1. TOP
  2. >
  3. DIY・工具
  4. >
  5. 工具
  6. >
  7. 【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング15選
  • 【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像5枚目

【DIYのマストアイテム】丸ノコのおすすめ人気ランキング15選

木材を切断するための電動工具「丸ノコ」。リフォームや家具づくりなどDIYや趣味にするなら、ぜひ持っておきたいマストアイテムです。しかし、手持ちや卓上などいくつかのタイプがあり、またノコ刃のサイズや付加機能などもいろいろ。どれが自分の目的に合うのか、一見しただけでは選べないほど種類が豊富です。

そこで今回は、丸ノコの特徴や商品選びのポイントを解説しながら、おすすめの商品をタイプ別の人気ランキング形式でご紹介します。主要メーカーの特徴も一緒に紹介しますので、これからDIYを始めたいという初心者の方も、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

  • 最終更新日:2020年07月29日
  • 49,989  views
目次

丸ノコとは?

丸ノコとは?
丸ノコは、円形のチップソーをモーターの力で回転させることにより、木材をまっすぐに切断する電動工具です。手ノコよりも短時間で楽に作業でき、切断面がきれいに仕上がるという特徴があります。

DIY作業では、木材を45°など斜めに切ることも多いですが、丸ノコを使えばぴったりの角度でカットすることができるためとても便利。ただしタイプによっては、この斜め切りができないものもありますので確認が必要です。

丸ノコの選び方

丸ノコにもたくさんの種類があります。ここからは、丸ノコを選ぶ際に押さえておきたいポイントをチェックしていきましょう。

用途に合わせて「タイプ」を選ぶ

丸ノコの種類は大きく3つに分けられます。まずは各タイプの特徴を押さえて、自分の使い方に適したものを選びましょう。

種類が豊富で持ち運びやすい「手持ち丸ノコ」

種類が豊富で持ち運びやすい「手持ち丸ノコ」

木材や石膏ボードの切断など、ちょっとしたDIYに使うなら手持ち丸ノコがぴったりです。丸ノコの中でも最も種類が豊富で、エントリーモデルから上位モデルまで価格帯もサイズもいろいろ。予算に応じて自由に選べます。


対応しているアクセサリの種類も豊富で、別売りの集塵パーツなどを組み合わせることも可能。ただし直角に切断するにはある程度の慣れが必要です。金属を切断するなら、アルミ・ステンレス・鉄など、切りたい金属に対応したチップソーを必ず選ぶようにしましょう。

定規不要で高精度な切断ができる「卓上丸ノコ」

定規不要で高精度な切断ができる「卓上丸ノコ」

卓上丸ノコは、安全かつ高精度な仕上がりを求める方におすすめです。アームで固定された丸ノコを木材に押し当ててカットするタイプなのでブレにくく、切断面も美しい仕上がり。手持ち丸ノコより安全に傾斜切断が行えるため、内装用木材のカットなどに重宝します。


ただ、定置使用するタイプなので持ち運びには向きません。また機種ごとに設定されている最大寸法以上の木材は切断できないため、選ぶ際は対応している最大寸法を確認しましょう。

幅広の木材にも対応、キックバックもなく安全な「卓上スライド丸ノコ」

幅広の木材にも対応、キックバックもなく安全な「卓上スライド丸ノコ」

幅の広い木材をカットしたいなら、卓上スライド丸ノコがおすすめ。これは卓上丸ノコのアーム部分がスライドさせられるようになったタイプで、切断できる最大寸法がさらに大きくできるのが特徴です。


丸ノコの使用中、回転した後ろ刃が木材などに当たって丸ノコ本体や木材が飛んでしまう「キックバック」減少も起こりにくく、初心者でも安全に高精度な切断ができます


デメリットは卓上丸ノコ同様、持ち運びに向かないところ。また衝撃を加えると切断制度が低下してしまうので、丁寧に扱うようにしましょう。

取り回しやすさ?ランニングコスト?「電源の種類」を選ぶ

丸ノコの電源はほとんどがAC電源タイプですが、コードレス式の充電タイプもあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分に合う方を選びましょう。

操作性が良い「充電タイプ」

操作性が良い「充電タイプ」
手持ち丸ノコの操作性を優先したいのなら、充電タイプがおすすめ。コンセントのない場所でも使用でき、またコードが邪魔にならないというメリットを持ってます。取り回しやすさはダントツでしょう。

難点は充電が切れると使えないところと、バッテリー・充電器が高価なところ。バッテリーが劣化するたび、定期的に買い替える必要があります。しかしその点を除けば、持ち運びやすさや操作性に優れているため、快適に使うことができます。

