• 猫缶のおすすめ人気ランキング10選【ヒルズ・ロイヤルカナン・モンプチも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 猫缶のおすすめ人気ランキング10選【ヒルズ・ロイヤルカナン・モンプチも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 猫缶のおすすめ人気ランキング10選【ヒルズ・ロイヤルカナン・モンプチも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 猫缶のおすすめ人気ランキング10選【ヒルズ・ロイヤルカナン・モンプチも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 猫缶のおすすめ人気ランキング10選【ヒルズ・ロイヤルカナン・モンプチも!】のアイキャッチ画像5枚目

猫缶のおすすめ人気ランキング10選【ヒルズ・ロイヤルカナン・モンプチも!】

ウェットタイプと言われている猫缶。水分も摂ることができ、フレークタイプ・パテタイプ・スープ、シチュータイプとさまざまな種類があるのが特徴。最近はヒューマングレードといった、人間でも食べられる素材で作ったものが人気で、健康志向の製品も多数登場しています。


今回は、そんな猫缶の選び方をお伝えし、人気商品もランキング形式でご紹介します。本記事を参考に、ぜひ愛猫にピッタリの猫缶を見つけてくださいね!

  • 最終更新日:2019年04月26日
  • 156  views
目次

猫缶の選び方

それでは早速、猫缶の選び方のポイントをご紹介します。

総合栄養食?一般食?まずは種類ごとの特徴をチェック

猫缶のようなウェットフードには、毎日の主食にぴったりの「総合栄養食」の他、おやつとして食べる「一般食」と呼ばれるものも。事前に確認しておくことが大切です。

1日の栄養素をバランスよくチャージできる「総合栄養食」

1日の栄養素をバランスよくチャージできる「総合栄養食」

総合栄養食とは、猫の主食として与えるフードのことで、1日に必要とする栄養素が全てバランスよく含まれているのが特徴。新鮮な水と一緒に与えるだけで、健康を維持することができる魅力的な食品となっています。


1日に与える量は猫の年齢や体重によっても違いますが、成猫で体重1㎏に対して約52~75カロリー。毎日主食として与える場合は、事前に「総合栄養食」であるか、しっかり確認するようにしましょう。

トッピングとして与えるなら一般食を。総合栄養食と併用するのが〇!

トッピングとして与えるなら一般食を。総合栄養食と併用するのが〇!

特定の栄養の調整やカロリー補給、ドライフードなどの総合栄養食を食べてくれないときのトッピングとして使いやすいのが、「一般食」です。


猫に必要な栄養を一定の基準で満たしていますが、単体では栄養素がかたよるため、総合栄養食と併用して与えるようにするのがおすすめです。

食感や形状が異なる!タイプ別の特徴は?

猫缶は大きく分けて「フレークタイプ」「パテタイプ」「スープ・シチュータイプ」の3つに分けることができ、それぞれ特徴があります。

素材そのものの香りや食感を味あわせてあげるなら、フレークタイプがおすすめ

素材そのものの香りや食感を味あわせてあげるなら、フレークタイプがおすすめ

素材の香りや食感をそのまま感じることができるのがフレークタイプです。ツナ缶のツナのような形状をしており、水分量が特に多いのが特徴。食べ応えがあり味の種類も豊富なので、猫の好みに合わせて選ぶことができますよ。


また無添加・無着色・化学防腐剤なしのものも多いので、安全なものを食べさせたい方にもおすすめとなっています。


ただし総合栄養食ではないものが多く、毎食だとコスパもかかるため、ドライフードの食いつきを良くするためのトッピングやおやつ、水分補給として与えると良いでしょう。

子猫の離乳食や老猫には柔らかいパテタイプを

子猫の離乳食や老猫には柔らかいパテタイプを

ペーストやムース状になっているパテタイプは柔らかいため、子猫の離乳食(早くて生後20日くらいから)や歯の弱った老猫におすすめ


素材を細かくしたものを練って作られているため混ざりやすく、ドライフードの食いつきが悪い場合にも使えます。また薬を包んで食べさせることもできるため、投薬を嫌がる場合にも便利でしょう。

スープ・シチュータイプはおやつ向き。総合栄養食と併用して使うのが〇

スープ・シチュータイプはおやつ向き。総合栄養食と併用して使うのが〇

スープ・シチュータイプは、素材を煮込んでシチューやスープのようになっているのが特徴で、大きめの素材が煮込まれていたり、とろみがついている場合が多くなっています。お湯の代わりに、スープでドライフードをふやかしてあげることができるのも嬉しいところ。


温めると香りが強くなるので、食欲がない猫におすすめ。一般食の場合が多いので、トッピングやおやつとして与え、別でしっかり総合栄養食を与えるようにすると良いでしょう。

