1. TOP
  2. >
  3. DIY・工具
  4. >
  5. 電動工具
  6. >
  7. 電動ドリル・ドリルドライバー
【徹底比較】電動ドライバーのおすすめ人気ランキング17選【2020年最新版】

【徹底比較】電動ドライバーのおすすめ人気ランキング17選【2020年最新版】

DIYや家具の組み立てなどの作業を効率良く進められる電動ドライバー。マキタ・パナソニック・日立などのメーカーだけでなく、ニトリやコーナンなどのホームセンターでも販売されています。しかし、初心者でも扱いやすい小型タイプや、本格的な作業にぴったりのインパクトドライバーなど種類が豊富で、さらに付属しているビットによっても用途が変わってくるため、どこに注目して選んだらいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。


今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の電動ドライバー17商品を比較して、最もおすすめの電動ドライバーを決定したいと思います。


比較検証は以下の2点について行いました。

  1. 操作性
  2. 静音性

果たしてどの商品がベストバイ商品なのでしょうか? 電動ドライバーの選び方のポイントもご説明しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてください。

  • 2020年08月19日更新
  • 527,436 views

検証のポイント

売れ筋の電動ドライバー17商品をすべて集めて、徹底的に比較検証しました
  • 操作性

    検証① 操作性

    電動ドライバーを選ぶうえで気になるのは、やはり操作性。初心者でも使いこなせる商品があれば便利ですよね。そこで、DIY専門家の網田真希さんに協力してもらい、実際に全商品使用して比較・検証しました。検証には1×4材と3.5Mx12mmの木ネジを用いています。操作性で着目したのは以下の5点です。持ちやすさ(重さや握りやすさ)取り回しネジ締め時に軸がブレないか機能性は十分かDIY用途でパワーを発揮できるかなお、トルク値や回転速度など詳細な情報はランキングには記載してあるので、自分が求めるスペックがあるのかどうかも参考に選んでみてくださいね。

  • 静音性

    検証② 静音性

    最後は、「静音性」の検証です。連続して作業中する場合は、なるべく音が気にならない商品を選びたいもの。そこで騒音計を用い、最大風量の音の大きさを測定しました。騒音の基準は以下の通りです。90〜100dB 非常にうるさい70〜80dB うるさい50〜60dB 普通なお、静音性は評価には加えず、参考情報としてランキングに記載しております。

  • すべての検証はmybest社内で行っています

    自社施設

    DIYクリエイターが全面協力!

    DIYクリエイターが全面協力!

    今回は、DIYクリエイターの網田真希さんの協力を得て、商品の比較・検証を行いました。



    工業高校卒業から6年間のネイリストを経て、トータルデザイン・インテリアデザイン・DIY・空間デザインスタイリング・写真・テレビ撮影・監修・執筆などフリースタイルにて幅広く活動中。予算100万円で自宅をフルリノベーション、古材・流木などを使った家具作りが話題となり、様々なメディアにて取り上げられている。現在ではYouTube【スワロちゃんねる】にてDIY動画を配信している。

    電動ドライバーの選び方

    電動ドライバーを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「6つのポイント」をご紹介します。

    ① 主な種類は3タイプ!使用頻度や用途に合わせて選ぼう

    電動ドライバーは種類によってパワーが異なり、用途に合わせて選ばないと電動ドライバーの寿命を縮めてしまう場合もあります。まずは、電動ドライバーの選び方のポイントをご紹介します。

    ドリルドライバー:ビットの種類が豊富で、マルチな使い方が可能

    ドリルドライバー:ビットの種類が豊富で、マルチな使い方が可能

    ドリルドライバーは、電動ドライバーの中でも最も一般的なタイプ。ネジ締めや穴あけのほか、ビットを交換すれば研磨やカットなどもできますので、DIYにはひとつあると重宝します。いくつものビットがセットになった商品も販売されており、マルチな使い方をしたい人にぴったりです。


    またドリルドライバー特有の機能として、ネジや材料の破損を防ぐクラッチ調節機能が搭載されています。クラッチ段階数の多い機種のほうが、材料に合わせて確実な締め付け調整ができるようになりますよ。


    ただし材木の種類などによってはパワー不足となり、無理に使うと電動ドライバー本体に負荷がかかって寿命を縮めてしまいます。パワーが必要な作業にはインパクトドライバーを使用しましょう


    ※なおこの記事では「電動ドライバー」=「ドリルドライバー」としています。

    小型ドライバー:初心者や女性でも使いやすく、家具の組み立て作業に最適

    小型ドライバー:初心者や女性でも使いやすく、家具の組み立て作業に最適

    小型ドライバーは握りやすいコンパクトタイプで、グリップ性に優れていることがメリットのひとつ。コンパクトで軽く、初心者や女性でも扱いやすいのが特徴です。最近では、手動のドライバーに電動機能が搭載されたものもあり、ワンタッチで簡単にネジ締めが可能。


    また、通常の電動ドライバーでは入れない狭いスペースにも向いています。パワーは大きくありませんが、組み立て式の家具のネジ締めなどちょっとした使い方だけならば十分です。価格も手ごろで、DIY初心者の入門機にもいいでしょう。

