• 7f62c3394eccb08fec4aa603ea3209e93ba6cea1
  • C54cba17dc263a52c7287c2310a09b9b506e6780
  • 5e248d3057fc6827e8f748506e10bf8fdec5477c
  • Cd6a233b7615c2d49ce50ffdc568c976a0503f64
  • 760e4b3d46f1db9c6867e8e953d0d8b6be80cbab

国産ドッグフードのおすすめ人気ランキング10選

自分が飼っている可愛い犬にいつまでも元気にいてほしいですよね。健康な体を作るには適切な食事や運動が大切です。特に食事内容は一番大切で、健康状態に直結する要素と言えるでしょう。

ではドッグフードは何を選べば良いのでしょうか。海外産・国産ともに素晴らしいドッグフードはありますが、今回は国産のおすすめドッグフードの特集をしたいと思います。無添加のものなど、安全なものを取り揃えてみました。いずれも通販サイトで気軽に購入することができます。選び方のポイントや種類別にランキング形式でご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

最終更新日:2017年06月08日 | 1,129views

国産ドッグフードの選び方

ランキングに入る前にまずは国産ドッグフードの選び方のポイントについて解説します。ペットの健康を考えてどの種類が適切なドッグフードなのか判断する要素になりますので、しっかりと抑えましょう。

なるべく無添加のドッグフードを選ぶ

人間も同じですが、犬にとっても添加物が多い食材というのはあまりおすすめはできません。添加物が入っていると酸化を防止して日持ちが良くなったり、着色料や甘味料で見栄えや味付けが良くなったりします。特に甘味料が入っていると食べる時の食いつきが良くなるので「この子はこのドッグフードが好きなんだね」と思ってしまうかもしれません。

しかし、最初に述べたように健康面を考えると添加物はあまり良くありません。犬は人間よりも影響を受けやすいので、添加物に関してはシビアに考えたほうがいいでしょう。

穀物の使用量が少ないドッグフードを選ぶ

ドッグフードの中にはとうもろこし・小麦・大麦などの穀物を多く含んでいる製品があります。その理由としては穀物類を混ぜることによって量をかさ増しするためです。

確かにかさ増しされれば安価で大容量のドッグフードを製造できるので、飼い主としては良い面もあるでしょう。しかし、穀物類は犬にとって消化が悪い成分というだけでなく、栄養価もあまり高くありません。また、消化不全や低血糖症なども引き起こす可能性があるので、多少含まれているだけならまだしも、穀物の比率が高いドッグフードは健康面を鑑みておすすめすることはできません。

ドライフードかウェットフードかを選択する

ドッグフードの種類は大きく分けてドライフードとウェットフードがあります。ドライフードの特徴としては「日持ちする・添加物が少ない・値段が安い」などが挙げられます。それに対してウェットフードは「日持ちしない・高齢でも食べやすい・食欲を増進させる」などのメリットがあります。特に高齢犬になると食欲が減退してしまう子もいるのですが、ウェットフードは香りや味が強いので、ドライフードは食べないけどウェットフードなら食べてくれるということも多々あります。

ただ、ウェットフードに関してはドライフードよりも添加物が多めに含まれていることがあるため、ウェットフードのみで食事を完結させるというのはオススメしません。ドライフードを基本としつつ、トッピングでウェットフードなどを追加するなどして組み合わせるのが良いでしょう。

【ドライフード】国産ドッグフードのおすすめ人気ランキング5選

ドッグフードにはドライフードとウェットフードの2種類があります。まずはドッグフードの中でも特に主食として扱われることの多い、ドライフードのおすすめ商品をご紹介します。愛犬の健康を考えて高品質なドライフードを選びましょう!

