• 561d5b2ef1a2d3926c926ee842fdf06400a53dc6
  • 51d9a576ec2a4f77aa5282ae2b4e6308ffdf57bf
  • 3f2ce795b1ca4ea520c386ab83bed3713a2e63d7
  • A0189db1e8011c924b543ebf2329b25f441231f8
  • Ad1d77f5ae216ba6cbe5c8cde7b25c65746ca1ce

ジャスミンティーのおすすめ人気ランキング7選

さっぱりとした味わいと香りが特徴のジャスミンティー。もともとは中国でよく飲まれるお茶で、中国では茉莉花茶(モーリーフアチャー)や香片茶(シャンピェンチャー)とよばれています。日本でも、伊藤園・ダイドードリンコなどの飲料メーカーや、LUPICIAなどの茶葉専門店などから発売されていますし、沖縄では「さんぴん茶」として愛飲されています。ジャスミンティーをお店でよく見かけるようになったとはいえ、大半の人にとっては、緑茶や麦茶、紅茶などのお茶ほどは身近な存在ではないのではないでしょうか。どのようなジャスミンティーが飲みやすいのか、わからない人も多いと思います。

今回は、ジャスミンティー初心者が、生活に取り入れやすいおすすめのジャスミンティーをランキング形式でご紹介したいと思います。ジャスミンティーとは何か、どのような効能が期待できるか、飲む際の注意点は、といったところも合わせてご説明しますので、ぜひ参考にしてください。選び方さえ覚えてしまえば、通販でも買えるので購入がとても楽になりますよ!

  • 最終更新日:2018年05月17日
  • views18,589
目次

ジャスミンティーとは?

Loading
そもそも、ジャスミンティーとはどんなお茶なのでしょうか。実はジャスミンの花や葉といった、ジャスミンそのものがお茶になったものではありません。ジャスミンティーとは、中国でよく飲まれるお茶で、緑茶やウーロン茶といった茶葉に、アラビアジャスミン(茉莉花:まつりか)の花の香りをつけたものです。

ジャスミンティーの誕生は、今から200年ほど前にさかのぼります。中国では、緑茶は魏・呉・蜀の三国時代から飲料として飲まれていたということなので、中国の歴史上、ジャスミンティーは比較的新しい飲み物だといえそうです。

ジャスミンティーは、古くなって質が落ちてしまった茶葉を無駄にしない工夫から生まれたそうです。悪く言えば、茶葉の品質低下を香りでごまかしているわけですが、ジャスミンの高級感ある香りが評判を博し、中国だけでなく、紅茶大国のイギリスや、お茶文化が根強い日本で大人気となりました。ですから、「茉莉花茶(モーリーフアチャー)」という中国名だけでなく、「ジャスミンティー」という英語名、「茉莉花茶(まつりかちゃ)」という日本名もあるんですね。さらに沖縄では「さんぴん茶」という愛称で親しまれています。

ジャスミンティーの効能とは?

ジャスミンはアロマテラピーでもよく用いられる有名な植物です。アロマテラピーでは、自律神経のバランスを整えたり、痛みを和らげたりする効果があるジャスミン。お茶に使われると、どのような効能が期待できるのでしょうか。代表的なものを3つご紹介します。

効能その①:美肌効果

Loading
ジャスミンティーには、美肌に欠かせないビタミンCやビタミンEが含まれています。ビタミンCとビタミンEは、抗酸化作用といって、細胞の酸化(老化)を防いでくれる働きがあります。また、ビタミンCは、はりのある肌に必須のコラーゲンの生成を助けてくれます。

もちろん水分もたっぷりですので、デトックス効果も。これらの効果が合わさって、肌を美しく保ってくれます。

効能その②:リラックス効果

Loading
心臓や消化器の働きは、自律神経によって調節されています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、交感神経が優位に働くと心臓が速く動いたり、胃腸などの消化器の働きが悪くなります。一方、副交感神経が優位に働くと、心臓の拍動は抑えられ、消化器の働きは促進されます。

ふつうは、仕事に集中するときは交感神経が、お風呂につかってゆったりしているときは副交感神経が優位に働くなど、交感神経と副交感神経のバランスがうまく働いています。しかし、ストレスがたまるとこれら自律神経のバランスが崩れてしまいます。

ジャスミンティーは、このような自律神経のバランスの乱れを和らげてくれます。ストレスを感じているときは、「リラックスしろ」といわれてもなかなかできないものです。そんなときに、ジャスミンティーは、飲むだけで心と体をリラックスしやすい状態にしてくれます。