パワー不足にならず安定的に使用できる「AC電源タイプ」

パワー不足にならず安定的に使用できる「AC電源タイプ」
AC電源タイプは、コンセントから給電しながら使うタイプ。パワーがあり、また充電切れの心配がないため、長時間の作業に向いています。一度購入すれば、メンテナンスしながら低コストで使用できるところがメリット。

デメリットは、コンセントの場所やコードの長さに左右されるところ。電源コードが短いと使いにくいので、購入前に長さを確かめておきましょう。

「最大切込み深さ」「最大切断能力」を確認

「最大切込み深さ」「最大切断能力」を確認
木材の加工をする際、斜め切りが必要なシーンはたくさんあります。正確に斜めに切れていないと、見た目も悪く強度にも欠けた仕上がりとなりますので、できるだけ斜め切りに対応した丸ノコを選びましょう。すべての丸ノコが対応しているわけではないので、必ず確認してください。

またチェックする際は、最大切込み深さに注目。「90°時0~57mm、45°時0~38mm」といったように、対応している角度と切り込みの深さが記載されています。ここを確認して、木材の厚さに合ったものを選ぶのがおすすめです


また、卓上・卓上スライドでは「最大切断能力」を確認しましょう。「木材 45×85mm」「61×312mm」「丸棒 直径20mm」のように表示される、「切断できるのはこのサイズまで」という目安。これを超えるとモーターにも負荷がかかり、故障の原因となるので必ずチェックしてください。

「ノコ刃の外径」は、切断するものに合わせて

「ノコ刃の外径」は、切断するものに合わせて
ノコ刃のサイズは、どんなものを切りたいのかイメージした上で選ぶようにしましょう。外径が大きくなるほど丸ノコも重たくなります。

例えばリフォームなどであちこち移動しながら作業する場合は、外径165mmのものが軽くて使いやすいでしょう。ただし2×4材を斜め切りする場合は、190mmほどの大きなものが必要。切断する木材の種類や大きさを考えて、最も合うものを選びましょう。

ベースの材質は「アルミ」か「フッ素」がおすすめ

ベースの材質は「アルミ」か「フッ素」がおすすめ
以前は鉄板ベースのものが主流でしたが、塗装が剥がれると錆びやすく、また落としたりするとすぐ歪んでしまうなど、強度に問題がありました。最近では歪みにくく強度もあるアルミやフッ素ベースが主流になっていますので、長く使うのならこうしたタイプをおすすめします。

アルミベースは滑りが良いため、安定した切断が可能。また鉄板に比べて軽いため長時間の作業にも適しています。フッ素ベースのものは、乾燥木材や湿気を多く含む生材にも対応できるため、幅広い木材に使用するならこちらが良いでしょう。

使いやすさを左右する機能面にも注目して

丸ノコでは、機能が多ければそれだけ使いやすさと安全性が向上します。以下に主な機能をご紹介しますので、参考にしてみてください。

集塵機接続機能:石膏ボードなど粉塵が出やすい素材に

集塵機接続機能:石膏ボードなど粉塵が出やすい素材に
切断時に舞い上がる、粉塵を押さえてくれるのが集塵機です。丸ノコに集塵機を取り付けることにより、粉塵を吸い込むのを防いでくれます。

作業場を汚れにくくするほか、大量の粉塵を吸い込まないようにするためにも、使用頻度の高い方には注目してほしい機能です。後付けの他、あらかじめ集塵袋が付属したタイプもあります。

レーザーマーカー:カットする位置を確認しながら作業ができる

レーザーマーカー:カットする位置を確認しながら作業ができる
レーザーマーカーはレーザーチョークとも呼ばれ、光でガイドラインを照射し、それを確認しながらカットできる機能です。墨付けなどの必要がなく、正確な直線が引けるので、斜め切りなどには特に効果を発揮します。

自動変速装置:切断面を美しく仕上げる

自動変速装置:切断面を美しく仕上げる
切断した面を美しく仕上げたいのなら、自動変速装置がおすすめです。切断しているときに丸ノコに負荷がかかると自動で回転数を上げるため、切断面がギザギザにならずにきれいにカットすることができます。

主要メーカーの特徴もチェック

丸ノコを販売しているメーカーは多数ありますが、中でも主要メーカーになっているのは、マキタやリョービ、HiKOKI(旧日立工機)です。各メーカーの特徴を押さえておくと、ぐっと選びやすくなりますよ。

マキタ:コードレスに強く、ラインナップも多い

マキタ:コードレスに強く、ラインナップも多い

出典:makita.co.jp

マキタの特徴は、チェーンソーや電動ドリルなど、幅広い工具がラインナップされているところ。サイズや容量などのバリエーションが豊富で、そのほとんどがコードレスタイプというのも人気の理由です。取り回しやすさや、用途に合わせて選びやすいのがマキタの強みと言えます。

