• 電動ノコギリのおすすめ人気ランキング10選【DIYに持って来い!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 電動ノコギリのおすすめ人気ランキング10選【DIYに持って来い!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 電動ノコギリのおすすめ人気ランキング10選【DIYに持って来い!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 電動ノコギリのおすすめ人気ランキング10選【DIYに持って来い!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 電動ノコギリのおすすめ人気ランキング10選【DIYに持って来い!】のアイキャッチ画像5枚目

電動ノコギリのおすすめ人気ランキング10選【DIYに持って来い!】

今回ご紹介するのは、電動ノコギリです。電動で刃を往復運動させる切断用の機械で、レシプロソーやセーバーソーとも呼ばれます。メーカーとしては、国内メーカーにRYOBI・マキタ・日立工機など、海外のメーカーにBOSCU・ブラックアンドデッカーなどがあります。

電動ノコギリは、色々な用途に使えますが、価格や充電の有無、大きさも異なり、それだけにどれを選べばよいのか分かりにくい製品でもあります。以下の記事では、選び方とともに、おすすめの電動ノコギリをランキング形式でご紹介します。価格、性能はもちろん、口コミの評価なども踏まえてランク付けしていますので、参考にしてください。ご紹介した製品は、どれも通販で簡単に購入することができるものばかりです。電動ノコギリを手に入れると、DIYなど含め、色々な作業が各段に楽に行えるようになりますよ!
  • 最終更新日:2019年03月06日
  • 114,324  views
目次

電動ノコギリとは?

今回ご紹介する電動ノコギリは、レシプロソーやセーバーソーと呼ばれるものです。刃を前後に往復運動させる製品です。つまり普通のノコギリの切る作業をモーターの力で代替するものです。

類似する製品(ジグソー、丸ノコ)について

類似する製品(ジグソー、丸ノコ)について

出典:amazon.co.jp

刃を前後に動かす電動ノコギリに対して、上下に刃を動かすものは、ジグソーと呼ばれます(上の写真)。このジグソーについては、今回ご紹介する製品には含めません(ジグソーの機能を併せ持っている電動ノコギリは含みます)。ジグソーについては別の記事がありますので、よろしければそちらをご参照ください(【DIYを快適に!】ジグソーのおすすめ人気ランキング10選)。

また、電動で円形の刃を回転させて切断する「丸ノコ」のことも電動ノコギリと呼ぶことがありますが、今回の記事の対象外です。丸ノコについても別に記事があります(【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング10選)。

電動ノコギリの利点

電動ノコギリの利点

出典:amazon.co.jp

ジグソーは正確に曲線を切るのに向いていますし、丸ノコは正確に直線を切るのに向いています。正確な加工が必要になる場合は、これらの電動工具の方が適しています。これに対して、電動ノコギリは、もう少しラフな使い方をすることが多くなります。例えば、庭木の枝打ちをしたり、粗大ゴミを解体したりといった作業には、電動ノコギリを使うと便利です。

また、電動ノコギリには、ジグソーや丸ノコよりも取り回しが効き、これらの道具が使えない場所でも扱いやすいという利点があります。例えば、壁や天井に穴を開けたり、床下のような狭い場所で作業をしたりといった場合には、電動ノコギリが向いています。電動ノコギリは、刃を交換すれば、木材や金属、プラスチックなど様々な材質を切断することができますし、応用範囲が広い電動工具です。

電動ノコギリの選び方

様々な用途で利用することができ、使いこなせればとても便利な電動ノコギリですが、用途が広いだけにどれを選べばよいのか分かりにくい製品でもあります。電動ノコギリの選び方をご説明します。

便利なバッテリー式

便利なバッテリー式

出典:amazon.co.jp

電動ノコギリには、給電方式として、バッテリー式と電源コード式があります。コードが邪魔にならない分、基本的にはバッテリー式が便利です。バッテリーの重量があるため、バッテリー式は重くなると思われるかもしれませんが、実際には電源コード式は本格的なプロ仕様のものが多く、かえって電源コード式の方が重い場合もあります。もちろん、バッテリー式には屋外など電源が確保できない場所でも使えるというメリットもあります。

もっとも、バッテリー式は稼働時間に限りがありますし、バッテリーの残量が少なくなるとパワーが落ちることもあります。長時間の作業に使う人、よりパワフルな製品を求めている人には電源コード式がおすすめです。

切断能力は必ずチェック

電動ノコギリを選ぶときには、どのくらいの厚さ・太さのものを切断できるのかをチェックしましょう。基本的には高価なものほど切断能力も高いので、自分が必要とする性能を満たしているかという観点から、予算に合ったものを選ぶようにするといいでしょう。