効能その③:ホルモンバランスを整える

Loading
特に、女性は生理のときに心が不安定になったり、更年期で苦しんだりすることがあると思います。ジャスミンティーは、ホルモンの分泌量を調整し、バランスを整えてくれる効果も期待できます。

ジャスミンティーの選び方

ひとくちにジャスミンティーといっても、味や飲み方はさまざま。どんなジャスミンティーがよいのか、選ぶときに確認するポイントを整理します。

「ジャスミンティーの豊かな風味」か「すっきり飲みやすい味」か

Loading
ジャスミンティーを飲んだことがある方はご存知かもしれませんが、ジャスミンティーには緑茶やウーロン茶、紅茶などといった他のお茶にはない、ジャスミンの豊かな香りが楽しめます。しかし、「ジャスミンティーの独特の風味が苦手」という人もいるでしょう。そのような人でも飲みやすい、ジャスミンの香りを抑え、スッキリとした味のジャスミンティーもあります。

茶葉から淹れる?手軽にペットボトル?

Loading
アイスでもホットでも、おいしくいただけるジャスミンティー。アイスで飲みたい場合は、ホット用の茶葉を使ってジャスミンティーを淹れ、冷やせばアイスのジャスミンティーが出来上がりますが、もっと手軽にできる水出しのティーバッグもありますし、ペットボトルのものもあります。

ホットで飲みたい場合は、ホット用の茶葉はもちろん、ジャスミンが開く様子がわかるような茶葉もあります。ジャスミンが開く様子がわかるものは、視覚的にも楽しみがあるので楽しいティータイムになりそうですね。

【ペットボトル編】ジャスミンティーのおすすめ人気ランキング3選

ペットボトル入りのジャスミンティーは、外出するときに持って行けたり、コンビニやスーパーで買ってすぐ飲めたりといったメリットがあります。そんな手軽なペットボトル入りジャスミンティーのおすすめを厳選し、ランキング形式でまとめてみました。それでは見ていきましょう。

3位:キリン 午後の紅茶 おいしいジャスミン

キリン 午後の紅茶 おいしいジャスミン PET(430ml×24本)

2,418円 (税込)

紅茶好きには飲みやすい味!ダージリンのフレーバーも楽しんで

こちらは、ジャスミンの香りとともに紅茶の香りも楽しみたい人向け。日本の飲料メーカーが出すジャスミンティーは緑茶にジャスミンの香りをつけたものが多いのですが、このジャスミンティーに使われている茶葉は「ダージリン」。紅茶が好きな人には飲みやすい味になっています。

2位:ダイドードリンコ 贅沢香茶ジャスミンティー

ダイドードリンコ 贅沢香茶ジャスミンティー 500ml×24本

2,136円 (税込)

「香料」なし!本格的なジャスミンティーが楽しめる

ペットボトルで手軽にジャスミンの豊かな香りを楽しみたいという人におすすめです。ほかのペットボトル入りジャスミンティーと比べて、ジャスミンの香りが強く、本格的なジャスミンティーを楽しみたい方が満足できる味です。

また、このジャスミンティーには、ほかのジャスミンティーにはよく入っている「香料」が入っていません。添加物は、酸化防止剤であるビタミンCのみなので、安心して飲むことができます。

1位:伊藤園 Relaxジャスミンティー

伊藤園 Relax ジャスミンティー 500ml×24本

2,145円 (税込)

ジャスミンティーの香り控えめで、スッキリと飲みやすい

緑茶やほうじ茶でも有名な「伊藤園」から発売されているジャスミンティーです。スーパーやコンビニでよく見かけますね。こちらのジャスミンティーは、ジャスミンの香りはそれほどきつくありません。とてもスッキリと飲みやすく、ジャスミンティーが苦手という人や、お子さんでも飲みやすい味になっています。

また、ペットボトルで持ち運びやすい、スーパーやコンビニで求めやすいといったことから、外出時のお供にもいいですね。特に、外回りの多い営業の方などは、ストレス対策にもなるので、かばんに1本忍ばせておくのもよいでしょう。

【ティーバッグ編】ジャスミンティーのおすすめ人気ランキング3選

お家でほっと一息、なんていうときには、ホットでジャスミンティーを飲むのはいかがでしょうか。おすすめのティーバッグもランキング形式でご紹介します。

3位:ひしわ 水出し有機ジャスミンティー

ひしわ 水出し有機ジャスミンティーTB 5g×6P

638円 (税込)