    インパクトドライバー:長ビスの打ち込みや本格的な大工仕事に

    インパクトドライバー:長ビスの打ち込みや本格的な大工仕事に

    インパクトドライバーは、ドリルドライバーよりもハイパワーなタイプ。ネジを回しながら打撃を加えるため、長ビスの打ち込みも楽に行えます。大工仕事やリフォーム、ビス打ちなど本格的な作業に向いています。振動ドリルも振動を加えながら回転するもので、主に穴あけなどに適しています。


    ただしパワーが強すぎるゆえに、ネジ山をつぶしてしまうこともありますので注意しておきましょう

    網田真希
    空間デザイン・DIYクリエイター
    網田真希さんのコメント

    小型ドライバーは持ち運び、携帯に便利で奥まった場所などに届き、細かい作業向きです。ドリルドライバーは、ドリルビットをとりつけ穴あけや、ビスの打ちなどを微調整できたり、慎重な作業向き。インパクトドライバーは、回転に加え打撃も加わり、スピード作業や力強い作業に最適。


    インパクトで強く打ち込むのか、面を合わせられるよう電動ドライバーで慎重に打つのか、使用する場面にどのドライバーを使うかを選別することが重要です。

    ② 給電方式は2種類!使い勝手のよさで選ぶならバッテリー式がおすすめ

    インパクトドライバーの給電方式はコード式(AC電源)とバッテリー式(充電式)の2種類。それぞれにメリット・デメリットがあるため、使用するシーンや使い勝手を想定して選びましょう。

    網田真希
    空間デザイン・DIYクリエイター
    網田真希さんのコメント

    コード式は、電源さえあればパワーが劣ることなく作業が可能です。コードがあることから取り回しが若干やりずらかったり、電源のない場所には向きません。


    一方で、バッテリー式は取り回しが楽で、屋内屋外・電源のない場所でも使用できます。しかし連続使用で長時間使用した場合、バッテリーが減ってくるとパワーも劣ってきます。さらに、その都度バッテリーの交換が必要です。使用するシーンを想像して選んでみてくださいね。

    屋内・屋外問わず使用できる「バッテリー式」

    屋内・屋外問わず使用できる「バッテリー式」

    バッテリー式は、屋内・屋外問わず使用できるのが最大のメリット。コードがない分、移動もしやすく、特に持ち運んで使う人におすすめです。ただし充電時間と、フル充電でどのくらい使えるかはよく確認しておきましょう。早く充電が完了するものほどバッテリーの持続時間が短くなるため、3時間から4時間程度の充電時間のものを選ぶとよいでしょう。


    またバッテリーによってパワーが異なるため合わせてボルト数もチェックしておくのがおすすめ。3.6V〜18Vと幅がありますが、DIYなどの軽作業程度ならば10.8Vほどで十分ですので、用途に合わせて選びましょう

    長時間屋内での使用するなら「コード式」も選択肢となる

    長時間屋内での使用するなら「コード式」も選択肢となる

    コード式の電動ドライバーは、コンセントから給電するため安定したパワーで作動するのがメリット。長時間の作業にも適しています。


    また、バッテリー式よりも価格が安いモデルが多く、バッテリーを交換する必要ありません。コードの長さに制限があるため屋外で使用するのには向きませんが、屋内での使用がメインの人には選択肢のひとつとなるでしょう

    ③ 適切なトルク範囲の電動ドライバーを使うことが快適な作業につながる!

     適切なトルク範囲の電動ドライバーを使うことが快適な作業につながる!

    電動ドライバーの性能を比較するうえでひとつの基準となるのが「トルク」。トルクとは、ネジの締め付け能力のことで、N・m(ニュートンメートル)という単位で記載されており、この数字が高ければ高いほどネジを締めつける力が強くなります


    ホームユース向けに販売されている電動ドライバーは、20~49N・m台が多い傾向です。ちょっとした家具の組み立てや、DIY作業であればこの範囲で問題ありませんが、より太いビスの締め付けや大口径の穴あけをしたい場合は50N・m以上も検証してみましょう。


    また、70N.m以上になるとプロ向けの商品が多くラインナップされているため、作業内容にあっているのかを確認して選ぶようにしましょう。

    網田真希
    空間デザイン・DIYクリエイター
    網田真希さんのコメント

    トルクの強弱はバッテリーでも左右されます。DIY用であれば18V.3A以内のバッテリーで十分ですが、さらにパワーをあげたい場合などは、18V、6Aのバッテリーに変えるなどで調整してみてください。逆に7.2Vや10.2Vにする事でトルクは弱まります。

    ④ 作業する用途にあわせて最適な回転数を選ぼう

    作業する用途にあわせて最適な回転数を選ぼう

    電動ドリルは、何の作業をするかによって最適な回転数が変化するためチェックしておきましょう。一般的に、木材に穴開けをする場合、2,000min-1程度の回転数があれば十分に行えます。ただし金属への穴あけを行う場合には、回転数が2,000min-1以上ある機種が向いています。


    なお、自在に回転数を調節できる無段変速タイプや、速度切り替え機能付きの電動ドリルを持っておくと便利。木材・金属どちらの穴あけにも対応できる可能性があるため、さまざまな用途で使用したい方には最適ですよ。