無添加、もしくは添加物も明記されたものを選ぼう

無添加、もしくは添加物も明記されたものを選ぼう

猫の健康のためにも、保存料や着色料などの化学添加物があまり使われていないものを選びたいもの。最近は「ヒューマングレード」という人間でも食べられる素材で作られたフードが人気となっています。


でも、猫缶に使われている添加物には基準が設けられており、必ずしも悪ではありません。きちんと安全性試験などが行われており、猫の健康が損なわれないことが確認されています。


それでも、飼い主としてはできるだけ安全なものを食べさせたいですよね。市販に出回っている猫缶で、完全に無添加のものを探すのは難しいですが、保存料や着色料なども含めた原材料が、できるだけしっかりと記載されているものを選ぶのがおすすめですよ。

グルテンフリーか確認しよう

グルテンフリーか確認しよう

猫は本来肉食動物なため、穀物に含まれる植物性たんぱく質を分解するのは苦手です。そのため、猫缶を選ぶ際には、穀物を一切使用していない「グルテンフリー」のものがおすすめ


消化できない穀物を毎回摂取すると体にどんどん蓄積されて、アレルギーを引き起こす原因になる場合もあります。ドライフードに比べて多くはないものの、中には、かさましやコスト削減のために穀物を使用しているものも多くあるので、購入の際には注意しましょう。

猫の年齢にあったものを選んで健康維持

猫の年齢にあったものを選んで健康維持

猫缶は大きく分けると「子猫用」「成猫用」「高齢猫用」と別れており、年齢にあわせた食事を与えることで、肥満や病気のリスクを軽減できます。


体の組織が急激に発達する成長期の子猫(~12ヶ月)には、柔らかめのパテタイプがおすすめ。成猫の約3倍のカロリーを必要としますが、消化機能が未熟な時期なので、食事には十分に気を配りたいところです。また、成猫(1~6歳)なら、バランスの良い食事+好みに合わせた一般食を適度に与えても良いでしょう


高齢猫(7歳~)には、消化が良く食べやすいパテタイプがおすすめ。運動量も減り基礎代謝が低下してくるため、カロリーコントロールが必要になってきますが、食欲がない時は、高カロリーのものを与えて様子を見てあげてくださいね。

猫缶のおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気の猫缶をランキング形式でご紹介していきます。

10位
猫缶 日本ヒルズ・コルゲート ヒルズのサイエンス・ダイエット  キャットフード シニア 7歳以上 高齢猫用  チキン  1枚目
出典:amazon.co.jp

日本ヒルズ・コルゲートヒルズのサイエンス・ダイエット キャットフード シニア 7歳以上 高齢猫用 チキン

1,972円 (税込)

種類
タイプフレークタイプ
無添加×
グルテンフリー×
年齢高齢猫用
9位
猫缶 アイシア 純缶 ミニ3P かつお節入り  1枚目
出典:amazon.co.jp

アイシア純缶 ミニ3P かつお節入り

246円 (税込)

種類一般食
タイプゼリータイプ
無添加×
グルテンフリー
年齢成猫用
8位
猫缶 LINNA商会 C&R ツナ、タピオカ&カノラオイル Lサイズ  1枚目
出典:amazon.co.jp

LINNA商会C&R ツナ、タピオカ&カノラオイル Lサイズ 

291円 (税込)

種類
タイプスープ・シチュータイプ
無添加
グルテンフリー
年齢
7位
猫缶 ネスレピュリナペットケア モンプチ 缶 成猫用 あらほぐし仕立て ロースト若鶏  1枚目
出典:amazon.co.jp

ネスレピュリナペットケアモンプチ 缶 成猫用 あらほぐし仕立て ロースト若鶏

1,451円 (税込)

種類総合栄養食
タイプあらほぐしタイプ
無添加×
グルテンフリー×
年齢成猫用
6位
種類
タイプゼリータイプ
無添加×
グルテンフリー
年齢
5位
猫缶 いなばペットフード  キャットフード ホワイトフジ まぐろ ささみ入り 1枚目
出典:amazon.co.jp

いなばペットフード キャットフード ホワイトフジ まぐろ ささみ入り

3,849円 (税込)

種類一般食
タイプフレークタイプ
無添加
グルテンフリー
年齢成猫用
4位
猫缶 ネスレピュリナペットケア モンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース 白身魚&ツナ 魚介煮込み  1枚目
出典:amazon.co.jp

ネスレピュリナペットケアモンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース 白身魚&ツナ 魚介煮込み

1,368円 (税込)

種類総合栄養食
タイプスープ・シチュータイプ
無添加×
グルテンフリー×
年齢成猫用
3位
猫缶 ニュートロ デイリーディッシュ 4種アソート 1枚目
出典:amazon.co.jp

ニュートロデイリーディッシュ 4種アソート

700円 (税込)

種類総合栄養食
タイプパテタイプ
無添加×
グルテンフリー
年齢成猫用
2位
猫缶 ROYAL CANIN Japan  FHN -WET ベビーキャット 猫用  1枚目
出典:amazon.co.jp

