• トラウトルアーのおすすめ人気ランキング10選【定番のスプーン・プラグから特殊ルアーまで!】のアイキャッチ画像1枚目
  • トラウトルアーのおすすめ人気ランキング10選【定番のスプーン・プラグから特殊ルアーまで!】のアイキャッチ画像2枚目
  • トラウトルアーのおすすめ人気ランキング10選【定番のスプーン・プラグから特殊ルアーまで!】のアイキャッチ画像3枚目
  • トラウトルアーのおすすめ人気ランキング10選【定番のスプーン・プラグから特殊ルアーまで!】のアイキャッチ画像4枚目
  • トラウトルアーのおすすめ人気ランキング10選【定番のスプーン・プラグから特殊ルアーまで!】のアイキャッチ画像5枚目

トラウトルアーのおすすめ人気ランキング10選【定番のスプーン・プラグから特殊ルアーまで!】

エリアトラウトから渓流・河川さまざまな場所で利用できる「トラウトルアー」。スプーン・プラグなどの定番商品が多く販売されていますが、自分のレベルや釣り場所、狙い方によって、選ぶべきルアーも変わってきます。とはいえ、ダイワ・シマノ以外にも多くのメーカーが販売しているため、特に初心者はどれがよいのか迷ってしまいますよね。


そこで今回は、初心者がトラウトルアーを選ぶときに役立つポイントをピックアップ。さらに、通販で手に入るおすすめのルアーを人気ランキング形式で紹介します。早速、お気に入りのアイテムを見つけて、ルアーフィッシングを楽しみましょう!

  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 5,181  views
目次

トラウトルアーの選び方

では、さっそくトラウトルアーの選び方を見ていきましょう。

初心者はまず定番ルアーを揃えよう

まずは、エリアトラウト・渓流・湖さまざまな場所で使えるルアーを中心に揃えていきましょう。

全ての層を狙うなら「スプーン」がおすすめ

全ての層を狙うなら「スプーン」がおすすめ

必ず持っておきたいのが、トラウトの定番としてよく使用されているスプーンです。文字通りスプーンの形をしており、大小さまざまなサイズを選択できるのも魅力。


表層~ボトムまで幅広く狙えるのも特徴で、ルアーによる豊富なアクションに利用できます。コストも安いため、釣りをはじめたばかりの初心者も入手しやすくおすすめです。

一定の層を狙った釣りがしやすい「プラグ」も◎

一定の層を狙った釣りがしやすい「プラグ」も◎

「プラグ」も初心者が持っておきたいルアーの1つです。プラグ系の中でもミノーと呼ばれる魚に似せて作られている種類のルアーは、ただ巻きするだけで釣りを楽しむことができます


また、プラグ系ルアーも「クランクベイト」「ペンシルベイト」など、種類によって狙える層が異なるため、一定の層を簡単に狙いたい人にもおすすめ。スプーンに比べると価格が高いのがデメリットですが、魚の狙い方の幅を広げるためにも持っておきたいルアーです。

小~中型狙いなら5g以下、大型には10g以上を目安に

小~中型狙いなら5g以下、大型には10g以上を目安に

釣りに行く時期にもよりますが、管理釣り場や渓流にいる小型~中型のトラウト狙いなら5g以下の小型ルアーを。河川や湖の中・大物狙いなら5g以上のルアーがあると便利です。


ルアーフィッシングでは、釣り場にいる魚の大きさに合わせてルアーのサイズ選ぶのが大事なポイント。釣り場にいる魚の種類や何をエサにしているのかをリサーチしておき、魚に合わせてルアーを変えられるようにサイズの違うルアーを準備しておけば、どんな場所でも釣りを楽しめるでしょう。

スプーンなら派手・地味・金属系の色味を揃えよう

スプーンなら派手・地味・金属系の色味を揃えよう
スプーンを利用する場合は、ルアーのカラ―ローテーションができるように定番色を揃えておきましょう。基本的に、派手・地味・金属の3種類の中で複数のルアー色を揃えていくのがおすすめです。

例えば、薄暗い早朝~夕方に仕える派手系(イエロー・ピンク)。最もナチュラルでずっと使える地味系(オリーブ・茶)。河川や湖で使いたい金属系(赤金・黒金・青銀)といった揃え方がおすすめ。食いの良いカラ―を見つけたら、同じグループ内でさらにローテーションしていくといいでしょう。

魚の活性に合わせて選ぼう

トラウトは年中どんな狙い方をしてもルアーに積極的に食いついてくれるわけではありません。魚の食いつきに合わせたルアー選びも大事なポイントです。

食いのいい時期は餌と認識させるためのルアーが最適

食いのいい時期は餌と認識させるためのルアーが最適

魚がよく餌を追う初夏などのシーズンは、餌と認識させるためのルアーが有効。狙う魚にもよりますが、小魚を食べる魚を狙うなら小型のミノー虫を食べる魚なら豊富にある虫系ルアーがおすすめです。


虫が増える時期に魚も活性化しやすくなりますが、狙う魚が何を食べるのか、潜んでいる場所・活性化する時期などは、あらかじめチェックしておくといいでしょう。

食いの悪い時期は威嚇させるためのルアーが有効

食いの悪い時期は威嚇させるためのルアーが有効

魚の活性が落ちてくる水が冷たい時期・極端に暑い時期・産卵期などには、アクションの強いバイブレーションやプラグ系ルアーがおすすめ。また、魚のなわばり意識を利用して攻撃させるルアーも効果的でしょう。