    ⑤ 穴あけ用途で使用するなら取付チャック能力も要確認

    穴あけ用途で使用するなら取付チャック能力も要確認

    穴あけ能力はビットの太さによって変化するため、取付チャック能力の数値はしっかりと確認しましょう。取付チャック能力の数値は「mm」で表示されており、穴あけ能力を示しています。


    ただし、ビットが表示より太いと取り付けられないので注意してください。ビットは基本的に6.5・10・13mmの3種類ですが、表示より細いビットなら取り付けできます。ランキングの商品情報にも記載しているので、参考にしてみてくださいね。

    ⑥ 初心者は付加機能にも注目すると扱いやすい

    初心者は付加機能にも注目すると扱いやすい

    チャック能力や回転数といった基本的な項目の他に、より便利に使用するための機能がついている商品があります。必須機能ではありませんが、特に扱いに慣れていない初心者にとっては便利な機能となるためチェックしておきましょう。


    • 無段変速回転数:設定範囲内で任意に調整できる機能
    • 2スピード切替:高速・低速の速度切り替え機能
    • LEDライト:暗所の際に手元を明るく照らす機能
    • バッテリー残量表示:バッテリーの残量がひと目で分かる機能
    • キーレスチャック:チャックキーを使わずに簡単にビットのつけ外しができる機能
    網田真希
    空間デザイン・DIYクリエイター
    網田真希さんのコメント

    機能があると便利ですよね。初心者の場合はそれに加えて、手にフィットするグリップか、長時間使用しても疲れない重さかどうかも確認しておくと、扱いやすい電動ドライバーに出合えますよ。

    売れ筋の人気電動ドライバー全17商品を徹底比較!

    電動ドライバーの検証

    今回は、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の電動ドライバー全17商品をすべて集めて、どれが最もおすすめの商品なのかを検証しました。


    具体的な検証内容は以下のとおりです。

    検証①:操作性

    検証②:静音性


    ランキング作成日:2020/04/20

    今回検証した商品

    1. DCMホールディングス|10.8V 充電式ドリルドライバー スターターキット
    2. HYCHIKA(ハィチカ)|電動ドリルドライバーセット
    3. KIMO|電動ドリル 12V
    4. Kuromatsu|電動ドライバー
    5. Makita(マキタ)|充電式ドライバドリル 10.8V
    6. Makita(マキタ)|充電式ドライバドリル MDF347DS
    7. Primero(プリメロ)|ドリル&ドライバー AC100V DDR-70AZA
    8. アイリスオーヤマ|充電式ドライバドリル JCD28
    9. カインズ|Kumimoku ACドリル&ドライバー KT-01
    10. コメリ|充電式7.2V ドリルドライバー RZ-072DV
    11. パナソニック|充電スティックドリルドライバー EZ7421LA2S-B
    12. ポップリベット・ファスナー|スマートドリルドライバー KR112
    13. リョービ|ドライバードリル CDD-1020 645801A
    14. リョービ|ドライバードリル FDD-1000
    15. 工機ホールディングス|10.8V コードレスドライバードリル FDS10DAL(2LCSK)
    16. 新興製作所|電動ドライバドリル コード式
    17. 高儀|EARTH MAN AC100V ドリル&ドライバー DDR-120

    検証① 操作性

    操作性

    電動ドライバーを選ぶうえで気になるのは、やはり操作性。初心者でも使いこなせる商品があれば便利ですよね。


    そこで、DIY専門家の網田真希さんに協力してもらい、実際に全商品使用して比較・検証しました。検証には1×4材と3.5Mx12mmの木ネジを用いています。


    操作性で着目したのは以下の5点です。

    • 持ちやすさ(重さや握りやすさ)
    • 取り回し
    • ネジ締め時に軸がブレないか
    • 機能性は十分か
    • DIY用途でパワーを発揮できるか

    なお、トルク値や回転速度など詳細な情報はランキングには記載してあるので、自分が求めるスペックがあるのかどうかも参考に選んでみてくださいね。

    【検証結果ハイライト】値段と使いやすさに相関性あり。3,000円以下の安価なモデルは軸ブレしやすい傾向!

    【検証結果ハイライト】値段と使いやすさに相関性あり。3,000円以下の安価なモデルは軸ブレしやすい傾向!

    検証の結果、全商品及第点以上で自宅でのDIYで使用するのであればどれも問題ありませんでした。ただし、3,000円以下の安価なモデルは軸ブレしやすく上位の商品と比べてスムーズにネジ締めができません。また、本体の重心も悪く、持った際に安定しない悪い傾向にありました。


    一方で、上位を締めたのはマキタやハイコーキといった大手工具メーカーの電動ドライバー。重心の安定感、持ち手のグリップ、パワーどれをとっても高い水準でした。スペックが高いのもあって、本体自体に重さがある商品が多いのですが、そのおかげでネジが自然に押し込まれ、作業時間の短縮になります。


    また、5,000円以上の価格帯のものが多いため購入する費用はかかりますが、スムーズに作業を行いたいのであれば選ぶ価値はありますよ

    網田真希
    空間デザイン・DIYクリエイター
    網田真希さんのコメント

    どの商品もDIY作業で使用するには、問題ない性能でした。しかし全体で比べてみると、上位の商品と下位の商品では持ちやすさ・ネジ締めのスピード・打ち込みの滑らかさに差があります。今回の検証ではマキタの商品が非常に使いやすく、初心者からプロまで満足できる操作性でした。


