1. TOP
  2. >
  3. ペット・ペット用品
  4. >
  5. 猫用品
  6. >
  7. 子猫用離乳食のおすすめ人気ランキング15選【ムース・ペースト・粉末タイプも!】
  • 子猫用離乳食のおすすめ人気ランキング15選【ムース・ペースト・粉末タイプも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 子猫用離乳食のおすすめ人気ランキング15選【ムース・ペースト・粉末タイプも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 子猫用離乳食のおすすめ人気ランキング15選【ムース・ペースト・粉末タイプも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 子猫用離乳食のおすすめ人気ランキング15選【ムース・ペースト・粉末タイプも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 子猫用離乳食のおすすめ人気ランキング15選【ムース・ペースト・粉末タイプも!】のアイキャッチ画像5枚目

子猫用離乳食のおすすめ人気ランキング15選【ムース・ペースト・粉末タイプも!】

お母さん猫の母乳や猫用ミルクを飲んでいる子猫は、生後1か月を過ぎるころになると離乳がはじまります。猫は成長が早くあっという間に離乳食を食べるようになるため、早めに離乳食を用意しておきたいところ。だいたい生後6~9週目で離乳食は終了しますが、大人の猫になるまでの体を作る大切な時期でもあるため、離乳食でしっかり栄養を補っていかなければなりません。

しかし、子猫用の離乳食といっても、ムース状・ペースト状・液状・粉末タイプなど種類も多く、ロイヤルカナン・ニュートロ・ウェルネスなどさまざまなブランドから販売されているため、どれを選べば良いか迷ってしまいますよね。そこで今回は、子猫用離乳食の選び方と、通販で購入できるおすすめの商品をランキング形式でご紹介します。大切な子猫に元気に育ってもらうためにも、良質な離乳食でしっかりと栄養を与えていきましょう!

  • 最終更新日:2020年07月17日
  • 20,288  views
目次

子猫用離乳食の選び方

それでは、子猫用離乳食の選び方をご紹介します。おうちの子猫にはどのような離乳食が合うか、ポイントをチェックしてみてくださいね。

良質な動物たんぱく質が主原料の総合栄養食を選ぶ

良質な動物たんぱく質が主原料の総合栄養食を選ぶ
キャットフードには総合栄養食と一般食がありますが、子猫の離乳食には、まず総合栄養食を選んで与えましょう。総合栄養食は主食にあたり、これとお水があれば猫の成長段階に適した栄養を摂ることが可能。ポークやチキンなどを主原料としたものを選び、良質な動物たんぱく質を補ってあげましょう。

一方一般食はおかずのようなもので、総合栄養食にトッピングして与えます。食欲増進に役立ったり、嗜好性を強めてくれたりしますが、普段の食事のメインとしてではなく、あくまでも副食として利用するとよいでしょう。

添加物・着色料は未使用か控えめが◎

添加物・着色料は未使用か控えめが◎
合成の酸化防止剤、例えば BHA(ブチルヒドロキシアニソール)・BHT(ブチルヒドロキシトルエン)などは、肉や魚など油分の多い原材料を使うフードの酸化を防止し、フードの品質を適切に保持するために添加されています。

もちろん厳しい基準を満たしてごく少量添加されているので、食べたら絶対危険というわけではありませんが、少量でも子猫の体内に入れたくないとういう飼い主さんは、人工的な酸化防止剤や添加物が入っていない離乳食を選んであげましょう。

また、フードが酸化してしまうのが心配という場合は、緑茶抽出物やローズマリー抽出物などの天然成由来の成分・ビタミンE・ビタミンCなどビタミンを使用しているものを選びましょう。猫は色で食欲が増すわけではないので、着色料は使用していないものがいいでしょう。

食べ具合に合わせてタイプを使い分けよう

離乳したての子猫は、噛む力も消化力も未熟です。口そのものも小さいので、食べやすい離乳食を用意してあげることも大切なポイント。また、子猫が硬めのフードを噛めたとしても、消化器官の発達が追い付いていないこともあります。食べ具合と便の様子を見ながら、色々なタイプの離乳食をうまく使い分けて、子猫を元気で健康な猫に育ててあげましょう。

はじめての離乳食にはムース・ペースト状のものを

はじめての離乳食にはムース・ペースト状のものを
今までミルクを飲んでいた子猫に初めて離乳食を与えるなら、ムース状・ペースト状のフードがおすすめです。ムース状・ペースト状のものなら、とてもやわらかいので、なめるだけで食べられます。ふやかしたり水で溶いたりする手間も省けるので子猫を待たせずにすみ、忙しい飼い主さんも助かりますよね。

