デンタルリンスのおすすめ人気ランキング10選

歯磨きやデンタルフロスと併用することで歯周病予防や口臭予防ができる、マウスウォッシュ。歯医者さんが薦めていることもあり、オーラルケアの関心が高まるにつれ利用者が増えています。日常のケアから外出先や旅行中などエチケットとして使用したりと大変便利です。一方で効果的に使う方法や選び方がわからない人も多いはず。

ドラッグストアに行くと、シュミテクトやガムデンタルリンスなど人気の商品がズラリと並んでいて迷ってしまいますよね。そこで今回は、デンタルリンスの選び方のポイントと、通販やドラッグストアで購入できる口コミで人気のおすすめデンタルリンスをランキング形式で発表します。選び方を踏まえて価格以外もきっちり比較して、自分にぴったりのデンタルリンスを見つけてくださいね!

おすすめの愛用品を紹介するクリエイター
B4f2d16c4fb1d2c1d01f89e765a0da0df64b6ace
最終更新日:2018年03月23日 | 27,638views

デンタルリンスの選び方

デンタルリンスを選ぶとき、何を基準に選んでいますか?爽快感や風味などで選ぶ人も多いかもしれませんが、場合によっては逆効果になってしまう可能性があります。ここでは選ぶ際の大切なポイント「種類と特徴」、「成分」についてご紹介します。

用途に合わせて種類を選ぶ

選ぶときに一番大切なポイントは種類をしっかり確認することです。デンタルリンスには「洗口液」と「液体歯磨き」の2種類があります。それぞれ用途が異なるので、まずはその違いと特徴をご紹介します。

補足として、デンタルリンスはマウスウォッシュやデンタルウォッシュなどの呼び名もあり、違いがあるのでは?と混乱してしまいますが、呼び名が違うだけなので選ぶ際には「洗口液」か「液体歯磨き」どちらが表示されているかで判断しましょう。

洗口液:ブラッシング要らずでお手軽ケア

Loading
洗口液は、日常の歯磨き後の補助的なケアとして使用するもので、ブラッシングなしで口をすすぐタイプのデンタルリンスです。歯磨きやフロスでしっかり汚れを取ったあとに使用することで、虫歯・歯周病予防、口臭対策などの効果が期待できます。

唾液が少なくなる寝ている時間は口内が乾燥しやすく菌が発生しやすいため、寝る直前や朝のタイミングに使用すると高い効果を得られることが多いです。ブラッシング歯磨きができない出先で、訪問前のエチケットとして、あるいは食事後にすっきりとしたいときなどにも利用できるので大変便利です。

液体歯磨き:歯を傷つけないでブラッシング!

Loading
液体歯磨きは、その名の通り練りタイプの歯磨き粉の液体バージョンです。液体歯磨きで口をゆすいだあとは必ずブラッシングを必要とします。練りタイプの歯磨き粉のように研磨剤が入っていないため、歯を傷つけずにすむことと、液体なので歯の隙間まで成分が浸透するのがメリットです。

殺菌効果など薬効成分が配合されているものが多いので、歯磨き後にブクブクと洗い流さなようにするのが液体歯磨きの効果を高めるポイントです。基本的には洗い流さなくて大丈夫ですが違和感がある場合は軽く洗い流す程度にしましょう。

注意点として、お茶やコーヒーなどの着色汚れは液体歯磨きでは落としきれないので、定期的に歯医者でクリーニングを行うか練り歯磨き粉と上手に使い分けて使用するなど工夫が必要です。洗口液と同様に、あくまでもオーラルケアの補助的なものと考えましょう。

歯周病対策には薬効成分配合のものを

Loading
デンタルリンスは薬効成分が含まれない「化粧品」と、薬効成分を含む「医薬部外品」・「医薬品」に分類されているので、選ぶ際にはラベルの表示を必ず確認しておくことをおすすめします。

一時的な口臭予防やすっきり感のためだけであれば化粧品で問題ありませんが、虫歯・歯周病予防、口臭対策を期待したい場合は薬効成分が含まれる医薬部外品・医薬品を選びましょう。

商品によって配合されている薬効成分が異なり、例えば殺菌効果に優れているもの、口臭対策用、トータルケアできるものなどさまざまなタイプがあるので、目的にあったものを選んでくださいね。

毎日使うなら低刺激のノンアルコールがおすすめ

Loading
アルコールが配合されているかどうかも大切なポイントです。アルコールが含まれているものは、ピリピリとして爽快感やすっきり感を得ることができます。人によっては刺激が強すぎると感じる人もいます。ノンアルコールタイプは低刺激のため、ピリピリ感が苦手な人や毎日使用する人におすすめです。

アルコール配合の有無は効果に違いがないとされているため、好みで選びましょう。ただし注意点として、アルコールが配合されていると口内が乾燥しやすくなるので、もともと乾燥しやすく唾液が少ない人や口内があれている人はかえって逆効果になる可能性があります。

乾燥して菌が増殖しやすくなり、予防どころか口内環境が悪化してしまったら大変ですよね。毎日使うならノンアルコールタイプを使用するか、歯医者さんに相談する方法をおすすめします。

プロの愛用するおすすめのデンタルリンス

まずはランキングの前に、プロの愛用するおすすめのデンタルリンスをご紹介します!