5位:TASHIKA 鹿肉ドライフード

多可の無添加ペットフード 「鹿肉ドライフード 2個セット(1kg*2袋)」
5,400円(税込)

・主な材料:鹿肉・かぼちゃ・さつまいも・にんじん・おからパウダー・ビール酵母
・主な栄養素:タンパク質・DHA・アミノ酸・鉄分・ビタミンB1・カルシウム・マグネシウム
・特徴:無添加・穀物不使用・カルシウム多め

無添加・穀物不使用の健康的ドライフード

「確かな品質」「確かな栄養」「確かな満足」をコンセプトにドッグフードを開発しているTASHIKA。このドッグフードはTASHIKAから販売されているドライフードでペットのことを考えて作られているため、非常に健康的な食事をさせることができます。

一般的なドッグフードには、量を増したり見栄えを良くするために穀物や添加物を入れることが多いですが、このドッグフードはそうしたものを使用していません。鹿肉をベースとして、かぼちゃ・さつまいも・人参・おからパウダーなどの材料を組み合わせ、TASHIKA独自の圧縮製法加工をしています。

栄養バランスはカルシウムを多めに配合しているため、快便効果や便の臭い改善、肛門腺の臭い改善・予防効果も期待できます。

4位:イートイート PLATE1

イートイート (eateat) PLATE1 プレートワン (幼犬~成犬用) 800g
1,944円(税込)

・主な材料:アジ・チキンエキス・ビール酵母・魚油・トマトパウダー・大豆油
・主な栄養素:タンパク質・DHA・カリウム・カルシウム・ビタミンC・ビタミンA・亜鉛
・特徴:魚介ベース・ミネラル豊富・小分けパック

魚介類ベースの総合栄養食。動物性アレルギーでも安心

国内工場での製造にこだわり、素材の品質だけではなく美味しさも追求したドッグフードを数多く販売しているイートイートは、多くの愛犬家に支持されているブランドです。今回ご紹介するドッグフードは魚のアジを原材料として使用しており、青魚に含まれている不飽和脂肪酸DHAやEPAを効率的に摂取することができるドッグフードです。

また、タンパク質を魚介類で摂取することで、動物性アレルギーを持っている犬でも安心して食べることができるでしょう。栄養素はビタミン・アミノ酸を始め、ミネラルを多めに配合しています。

幼犬から成犬・小型犬から大型犬におすすめのドッグフードということで、カバーしている範囲が非常に広いです。年齢・犬種がバラバラの複数の犬を飼っている家庭でも餌を使い分ける必要がなく、このドッグフードのみで対応可能なのは嬉しいですね!

3位:ビタワン もっちりふっくら

ビタワン もっちりふっくら 11歳以上 チキン・野菜入り 840g
600円(税込)

・主な材料:小麦粉・大豆たんぱく・チキン・さつまいも
・主な栄養素:コエンザイムQ10・カルシウム・ビタミンA・タンパク質・ミネラル・アミノ酸
・特徴:コエンザイムQ10配合・老犬でも食べやすい柔らかさ

コストパフォーマンス抜群の国産ドッグフード

ビタワンというのは日本ペットフード株式会社が販売しているドッグフードのブランドです。ビタワンシリーズはかなり多くの種類が用意されているですが、その中でも11才以上の老犬用に開発された製品です。

老犬になると人間と同様にどうしても顎の力が衰え、なかなか硬いものが噛めなくなります。しかし全部の食事をウェットタイプにすると栄養バランスが偏ってしまったり、餌の費用がかさんでしまったりするためおすすめはできません。このドッグフードは名前の通りもっちりとした食感で作られています。通常のドライフードよりも噛みやすいため安心して与えることができます。

老化によって減少してしまうと言われるコエンザイムQ10が配合されているので、本当に老犬のことを考えて開発されたドッグフードと言えるでしょう。

2位:GOWAN プレミアム

GOWAN ごわん プレミアム 国産 ドッグフード ドライフード 1kg 無添加
1,944円(税込)

・主な材料:牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉・さつまいも・じゃがいも・おから・ビール酵母・ホエイタンパク
・主な栄養素:ビタミン・オメガ3・オメガ6・グルコサミン・タンパク質・カルシウム・アミノ酸
・特徴:無添加・無着色

材料も全て日本産のオール・メイドインジャパン

このドライフードは構想・材料調達・製造が全て日本で行われており、合成保存料や着色料をはじめ、香料・増粘剤・発色剤は一切使用しないという、健康を第一に考えて作られている商品です。

