

充電切れに強いタフな電子タバコ

本体にタバコ葉カートリッジを差し込むと外側から加熱し、そのまま吸える事で人気の「グロー」。発売当初は宮城県仙台市まで足を運んで購入していた人もおり、全国的に話題となった商品です。

吐き出す煙の量が少なく、嫌なニオイもないことから、愛煙家たちが禁煙のために切り替えていることも。ニコチンをしっかり含んで満足感も高いながら、周りに不快感を与えないのは大きな魅力と言えるでしょう。

ただ本体にカートリッジを刺したままで吸うことになり、パックジュースを飲んでいるように見えてしまうのがネック。コンパクトでスタイリッシュとはいかないので、この点を気にしない方には最適な電子タバコです。

「glo(グロー)」の評判・口コミ

2位:JT プルームテック

JT Ploom Tech スターターキット
19,980円(税込)

・種類:タバコ葉加熱タイプ
・容量:1回の充電で5カプセル(1カプセルあたり50回)吸うことができる。
・カラー展開:ブラック
・付属品:Ploom TECHバッテリー・USBチャージャー・ACアダプター・キャリーケース

イヤな臭いのない電子タバコとして人気

プルームテックの特徴は、とにかく扱いやすいということ。これは製造しているのがJTであり、日本企業ならではの利便性を重視した設計のおかげと言えます。面倒なことが嫌い! という人にも手間を感じさせない手軽さで、カートリッジを取り付けるだけで簡単に使うことができます。

また、プルームテックは吸うときに電源が入るように設定されているため、いつでも吸ったり止めたりすることができます。普通のタバコは一旦火をつけるとどんどん燃焼していってしまいますが、プルームテックはそういった心配がいりません。

惜しい点はLEDランプの点滅がわかりにくく、カートリッジの交換時期を見逃してしまいがちなことです。この辺りは味の薄まった感覚で感じ取るしかありませんが、それを差し引いても余りある満足度です!

「JT Ploom TECH(プルームテック)」の評判・口コミ

1位:フィリップ・モリス アイコス

フィリップ・モリス iQOS
10,700円(税込)

・種類:タバコ葉加熱タイプ
・容量:1回の充電で6分間、もしくは14回吸い込むことが可能(本体は満充電で20回分チャージ)
・カラー展開:ホワイト・ブラック・ブルー
・付属品:ポケットチャージャー・ホルダー・USB充電器

本格的な禁煙を目指す方に嬉しい本格的な吸い心地

アイコスは、ヒートスティックというタバコの形状をしたカートリッジを使用します。燃やすのではなく中で蒸すため、煙たく感じることがありません。

葉は通常のフィリップ・モリス社のタバコよりもグレードの高いものを使用しており、通常のタバコと比べると匂いや有害物質が非常に少ないのが特徴です。ニコチンはしっかり含まれていますが、タールが含まれていないので体への悪影響が少ないのも嬉しいですよね。

また、大きな魅力はタバコそのものと比較しても遜色のない「タバコ感」。しっかりと煙を吸い込んだ感覚が得られ、吐き出す煙も適度な量なので満足度も高めです。本格的に禁煙を目指したいかたにはぜひおすすめしたい電子タバコです。

「フィリップ・モリス iQOS(アイコス)」の評判・口コミ

【リキッドタイプ】人気のおすすめ電子タバコ3選

ここからはリキッドタイプのおすすめ電子タバコランキング3選をご紹介します。安全性やデザインなどを考慮し、さまざまなリキッドを楽しむことができるタイプを選んでいますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

3位:カムリ X8J

・種類:リキッド補充式
・MODの種類と容量:テクニカルMOD/1500mAh
・カラー展開:ブラック・ブルー・ゴールド・グリーン・パープル・シルバー
・付属品:X8J バッテリー×1・V2 アトマイザー×1・USB バッテリーチャージャー・専用キャリングケース・取扱説明書

スタイリッシュなデザインが女性にも人気

Kamry(カムリ)の電子タバコは、電子タバコに興味がある人がまず試してみるのにおすすめの機種と言われています。

シンプルなため上級者には少し物足りない性能なのですが、電圧調整など最低限の機能は備えているので初心者には充分の性能。前モデルでは電源オンオフの使い勝手の悪さが指摘されていましたが、この新モデルになってからその部分は改善され、使いやすくなっています。

また、スタイリッシュなデザインも人気の秘密!カラー展開も豊富で、スリムな形状は女性にもぴったりですね。リーズブルな価格で試しやすく、電子タバコ入門にはちょうどいい商品と言えます。