    とはいえ、作業内容によって求めるスペックが違うのも事実。自分がどんな作業をしたいかによって選んでみるのもよいでしょう

    検証② 静音性

    静音性

    最後は、「静音性」の検証です。連続して作業中する場合は、なるべく音が気にならない商品を選びたいもの。そこで騒音計を用い、最大風量の音の大きさを測定しました。騒音の基準は以下の通りです。


    • 90〜100dB 非常にうるさい
    • 70〜80dB うるさい
    • 50〜60dB 普通

    なお、静音性は評価には加えず、参考情報としてランキングに記載しております。

    【検証結果ハイライト】最大で20dB以上の差!より静かなものを選ぶなら75dB以下を目安に

    【検証結果ハイライト】最大で20dB以上の差!より静かなものを選ぶなら75dB以下を目安に

    検証の結果、75〜85dBの範囲の商品が多く、静かといえる商品はありませんでした。とはいえ、最小値(71dB)と最大値(92.2dB)で20dB以上もの差がついたため、どれも一緒とはいえない結果に。


    静音性の数値はランキングの商品情報に記載してあるので、より静かな電動ドライバーを使用したいなら75dB以下を目安に選んでみてくださいね

    No.1
    ベストバイ・電動ドライバー
    操作性No.1

    Makita(マキタ)充電式ドライバドリル 10.8V

    13,580円(税込)

    総合評価

    5.00
    • 操作性: 5.0

    スピーディかつ正確。思いどおりに作業できるのが魅力

    パワー・持ちやすさ・操作性、何をとっても使いやすいと感じたのは、マキタの「充電式ドライバドリル 10.8V」。トルクは22N・m、最高回転数は1,300min-1とスペックだけみると特別ずば抜けているわけではありませんが、実際に使用してみるとスピーディにネジ締めができました。ネジが木材に滑らかに入っていくので、振動も感じることなくあっという間に作業が終わります


    ほかの商品と比べて、コンパクトなサイズ感で取り回しもよいです。握りやすく、滑りにくいグリップも好印象で、持った時にしっかりと手に馴染んでくれますよ。加えて、重心が下にくるため初心者でも軸ブレなく使用できました。コードレスタイプなため、どんな作業環境でも適応してくれそうです。


    バッテリーが小さいからか、自立しにくいのはマイナスポイントではありますが、初心者・上級者問わず、思ったとおりに作業できるのは非常に便利。シンプルな作りになっているので、直感的に使用できる点も高く評価できます。また、バッテリーが10.8Vとパワーの持続時間が気になる部分ではあるものの、替えのバッテリーが付属されているため、長時間作業する場合は交互に充電しながら使用するとよいでしょう。

    本体サイズ18.3×15.7cm
    重量0.88kg
    電源バッテリー式
    対応電圧10.8
    最大トルク値22N・m
    クラッチ数18
    無負荷回転数低速:0〜350min-1 高速:0〜1,300min-1
    チャック能力6.35mm
    その他の機能LEDライト、無段変速スイッチ、正逆回転切替機能
    付属品バッテリー×2、充電器、ケース
    静音性76.9dB
    No.2
    初心者向き

    アイリスオーヤマ充電式ドライバドリル JCD28

    5,430円(税込)

    総合評価

    4.81
    • 操作性: 4.8

    パワフルなのに軽くて持ちやすい。初心者にすすめたい商品

    大手家電メーカーであるアイリスオーヤマから販売されている「充電式ドライバドリル JCD28」。最高回転数は1,300min-1、トルク値も28N・mとDIY作業では十分なパワーを持ち合わせています。トリガースイッチを押す力を変化させることでスピードが調節できるため、繊細なネジ締めも可能ですよ。


    特筆すべきは、本体の軽さとグリップの握りやすさ。本体重量は0.83kgと、同じスペックを持つ商品に比べて軽く、長時間の作業でも疲れにくい印象です。また、手の小さい方でも力の入れやすいグリップの細さで、安定して持つことができますよ。特に高い位置で持って作業する場面では活躍してくれるでしょう


    機能に関してはLEDライトや速度切り替えなど必要十分。付属品は多いとはいえませんが、10種類のビットセットや充電器など作業するに事足りる内容です。特別優れているというわけではありませんが、持ちやすさやパワー、機能性のバランスがよく、バランスのとれた電動ドライバーといえます。価格も抑えられているため、初めて電動ドライバーを購入する初心者には特におすすめです。
    本体サイズ21×7×20cm
    重量0.83kg
    電源バッテリー式
    対応電圧10.8
    最大トルク値28N・m
    クラッチ数13
    無負荷回転数低速:0〜350min-1 高速:0〜1,300min-1
    チャック能力10mm
    その他の機能スピード調節機能、1正逆回転切替機能、LEDライト
    付属品10種類ビット、ACアダプター、充電器、10.8Vバッテリー
    静音性80.3dB
    No.3
    スピーディな作業に最適

    HYCHIKA(ハィチカ)電動ドリルドライバーセット

    4,980円(税込)

