• 【DIY・工作に!】グルーガンのおすすめ人気ランキング10選【使い方いろいろ!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 【DIY・工作に!】グルーガンのおすすめ人気ランキング10選【使い方いろいろ!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 【DIY・工作に!】グルーガンのおすすめ人気ランキング10選【使い方いろいろ!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 【DIY・工作に!】グルーガンのおすすめ人気ランキング10選【使い方いろいろ!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 【DIY・工作に!】グルーガンのおすすめ人気ランキング10選【使い方いろいろ!】のアイキャッチ画像5枚目

【DIY・工作に!】グルーガンのおすすめ人気ランキング10選【使い方いろいろ!】

特殊な樹脂を溶かして工作や手芸作品に使用するグルーガン(ホットボンド・ホットメルト)は、DIYやハンドメイドが趣味の方なら1つは持っておきたいアイテム。接着に使うのはもちろん、グルーの特性を活かしたアクセサリー作りなど、使い方はさまざまです。金属や布など素材によって接着力が変わるので、上手に使いこなしてくださいね。

今回は、そんなグルーガンの選び方とおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介。最近では100均などでも販売されていますが、価格分の性能の違いがあります。すでに持っているという方も用途に合わせて選び直せば、ぐっと作業がはかどるかも知れませんよ。
  • 最終更新日:2019年03月06日
  • 61,066  views
目次

グルーガンとは

グルーガンとは

出典:amazon.co.jp

グルーガンは、グルースティックと呼ばれる固まった樹脂製のスティックを溶かして、接着剤として使用します。木材・紙・布などの接着が得意で、金属・ガラス・プラスチックなど表面がツルツルした素材はやや苦手です。

接着力は手芸や工作などの小物の作成には十分な強度。ただし、長い期間利用するものや重量のあるものに利用すると、グルーが剥がれてしまうので注意が必要です。


現在では、高温タイプのグルーガンやグルースティックなど、接着力の高い商品も販売されています。素材に合わせて使い分けることで、用途や接着度があがり用途も広がりますよ。

グルーガンの選び方

グルーガンは、グルースティックを溶かして接着するシンプルなアイテムですが、機能によって使い勝手が異なります。ここでは、使いやすいグルーガンの選び方のポイントをご紹介しますので、参考にしてください。

素材に合わせて溶解温度を選ぶ

素材に合わせて溶解温度を選ぶ
グルーガンの出力温度は、120度前後で溶ける「低温タイプ」170度前後で溶ける「高温タイプ」に分かれます。低温タイプは簡単な工作や手芸向き。火傷のリスクが高温タイプより低いので、お子さん用なら低温タイプがおすすめです。

高温タイプは、ガラスや金属など使える素材が多いのが特徴。固まるまでの時間は低温タイプよりもかかりますが、慌てずゆっくり作業できるところがメリットです。


グルーガンの使用頻度が高い方や、さまざまな素材に利用する方は、高温・低温の両方が使える切り替えタイプもおすすめですよ。

コードの有無で給電方式を選ぶ

グルーガンの給電方式は、コンセントから給電するコード式と、電池式のコードレスタイプの2種類に分かれます。ここでは、各タイプのメリット・デメリットをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

安定して利用できる「コード式」。コードの長さは1.5m以上が◎

安定して利用できる「コード式」。コードの長さは1.5m以上が◎

出典:amazon.co.jp

コード式のグルーガンは、電源のある場所でしか使えないので屋外での作業などは難しいものの、供給電力が安定しているので、消費電力が高い高温タイプでも電源を気にせず利用できます。

ただし、コードの長さによっては作業範囲が狭まるので注意が必要。コードの長さは1mくらいが一般的ですが、作業効率をあげるためには1.5m以上の長さの商品を選ぶのがおすすめです。

コードレスで小回りが利く「充電式」と「乾電池式」

コードレスで小回りが利く「充電式」と「乾電池式」

出典:amazon.co.jp

電池式や充電式のグルーガンは、コードレスタイプなので場所を気にせず利用できるところがメリットの1つ。小回りが利くので、高所での作業やコードが邪魔になるような精密な作業にも便利です。

ただし、パワーは電池や充電池の状態によって変化があるため、コード式に比べ安定しません。また、乾電池式の電池の寿命は連続使用で1時間以内というグルーガンがほとんどなので注意が必要。使用頻度の高い方避けた方が無難です。