「Kamry(カムリ)X8J」の評判・口コミ

デザインがよく煙も多量に出る。リキッドも好みのものを多数から選べる。
タバコを買うより経済性もよく、健康面の影響もほとんど無いと思う。

出典:Amazonレビュー

2位:アスパイア スターターキットBVC

Aspire スターターキットBVC
3,950円(税込)

・種類:リキッド補充型
・MODの種類と容量:テクニカルMOD/650mAh
・カラー展開:シルバー
・付属品:Aspire Maxi デュアルカトマイザー(1.8Ω)×1・eGo-T 650mAHバッテリー×1・国産ブランドBI-SO Liquid ハイパーメンソール 15ml・BI-SOブランドオリジナルキャリーケース・USB充電器×1・日本語説明書

有名メーカーAspire(アスパイア)の電子タバコ!

世界の電子タバコメーカーの中でも有数のブランド「Aspire(アスパイア)」。とても高品質な電子タバコメーカーとして高い評価を集めています。

Aspire製のデュアルカトマイザーは煙量も申し分なく、また味も格段に楽しめるのが魅力。初心者も上級者もきっと納得の味わいになることと思います。また、このスターターキットなら安心して使える国産リキッドが付いてくるので、購入すればすぐに楽しむことができます。リキッドも本体も、セットになっている大容量のポーチに入れて持ち運べるのも便利ですね。

電子タバコを始めたいと思っているけど、何を購入したらいいかわからない! という人は、ハイクオリティなこの商品を試してみてはいかがでしょうか?

「Aspire(アスパイア) スターターキットBVC」の評判・口コミ

VAPEを良く分かっている方が考えた最高のコストパフォーマンスを実現するVAPEスターターキットであると思いました。リキッドが同封されているのですぐ雰囲気を楽しめるし、ニコチンリキッドを買えばタバコの代替としても十分期待できます。

出典:Amazonレビュー

1位:LEVIN 電子タバコ

LEVIN 電子タバコ
1,600円(税込)

・種類:リキッド補充型
・MODの種類と容量:テクニカルMOD/1100mAh
・カラー展開:シルバー&ブラック
・付属品:電子タバコ×2・USB充電用ケーブル×1・リキッド注入用空ボトル×1・ストラップ×2・専用ケース×1・取扱説明書

すぐに使えるフルセットで、しかもコスパも優秀!

あらかじめ2本セットになっているコスパの優秀な電子タバコ。うっかり持ち歩くのを忘れてしまった、と言う時でも安心できるよう、自宅用と会社用・クルマ用と家用など、それぞれに1本ずつ置いておくのにもいいですね。リキッドの持ちもよくなっているので、一度注入すればしばらくは追加しなくても楽しめます。

また、リキッドタイプの電子タバコでは煙の量が不満ということもありますが、この商品は驚くほどの煙量を実現し、満足感を得やすくなっています。リキッドタイプにも「タバコ感」を求めたいという方には最適と言えるでしょう。

さらに、加熱式では吸っているうちに本体が熱を持ってしまうこともありますよね。この商品には安全装置が付いており、異常な加熱防止策が取られているので安心ですよ。

「LEVIN 電子タバコ」の評判・口コミ

電子タバコでよく見る「VAPE」とは?

電子タバコの話題で必ず耳にする「VAPE」ですが、これはそのまま電子タバコを指す言葉。以前は電子タバコ全体を指していましたが、最近は上記の画像のようなスタイリッシュな形のものを呼ぶことが多くなっています。仕組みとしては、水蒸気を吸い込むリキッドタイプの電子タバコと同じ。イヤな臭いも煙たさもないため、禁煙補助具としても注目が高まっています。
近年、日本では健康を考えて禁煙したいという方が増加傾向にあり、これに伴ってVAPEも注目が集まってきています。海外製リキッドならニコチンが含まれているので、普通のタバコから移行しやすくなります。徐々にニコチンフリーのリキッドに切り替えれば、いつの間にか禁煙が成功しているかもしれません。気に入ったVAPEで、ストレスのない禁煙を目指してみてはいかがでしょうか?

電子タバコの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、電子タバコのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。

まとめ

電子タバコのおすすめ商品を6つご紹介しましたが、いかがでしたか? タバコの大きな特徴であるニコチンが入っていないリキッドタイプと、タバコの葉を使うニコチン入りタイプ。どちらも普通のタバコとは違って有害物質が少ないので、健康に優しく人に迷惑をかけなくて済むという点は、愛煙家にとって頼れる存在になります。

健康にも環境にも優しい電子タバコは、普通のタバコから乗り換える価値アリです。ぜひ電子タバコに変えて、健康的な喫煙ライフを送りましょう。

関連記事

人気の記事

41a3a7d091224dd2910f986f9f8fa5c2250d492c