    総合評価

    4.80
    • 操作性: 4.8

    回転数が高く、スムーズな作業が可能。使いやすい工夫も光る

    ハィチカの電動ドリルドライバーセットは比較した商品のなかで最も回転数の多かった(1,500min-1)電動ドライバーです。トルク値も30N・mと、パワーがあり、21+1段階あるトルク調整で、幅広い作業が行えるのが魅力。

    ネジの締緩も素早くでき、DIY用途で使用するには十分といえるでしょう。軸ブレもないため、狙ったところ真っ直ぐにネジが入っていきますよ。回転数が早すぎると感じたときは、トリガースイッチを押す力加減で無段変速が行え、回転速度も調整できます。

    やや重いのが惜しい点ではありますが、握りやすいグリップや重心の安定感で持ちやすく、扱いづらいとは感じませんでした。また、LEDライト・バッテリーランプ・ベルトフックといった使いやすい機能がたくさんついており、初めて使用する方にも優しいセット内容になっているのも高評価ポイント。ビットやソケットが合計22本付属しているため、ひとつ持っておけばさまざまな作業ができますよ。作業効率を重視する方であればすすめられる商品です。
    本体サイズ18×21cm
    重量1.05kg
    電源バッテリー式
    対応電圧12
    最大トルク値30N・m
    クラッチ数21+1
    無負荷回転数低速:0〜400min-1 高速:0〜1500min-1
    チャック能力-
    その他の機能正逆回転切替機能、キーレスチャック、LEDライト、フック付き
    付属品木工穴あけ用ドリルビット×4、金属用ドリルビット×6、延長精密ビット×6、六角ソケット×5、ソケットアダプター、バッテリー、ドリルビット収納袋、充電アダプター
    静音性82.3dB
    No.4

    DIYには十分すぎる性能。回転切替ボタンの硬さには注意

    豊富な付属品と、32N・mのトルク値が魅力のKuromatsu「電動ドライバー」。バッテリーの電圧は18Vと、比較した商品のなかで最も高く、長時間パワフルな作業を行えるのも利点です。それでいて、1万円以下で購入できるので、その点ではコストパフォーマンスに優れているといえます。


    しかし、本体の重量が重いのがネック。若干持ち手も太いため、高い位置で持って作業するとなると、手に負担がかかってしまいそうです。ただ、重心の位置が丁度よいため、操作しづらいわけではありません。本体自体の重さを上手く利用すれば、その重さでビスを自然に押し込んでくれますよ。


    初心者が使い慣れるまでに時間はかかるかもしれませんが、ネジの締緩はもちろん穴あけも卒なくこなせるため、パワーのある1台が欲しいなら選択肢となる商品です。ただし、DIY回転切り替えボタンが硬いため注意してくださいね。
    本体サイズ30×8×10cm
    重量1.35kg
    電源バッテリー式
    対応電圧18
    最大トルク値32N・m
    クラッチ数21
    無負荷回転数低速:0〜400min-1 高速:0〜1350min-1
    チャック能力0〜10mm
    その他の機能無段階変速、正逆回転切替機能
    付属品25mm CRVビット×20、六角ソケット×4、50mm炭素鋼ポール、ブラックツイストドリル×2、建設ドリル×2、300mm黒ホース、ネジボックス、25mmADAポスト
    静音性83.4dB
    No.5

    工機ホールディングス10.8V コードレスドライバードリル FDS10DAL(2LCSK)

    14,800円(税込)

    総合評価

    4.70
    • 操作性: 4.7

    自立しにくいのが難点だが、パワーや操作性は申し分なし

    ハイコーキから販売されている「10.8V コードレスドライバードリル 充電式 」は、トルクが34N・mと比較した商品のなかで最大の値だった商品。最高回転数も1,300min-1で申し分ありません。ネジの締緩作業はもちろん、穴あけ作業でも活躍してくれるでしょう。


    パワーの強さで初心者には扱いづらいと思いきや、パッテリーが軽くて重心も安定しているため、問題なく作業できました。ハンドルが細いため、手の小さい方でも力がこめやすく、使用時に本体がグラつきにくい印象です。

    マイナス評価となったのは、本体下部に取り付けるバッテリーが小型で、自立しにくい点。腰に取り付けるフックも付属されていないため、作業する際にはちょっとしたストレスになりそうです。ただし、急速充電器やバッテリーの予備など、ほかの付属品に関しては十分すぎるほどで、安心感の大きい商品といえます。

    本体サイズ17×21cm
    重量1kg
    電源バッテリー式
    対応電圧10.8
    最大トルク値34N・m
    クラッチ数21
    無負荷回転数低速:0〜350min-1 高速:0〜1,300min-1
    チャック能力0.8〜10mm
    その他の機能キーレスチャック、LEDライト、2段変速切替機能、フック取り付け可能、正逆回転切替機能
    付属品急速充電器、No2プラスドライバビット、予備電池、ケース、電池カバー
    静音性80.3dB
    No.6

    Makita(マキタ)充電式ドライバドリル MDF347DS

    9,680円(税込)