充電式に関しては、大変便利ですが価格面がデメリット。バッテリーや充電池が搭載されている分、価格が高めの商品が多いのでメリットとデメリットを検討した上で選びましょう。

使いやすいサイズ感と負担にならない重量を選ぶ

使いやすいサイズ感と負担にならない重量を選ぶ

出典:amazon.co.jp

グルーガンは似たような見た目ですが、サイズは商品によってさまざまです。最近では大型のものより収納しやすいコンパクトサイズが主流ですが、手の大きな男性には扱いづらいので事前にチェックしておきましょう。

また、サイズ同様重量も異なります。重いグルーガンを長時間利用すると腕が疲れてくるので注意が必要。普段使っている作業用の道具などを参考に、適切な重量を確認しておきましょう。


サイズと重量は使い勝手に直結しますので、作業のしやすいグルーガンを見つけてくださいね。

使い勝手がよくなる機能をチェック

ここまでは、基本的なグルーガンの機能についてご紹介しましたが、使いやすさは細部の工夫で決まります。以下では、チェックしておきたいグルーガンの機能についてご紹介していますので、参考にしてください。

予熱を手元で切り替えられるスイッチ付きが使いやすい

予熱を手元で切り替えられるスイッチ付きが使いやすい

出典:amazon.co.jp

グルーガンは、「予熱→トリガーを引いて接着」の順で利用します。そのため、オン・オフの切り替えスイッチが付いていないグルーガンは、コンセントを差し込んだ状態で予熱がはじまり、コンセントを抜かない限り予熱状態が続きます。

コンセントの抜き差しだけと思われるかもしれませんが、作業を始めるとこの抜き差しが意外に面倒。特に細かな作業に使うときは、手間がかかります。そのため、オン・オフの切り替えスイッチが付いたものがおすすめ


ただし、オン・オフスイッチの有無は価格に直結しますので、使い勝手よりも価格を重視する方は、スイッチなしタイプも検討しましょう。

立てた状態で予熱できるスタンド付きが便利

立てた状態で予熱できるスタンド付きが便利

出典:amazon.co.jp

グルーガンは「銃」の形をしているので、立てて置くことができません。そのため、予熱時などに適切な状態で待機できるようにスタンドの付いたものがおすすめです。


スタンドは基本的に先端部分に付属していて、固定式と折りたたみ式に分かれます。形状にもよりますので、どちらがいいかは一概にはいえませんが、トリガーの操作の邪魔になるような位置にあるなら、折りたたみ式の方が邪魔になりません。


また、安定感が悪いとスタンドが付いていても自立しないので、口コミなどを参考にして選んでください。

対応グルースティックのサイズにも注目

対応グルースティックのサイズにも注目

出典:amazon.co.jp

グルースティックのサイズは直径7mm前後のものが主流ですが、グルーガン本体のスペックにより10mmタイプが必要な場合もあります。そのため、グルースティックのサイズ確認も必要。


特にグルースティックのストックがまだ残っている場合は、使い切るためにも手持ちのグルースティックが使えるグルーガンを選ぶのがおすすめです。


また、カラータイプや強接着タイプなど特別なグルースティックが利用したい場合も、サイズが合わなければ利用できないので注意してくださいね。

グルーガンの人気ランキング10選

ここからは、おすすめのグルーガンの人気ランキングをご紹介します。迷ったときは付属のグルースティックの本数で、お得なものを選ぶのもおすすめですよ。

10位
タイプ高温(溶融温度・180~200度)
給電方式コード式(コード長:1.18m)
消費電力20W
本体サイズ/重量14.3×11.3×2.8cm/記載なし
スイッチ
スタンド
対応グルースティック直径0.7cm
セット内容本体・グルースティック×50本・収納ケース・取扱説明書
9位
タイプ高温(溶融温度・180度)
給電方式コード式(コード長:1.5m)
消費電力20W
本体サイズ/重量13×12×2.5cm/記載なし
スイッチ
スタンド
対応グルースティック直径0.7〜0.8cm
セット内容本体・グルースティック×2本
8位
グルーガン スリーアキシス 電池式コードレスグルーガン
出典:amazon.co.jp

スリーアキシス電池式コードレスグルーガン

20303

1,191円 (税込)

