• ストリンガーのおすすめ人気ランキング10選【安心のフロート付きも】のアイキャッチ画像1枚目
  • ストリンガーのおすすめ人気ランキング10選【安心のフロート付きも】のアイキャッチ画像2枚目
  • ストリンガーのおすすめ人気ランキング10選【安心のフロート付きも】のアイキャッチ画像3枚目
  • ストリンガーのおすすめ人気ランキング10選【安心のフロート付きも】のアイキャッチ画像4枚目
  • ストリンガーのおすすめ人気ランキング10選【安心のフロート付きも】のアイキャッチ画像5枚目

ストリンガーのおすすめ人気ランキング10選【安心のフロート付きも】

釣った魚を元気に活かしておくことができる、ストリンガー。スカリやバケツなどに入らない大物をキープしておくのにも便利なので、いざという時のためにも用意しておきたいアイテムです。でも、フックやロープのタイプもまちまち。使い方によっては魚が外れることもあるので、慎重に選びたいですね。


そこで今回は、ストリンガーの選び方と、実際に釣り人に人気のおすすめ商品を、ランキング形式でご紹介します。がまかつやカザックスなど、人気のブランドからもランクイン。釣りの必需品に加えたくなるストリンガーも、きっと見つかりますよ!

  • 最終更新日:2019年03月20日
  • 460  views
目次

大物狙いに最適!ストリンガーの魅力とは?

大物狙いに最適!ストリンガーの魅力とは?

ストリンガーとは、釣った魚を水中で活かすための道具のこと。ロープにいくつかのフックがついていて、釣った魚の下あごにフックを通して使います。こうして固定した魚を水中に戻し泳がせておくことで、釣りが終わるまでの間、魚の元気にキープすることができるというアイテムです。


活かし道具として、ビク(スカリ)などもありますが、大物の場合は入らないこともありますし、限られた空間では魚がストレスを感じて鮮度が落ちる原因に。その点、ストリンガーならストレスフリーですし、釣った魚同士がぶつかって音をたてることもないので、次の獲物に警戒心を与えないというメリットも!


また、バケツやビクを持ち歩くよりも手軽。魚の血抜きや下処理をする際も、水中で作業ができるのでバケツ要らずなど、メリットがたくさん。下あごの弱い魚に使うのには適していませんが、価格もお手頃なものが多いので、ぜひとも釣りの必需品に加えてみてはいかがですか?

ストリンガーの選び方

ここからは、自分に合ったストリンガーを見つけるために、選び方のポイントを見ていきましょう。

魚に直接触れるパーツ「フック」に注目

まず最初にチェックしたいのが、フック部分。魚を固定する大切な部分ですので、チェックポイントをしっかりみておきましょう。

狙う魚の大きさに合わせて、サイズを決める

狙う魚の大きさに合わせて、サイズを決める

フックのサイズは、狙う魚の大きさに合わせて選びましょう。全長130mmほどのフックであれば、小~中型の魚をキープするのに最適。初めて使う方も、まずはこのレベルから始めると扱いやすいですよ。大物狙いの方は、全長150mm前後のものを使うと、安心です。



一般的に、フックサイズが大きいものは太さも増します。商品によっては、どのサイズの魚に適している、という記載してあるものもあるので、選ぶ際には参考にすると良いでしょう。

ロック方法は?しっかりホールドするなら「バネ式」がおすすめ

ロック方法は?しっかりホールドするなら「バネ式」がおすすめ

出典:amazon.co.jp

フックを魚に貫通させた後、どのようにロックするかも重要です。ロック部分は、主に、バネ式とインナーロックスナップ式の2つのタイプがありますが、魚をしっかりキープするなら、バネ式のものがおすすめ


バネ式は、魚の下あごに通したフックの先端を、らせん状のバネの中に収納して固定します。その際、フック先をらせんのすき間に引っかけることで、魚が暴れても外れにくい構造になっています。


ただ、固定する際にバネを回すひと手間がかかるため、もっとスムーズにロックしたいなら、インナーロックスナップ式も◎。これは、フック先を収納パーツにひっかけるだけなので、手間もかからず簡単。ただ、その分、負荷によって外れやすいというデメリットもあるので、注意してくださいね。

嬉しい釣果に備えて、フックの数は多い方がベター!

