• ルアーケースのおすすめ人気ランキング10選【大型タイプも】のアイキャッチ画像1枚目
  • ルアーケースのおすすめ人気ランキング10選【大型タイプも】のアイキャッチ画像2枚目
  • ルアーケースのおすすめ人気ランキング10選【大型タイプも】のアイキャッチ画像3枚目
  • ルアーケースのおすすめ人気ランキング10選【大型タイプも】のアイキャッチ画像4枚目
  • ルアーケースのおすすめ人気ランキング10選【大型タイプも】のアイキャッチ画像5枚目

ルアーケースのおすすめ人気ランキング10選【大型タイプも】

釣り歴が長くなるにつれ、いつの間にか増えてしまったルアー。そんなルアーの管理に、悩んだことがある方もいるのではないでしょうか。そんな悩みを解消してくれるのが、ルアーケースです!メイホウやタカミヤといったメーカーからも販売されていますが、箱型のハードタイプやスポンジのついたワレットタイプなどがあり、サイズもまちまち。どれを選ぼうか迷ってしまいますね。


そこで今回は、ルアーケースの選び方とともに、人気の商品をランキング形式でご紹介します。大型ルアーが入るものやリバーシブルタイプなど、おすすめのものが幅広くランクイン!ルアーをきれいに整理整頓して、快適に釣りを楽しみませんか?

  • 最終更新日:2019年12月09日
  • 6,966  views
目次

ルアーケースの選び方

まずはさっそく、ルアーケースを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。

ルアーが整理しやすいタイプを選ぼう

ルアーケースのタイプは、主にアタッシュケースタイプ・ワレットタイプの2種類。持っているルアーの種類によって、適したタイプが変わるので、チェックしてみましょう。

いろいろな種類のルアーをまとめて収納するなら、アタッシュケースタイプが便利

いろいろな種類のルアーをまとめて収納するなら、アタッシュケースタイプが便利

大小さまざまなルアーを使ってフィッシングを楽しむ方におすすめなのが、アタッシュケースタイプです。ハードな箱型のケースで、中に仕切りがついているものも多く、種類分けして整理するのにとても便利ですよ。高さがあるので、厚みのあるルアーを入れたいときにもおすすめです。


仕切りつきのものを選ぶ場合、仕切りが可変式かどうかは要チェックです。バグなどの小さいルアーを何個かまとめて収納する、細長いミノーを入れるといったときに、仕切りが動かせないとやはり不便。可変式なら、それぞれのルアーに合わせて幅や大きさを調節できるので、整理整頓しやすいですよ。

エギやスプーン向き。ルアーを並べて収納したいならワレットタイプが◎

エギやスプーン向き。ルアーを並べて収納したいならワレットタイプが◎

出典:amazon.co.jp

同じ種類のルアーをいくつも使い分ける場合は、ワレットタイプが便利。ファスナーで開閉するソフトなタイプで、サイズは小さめ。同じくらいの大きさのものをきれいに並べて収納するのに向いていて、特にエギやスプーンといった厚みのないルアーにおすすめです。

小さなルアーをたくさん入れると、フックが絡まったり、どこに何があるか分かりづらくなりますよね。ワレットタイプは、1つずつ並べて収納することで、使いたいルアーを一目で探して素早く取り出すことができますよ。

手持ちのルアーが入るか、内寸サイズはミリ単位でチェック!

手持ちのルアーが入るか、内寸サイズはミリ単位でチェック!

手持ちのルアーが入るかどうか、内寸サイズに注意して選びましょう。特に大きめのルアーをたくさん持っている方は要チェックです。アタッシュケースの中でも仕切りが動かせるものであれば、比較的柔軟に収納できますが、できれば中でルアーが遊ばないように、仕切りの中にぴったり収まったほうが嬉しいですよね。


商品の口コミを見ていても、手持ちのルアーに合わず使えなかった、という声は多く聞かれます。内寸が記載してあるものの他、どのルアーに対応しているか明記してある商品もあるので、しっかりチェックして選ぶのが、失敗を防ぐポイントですよ。

バッグやポケットに入るか、本体サイズも忘れず確認

バッグやポケットに入るか、本体サイズも忘れず確認

本体サイズが、手持ちのバッグやタックルボックスに合っているかどうかもチェックしてみましょう。ルアーが入るかどうかは気にする人も多いですが、バックに入るかどうかは意外と見落としがち。できれば、バッグの中で動かないように、ぴったりサイズのものを選ぶのがおすすめですよ。


また、ベストの前ポケットにルアーケースを入れて釣りを行う方も、ポケットに入るサイズかどうかをしっかり確認しておきましょう。


中には、特定のタックルボックスやベストのポケットに合うように作られたものもありますよ。ぴったりとはまり、ジャストサイズで気持ちよく使うことができます。特に同じメーカーで揃えている方などは、専用のものがないかチェックしてみると良いですね!