メーカーが公表している数字を確認する

メーカーが公表している数字を確認する

出典:amazon.co.jp

電動ノコギリを選ぶ際には、切断能力をチェックしましょう。メーカーによって表示されている内容が微妙に異なっているので、直接比較するのは難しい面もあるのですが、木材なら○○mmの厚さまで、塩ビのパイプなら太さ○○mmまでといったような表示がなされています。

ちなみに、ストローク数(1分間に刃が動く回数)やストローク幅(一度に動く長さ)の数字も気になりますが、ストローク数は切断する材質によって変えるものですし、ストローク幅が大きい製品は本体のサイズも大きくなります。これらの数字は大きければいいとは言い切れません。電動ノコギリは、切断能力を参考に自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ブレード(刃)を買い足すことも考える

ブレード(刃)を買い足すことも考える

出典:amazon.co.jp

電動ノコギリの切断能力は、ブレードの性能にも左右されます。電動ノコギリを購入して「切れ味が悪いな」と感じたら、ブレードを買い換えることで解消できる場合があります。一概にはいえませんが、安価な本体に付属しているブレードは切れ味が鈍い傾向があります。本体は安価なものを買っておいて、ブレードは性能が良いものを買い足すというのもコストを抑えるためには良い方法です。

電動ノコギリのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめの電動ノコギリをご紹介します。DIY用に開発されたものから、本格的なプロ仕様のものまで様々な製品がありますから、自分に合ったものを選んでください。
10位
ストローク数(回/分)0~3,000
ストローク幅32mm
切断能力鋼管(径)130mm、塩ビパイプ(径)130mm、木材(厚さ)120mm、軟鋼材(厚さ)19mm
給電方式電源コード式
サイズ(長さ×幅×高さ)465×103×167mm
重量4.5 Kg
9位
日立工機 1.8V コードレスミニソー 1枚目
出典:amazon.co.jp

日立工機1.8V コードレスミニソー

FCJ10DL

35,333円 (税込)

ストローク数(回/分)0~2,700
ストローク幅13mm
切断能力木材(厚さ)50mm、軟鋼板(厚さ)4mm
給電方式バッテリー式
サイズ(長さ×幅×高さ)345×60×207mm
重量1.2kg
8位
ストローク数(回/分)0~5,500
ストローク幅10mm
切断能力木工100×100mm角、金工3.5mm厚
給電方式電源コード式
サイズ(長さ×幅×高さ)270×75×200mm
重量2.0kg
7位
ストローク数(回/分)0~1,600(高負荷時:最大2,800)
ストローク幅20mm
切断能力庭木60mm(Aグリップ有)、80mm(Aグリップ無)、木材80mm、軟鋼材3.2mm
給電方式バッテリー式
サイズ(長さ×幅×高さ)350×60×140mm
重量1.1kg
6位
ストローク数(回/分)0~2,700
ストローク幅23mm
切断能力木材(径)150mm、プラスチックパイプ(径)150mm、非鉄金属(厚さ)18mm、鉄・軟鋼板(厚さ)10mm
給電方式電源コード式
サイズ(長さ×幅×高さ)190×67×245
重量2.0kg
5位
ストローク数(回/分)0~5,000
ストローク幅10mm
切断能力塩ビパイプ(径)120mm、木材55mm、軟鋼材3.5mm
給電方式電源コード式
サイズ(長さ×幅×高さ)320×70×103mm
重量1.2kg
4位

マキタ充電式レシプロソー

JR184DRF

32,592円 (税込)

ストローク数(回/分)0~3,000
ストローク幅13mm
切断能力パイプ(径)50mm、木材50mm
給電方式バッテリー式
サイズ(長さ×幅×高さ)398×81×220
重量1.7kg
3位

髙儀EARTH MAN AC100V 電気のこぎり

DN-100

4,655円 (税込)

ストローク数(回/分)0~2,200
ストローク幅18mm
切断能力木材(厚さ)55mm、塩ビパイプ(径)60mm、軟鉄パイプ(径)32mm、軟鉄材(厚さ)2.5mm
給電方式電源コード式
サイズ(長さ×幅×高さ)300×85×205mm
重量1.8kg
2位

髙儀EARTH MAN 14.4V充電式電気のこぎり

DN-110Li

9,980円 (税込)