ROYAL CANIN Japan FHN -WET ベビーキャット 猫用

4,800円 (税込)

種類総合栄養食
タイプパテタイプ
無添加×
グルテンフリー×
年齢子猫用(生後1~4ヶ月齢まで)
1位
猫缶 ネスレピュリナペットケア モンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース サーモン&舌平目 ホイル焼き風  1枚目
出典:amazon.co.jp

ネスレピュリナペットケアモンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース サーモン&舌平目 ホイル焼き風

1,368円 (税込)

種類総合栄養食
タイプスープ・シチュータイプ
無添加×
グルテンフリー×
年齢成猫用

人気猫缶の比較一覧表

商品画像
1
猫缶 ネスレピュリナペットケア モンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース サーモン&舌平目 ホイル焼き風  1枚目

ネスレピュリナペットケア

2
猫缶 ROYAL CANIN Japan  FHN -WET ベビーキャット 猫用  1枚目

ROYAL CANIN Japan

3
猫缶 ニュートロ デイリーディッシュ 4種アソート 1枚目

ニュートロ

4
猫缶 ネスレピュリナペットケア モンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース 白身魚&ツナ 魚介煮込み  1枚目

ネスレピュリナペットケア

5
猫缶 いなばペットフード  キャットフード ホワイトフジ まぐろ ささみ入り 1枚目

いなばペットフード

6
猫缶 アイシア 純缶ミニ3P しらす入り 1枚目

アイシア

7
猫缶 ネスレピュリナペットケア モンプチ 缶 成猫用 あらほぐし仕立て ロースト若鶏  1枚目

ネスレピュリナペットケア

8
猫缶 LINNA商会 C&R ツナ、タピオカ&カノラオイル Lサイズ  1枚目

LINNA商会

9
猫缶 アイシア 純缶 ミニ3P かつお節入り  1枚目

アイシア

10
猫缶 日本ヒルズ・コルゲート ヒルズのサイエンス・ダイエット  キャットフード シニア 7歳以上 高齢猫用  チキン  1枚目

日本ヒルズ・コルゲート

商品名

モンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース サーモン&舌平目 ホイル焼き風

FHN -WET ベビーキャット 猫用

デイリーディッシュ 4種アソート

モンプチ 缶 成猫用 たっぷりとろとろソース 白身魚&ツナ 魚介煮込み

キャットフード ホワイトフジ まぐろ ささみ入り

純缶ミニ3P しらす入り

モンプチ 缶 成猫用 あらほぐし仕立て ロースト若鶏

C&R ツナ、タピオカ&カノラオイル Lサイズ 

純缶 ミニ3P かつお節入り

ヒルズのサイエンス・ダイエット キャットフード シニア 7歳以上 高齢猫用 チキン

特徴大きめの具材がぎっしり!とろとろソースでトッピングも〇子猫用の食べやすいパテタイプ。食べ飽きない黄金比が魅力分割パックで与えやすい、グルテンフリーの便利なフード着色料・発色剤なしで添加物少なめ原材料がシンプルで安心度高め。日本でも人気のいなばの猫缶ベース素材にはまぐろ100%使用。食べやすいゼリータイプ食べ応えがあるあらほぐしタイプ。満足感が高い一品化学薬品や保存料一切不使用!体に優しい猫缶まぐろ100%+鰹節で食欲アップ!素材を活かすシンプル配合7歳以上の高齢猫におすすめ。良質なたんぱく質を使用
価格1,368円(税込)4,800円(税込)700円(税込)1,368円(税込)3,849円(税込)11,522円(税込)1,451円(税込)291円(税込)246円(税込)1,972円(税込)
種類総合栄養食総合栄養食総合栄養食総合栄養食一般食総合栄養食一般食
タイプスープ・シチュータイプパテタイプパテタイプスープ・シチュータイプフレークタイプゼリータイプあらほぐしタイプスープ・シチュータイプゼリータイプフレークタイプ
無添加××××××××
グルテンフリー×××××
年齢成猫用子猫用(生後1~4ヶ月齢まで)成猫用成猫用成猫用成猫用成猫用高齢猫用
商品リンク

安心して与えられるキャットフードなら、こちらもおすすめ

ウェットタイプの猫缶だけでなく、ドライフードでも安心できるものをお探しなら、以下の記事もおすすめ。グレインフリータイプをはじめ、おすすめのフードを多数ご紹介しています。ぜひご覧になってみてくださいね。

猫缶の売れ筋ランキングもチェック!

猫缶のAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

まとめ

猫缶について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?一口に猫缶と言っても形状や食感、年齢などに合わせて、いろいろな種類があることが分かりました。猫によっても好みは違うので、選ぶ際にはまず少量サイズから買うようにすると失敗しにくいですよ。


ぜひお気に入りの一品を見つけて、愛猫を喜ばせてあげてくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す