水切りがついていると、海釣り後の手入れが楽チン!

水切りがついていると、海釣り後の手入れが楽チン!

出典:amazon.co.jp

特に海釣りの方にチェックしていただきたいのが、洗浄のしやすさです。ルアーの大敵となる塩水がつきやすい海釣りの際は、ルアーを劣化させないためにも、使った後は毎回洗浄する必要がありますよね。そんな時は、ケースに水切り穴がついていると洗いやすいですよ。

水切り穴がついていると、ルアーを入れたまま丸ごとジャブジャブ洗うことが可能。大敵の塩分も、しっかり切ることができて、お手入れの時間が短縮できます。海釣り以外でも、ちょっとケースの中が濡れた時などに乾きが早くなるなど、便利に使えますよ。

ルアーの損傷や落下を防ぐためにも、丈夫なものがおすすめ

ルアーの損傷や落下を防ぐためにも、丈夫なものがおすすめ

中のルアーをしっかり守れるかどうかもチェックしておきましょう。色々な自然環境の中で使うものなので、もろいケースだとすぐに劣化・変形したりして、中のルアーが落下したり傷ついてしまうことがあります。価格が安いというだけにとらわれず、ある程度しっかりした作りのものを選びましょう。落とした際の衝撃も考えると、ワレットタイプの場合は、クッション性のある素材がおすすめです。


アタッシュケースタイプの場合は、特に岩場などで使用することが多いなら、割れにくいポリカーボネイトを使用したものなどもおすすめ。また、プラスチックを溶かしてしまうソフトルアーを使用するなら、ワームプルーフ加工がされているものを選ぶと安心。ソフトルアーを入れても溶けにくく、全体の強度もアップしますよ。

ルアーケースの人気ランキング10選

ルアーケースの選び方を見てきましたが、ここからは実際に人気の商品をランキング形式で10選ご紹介します。

10位

タカミヤREALMETHOD ルアーケース

JE-101

654円 (税込)

タイプアタッシュケース
内寸-
本体サイズ横210×縦145×高さ40mm
水切り
素材ポリプロピレン(本体)・ポリカーボネイト(蓋)
9位
タイプワレット(クッション有)
内寸-
本体サイズ横200×縦90mm
水切り×
素材ウレタンフォーム
8位
タイプワレット
内寸-
本体サイズ横250×縦190×高さ30mm
水切り×
素材-
7位
ルアーケース アムズデザイン アイマ ルアーケース3010
出典:amazon.co.jp

アムズデザインアイマ ルアーケース3010

012885

665円 (税込)

タイプアタッシュケース(可変仕切り版)
内寸-(12cmのミノーが入る)
本体サイズ横205×縦145×高さ40mm
水切り×
素材-
6位
ルアーケース シマノ セフィア エギケースSF
出典:amazon.co.jp

シマノセフィア エギケースSF

PC-221I

908円 (税込)

タイプワレット(クッション有)
内寸-(3~4号のエギが入る)
本体サイズ横250×縦175×高さ45mm
水切り×
素材ハードメッシュ
5位
タイプアタッシュケース(可変仕切り版)
内寸-
本体サイズ横205×縦145×高さ40mm
水切り-
素材ポリプロピレン(ワームプルーフ)
4位

ダイワマルチケース スティーズ

205NS

640円 (税込)

タイプアタッシュケース(可変仕切り版)
内寸-
本体サイズ横205×縦145×高さ28mm
水切り-
素材-
3位
タイプアタッシュケース
内寸横135×縦86×高さ18mm(仕切り幅19㎜)
本体サイズ横140×縦104×高さ22mm
水切り
素材ポリプロピレン
2位
タイプアタッシュケース(可変仕切り版)
内寸横180×縦140×高さ35mm(仕切り幅29㎜)
本体サイズ横205×縦145×高さ40mm
水切り
素材ポリプロピレン
1位
タイプアタッシュケース(可変仕切り版)
内寸横193×縦100×高さ30mm(仕切り幅23㎜)
本体サイズ横200×縦126×高さ36mm
水切り
素材ポリプロピレン