子猫は消化能力が未発達なので、いきなり硬いフードや塊になったフードを食べさせるのはお腹を壊しやすく心配です。その点ムース状・ペースト状なら消化しやすく、子猫のお腹に優しく与えられます。

固さを調節したいときは粉タイプが便利

固さを調節したいときは粉タイプが便利
猫の食べ具合や体の調子に合わせてやわらかさを調節したいときには、粉状の離乳食を選びましょう。お湯で溶いて作る粉状の離乳食なら、離乳したての頃は緩めに溶いてミルクと一緒に、様子を見ながら徐々に固めに、お腹を壊したらまた緩めに戻して調節、ということが容易です。

また、兄弟猫など子猫が複数いる場合なども、それぞれの子猫の成長に合わせてやわらかさを細やかに調節できるのが便利。高栄養なので、妊娠中の猫や病後の猫にも使えますよ。

食の細い子にはウェットタイプもおすすめ

食の細い子にはウェットタイプもおすすめ

食の細い子猫には、ウエットタイプの離乳食もおすすめです。ウェットタイプは、猫の嗜好性が強い魚や肉が第一原料のものが多く、食いつきがいいので食が進みます。


はじめのうちは細かくつぶす必要がありますが、子猫用はもともとジューシーなものが多くそれほど手間はかかりません。また月齢が進んでいけば、そのまま1歳まで与えられるというメリットもあります。ただ、開封後はすみやかに消費する必要があるため、注意しましょう。

ドライタイプはふやかせば離乳食でもOK

ドライタイプはふやかせば離乳食でもOK
ドライタイプの子猫用のフードは、お湯や水にふやかしてつぶすと離乳期の子猫にも与えることができます。ふやかすのに時間がかかったり、つぶしたりと手間がかかってしまいますが、子猫の体調や食べ具合に合わせて固さを調節することができますよ。

メリットは、歯が生えてきた子猫のフードをドライタイプに切り替えるのが容易であること。ドライタイプは子猫のかむ力を鍛えるほか、歯に汚れが付きにくいというメリットがあります。開封後は保存できないムース状やウェットタイプに比べ、密閉容器に入れればある程度の保存が可能なのもいいですね。

子猫用離乳食のおすすめ人気ランキング15選

それではここからは、おすすめの子猫用離乳食人気ランキング15選をご紹介します。離乳食選びの参考にしてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年6月10日時点)をもとにして編集部独自で順位付けしています。

15位
種類総合栄養食
形状ドライタイプ
内容量400g・1kg・2kg
14位
種類総合栄養食
形状ドライタイプ
内容量300g
13位
種類総合栄養食
形状フレーク状
内容量70g
12位
種類総合栄養食
形状フレーク状
内容量70g
11位
種類-
形状パテ状
内容量200g
10位
種類総合栄養食
形状フレーク状
内容量70g
9位
種類-
形状ドライタイプ
内容量400g・800g
8位
種類総合栄養食
形状フレーク状
内容量60g
7位
種類総合栄養食
形状粉末
内容量150g
6位
種類総合栄養食
形状ペースト状
内容量40g
5位
種類総合栄養食
形状ドライタイプ
内容量400g・2kg・4kg
4位
種類総合栄養食
形状ペースト状
内容量85g
3位
種類-
形状パテ状
内容量100g
2位
種類総合栄養食
形状ムース状
内容量100g
1位
種類総合栄養食
形状粉末
内容量420g

人気子猫用離乳食の比較一覧表

商品画像
1
子猫用離乳食 日清ペットフード ジェーピースタイル 幼猫用離乳食

日清ペットフード

2
子猫用離乳食 ロイヤルカナン マザー&ベビーキャット 1枚目

ロイヤルカナン

3
子猫用離乳食 アニモンダ フォムファインステン キトン 1枚目

アニモンダ

4
子猫用離乳食 d.b.f(デビフ) 子猫の離乳食 ささみペースト

d.b.f(デビフ)