プロのおすすめポイントを参考に、歯周病予防や口臭予防に効果的なデンタルリンスを見つけてくださいね。

デンタルリンスのおすすめ人気ランキング10選

ここからは通販やドラッグストアで購入できる、口コミで人気のおすすめデンタルリンスをご紹介します。目的にあったデンタルリンス選びの参考にしてくださいね!

10位:セラブレス オーラルリンス

セラブレス オーラルリンス

2,138円 (税込)

詳細情報
・種類:洗口液
・薬効成分の配合:ー
・アルコールの配合:なし

口臭の根本原因を分解!爽やかミント味で続けやすい

セラブレスは、一時的な口臭対策ではなく口臭の根本原因を分解してくれる成分が配合された洗口液です。効果のほどは、口臭治療先進国であるアメリカで認められたという実績からも分かる通り。

天然のミント風味で続けやすいというのもうれしいポイントです。ただし価格が高いのが難点。手軽さにはかけますが、口臭に本気で悩んでいるという人におすすめしたい洗口液です。

9位:プロフレッシュ オーラルリンス

プロフレッシュ オーラルリンス

2,916円 (税込)

詳細情報
・種類:洗口液
・薬効成分の配合:ー
・アルコールの配合:なし

1本で口臭エチケットから本格的な口臭対策まで

引き続き口臭対策におすすめの洗口液です。プロレッシュもアメリカで認められ、その効果は絶大でセラブレス以上との口コミが多いのが特徴です。基本的な成分はセラブレスと同じですが、消臭に効果がある成分がさらに配合されているので、本気で口臭対策に取り組みたい人に特におすすめ。

ただプール消毒のような塩素系の匂いがあるため、慣れるのに時間がかかるかもしれません。味の面では天然ミント風味のセラブレスの方が続けやすいので、どうしても苦手という人はセラブレスを選びましょう。

8位:ライオン システマ ハグキプラス デンタルリンス

システマ ハグキプラス デンタルリンス

700円 (税込)

詳細情報
・種類:液体歯磨き
・薬効成分の配合:医薬部外品
・アルコールの配合:なし

衰えた歯茎におすすめ、奥にひそむ歯周病菌を浸透殺菌

歯茎の衰えを感じてきた方におすすめなのが、システマのハグキプラスデンタルリンスです。歯茎の細胞を活性化して修復、腫れや出血を抑える、歯周病菌を浸透殺菌など歯茎を元気にする薬効成分が含まれているのが特徴です。出血が治った、歯茎が元気になったとの口コミも多く、一定の効果が期待できます。

ノンアルコールタイプの低刺激なので歯茎に優しく、安心して使用できます。ただ逆にさっぱり感が足りないという声も多いので、爽快感を求める人はシステマの他のシリーズもみてみましょう。

7位:サンスター ガム デンタルリンス

GUM デンタルリンス

806円 (税込)

詳細情報
・種類:液体歯磨き
・薬効成分の配合:医薬部外品
・アルコールの配合:あり

瞬間殺菌力に優れ即効性もある液体歯磨き

ガムデンタルリンスは長い間人気を保っている定番の液体歯磨きです。効果や価格などバランスが取れており、ずっと利用し続けているという人も多いです。特徴は瞬間殺菌力に優れ、長時間殺菌とコート力で歯周病予防に効果があるというところ。

こちらのレギュラータイプはアルコール配合で爽快感を味わえますが、口内が乾燥しがちの人や刺激が苦手な人はノンアルコールタイプもあるので自分にあうタイプを選びましょう。

6位:ライオン クリニカ アドバンテージデンタルリンス 低刺激タイプ

クリニカアドバンテージ デンタルリンス 低刺激タイプ

520円 (税込)

詳細情報
・種類:液体歯磨き
・薬効成分の配合:医薬部外品
・アルコールの配合:なし

寝ている間も安心、朝まで持続の長時間殺菌

W殺菌と抗菌コートで、長時間歯を守ります。就寝前に使用することでその効果を発揮し、菌が増殖しやすい寝いている時間帯もしっかり原因菌から守り、朝まで持続するのが特徴です。

リステリンなどの風味や爽快感が苦手と感じるタイプの人に比較的人気があり、ノンアルコールタイプの低刺激で優しい使い心地のため家族全員での利用にもおすすめです。低価格なので家族で思いっきり使っても安心ですね。クセがないので家庭に一本あると便利なデンタルリンスです。

5位:ジェクス ラクレッシュ L8020菌マウスウォッシュ

ジェクス ラクレッシュ L8020菌マウスウォッシュ

598円 (税込)

詳細情報
・種類:洗口液
・薬効成分の配合:ー
・アルコールの配合:なし

殺菌剤不使用!L8020乳酸菌で口内環境をコントロール

テレビでも紹介されて最近話題になっている洗口液です。他のデンタルリンスと大きく異なるのは、L8020乳酸菌により口内環境をコントロールするという点。L8020乳酸菌は虫歯になったことがない人の口から発見された人由来の乳酸菌で、歯周病菌・むし歯菌の抑制に効果があるとされています。