動きの鈍い時期は魚も底にいますので、沈むタイプのルアーを使ってボトム特化で狙えるルアーを選ぶのもありですね。

トラウトルアーの人気ランキング10選

では、ここまで見てきたトラウトルアーの選び方を踏まえて、人気商品をランキング形式で見ていきましょう。
10位
種類ワーム
サイズ1.5インチ(-)
カラー7色
9位
トラウトルアー JACKALL ティモン デカミッツドライ ラトル
出典:amazon.co.jp

JACKALLティモン デカミッツドライ ラトル

971円 (税込)

種類ミノークランク
サイズ33mm(2.3g)
カラー神シャーベット
8位
種類ミノークランク
サイズ33mm(3.2g)
カラーアルビノ
7位
トラウトルアー ダイワ ドクターミノー 5S オリーブCBヤマメ
出典:amazon.co.jp

ダイワドクターミノー 5S オリーブCBヤマメ

785円 (税込)

種類ミノープラグ
サイズ50mm(3g)
カラーオリーブ
6位

シマノクランク カーディフ ふわとろ

TR-135L

995円 (税込)

種類ミノークランク
サイズ35mm(2.5g)
カラー16色
5位
種類スプーン
サイズ26mm(2.2g)
カラーグリーンペレット
4位
種類スプーン
サイズー(1.8~3.5g)
カラー20色
3位
種類ミノープラグ
サイズ50mm(3.8g)
カラー5色
2位
トラウトルアー シマノ カーディフ エリアスプーン ロールスイマー
出典:amazon.co.jp

シマノカーディフ エリアスプーン ロールスイマー

TR-0017 05S

486円 (税込)

種類スプーン
サイズー(2.5g)
カラー20色
1位
種類スプーン
サイズ65mm(15g)
カラー6色

人気トラウトルアーの比較一覧表

商品画像
1
トラウトルアー Locore APOON!

Locore

2
トラウトルアー シマノ カーディフ エリアスプーン ロールスイマー

シマノ

3
トラウトルアー イトウクラフト 蝦夷ミノー50S

イトウクラフト

4
トラウトルアー シマノ カーディフ サーチスイマー

シマノ

5
トラウトルアー ダイワ ルアー プレッソ アダム

ダイワ

6
トラウトルアー シマノ クランク カーディフ ふわとろ

シマノ

7
トラウトルアー ダイワ ドクターミノー 5S オリーブCBヤマメ

ダイワ

8
トラウトルアー Jackson クランクベイト アルビノ

Jackson

9
トラウトルアー JACKALL ティモン デカミッツドライ ラトル

JACKALL

10
トラウトルアー Berkley アオキムシ

Berkley

商品名

APOON!

カーディフ エリアスプーン ロールスイマー

蝦夷ミノー50S

カーディフ サーチスイマー

ルアー プレッソ アダム

クランク カーディフ ふわとろ

ドクターミノー 5S オリーブCBヤマメ

クランクベイト アルビノ

ティモン デカミッツドライ ラトル

アオキムシ

特徴大型トラウト狙いに1つは持っておきたいルアー深い場所も狙いやすいおすすめスプーンルアー渓流でのミノーを使った釣りを楽しめるミノープラグただ巻きでのアクションバランスを重視するならコレ大きなアクションを起こしながら戻ってくるスプーンルアー流れの遅い川でもしっかり泳いでくれるミノー小魚をバイトする魚狙いにおすすめゆっくり巻くだけで必要なアクションを起こす初心者向けルアーロッドを使った簡単な浮き沈みアクションで魚を誘導1つは持っておきたい虫系ルアー
価格680円(税込)486円(税込)1,800円(税込)540円397円(税込)995円(税込)785円(税込)918円(税込)971円(税込)806円(税込)
種類スプーンスプーンミノープラグスプーンスプーンミノークランクミノープラグミノークランクミノークランクワーム
サイズ65mm(15g)ー(2.5g)50mm(3.8g)ー(1.8~3.5g)26mm(2.2g)35mm(2.5g)50mm(3g)33mm(3.2g)33mm(2.3g)1.5インチ(-)
カラー6色20色5色20色グリーンペレット16色オリーブアルビノ神シャーベット7色
商品リンク

釣れやすい特殊ルアーもチェック!

特に初心者でも簡単に釣れるルアーとして注目を集めているのが「特殊ルアー」です。細長い棒に毛が付いているルアーで、いろんな商品が販売されています。

何と言っても普段多くの人が利用しているルアーと形状が違うため、魚が反応しやすいのが一番の特長です。ただし、エリアトラウトの場所によっては禁止されている場合もあるため、ルールを確認してから使用しましょう。

ZacT craftセニョールトルネード #31 キャラメル

529円 (税込)

ルアーケースを活用すれば使いやすさUP!

種類やカラーの異なるルアーを揃えて使い分けるなら、ルアーケースを活用するのがおすすめです。サイズごとに仕切りが付いて整理しやすくなっているものから、水切り付きの便利なものまで種類も豊富です。ぜひ以下の記事も参考に、使いやすいケースも探してみましょう!

まとめ

今回は、初心者がトラウトルアーを選ぶときに参考にできるポイントをいくつか紹介してきましたが、いかがでしたか?トラウトルアーといっても種類が豊富にありますが、初心者はまず定番のスプーンやプラグ系のルアーを揃えて、釣りを楽しむことからはじめていくといいでしょう。慣れてきたら狙いたい魚や時期に合わせて使い分けられるルアーを揃えていくのがおすすめです。

ランキングでも紹介している商品は、どれも人気のあるものばかりです。この記事で紹介した選び方を参考にして、ぜひお気に入りのルアーを見つけて釣りを楽しんでくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す