有機栽培の茶葉採用。安心して飲めるジャスミンティー

食の安全に気をつけている人におすすめのジャスミンティーがこちら。ほかのジャスミンティーと比べて少し値が張りますが、有機栽培の茶葉を使っているので、安心して飲むことができます。また、水出しもできるのでアイスティーとしても飲むことができます。

2位:沖縄ポッカ さんぴん茶

沖縄ポッカ さんぴん茶 ティーパック 3箱セット

1,180円 (税込)

香るジャスミンと沖縄の風。すっきり飲みやすいので水の代わりにも

沖縄のジャスミンティー、「さんぴん茶」。一般的なジャスミンティーほど香りが強くなく、スッキリしていて飲みやすい味になっています。さんぴん茶は、沖縄の飲食店でもよく提供されているお茶なので、お家でも沖縄旅行気分が味わえます。

1位:ティーブティック やさしいデカフェジャスミン茶

ティーブティック やさしいデカフェジャスミン茶 1.3g×17TB

353円 (税込)

ノンカフェインで優しい味を楽しめる

イライラしたり、心が不安定になることも多い妊娠中。そんなときに、リラックス効果が期待できるジャスミンティーを飲めるとよいのですが、実はジャスミンティーには「カフェインが含まれている」「子宮収縮作用がある」という注意点もあります。

しかし、このジャスミンティーは、なんとノンカフェイン。妊娠中でも安心して飲むことができます。妊婦さんだけでなく、小さなお子さんや寝る前にリラックスしたい人にもぴったりです。

【番外編】おいしくて目にも楽しいジャスミンティー

これまで、ペットボトルとティーバッグのおすすめジャスミンティーを、それぞれランキング形式で見ていきましたが、ここで番外編。

「ジャスミンティー=花が開く」というイメージを持っている人も多いでしょう。しかし、ティーポットなどを用意するのは億劫…。実は、カップにお湯を注ぐだけで、茶葉や花が開くようすを楽しむことができるジャスミンティーがあるんです。ジャスミンのうっとりするような香りはもちろん、かわいいお花や茶葉が開くようすを見て、リラックスしてください!

THE MARI -テマリ- 喜舞花

THE MARI -テマリ- 喜舞花

380円 (税込)

かわいい花と茶葉が美しく咲く!目で見て楽しいジャスミンティー

こちらのジャスミンティーは、耐熱カップにこの茶葉をそのまま入れ、お湯を注ぐだけで茶葉や花が開くようすが楽しめます。このようなお茶を総称して、「工芸茶」ともよばれたりします。

このような茶葉だと、リラックスしたいときに、ジャスミンの香りとともに視覚的にも楽しめますね。大切な人への贈り物などにも喜ばれる一品です。

ジャスミンティーを飲むときの注意点

ここまで、ジャスミンティーのよいところを紹介してきましたが、気をつけなければいけないこともあります。注意したい点もまとめましたので、確認していきましょう。

注意点①:カフェインが含まれている

Loading
先ほど説明した通り、ジャスミンティーは、緑茶などの茶葉にジャスミンの香りをつけたもの。コーヒーほどではないですが、緑茶にもカフェインが含まれています。

カフェインには覚醒作用があるので、寝る前に飲むのは避けたほうがよさそうです。また、妊娠中の女性や授乳中のお母さん、小さなお子さんが飲む際には、飲みすぎないように注意したほうがよいでしょう。

注意点②:子宮収縮作用がある

Loading
ジャスミンティーには、子宮を収縮させる作用をもつ成分が含まれています。特に、妊娠中で、妊娠37週(正産期)よりも前の女性では、飲みすぎると早産のリスクが高まるので要注意です。

注意点③:利尿作用がある

Loading
ジャスミンティーは、緑茶と同様に利尿作用があります。トイレが近い人や、長時間車やトイレのついていない電車・バスで移動するときなどは、気をつけて飲みましょう。しかし、利尿作用があるということは、体にたまった老廃物も一緒に排出してくれるということ。トイレ事情に問題がなければ、積極的にとりたいポイントでもあります。

まとめ

いかがでしたか?ジャスミンティーを飲むときには注意点もありますが、嬉しい効能も多いので、水や緑茶のかわりに取り入れてみましょう。この記事で紹介したペットボトルやティーバッグなどを使うと、ジャスミンティーを飲む習慣を手軽に始められますね。

おいしく飲んで、心と体のリラックスや美肌を手に入れましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

人気のクリエイター

関連キーワード

カテゴリから探す