ストローク数(回/分)0~2,300
ストローク幅13mm
切断能力木材(厚さ)55mm、塩ビパイプ(径)60mm、軟鉄パイプ(径)32mm、軟鉄材(厚さ)2mm
給電方式バッテリー式
サイズ(長さ×幅×高さ)360×65×190mm
重量1.3kg
1位
ストローク数(回/分)0~4,500
ストローク幅10mm
切断能力庭木(径)45mm、木材(厚さ)40mm、軟鋼板(厚さ)3.5mm、塩ビパイプ(径)120mm
給電方式電源コード式
サイズ(長さ×幅×高さ)334×63×127mm
重量1.3kg

おすすめ人気 電動ノコギリの比較一覧表

商品画像
1
RYOBI 電気ノコギリ 1枚目

RYOBI

2
髙儀 EARTH MAN 14.4V充電式電気のこぎり 1枚目

髙儀

3
髙儀 EARTH MAN AC100V 電気のこぎり 1枚目

髙儀

4
マキタ 充電式レシプロソー 1枚目

マキタ

5
RYOBI 小型レシプロソー 1枚目

RYOBI

6
BOSCH 電気のこぎり 1枚目

BOSCH

7
BOSCH コードレスのこぎり キオ 1枚目

BOSCH

8
BLACK+DECKER コード式ノコギリ 1枚目

BLACK+DECKER

9
日立工機 1.8V コードレスミニソー 1枚目

日立工機

10
日立工機 電子セーバソー 1枚目

日立工機

商品名

電気ノコギリ

EARTH MAN 14.4V充電式電気のこぎり

EARTH MAN AC100V 電気のこぎり

充電式レシプロソー

小型レシプロソー

電気のこぎり

コードレスのこぎり キオ

コード式ノコギリ

1.8V コードレスミニソー

電子セーバソー

特徴コストパフォーマンスが良く、使いやすい電動ノコギリ10,000円を切るバッテリー式電動ノコギリコストパフォーマンスがいい電気ノコギリマルチポジションスイッチで、活用シーンが広がる小型で取り回しがいい電動ノコギリ人間工学に基づいたデザインで使いやすい独自のAグリップで、片手で簡単に枝切りジグソーとしても使えるマルチタイプジグソー用のブレードが装着でき様々な用途に利用可能低振動システムを採用したプロ仕様の高性能機
価格9,457円(税込)9,980円(税込)4,655円(税込)32,592円(税込)24,493円(税込)9,513円(税込)12,287円(税込)6,870円(税込)35,333円(税込)24,238円(税込)
ストローク数(回/分)0~4,5000~2,3000~2,2000~3,0000~5,0000~2,7000~1,600(高負荷時:最大2,800)0~5,5000~2,7000~3,000
ストローク幅10mm13mm18mm13mm10mm23mm20mm10mm13mm32mm
切断能力庭木(径)45mm、木材(厚さ)40mm、軟鋼板(厚さ)3.5mm、塩ビパイプ(径)120mm木材(厚さ)55mm、塩ビパイプ(径)60mm、軟鉄パイプ(径)32mm、軟鉄材(厚さ)2mm木材(厚さ)55mm、塩ビパイプ(径)60mm、軟鉄パイプ(径)32mm、軟鉄材(厚さ)2.5mmパイプ(径)50mm、木材50mm塩ビパイプ(径)120mm、木材55mm、軟鋼材3.5mm木材(径)150mm、プラスチックパイプ(径)150mm、非鉄金属(厚さ)18mm、鉄・軟鋼板(厚さ)10mm庭木60mm(Aグリップ有)、80mm(Aグリップ無)、木材80mm、軟鋼材3.2mm木工100×100mm角、金工3.5mm厚木材(厚さ)50mm、軟鋼板(厚さ)4mm鋼管(径)130mm、塩ビパイプ(径)130mm、木材(厚さ)120mm、軟鋼材(厚さ)19mm
給電方式電源コード式バッテリー式電源コード式バッテリー式電源コード式電源コード式バッテリー式電源コード式バッテリー式電源コード式
サイズ(長さ×幅×高さ)334×63×127mm360×65×190mm300×85×205mm398×81×220320×70×103mm190×67×245350×60×140mm270×75×200mm345×60×207mm465×103×167mm
重量1.3kg1.3kg1.8kg1.7kg1.2kg2.0kg1.1kg2.0kg1.2kg4.5 Kg
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

まとめ

おすすめの電動ノコギリをご紹介しました。電動ノコギリは一台あると、粗大ゴミの解体や庭木の剪定など多くの用途に利用できます。便利に使える電動工具なので、この機会に自分に合った製品を見つけてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す