原材料は牛肉・鶏肉・馬肉・魚肉など多種類の肉を使用し、その他にさつまいも・じゃがいも・おから・ビール酵母・ホエイタンパク・カルシウム粉末など栄養素の高い材料が豊富です。

味も犬が好みやすいように味付けされているので、「普段よりも美味しそうに食べてました」という口コミも多く、犬にとっても嬉しいドッグフードとなっているようです。

1位:dog visions オリジナルドッグフード

無添加 国産 オリジナル ドッグフード イー・ホース【馬肉】[1kg] (子犬~シニア犬)ドライフード dog visions
2,468円(税込)

・主な材料:馬肉・すなぎも・おから・有機野菜・ビール酵母
・主な栄養素:タンパク質・鉄分・ビタミンA・ミネラル・アミノ酸・アルギニン・タウリン・ビタミンB群
・特徴:添加物や防腐剤一切不使用・低脂質高タンパク

低脂質高タンパク!愛犬のダイエットにも効果あり

犬も人間もタンパク質の摂取というのは非常に大切なことです。筋肉が衰えてしまったら生活に支障が出てきてしまいます。そのため、摂取するタンパク質はできるだけ高品質なものを取り入れることが重要です。ではその高品質なタンパク質とは何なのかというと、低脂質高タンパクな馬肉・鹿肉といった食材がベストだと言われています。

馬肉と鹿肉は他の肉類に比べてタンパク質の品質が良く、健康志向のドッグフードではしばしば採用されることが多いですが、このドッグフードは色々な肉の中の一部を馬肉とするのではなく、馬肉を中心に製造されているので非常にタンパク質が豊富な商品となっています。

無添加なので健康面でマイナスになる要素はなく、脂質が低いことから太り気味のペットのダイエット食材としても効果的です。

【ウェットフード】国産ドッグフードのおすすめ人気ランキング5選

次にウェットフードについてご紹介します。ウェットフードは犬の食欲を増進させたり、おやつとして扱いやすいエサなので、ドライフードと組み合わせることで効果を最大限に引き出すことができます。愛犬の食事をより美味しく、栄養豊富にしましょう。

5位:DELI STYLE 愛犬のお惣菜

【無添加国産ドッグフード】『DELI STYLE~愛犬のお惣菜~ ハンバーグ』獣医師監修・推薦 [内容量:100g]
410円(税込)

・主な材料:鶏肉・大豆・人参・トマト・おからパウダー
・主な栄養素:タンパク質・ナトリウム・カリウム・イソフラボン
・特徴:獣医推薦・人口香料不使用・無添加

獣医師推薦の安心ドッグフード。低カロリー&ヘルシー

このドッグフードはとにかく健康・安全という観点で製造された食品です。人間と同じ食品衛生基準を満たして作られており、獣医師が推薦をするというほどの水準となっています。

原材料には皮なしの鶏肉と豆腐・おからを組み合わせているので、食べごたえがあるのにとても低カロリー。ダイエットをしているペットにも安心して食べさせることができます。

ただ、量がやや少ないので大型犬に与える場合はすぐなくなってしまうかもしれません。多少費用がかさんでしまっても健康な食事を与えたいという方におすすめです。

4位:グラン・デリ 銀のさら

グラン・デリ 銀のさら パウチ ジュレ 緑黄色野菜・チーズ入り 80g×10個入り
1,188円(税込)

・主な材料:鶏ささみ・人参・グリンピース・チーズ・寒天
・主な栄養素:タンパク質・カロテン・ビタミンA・カルシウム・カリウム・食物繊維
・特徴:混ぜやすいジュレタイプ

チーズと鶏ささみで美味しさアップ。ジュレタイプなので混ぜやすい

グラン・デリはペット用品を総合的に開発しているユニ・チャームペットの中の食品ブランドです。この銀のさらは鶏ささみを中心に人参やグリーンピースの緑黄色野菜を合わせたウェットフードです。

犬が好む味を引き出すことに重きを置いているこのドッグフードは、ドライフードのトッピングとして使うと味や香りを引き立たせて、食欲が減退していたペットへの効果が期待できます。

ジェルタイプのドライフードなので他の食事に混ぜることはもちろん、単品としても食べさせやすく、非常に扱いやすいドライフードと言えるでしょう。

3位:デビフ ひな鶏レバーの水煮野菜入り

デビフひな鶏レバーの水煮野菜入り3缶パック 160g×3
1,280円(税込)

・主な材料:鶏レバー・じゃがいも・グリンピース・カラギーナン
・主な栄養素:タンパク質・鉄分・ビタミンB・ビタミンC・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム
・特徴:ビタミンと鉄分が豊富・具だけではなくスープも利用可

レバー効果でビタミンと鉄分を効率よく摂取!