5
子猫用離乳食 ロイヤルカナン FHN マザー&ベビーキャット

ロイヤルカナン

6
子猫用離乳食 ペットライン ウェット り乳 ミルク風味 1枚目

ペットライン

7
子猫用離乳食 森乳サンワールド ネコちゃんの離乳食 1枚目

森乳サンワールド

8
子猫用離乳食 ユニ・チャーム ねこ元気 健康に育つ子猫用 1枚目

ユニ・チャーム

9
子猫用離乳食 ウェルネス コア 子猫用 1枚目

ウェルネス

10
子猫用離乳食 カルカン カルカン 子ねこ用 まぐろ 1枚目

カルカン

11
子猫用離乳食 アニモンダ カーニーミート ベビーパテ

アニモンダ

12
子猫用離乳食 アイシア ミャウミャウ ジューシー 1枚目

アイシア

13
子猫用離乳食 ユニ・チャーム 銀のスプーン 健康に育つ子ねこ用 1枚目

ユニ・チャーム

14
子猫用離乳食 AVO DERM(アボダーム) キトン 1枚目

AVO DERM(アボダーム)

15
子猫用離乳食 ニュートロ ワイルドレシピ キトンチキン 子猫用 1枚目

ニュートロ

商品名

ジェーピースタイル 幼猫用離乳食

マザー&ベビーキャット

フォムファインステン キトン

子猫の離乳食 ささみペースト

FHN マザー&ベビーキャット

ウェット り乳 ミルク風味

ネコちゃんの離乳食

ねこ元気 健康に育つ子猫用

コア 子猫用

カルカン 子ねこ用 まぐろ

カーニーミート ベビーパテ

ミャウミャウ ジューシー

銀のスプーン 健康に育つ子ねこ用

キトン

ワイルドレシピ キトンチキン 子猫用

特徴ミルク風味の粉末タイプ。お湯で好みの固さに調節できるムース状で初めての離乳食にぴったり。お母さん猫も食べられるワンランク上の離乳食。ごろっとした柔らかい塊入りで贅沢に生後20日からOKの離乳食。キャットフードデビューにおすすめ超小粒でふやかしやすく、小さな口でも食べやすいトロトロのペースト状でミルクにも混ぜられる離乳食使いやすい粉末タイプ。子猫の成長に合わせて与えたい方にかつおのフレークが食欲をそそる。すぐに使えて便利柔らかめのドライタイプ。バランスのとれた栄養を子猫にもゼリー仕立てで食べやすい。子猫が喜ぶまぐろ味フレッシュな牛肉で栄養がたっぷり摂れる離乳食心の健康維持サポート成分配合。室内猫におすすめ手軽な缶詰タイプ。お皿に移すだけで手間いらず妊娠・授乳期のママ猫にも。すぐにふやかせるドライタイプ穀物フリーの高たんぱく。アレルギー持ちの猫におすすめ
最安値
1,015
送料別
詳細を見る
149
送料別
詳細を見る
302
送料要確認
詳細を見る
170
送料要確認
詳細を見る
639
送料別
詳細を見る
98
送料要確認
詳細を見る
657
送料別
詳細を見る
53
送料別
詳細を見る
1,287
送料無料
詳細を見る
902
送料別
詳細を見る
418
送料別
詳細を見る
1,020
送料別
詳細を見る
96
送料別
詳細を見る
688
送料要確認
詳細を見る
1,568
送料要確認
詳細を見る
種類総合栄養食総合栄養食-総合栄養食総合栄養食総合栄養食総合栄養食総合栄養食-総合栄養食-総合栄養食総合栄養食総合栄養食総合栄養食
形状粉末ムース状パテ状ペースト状ドライタイプペースト状粉末フレーク状ドライタイプフレーク状パテ状フレーク状フレーク状ドライタイプドライタイプ
内容量420g100g100g85g400g・2kg・4kg40g150g60g400g・800g70g200g70g70g300g400g・1kg・2kg
商品リンク

猫用ミルクも上手に活用しよう!

ドライタイプのフードをふやかすときや、粉末タイプの離乳食を溶かすときには、猫用ミルクも上手に活用していきましょう。子猫の好きなミルクを加えることで、よく食べてくれるようになるかもしれません。以下の記事でもおすすめのミルクをたくさん紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

まとめ

子猫用離乳食、よさそうな離乳食はみつかりましたか。離乳期そのものは短いですが、これから成長していく猫にとって大切な時期。おいしく食べて大きく成長してほしいですよね。子猫の成長具合や好みに、そして飼い主さんのライフスタイルに合った離乳食で、家族の一員である子猫を元気いっぱいに育ててくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す