タイプ記載なし
給電方式単3アルカリ乾電池×4本
消費電力乾電池による
本体サイズ/重量16.5×15.0×3.7cm/約150g(電池含まず)
スイッチ
スタンド
対応グルースティック直径0.7〜0.75cm
セット内容本体・グルースティック×3本
7位

高儀EARTH MAN コードレスグルーガン

GG-210CL

1,199円 (税込)

タイプ記載なし
給電方式単3アルカリ乾電池×4本
消費電力8W(電池状況によって異なる)
本体サイズ/重量23.5×16.5×6cm/約150g(本体のみ)
スイッチ無し
スタンド
対応グルースティック直径0.7〜0.75cm
セット内容本体・グルースティック×3本
6位
タイプ高温
給電方式コード式(コード長:1.4m)
消費電力35W
本体サイズ/重量14.4×14.2cm/記載なし
スイッチ
スタンド
対応グルースティック直径0.7cm
セット内容本体・グルースティック(15cm)×10本
5位
タイプ記載なし
給電方式充電式(リチウム電池付属)
消費電力5.4W(充電状況によって異なる)
本体サイズ/重量17×31×5.5cm/100g(バッテリー含む)
スイッチ無し
スタンド×(ペン型のため不要)
対応グルースティック直径0.7cm
セット内容本体・充電器・グルースティック(クリア)×4本
4位
タイプ高温(ノズル温度・160度)
給電方式コード式(コード長:1.55m)
消費電力6~12W
本体サイズ/重量20.2×10.4×6.4cm/記載なし
スイッチ×
スタンド記載なし
対応グルースティック直径0.75cm
セット内容本体・グルースティック×3本
3位
タイプ高温
給電方式コード式(コード長:約1.5m)
消費電力60W
本体サイズ/重量15×18cm/記載なし
スイッチ
スタンド
対応グルースティック直径1.1cm
セット内容本体・グルースティック(20cm)×30本
2位
グルーガン アクセサリーパーツ&雑貨のhana87 高温グルーガンセット 1枚目

アクセサリーパーツ&雑貨のhana87高温グルーガンセット

1,200円 (税込)

タイプ高温
給電方式コード式(コード長:1.45m)
消費電力記載なし
本体サイズ/重量記載なし
スイッチ
スタンド
対応グルースティック記載なし
セット内容本体・グルースティック(ロング)×10本
1位
タイプ高温(溶融温度250度可能な高品質の絶縁ノズル)
給電方式コード式(コード長:1.5m)
消費電力20W
本体サイズ/重量持ち手部分8.1cm/記載なし
スイッチ
スタンド
対応グルースティック記載なし
セット内容本体・グルースティック×50本・取扱説明書