    総合評価

    4.60
    • 操作性: 4.6

    重さは気になるものの、パワーのいる長時間作業に便利

    DIYモデルでありながら、プロ機と変わらない耐久性を謳い文句としている、マキタの「充電式ドライバドリル MDF347DS」 。最大トルク:30N・m、最高回転数は1,400min-1と、パワフルなスペックです。


    実際に使用してみても、スピーディにネジが木材に入っていき、ネジの締緩作業を行うには十分なパワーを感じられました。トリガーの感度もよく、力加減でトルクの微調整もしっかり行えました。

    一方で、バッテリーがやや重く、重心が下にきてしまうため、手首に負担がかかってしまいます。軸ブレや振動がないので使っていて疲れるわけではないですが、力に自信のない方には扱いづらいかもしれません。バッテリー付きの工具に慣れており、パワーのいる作業を長時間行いたい方であれば、購入しても使いやすいと思える商品でしょう。
    本体サイズ19.8×83×23.5cm
    重量1.4kg
    電源バッテリー式
    対応電圧14.4
    最大トルク値30N・m
    クラッチ数16+直結
    無負荷回転数低速:0〜400min-1 高速:0〜1,400min-1
    チャック能力0.8〜10mm
    その他の機能キーレスチャック、正逆回転切替機能
    付属品1.5Ahバッテリ、充電器、ケース
    静音性77.7dB
    No.7

    パワーを求める作業に便利。ただし持ち手の太さはネック

    KIMOの「電動ドリル12V」は、ネジ締めが素早くできたのが高評価ポイントでした。トルクは21N1、最高回転数は1,350min-1とDIY作業では十分なパワーなのも魅力。このスペックでは安価なほうで、コスパもよいといえるでしょう。


    パワーがある一方で、持ち手が太すぎてやや持ちづらさを感じたのが評価を下げました。手の大きい男性が握っても太いと感じてしまうほどで、手の小さい方が使うのには不向きです。ただ、本体が重くないので、グリップのサイズさえ合えば問題なく使用できますよ。

    また、付属されているビットの精度はいまひとつで、ネジにフィットしにくいため、よりスムーズに作業するにはビットを別途用意する必要があります。穴あけ作業といったパワーを求める作業ならば活躍してくれるでしょう。
    本体サイズ18×5.5×20cm
    重量0.73kg
    電源バッテリー式
    対応電圧12
    最大トルク値21N・m
    クラッチ数18+1
    無負荷回転数低速:0〜350min-1 高速:0〜1350min-1
    チャック能力0.8-10mm
    その他の機能正逆回転切替機能、LEDライト、過負荷保護、加熱保護
    付属品充電アダプター、ビットセット(32本)、金属用ドリルビットセット(6本)、ビット延長アダブター、フレキシブルシャフト、収納バッグ
    静音性79.4dB
    No.8
    静音性No.1

    パナソニック充電スティックドリルドライバー EZ7421LA2S-B

    19,109円(税込)

    総合評価

    4.30
    • 操作性: 4.3

    狭所作業ならコレ。重心がネックだが、形状切替は役立つ

    パナソニックから販売されている「充電スティックドリルドライバー EZ7421LA2S-B」は、ストレート型とピストル型に形状を簡単に切り替えられるのが最大の特徴で、棚の奥など狭所作業には役に立ちますよ。加えて、グリップがしっかりしており、持ったときの安定感も高く評価できます。

    しかし、重心がやや先端にあり、安定しないわけではありませんが、違和感があるのがネック。またペンタイプに切り替えたときに、回転ボタンの位置が真ん中になるので、せっかくの長さが活かしきれないのも惜しい点です。


    とはいえ、指ひとつで正逆回転を変えれるため非常に便利です。トルク値6N・m、最高回転数は900min-1と家具の組み立て程度であれば使えるレベルのパワーであり、初心者でも直感的に使用できますよ。

    本体サイズ24.3×4.6×14.7cm
    重量0.6kg
    電源バッテリー式
    対応電圧7.2
    最大トルク値6N・m
    クラッチ数21
    無負荷回転数低速:300min-1 高速:900min-1
    チャック能力9mm・11.5mm・13mm
    その他の機能自動電源オフ、LEDライト、スピードコントロール機能、正逆回転切替機能
    付属品プラスチックケース、急速充電器、電池パック
    静音性71.1dB
    No.9

    ビットの付け替えは面倒だが、細かい作業には最適

    本体重量が0.8kgと、比較した商品のなかでも軽さを感じられた、リョービの「ドライバードリル FDD-1000」。本体の素材もプラスチックで、重厚感のないシンプルな見た目も印象的です。

    キーレスチャックではないため、ワンタッチでビットを交換できない点が評価を下げたポイント。付属のチャックハンドル(L型)を、チャックの穴に差し込んで、ビットを交換しなくてはならないのは非常に面倒です。初めて電動ドライバーを使用する方だと特に慣れが必要でしょう。


    またトルク値は6.4N・m、最高の回転数は540min-1と、幅広い作業に使用できるスペックではありませんが、パワーを細かく微調整できたのが評価ポイント。浅いネジ締めといった細かい作業をするには最適な商品ですよ。