嬉しい釣果に備えて、フックの数は多い方がベター!

出典:amazon.co.jp

フックがいくつ付いているかも、確認しておきましょう。思っていたよりも多く釣れた場合はもちろんですが、大物でフックが2つ必要になる場合も!フック数は5ヶ前後のものが多いですが、中には10ヶほどついているものもあるので、いざという時に備えて多い方がベター


ただ、1つのストリンガーにあまりにたくさんの魚をつけてしまうと、重さで引き上げることができなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。フックのみ、単体販売もされているので、追加用やスペア用として用意しておくのもいいですね。

ロープの扱いやすさもポイント

次に、ロープをチェックしてみましょう。どんなロープを使うかで、使い勝手が変わってきますよ。

迷うなら長めのロープがおすすめ

迷うなら長めのロープがおすすめ

ロープの長さも、重要なポイントです。釣りをする場所やシチュエーションによって、適切な長さが変わってきますよ。最低でも「足元から水面までの距離に、プラス2メートル」は必要。堤防から釣る際や潮の満ち引きによっても必要な長さは変ってくるので、ぴったりの長さを選ぶというのは難しいですね。


そんな時、長ければ垂らす分を調整することができるので、迷うなら長めのロープを選んでおくのがおすすめ。7~10メートルくらいあると、ほとんどの釣り場には対応できます。長めのものを選んだ時は特に、ロープを巻き取るホルダーなどがついていると、長さ調整もしやすいですよ。

引き揚げやすいか、素材のチェックも忘れずに

引き揚げやすいか、素材のチェックも忘れずに
ロープの素材も、忘れずにチェックしておきましょう。素材は、水を吸いにくく、耐久性が高いものが理想です。ナイロンやワイヤーなどが使われているものが多いですが、ワイヤー素材の方が、水も吸わず耐久性も高いので扱いやすいですよ。

ロープが水を吸ってしまうと、引き揚げる時にかなりの重さになってしまいます。また、引き揚げる際に地面に擦れると、切れることもあるので注意。せっかく釣った獲物を逃さないためにも、耐久性のあるものを選んでおきたいですね。

魚が潜るのを防げる、フロート付きが安心

魚が潜るのを防げる、フロート付きが安心

せっかく大物が釣れても、キープしている間に岩場の隙間などにもぐってしまったら残念ですよね。そんなことを避けるためにも、ストリンガーにフロート(浮き具)がついているものを選ぶのがおすすめです。


釣った魚を海面近くで泳がせておくことができるので、魚が隙間にもぐったり、岩場で傷ついたりするのを防ぐことができます。ロープを引き揚げる際の、目印にもなりますね。

ストリンガーのおすすめ人気ランキング10選

選び方をチェックしたところで、ここからは、実際に人気の商品をランキング形式で10選ご紹介します。

10位
ストリンガー シマノ ハンディーストリンガー3.0  1枚目
出典:amazon.co.jp

シマノハンディーストリンガー3.0

RP-211R

3,158円 (税込)

フックサイズ120mm
ロック部分オリジナル
フック数3
ロープ長さ7.5m
ロープ素材-
フロート×
9位
ストリンガー がまかつ ルアー用大型ストリンガーセット 1枚目
出典:amazon.co.jp

がまかつルアー用大型ストリンガーセット

GM-1446

3,196円 (税込)

フックサイズ195mm
ロック部分スライド
フック数3
ロープ長さ3m
ロープ素材ナイロン
フロート×
8位
フックサイズ130mm
ロック部分バネ
フック数5
ロープ長さ10m
ロープ素材ナイロン
フロート×
7位

オーシャンブレイブアライブハング6

1,488円 (税込)

フックサイズ140mm
ロック部分バネ式
フック数6
ロープ長さ10m
ロープ素材ワイヤー
フロート
6位
フックサイズ135mm
ロック部分バネ式
フック数5
ロープ長さ3.85m
ロープ素材ワイヤー
フロート×
5位
フックサイズ135mm
ロック部分バネ式
フック数5
ロープ長さ5m
ロープ素材ワイヤー
フロート
4位
ストリンガー プロマリン ストリンガーセット 1枚目
出典:amazon.co.jp

プロマリンストリンガーセット

ATE200

750円 (税込)