リョービ:エントリーモデルも多く、初心者から上級者まで満足

入門機におすすめのモデルを多く展開しているのがリョービ。手を出しやすい価格帯の工具をリリースしており、初心者でもハードルが低め。お手ごろ価格とはいえ機能面では手を抜いておらず、コスパの高さが魅力のモデルが多数販売されています。

HiKOKI:性能の良さはピカイチ!独自技術が光る

リリースした工具の性能をどんどん向上させているのがHiKOKI(旧:日立工機)。独自技術を採用した18・36V互換バッテリー「マルチボルト」をはじめ、スライドパイプが後ろに飛び出さない、狭所で作業できるスライド丸ノコを登場させるなど、技術力が目を惹きます

左右に45°傾斜する「両傾斜」を採用したモデルなら、材料を反転させる必要がないので作業がスムーズにはかどります。

手持ち丸ノコのおすすめ人気ランキング5選

それではここから、人気の丸ノコをランキング形式でご紹介していきます。各タイプ別に、手持ち丸ノコ・卓上丸ノコ・卓上スライド丸ノコに分けて5選ずつ紹介しますので、あなたの目的にぴったりなものを見つけてみてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月28日時点)をもとにして順位付けしています。

5位
電源の種類AC電源
最大切込み深さ90°46mm、45°30mm
ノコ刃の外径147mm
4位
電源の種類AC電源
最大切込み深さ90°68mm、45°46mm
ノコ刃の外径190mm
3位
電源の種類AC電源
最大切込み深さ90°57mm、45°38mm
ノコ刃の外径165mm
2位
電源の種類充電
最大切込み深さ66mm
ノコ刃の外径165mm
1位
電源の種類AC電源
最大切込み深さ90°57mm、45°38mm
ノコ刃の外径165mm

人気手持ち丸ノコの比較一覧表

商品画像
1
丸ノコ マキタ マルノコ 165mmモデル 1枚目

マキタ

2
丸ノコ マキタ 165mm充電式マルノコ 1枚目

マキタ

3
丸ノコ HiKOKI(ハイコーキ) 165mm丸のこ 1枚目

HiKOKI(ハイコーキ)

4
丸ノコ マキタ マルノコ190mmモデル 1枚目

マキタ

5
丸ノコ RYOBI(リョービ) MW-46A 1枚目

RYOBI(リョービ)

商品名

マルノコ 165mmモデル

165mm充電式マルノコ

165mm丸のこ

マルノコ190mmモデル

MW-46A

特徴初めての丸ノコとして満足できるクオリティ充電式でもハイパワー!小回りのきくコードレス豊富な調整機能で使い勝手抜群大きい木材の切断に適したパワーとサイズ感小型&軽量。初心者に最適な扱いやすいモデル
最安値
10,890
送料別
詳細を見る
19,980
送料無料
詳細を見る
10,297
送料別
詳細を見る
11,440
送料要確認
詳細を見る
5,520
送料要確認
詳細を見る
電源の種類AC電源充電AC電源AC電源AC電源
最大切込み深さ90°57mm、45°38mm66mm90°57mm、45°38mm90°68mm、45°46mm90°46mm、45°30mm
ノコ刃の外径165mm165mm165mm190mm147mm
商品リンク

卓上丸ノコのおすすめ人気ランキング5選

ここからは、卓上丸ノコのおすすめ商品をご紹介します。卓上スライド丸ノコはこの後に登場しますので、そちらもお見逃しなく!

なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月28日時点)をもとにして順位付けしています。

5位
電源の種類AC電源
最大切込み深さ高さ60mm×幅140mm
ノコ刃の外径220mm
4位
電源の種類AC電源
最大切断能力高さ125mm×幅55mm
ノコ刃の外径216mm
3位
電源の種類AC電源
最大切断能力高さ45mm×幅85mm
ノコ刃の外径185~190mm
2位
電源の種類充電
最大切断能力高さ46×幅92mm
ノコ刃の外径165mm
1位
電源の種類AC電源
最大切込み深さ高さ48mm×幅88mm
ノコ刃の外径190mm

人気卓上丸ノコの比較一覧表

商品画像
1
丸ノコ 新興製作所 STC-190 1枚目

新興製作所

2
丸ノコ マキタ 充電式卓上マルノコ 1枚目

マキタ

3
丸ノコ 高儀 EARTH MAN 卓上丸のこ 190mm  1枚目

高儀

4
丸ノコ エボリューション 万能切断卓上マルノコ FURY-216CMS 1枚目

エボリューション

5
丸ノコ RYOBI(リョービ) 卓上切断機 1枚目

RYOBI(リョービ)