    本体サイズ18.6×5.9×18.7cm
    重量0.8kg
    電源コード式
    対応電圧-
    最大トルク値6.4N・m
    クラッチ数20
    無負荷回転数540min-1
    チャック能力1.5~10mm
    その他の機能正逆回転切替機能
    付属品プラスドライバビット(No.2×65)、チャックハンドル(L型)
    静音性79.2dB
    No.10

    ずば抜けたパワーはないものの、全体のバランスがよい

    大手ホームセンターであるカインズのプライベート商品である「Kumimoku ACドリル&ドライバー KT-01」。評価を上げた利点は、持ったときのフィット感と、コード式のわずらわしさを感じにくい軽さです。また、女性でも持ちやすい太さのグリップと、安定した重心で難なく作業できました

    一方でトルク値は7.8N・m、最高回転数は500min-1と、パワフルなスペックとはいい難い一面も。実際に使ってみても、素早くネジを打ち込めるわけではありませんでした。サクサクとスピーディに作業をしたい方にとっては物足りないかもしれません。とはいえ、軸ブレや振動もなく、作業自体はスムーズに行えます。

    音も比較的静かで優しい使い心地のため、初めに購入する1台目の電動ドライバーとしてはバランスのよい商品とはいえます。

    本体サイズ17×2×5.5cm
    重量1kg
    電源コード式
    対応電圧-
    最大トルク値7.8N・m
    クラッチ数5
    無負荷回転数0~500min-1
    チャック能力0.8~10mm
    その他の機能正逆回転切替機能
    付属品6.35mm六角軸両頭ビット、No.2×65mm×1
    静音性73.8dB
    No.11

    リョービドライバードリル CDD-1020 645801A

    6,699円(税込)

    総合評価

    3.50
    • 操作性: 3.5

    初心者には扱いづらい。本格的な作業には便利

    リョービの「ドライバードリル CDD-1020 645801A」は、トルクが30N・mと比較した商品のなかでも高い値。最高回転数は1,000min-1で、そこまで多いというわけではありませんが、強いパワーを感じられました。


    2段階の速度調節で、低速に設定して使ってみても、パワーは変わらずで初心者が使うとやや軸がブレてしまいます。ちょっとした作業や家具を組み立てる際には、パワーが強すぎて使いにくいでしょう。また、浅いネジ締めをするには注意が必要です。コード式でわずらわしさは否めないものの、安定したパワーで本格的なDIYを作業をしたい方には便利な商品でしょう。

    本体サイズ22×62×12.5cm
    重量1kg
    電源コード式
    対応電圧-
    最大トルク値30N・m
    クラッチ数20
    無負荷回転数低速:0〜300min-1 高速:0〜1,000min-1
    チャック能力0.8〜10mm
    その他の機能正逆回転切替機能、2スピードギヤボックス採用、無段変速、キーレスチャック
    付属品プラスドライバビット(No.2×65mm)
    静音性86.6dB
    No.12

    ポップリベット・ファスナースマートドリルドライバー KR112

    3,304円(税込)

    総合評価

    3.40
    • 操作性: 3.4

    パワーは申し分ないが、取り回しは及第点レベル

    ブラックアンドデッカーのイメージカラーであるオレンジと黒のスタイリッシュなデザインが目を引く「スマートドリルドライバー KR112」。無段階変速スイッチ、24段階のクラッチ設定など、豊富な機能が搭載されています。

    トルクは6.9N・m、最高回転数は650min-1と、そこまでスペックが高いわけではありませんが、使用してみると安定したパワーを感じられました。DIY作業や家具の組み立てであれば十分使用できるでしょう。評価を下げたのは、取り回しの悪さ。コードがやや重く、重心の位置も悪い印象です。狭い場所で使用するよりも、広いスペースで使用するのに向いていますよ。

    本体サイズ19.5×5.8×18.2cm
    重量0.94kg
    電源コード式
    対応電圧-
    最大トルク値6.9N・m
    クラッチ数24
    無負荷回転数0〜650min-1
    チャック能力1.0〜10mm
    その他の機能無段階変速スイッチ、24段階のクラッチ設定、キーレスチャック
    付属品両頭ビット(No.2/-8、No2/-10)、ビットホルダー
    静音性86.3dB
    No.13

    暗い場所での作業に便利だが、片手で作業はできない

    手の小さい方でも扱いやすいコンパクトなサイズ感が特徴的な、コメリの「充電式7.2V ドリルドライバー RZ-072DV」。バッテリーが内蔵されているため、付属のACアダプターで充電して使用します。

    ほかの商品と比べてライトの光量が強く、暗い場所での作業には非常に便利です。最高回転数は550min-1と多くないものの、トルクは21N・mとまずますのパワー。しかし、回転切り替えのスイッチが遠いため片手でスムーズに作業できません。加えて甲高い動作音のため、音に敏感な方は注意してください。ただ、手軽に初めて購入する電動ドライバーとしては、問題なく使用はできるでしょう。

    本体サイズ18.5×16cm
    重量0.9kg
    電源バッテリー式
    対応電圧7.2
    最大トルク値21N・m
    クラッチ数11
    無負荷回転数0〜550min-1
    チャック能力-
    その他の機能LEDライト
    付属品ビット10本セット、専用BOX、充電器
    静音性85.6dB
    No.14

    DCMホールディングス10.8V 充電式ドリルドライバー スターターキット

    8,778円(税込)