フックサイズ-
ロック部分インナーロックスナップ式
フック数8
ロープ長さ2m
ロープ素材-
フロート×
3位

ベルモントストリンガー100ロープ付セット5pcs

MP094

1,269円 (税込)

フックサイズ100mm
ロック部分バネ式
フック数5
ロープ長さ8m
ロープ素材ナイロン
フロート×
2位
ストリンガー カザックス ロープ付ストリンガーセット  1枚目
出典:amazon.co.jp

カザックスロープ付ストリンガーセット

STS-1002

1,782円 (税込)

フックサイズ100mm
ロック部分インナーロックスナップ式
フック数5
ロープ長さ5mm
ロープ素材ナイロン
フロート×
1位

KIRA DIRECT JPKiranic フロート付きストリンガー

1,499円 (税込)

フックサイズ160mm
ロック部分バネ式
フック数10
ロープ長さ10m
ロープ素材ワイヤー
フロート

人気ストリンガーの比較一覧表

商品画像
1
ストリンガー KIRA DIRECT JP Kiranic フロート付きストリンガー 1枚目

KIRA DIRECT JP

2
ストリンガー カザックス ロープ付ストリンガーセット  1枚目

カザックス

3
ストリンガー ベルモント ストリンガー100ロープ付セット5pcs  1枚目

ベルモント

4
ストリンガー プロマリン ストリンガーセット 1枚目

プロマリン

5
ストリンガー campstores ストリンガーセット 1枚目

campstores

6
ストリンガー SANPERCY フィッシュグリップ 1枚目

SANPERCY

7
ストリンガー オーシャンブレイブ アライブハング6 1枚目

オーシャンブレイブ

8
ストリンガー ゴールデンミーン GMストリンガー 1枚目

ゴールデンミーン

9
ストリンガー がまかつ ルアー用大型ストリンガーセット 1枚目

がまかつ

10
ストリンガー シマノ ハンディーストリンガー3.0  1枚目

シマノ

商品名

Kiranic フロート付きストリンガー

ロープ付ストリンガーセット

ストリンガー100ロープ付セット5pcs

ストリンガーセット

ストリンガーセット

フィッシュグリップ

アライブハング6

GMストリンガー

ルアー用大型ストリンガーセット

ハンディーストリンガー3.0

特徴迷うならこれ!どんな釣り場や魚にも対応できる高コスパ商品中サイズまでの魚に!カザックスのストリンガーしっかり貫通する、小さめのフックがポイント!ウェーディングで、小~中サイズの魚を狙う方にフロート付きで安心!岩場での釣りにもおすすめ色付きワイヤーで見落としにくい!全てセットで、初めての方でも使いやすい幅広い魚に対応する、ベーシックタイプ大きいフックで、特大シーバス狙いにもおすすめ!どこでも使いやすい、7.5mのロープ
価格1,499円(税込)1,782円(税込)1,269円(税込)750円(税込)970円(税込)770円(税込)1,488円(税込)2,158円(税込)3,196円(税込)3,158円(税込)
フックサイズ160mm100mm100mm-135mm135mm140mm130mm195mm120mm
ロック部分バネ式インナーロックスナップ式バネ式インナーロックスナップ式バネ式バネ式バネ式バネスライドオリジナル
フック数10558556533
ロープ長さ10m5mm8m2m5m3.85m10m10m3m7.5m
ロープ素材ワイヤーナイロンナイロン-ワイヤーワイヤーワイヤーナイロンナイロン-
フロート×××××××
商品リンク

クーラーボックスにもこだわってみよう!

釣りが終わったら、魚を締め、しっかり冷やして持ち帰りましょう。せっかくの鮮度を調理前まで保つために、クーラーボックスにもしっかりこだわりたいですよね。以下の記事では、釣り用のクーラーボックスで人気の商品をランキング形式でご紹介しています。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ストリンガーの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、ストリンガーのAmazon、Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

色々なタイプのストリンガーをご紹介してきましたが、使ってみたい商品は見つかりましたか?まだ釣りを始めたばかりで、フィッシングスタイルが決まっていないなら、とりあえずベーシックのサイズのものからトライしてみるのがおすすめです。自分にあったストリンガーで、より快適なフィッシングを楽しんでくださいね!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す