商品名

STC-190

充電式卓上マルノコ

EARTH MAN 卓上丸のこ 190mm

万能切断卓上マルノコ FURY-216CMS

卓上切断機

特徴家庭用に最適な小型サイズと軽量設計高性能&コードレスで使いやすさ抜群横ハンドルで操作性アップ。ブレーキ付きで安全性に配慮木材も金属も1枚のチップソーで対応可能集じん袋付きで作業台をキレイにキープ
最安値
7,395
送料別
詳細を見る
52,657
送料要確認
詳細を見る
9,211
送料別
詳細を見る
14,560
送料無料
詳細を見る
23,836
送料無料
詳細を見る
電源の種類AC電源充電AC電源AC電源AC電源
最大切込み深さ高さ48mm×幅88mm高さ46×幅92mm高さ45mm×幅85mm高さ125mm×幅55mm高さ60mm×幅140mm
ノコ刃の外径190mm165mm185~190mm216mm220mm
商品リンク

卓上スライド丸ノコのおすすめ人気ランキング5選

最後に、卓上スライド丸ノコのおすすめ商品をご紹介します。大型木材などを扱う方はぜひチェックしてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月28日時点)をもとにして順位付けしています。

5位
電源の種類AC電源
最大切込み深さ高さ50mm×幅305mm
ノコ刃の外径190mm
4位
電源の種類AC電源
最大切断能力高さ51mm×幅220mm
ノコ刃の外径190mm
3位
電源の種類AC電源
最大切込み深さ高さ55mm×幅312mm
ノコ刃の外径165mm
2位
電源の種類AC電源
最大切断能力高さ50mm×幅305mm
ノコ刃の外径190mm
1位

マキタ190mm スライドマルノコ

M244(ブレーキ付き)

39,280円 (税込)

電源の種類AC電源
最大切断能力高さ50×幅312mm
ノコ刃の外径190mm

人気卓上スライド丸ノコの比較一覧表

商品画像
1
丸ノコ マキタ 190mm スライドマルノコ

マキタ

2
丸ノコ HiKOKI(ハイコーキ) 卓上スライド丸ノコ 1枚目

HiKOKI(ハイコーキ)

3
丸ノコ HiKOKI(ハイコーキ) 卓上スライド丸ノコ 1枚目

HiKOKI(ハイコーキ)

4
丸ノコ RYOBI(リョービ) 卓上スライド丸ノコ  1枚目

RYOBI(リョービ)

5
丸ノコ 高儀 EARTH MAN スライド丸ノコ 1枚目

高儀

商品名

190mm スライドマルノコ

卓上スライド丸ノコ

卓上スライド丸ノコ

卓上スライド丸ノコ

EARTH MAN スライド丸ノコ

特徴バランスがよく機能的!寸法通りの切断が可能素早い切断ができ、巻き込み防止用ガード付きレーザーマーカー付きで楽々カット切れ味抜群!切断面が美しい仕上がり豊富な切断バリエーション。幅広な木材に対応可能
最安値
39,280
送料要確認
詳細を見る
36,499
送料無料
詳細を見る
72,926
送料要確認
詳細を見る
33,880
送料要確認
詳細を見る
19,153
送料別
詳細を見る
電源の種類AC電源AC電源AC電源AC電源AC電源
最大切断能力高さ50×幅312mm高さ50mm×幅305mm高さ55mm×幅312mm高さ51mm×幅220mm高さ50mm×幅305mm
ノコ刃の外径190mm190mm165mm190mm190mm
商品リンク

丸ノコを使うときの注意点

丸ノコを使うときの注意点
丸ノコの使用時、一番気をつけたいのが「キックバック」による事故です。キックバックとは、木材を切り進むうちに歪みが生じ、それ以上刃が進まなくなった際の抵抗力から、丸ノコが後ろに弾かれること。作業中に丸ノコが飛んでしまうため非常に危険です。

いつキックバックが生じても安全なように、作業するときには、体や手を刃の直線上には置かないようにしてください。また安定した場所で作業し、切り進むうちに材料が歪まないように当て木をすることも大切です。


初心者でキックバックが心配な方は、性能は多少落ちますが、回転数の比較的遅い機種を選んでおきましょう。もしくはキックバックの心配がない卓上スライド丸ノコを選んでください。

DIYをもっと快適に!こちらもおすすめ!

DIYでは、ヤスリ掛けや細かい切断作業が必要な場面も。ぜひ本記事と合わせて、以下でご紹介している電動カンナやグラインダー、ジグソーをチェックしてみてください。きっとあなたの作業を快適にしてくれますよ!

丸ノコの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、丸ノコのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下から確認してください。

まとめ

いかがでしたか?気になる丸ノコは見つかったでしょうか?


ご紹介した丸ノコはどれも、定評のあるメーカーのものばかりです。同じような性能・同じような価格帯で機種選びに迷ってしまったら、メーカーの特徴で選んでみるのもアリですよ。お気に入りの丸ノコを手に入れれば、きっとDIYの楽しみも増えていくことでしょう。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す