    総合評価

    3.30
    • 操作性: 3.3

    パワーはあるものの、持ちやすさで評価を下げた

    DCMから販売されている「10.8V充電式ドリルドライバー スターターキット」は、ケース・バッテリー・充電器・替えのビットがワンセットになった商品。バッテリー式のため、持ち運んで使用することもできます。


    実際に使用してみると、重心の位置が悪く安定して持つことができませんでした。加えてハンドルが太いため、手の小さい方だと力が入れにくいのも難点。最高回転数は1,300min-1、トルクも7.8N・mと、パワーは十分なものの、持ちにくさで操作性が悪くなっている印象です。力のある方や手の大きい方など限定した方でないと使いにくいでしょう。

    本体サイズ20.9×5.3×20.3cm
    重量1kg
    電源バッテリー式
    対応電圧10.8
    最大トルク値15N・m
    クラッチ数17
    無負荷回転数低速:0~400min-1 高速:0~1300min-1
    チャック能力1.5~10mm
    その他の機能ギア式速度2段階調整、LEDライト
    付属品充電器、バッテリーパック、スクリュービット、収納バッグ
    静音性77.7dB
    No.15

    Primero(プリメロ)ドリル&ドライバー AC100V DDR-70AZA

    3,040円(税込)

    総合評価

    3.20
    • 操作性: 3.2

    ネジの打ち込みスピードに難あり。慎重な作業向き

    アマゾンのプライベートブランドであるプリメロの「ドリル&ドライバー AC100V DDR-70AZA」は、重量が1kg未満と比較的軽い電動ドライバーです。コードが硬く、やや取り回しが悪いものの、単純作業で使用するのであれば問題ありません。

    最高回転数は500min-1、トルクも7.8N・mと、ほかの商品と比べてパワーが弱く、ネジの打ち込むスピードが遅いのがネック。ちょっとした家具の組み立てには便利ですが、穴あけ作業といった幅広い作業をするには物足りないでしょう。慎重に作業をしたい方やネジの締緩作業だけに使用したい方には選択技のひとつとなるでしょう。

    本体サイズ20×55×17cm
    重量0.95kg
    電源コード式
    対応電圧-
    最大トルク値7.8N・m
    クラッチ数5
    無負荷回転数0〜500min-1
    チャック能力0.8〜10mm
    その他の機能無段変速、キーレスチャック式、正逆回転切替機能
    付属品6.35mm六角軸両頭ビット、No.2×65mm ×1本
    静音性80.3dB
    No.16

    高儀EARTH MAN AC100V ドリル&ドライバー DDR-120

    2,455円(税込)

    総合評価

    3.10
    • 操作性: 3.1

    重心の位置で腕が疲れてしまう。特筆すべき利点もなし

    使用時にパワーの物足りなさを感じた、高儀 「EARTHMAN AC100V ドリル&ドライバーDDR-120」。最高回転数500min-1、トルクも7.8N・mと、ほかの電動ドライバーに比べてスペックではやや劣っています。


    重心が先端にあるため、作業をしていると下に傾いてしまい腕が疲れました。長時間同じ作業をするのには不向きでしょう。。安価なため気軽に購入できる点はメリットではありますが、機能として特筆すべき利点はなく、可もなく不可もなくな電動ドライバーでした。
    本体サイズ20.3×5.6×16.8cm
    重量0.95kg
    電源コード式
    対応電圧-
    最大トルク値7.8N・m
    クラッチ数5
    無負荷回転数0〜500min-1
    チャック能力0.8~10mm
    その他の機能クラッチ機構付、LEDライト付、無段変速、キーレスチャック、正逆回転切替機能
    付属品-
    静音性86.6dB
    No.17

    新興製作所電動ドライバドリル コード式

    2,924円(税込)

    総合評価

    3.00
    • 操作性: 3.0

    軸がブレるため扱いにくい。どっしりした重さもネック

    新興製作所の「電動ドライバドリル コード式」は、コードタイプの電動ドライバー。重心がドリル上部にあるため、手を伸ばして高い位置で作業するには不向きです。また、ほかの商品と比べて重さもあるため、力に自信のない方は疲れてしまうでしょう。トルクは14N・mはまずまずながら、最高回転数は790min-1です。

    特に評価を下げたのは、回転した際の軸ブレ。ビットが左右に揺れるため、素早くネジを打ち込めませんでした。正逆回転切替スイッチも硬いため、全体的に扱いづらい商品といえるでしょう。

    本体サイズ23×18cm
    重量1.35kg
    電源コード式
    対応電圧-
    最大トルク値14N・m
    クラッチ数8
    無負荷回転数0〜790min-1
    チャック能力1.5〜10mm
    その他の機能トルク調整8段、キーレスチャック、正逆回転切替機能、ロックボタン、無段階変速回転
    付属品ドライバービット×1本、ドリルビット×4本
    静音性92.2dB

    人気電動ドライバーの検証結果比較表

    電動ドライバーの売れ筋ランキングもチェック!

    なおご参考までに、電動ドライバーのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは以下から確認して下さい

    当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

    そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

    関連記事

    人気の記事

    人気のアイテムリスト

    カテゴリから探す