人気グルーガンの比較一覧表

商品画像
1
グルーガン Longtop グルーガン 1枚目

Longtop

2
グルーガン アクセサリーパーツ&雑貨のhana87 高温グルーガンセット 1枚目

アクセサリーパーツ&雑貨のhana87

3
グルーガン RAGNAROS グルーガン 1枚目

RAGNAROS

4
グルーガン SK11 ボンドガン

SK11

5
グルーガン BOSCH バッテリーグルーガン GLUEPEN

BOSCH

6
グルーガン elesories ELE350グルーガン 1枚目

elesories

7
グルーガン 高儀 EARTH MAN コードレスグルーガン

高儀

8
グルーガン スリーアキシス 電池式コードレスグルーガン

スリーアキシス

9
グルーガン テクノス グルーガン G4HS型

テクノス

10
グルーガン Beeway ピタガン 1枚目

Beeway

商品名

グルーガン

高温グルーガンセット

グルーガン

ボンドガン

バッテリーグルーガン GLUEPEN

ELE350グルーガン

EARTH MAN コードレスグルーガン

電池式コードレスグルーガン

グルーガン G4HS型

ピタガン

特徴高コスパ!汎用性が高くお手頃価格ホワイトカラーで女性に人気60Wの高出力と耐久性の高さで使い勝手バツグン一家に1台あると便利な基本のグルーガン予熱時間15秒。使い勝手のいい充電式コードレス握りやすく使い勝手バツグンのほどよいサイズ感手軽に使える乾電池式のコードレスタイプ暗い場所でも使いやすいLEDライト搭載タイプ高温タイプの小型グルーガン。スイッチ付きで便利すっきりまとめて整理できる収納ケース付き
価格1,299円(税込)1,200円(税込)2,099円(税込)676円(税込)4,958円(税込)1,580円(税込)1,199円(税込)1,191円(税込)2,052円(税込)2,280円(税込)
タイプ高温(溶融温度250度可能な高品質の絶縁ノズル)高温高温高温(ノズル温度・160度)記載なし高温記載なし記載なし高温(溶融温度・180度)高温(溶融温度・180~200度)
給電方式コード式(コード長:1.5m)コード式(コード長:1.45m)コード式(コード長:約1.5m)コード式(コード長:1.55m)充電式(リチウム電池付属)コード式(コード長:1.4m)単3アルカリ乾電池×4本単3アルカリ乾電池×4本コード式(コード長:1.5m)コード式(コード長:1.18m)
消費電力20W記載なし60W6~12W5.4W(充電状況によって異なる)35W8W(電池状況によって異なる)乾電池による20W20W
本体サイズ/重量持ち手部分8.1cm/記載なし記載なし15×18cm/記載なし20.2×10.4×6.4cm/記載なし17×31×5.5cm/100g(バッテリー含む)14.4×14.2cm/記載なし23.5×16.5×6cm/約150g(本体のみ)16.5×15.0×3.7cm/約150g(電池含まず)13×12×2.5cm/記載なし14.3×11.3×2.8cm/記載なし
スイッチ×無し無し
スタンド記載なし×(ペン型のため不要)
対応グルースティック記載なし記載なし直径1.1cm直径0.75cm直径0.7cm直径0.7cm直径0.7〜0.75cm直径0.7〜0.75cm直径0.7〜0.8cm直径0.7cm
セット内容本体・グルースティック×50本・取扱説明書本体・グルースティック(ロング)×10本本体・グルースティック(20cm)×30本本体・グルースティック×3本本体・充電器・グルースティック(クリア)×4本本体・グルースティック(15cm)×10本本体・グルースティック×3本本体・グルースティック×3本本体・グルースティック×2本本体・グルースティック×50本・収納ケース・取扱説明書
商品リンク

グルーガンの使い方と応用

使い勝手のいいグルーガンを手に入れたら、正しい使い方をチェックして快適に利用しましょう。接着以外の使い方についてもご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

グルーガンの使い方と注意点

グルーガンの使い方と注意点

出典:amazon.co.jp

グルーガンにグルースティックを差し込んでセットしたら、スイッチもしくはコンセントを挿し込み予熱をスタートします。

予熱時間は3~5分程度ですが、商品によりますので事前に確認しておきましょう。予熱の時間を守ってしっかり準備しないと、接着力が落ちるので注意してくださいね。


準備が完了したら、接着したい場所に位置を合わせてトリガーを引きます。トリガーを引くことで溶けたグルースティックが出てくるので、必要量だけ出したらトリガーから手を離しましょう。


溶けた樹脂が糸を引くのが気になる方は、円を描くようにグルーガンを動かすときれいに始末できますよ。

カラースティックを使えば接着だけではない楽しみも

Ewparts色とりど ホットスティック高温 グルースティック15色セット 75本入

1,281円 (税込)

グルースティックは透明タイプが主流ですが、カラータイプも販売されています。カラータイプは接着にも使えますが、小物やアクセサリーの作成に大人気。シリコンの型にグルーを流せば、フェイクスイーツや指輪など、さまざまなモチーフを簡単に作ることができます。


ツルツルした面にひっつきにくい特性を利用して、クッキングシート上にデザインするのも楽しいですよ。冷えたら剥がすだけ、慣れてくれば文字も書けるのでさまざまなアイテムに活用できます。


透明なグルーを使ってあとから着色し、より本格的なアイテムに仕上げるハンドメイド作家の方もいらっしゃいます。いろいろ楽しめますので、ぜひグルーガンを活用してくださいね。

接着剤は素材に合わせ選ぶのがおすすめ

今回は、グルーガンについてご紹介しましたが、接着剤は素材に合わせて使い分けるのがおすすめ。以下の記事では、素材別の接着剤の選び方とおすすめ商品をご紹介していますので、合わせて参考にしてください。

グルーガンの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、グルーガンのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は、グルーガンのおすすめ商品をご紹介しましたが、いかがでしたか?

慣れてくると簡単な洋裁などもできるので、ハンドメイドやDIYが趣味でなくとも1台はあると便利。通常の接着剤より早く接着できるので、日々の生活にも役立ちます。ぜひ、この機会に使い勝手のいいグルーガンを見つけてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す