ドッグフードに採用されている原材料で多い肉としては牛肉・鶏肉・馬肉・鹿肉などがありますが、鶏レバーを中心として製造されている商品は珍しいです。栄養素はレバーを使用していることもありビタミンと鉄分が豊富で、貧血気味のペットに与えると体調改善に大きく効果があるでしょう。

また、具材だけでなくスープにも材料の栄養や味が染み込んでいるので、ドライフードと合わせるのにおすすめです。ドライフードは元々水分を含ませると香りが増して食欲を増進させますが、この時の水分をスープにすることでさらに香りが引き立つでしょう。

無添加というわけではないので、健康面を考えると1回で与える量に気を配る必要がありますが、それを上回る栄養素を含んでいるので十分ヘルシー食材のカテゴリに入ります。

2位:生活クラブ・スピリッツ ドッグフード

国産肉使用・ドッグフード成犬用
720円(税込)

・主な材料:砂肝・鶏ガラ・おから・豚レバー・マッシュポテト・卵・チーズ
・主な栄養素:タンパク質・ビタミン12・ビタミンK・亜鉛・鉄分・カルシウム
・特徴:半生タイプ・着色料と保存料不使用

ベタつかない半生タイプ。成犬だけではなく老犬にもおすすめ

ウェットフードというと水分量が多い商品が多いですが、このドッグフードは水気が少ない半生タイプです。そのため、ペットが食事をした後に口の周りの毛がベタベタになることもなく、食事後のケアをする手間がなくなります。

栄養面に関しては砂肝・おから・豚レバー・を始めとし、マッシュポテト・大豆・チーズを使用しています。生成するにあたって着色料や保存料は使っていないので、安心して食べさせることができます。

成犬用として販売されていますが、半生という柔らかさのため老犬にもおすすめです。老犬にはドライフードを半生タイプのこのドッグフードに切り替えるという選択肢もありです。

1位:帝塚山ハウンドカム 北海道産天然エゾ鹿生肉

帝塚山ハウンドカム 北海道産天然 エゾ鹿生肉 小分けパック 1kg犬用 ドライフードトッピング
3,672円(税込)

・主な材料:エゾ鹿
・主な栄養素:タンパク質・DHA・ビタミンB2・鉄分
・特徴:生肉・高タンパク低カロリー・DHAが豊富

まさに高品質な健康食!メリットだらけのウェットフード

このドッグフードの特徴はなんといっても生肉を使用しているということです。人間が食べても問題がないほど新鮮な状態の生肉を冷凍してあり、肉に含まれている栄養素を破壊することなく摂取することができます。

材料として使われているエゾ鹿は高タンパク低カロリー・ビタミンB2や鉄分が豊富です。また、魚介類に豊富に含まれているDHAが鹿肉にも多く含まれているため栄養素は非の打ち所がありません。

生肉だと消化吸収がスムーズになったり、生肉の中の酵素が口内の状態を良くしたりなど良い面が豊富にあるので、まさにトップレベルの高品質なドッグフード。これを選べば間違いなしです!

まとめ

今回は国産のドッグフードについて特集しましたが、いかがだったでしょうか。最近はドッグフードの質も上がり、人間と同じように健康的な食事や、犬も喜ぶ美味しい食事をさせることが注目されています。

選び方の項目にも記載したように、ドライフードとウェットフードを組み合わせることで、それぞれの弱点を補ったり、栄養素を追加することができるので、飼っているペットの健康状態や味の好みなどに合わせて組み合わせを変えると効果的になるでしょう。

食事は犬にとってとても大切な行為なので、できるだけ高品質な食事にしてあげたいものですね。

人気の記事