人気ルアーケースの比較一覧表

商品画像
1
ルアーケース メイホウ リバーシブル

メイホウ

2
ルアーケース メイホウ リバーシブル

メイホウ

3
ルアーケース メイホウ リバーシブル

メイホウ

4
ルアーケース ダイワ マルチケース スティーズ

ダイワ

5
ルアーケース メイホウ バーサス

メイホウ

6
ルアーケース シマノ セフィア エギケースSF

シマノ

7
ルアーケース アムズデザイン アイマ ルアーケース3010

アムズデザイン

8
ルアーケース ダイワ エギホルダー

ダイワ

9
ルアーケース フォレスト ルアーケース

フォレスト

10
ルアーケース タカミヤ REALMETHOD ルアーケース

タカミヤ

商品名

リバーシブル

リバーシブル

リバーシブル

マルチケース スティーズ

バーサス

セフィア エギケースSF

アイマ ルアーケース3010

エギホルダー

ルアーケース

REALMETHOD ルアーケース

特徴迷ったらコレ!収納力も抜群のマルチルアーケース縦開閉できて、ベストにもすっぽり入る優れもの!両面収納できるから、コンパクトなのに収納力大!バス釣りのお供にはコレ!薄いから持ち運びも便利ソフトルアーの収納に!ワームプルーフ加工がされていて安心大容量エギ用ルアーケース!メッシュ素材だからお手入れも楽チン深さがあるから、大きなルアーもすっぽり入る!エギが10本収納可能!エギング専門の方にたくさんのスプーンを整理に便利なワレットタイプ家での保管にも。自由にたっぷり収納するのに便利!
最安値
632
送料要確認
詳細を見る
781
送料無料
詳細を見る
488
送料無料
詳細を見る
640
送料要確認
詳細を見る
663
送料無料
詳細を見る
908
送料別
詳細を見る
665
送料要確認
詳細を見る
934
送料無料
詳細を見る
1,166
送料要確認
詳細を見る
654
送料要確認
詳細を見る
タイプアタッシュケース(可変仕切り版)アタッシュケース(可変仕切り版)アタッシュケースアタッシュケース(可変仕切り版)アタッシュケース(可変仕切り版)ワレット(クッション有)アタッシュケース(可変仕切り版)ワレットワレット(クッション有)アタッシュケース
内寸横193×縦100×高さ30mm(仕切り幅23㎜)横180×縦140×高さ35mm(仕切り幅29㎜)横135×縦86×高さ18mm(仕切り幅19㎜)---(3~4号のエギが入る)-(12cmのミノーが入る)---
本体サイズ横200×縦126×高さ36mm横205×縦145×高さ40mm横140×縦104×高さ22mm横205×縦145×高さ28mm横205×縦145×高さ40mm横250×縦175×高さ45mm横205×縦145×高さ40mm横250×縦190×高さ30mm横200×縦90mm横210×縦145×高さ40mm
水切り--××××
素材ポリプロピレンポリプロピレンポリプロピレン-ポリプロピレン(ワームプルーフ)ハードメッシュ--ウレタンフォームポリプロピレン(本体)・ポリカーボネイト(蓋)
商品リンク

ルアーケースの持ち運びに。タックルボックスもチェック

ルアーケースを持ち運ぶ際は、手持ちのリュックやバッグに入れるのももちろんいいですが、タックルボックスも整理しやすく便利。以下の記事では、釣り用のタックルボックスの人気商品をご紹介しています。気になる方は、チェックしてみて下さいね!

ルアーケースの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ルアーケースのAmazonでの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認下さい。

まとめ

色々なタイプのルアーケースをご紹介しました。何を釣るのか、手持ちでどんなルアーが多いのか、どこに釣りに行くのかによっても、適したルアーケースは変わってきます。すでにスタイルが確立されているなら、用途が絞られたものでもいいですが、まだ始めたばかり、という方はひとまずマルチに使えるものを選ぶのも手ですよ。自分に合ったルアーケースで、もっと快適にフィッシングを楽しみましょう!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す