殺菌剤不使用のため、子供からお年寄りまで安心して利用できるのが最大のメリットです。家族揃って利用したい人、殺菌剤がちょっと不安という人におすすめの洗口液です。

4位:サンスター ガム デンタルリンスナイトケア

GUM デンタルリンス ナイトケア

776円 (税込)

詳細情報
・種類:洗口液
・薬効成分の配合:医薬部外品
・アルコールの配合:なし

翌朝の口臭・ネバツキを防ぐナイトケア

寝ている間は唾液の分泌が少なくなり、菌が増殖しやすくなります。そのため朝のお口の中がネバネバで不快感を感じているという人がほとんどだと思います。そこで役に立つのが、就寝前にすすぐだけで寝ている間の原因菌の増殖を防いでくれるナイトケア。

薬効成分が歯と歯茎を長時間コートし、朝まで原因菌から守ってくれます。寝ている間のもっとも菌が増殖しやすい時間帯のケアをすることで、虫歯予防や口臭予防にも繋がります。デンタルリンスを試したことがないという方は、まずはナイトケアから始めてみてはみてはいかがでしょうか?翌朝スッキリで爽やかな朝を迎えましょう!

3位:ジョンソン&ジョンソン リステリン トータルケア ゼロ

リステリン トータルケア ゼロ

862円 (税込)

詳細情報
・種類:液体歯磨き
・薬効成分の配合:医薬部外品
・アルコールの配合:なし

お口の6つのトラブルを1本でトータルケア

100年以上の歴史を持ち、世界でも愛用されているリステリンシリーズ。トータルケアゼロは1本で歯石・歯垢・歯肉炎・口臭・ネバつき・着色の6つのトラブルをトータルでケアできるのが特徴で、シリーズの中でも多くの効果を持つ進化したデンタルリンスです。毎日のコーヒーやタバコが欠かせないという人には、着色汚れの事前予防になるので特におすすめ。

ノンアルコールタイプで低刺激のため、強いピリピリが苦手な人でも無理なく使用できます。刺激が強い方が好みの人はアルコールが配合されたトータルケアもあるので、好みのタイプを選びましょう。ただしリステリンシリーズは他のメーカーと比べると刺激を強く感じる人が多いので、選ぶ際は口コミも参考に。

2位:アース製薬 モンダミン プロケア

モンダミン プロケア

1,296円 (税込)

詳細情報
・種類:液体歯磨き
・薬効成分の配合:医薬部外品
・アルコールの配合:なし

優れた殺菌効果!歯科医院専売のプロケア液体歯磨き

モンダミンプロケアは、歯科医院専売の液体歯磨きです。歯科医院専売のためもちろん歯医者さん推奨。歯周病の原因菌に優れた殺菌効果を発揮する薬効成分が含まれているので、虫歯・歯周病予防対策におすすめです。歯周病によって腫れた歯茎の炎症を抑える効果もあり、現在歯周病があるという人にもおすすめできます。

ノンアルコールで低刺激のため口内トラブルがあっても安心。毎日使いにぴったりの液体歯磨きです。市販で売っている液体歯磨きを使うのがちょっと不安という方でも、歯医者さんがおすすめするものならば少し印象が変わるのではないでしょうか。モンダミンプロケアは歯科医院専売ですが、通販なら手軽に購入することができますよ。

1位:ウエルテック コンクールF

コンクールF

842円 (税込)

詳細情報
・種類:洗口液
・薬効成分の配合:医薬部外品
・アルコールの配合:あり

殺菌力が12時間持続、歯科医も薦める洗口液

歯医者さんに薦められて使っている人も多く、口コミでも非常に評価の高い洗口液です。その理由はなんといっても高い殺菌力とその持続時間。殺菌持続時間が10分から30分ほどでなくなってしまうデンタルリンスが多い中で、コンクールFはなんと約12時間持続します。

歯や粘膜に吸着して効果が持続することで、虫歯・歯周病予防や口臭対策に効果があります。歯磨き後・就寝前・口臭が気になるときなど、あらゆるタイミングで活躍。

1本で360〜700回分!濃縮タイプでとってもお得

ほとんどのデンタルリンスはそのまま口に含んで使うタイプですが、コンクールFはコップの水に5〜10滴入れて使う濃縮タイプ。そのため1本で300〜700回分も使えるので、コストパフォーマンスに大変優れています。

コンパクトで持ち運びもしやすく、会社で利用したり旅行先でも使いやすいのが嬉しいポイントです。手軽に始められるオーラルケアとして、試してみてはいかがでしょう。

デンタルリンスの売れ筋ランキングもチェック!

Amazon・楽天・価格.comの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

さまざまなタイプのデンタルリンスをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?オーラルケアの関心が高まり、利用者も最低限の知識を知っておくのは大切ですよね。

適切なオーラルケアができるよう、目的に合わせたデンタルリンスを選んで歯の健康維持にお役立てください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す