• ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選【コールマンやスノーピークも】のアイキャッチ画像1枚目
  • ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選【コールマンやスノーピークも】のアイキャッチ画像2枚目
  • ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選【コールマンやスノーピークも】のアイキャッチ画像3枚目
  • ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選【コールマンやスノーピークも】のアイキャッチ画像4枚目
  • ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選【コールマンやスノーピークも】のアイキャッチ画像5枚目

ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選【コールマンやスノーピークも】

ランタンをおしゃれに吊るす、「ランタンスタンド」。ランタンを吊るすというシンプルな商品ではありますが、1つ持っておくだけで、夜のキャンプが格段に過ごしやすくなります。しかし、三脚や1本脚などの設置方法・フックの機能性・スタンドの高さなど、ちょっとした差が大きく使い勝手を左右することをご存知でしたか?


そこで今回は、ランタンスタンドの選び方を解説するとともに、おすすめの人気ランタンスタンドをランキング形式でご紹介していきます。コールマンやロゴス、スノーピークなど、人気メーカーの商品も多数登場しますよ。おしゃれなランタンは、おしゃれに吊るしたいもの、この記事を通して、ベストな商品を見つけてください。

  • 最終更新日:2019年06月26日
  • 29,379  views
目次

本当に必要?ランタンスタンドの魅力

本当に必要?ランタンスタンドの魅力

出典:amazon.co.jp

一見ランタンを吊るすだけのように思えるランタンスタンドですが、実はキャンプを過ごすのに重要な役割を担ってくれます。高い位置にランタンを吊るせば、夜のキャンプ全体を明るく照らすことが可能。また、キャンプから少し離れたところに設置することで、虫をおびき寄せる効果もあります。


テント内にランタンを吊るすという方にもおすすめです。テントにランタンを吊るすと、テントにランタンが触れて劣化してしまいますが、卓上用のランタンスタンドを使えば問題なし。テーブルも熱くならないので、安心安全に過ごせます。


日中は物干し竿としても使える他に、荷物を引っ掛けておいたりと使い方も多種多様。1つ持っておけば、夜を照らすランタンスタンドとしてだけでなく、キャンプ自体を快適に過ごすのに便利なアイテムとして活躍してくれること間違いなしですよ。

ランタンスタンドの選び方

ここからは、ランタンスタンドの選び方を解説していきます。自分にあったランタンスタンドを探してみてくださいね。

設置場所や安定感で脚のタイプを選ぶ

ランタンスタンドは、3つのタイプに分かれます。設置場所によって、必要な安定感を備えたタイプを選びましょう。

すっきり手軽に設置できる「1本脚」。設置位置も選ばない

すっきり手軽に設置できる「1本脚」。設置位置も選ばない

出典:amazon.co.jp

1本脚タイプは、地面に突き刺すだけの簡単設置が魅力。平地はもちろん、多少傾斜のある場所でも問題なく設置することができます。3本脚タイプのように、思わず足を引っ掛けて転んでしまう・倒れてランタンを落としてしまう、なんて心配もないので、子供連れのキャンプにもおすすめです。


ただし、3本脚タイプと比べると安定感は△。ぐらつかなくなるまでしっかり差し込むことができればOKですが、女性だけのキャンプなどで力に自信が無いときや風の強い日のキャンプには、避けたほうが良さそうです。また、高さ調節ができない商品も多いので、ランタンの位置を動かしたいという方には不向きです。

安定感バツグンの「3本脚」。女性でも簡単に設置可能

安定感バツグンの「3本脚」。女性でも簡単に設置可能

出典:amazon.co.jp

3本脚タイプは、安定感が魅力。平地でのキャンプなら立てるだけでOK。付属のペグを打ち込めば、風の強い日でも安心ですよ。1本脚タイプと違い、力を使わずに設置できるのも嬉しいポイントです。


ただし、地面との設置面は広くなってしまうのは難点。特に、子供連れのキャンプでは、脚につまづいてしまわないように注意が必要です。また、傾斜のある場所では設置することができないので、キャンプ場が山や谷の場合や、どんな地面かわからない場合は、避けたほうが無難です。

テーブルに設置できる「クランプタイプ」。ポイント使いに◎

テーブルに設置できる「クランプタイプ」。ポイント使いに◎

クランプタイプは、ランタンをテーブル自体に固定できるのがポイントです。万力を使って固定するので、安定性も高いです。場所もとらないので、食事や作業を邪魔することもありません。


ただし、高さはあまりないので注意が必要。テーブルを照らすには十分ですが、キャンプ全体を照らすほどの高さはないので、使えるのはあくまで食事や作業をするときに限られます。

使用時のサイズと高さの調節方法を確認

使用時のサイズと高さの調節方法を確認

出典:amazon.co.jp

ランタンスタンドは、調節幅が広いものを選ぶのがおすすめです。料理中・就寝前・読書タイムなど、ベストな高さから的確に光を当てられるものを選びましょう。最大高230cm、最低高100cm程度あれば、ライティングには困りません。もっと近くでランタンを吊るしたい、もっと高く吊るしたい等のニーズに合わせてチェックしてみてください。


また、調節方法も要チェック。スライド式やネジ式のものは、好みの高さで固定できますが、ポール継ぎ足し式の場合は、固定できる段階が少ないこともあるので、注意が必要です。特にこだわりがなければ、スライド式やネジ式を選んでおけば間違いないでしょう。

安全性を重視して選ぶ

ランタンは火を使う場合もあるため、倒れたら火事の危険性も。安全性もしっかりチェックしておきましょう。

ランタン合わせて耐荷重を確認。クリップフックだとより安心

ランタン合わせて耐荷重を確認。クリップフックだとより安心

出典:amazon.co.jp

ランタンスタンドは、使うランタンの重さに耐えられる耐荷重を備えたものを選ぶ必要があります。一般的に、ガソリン式やガス式は「〜2kg」、電池式は「〜1kg」のものが多いので、目安に選んでください。


ただし、洗濯物を干したり、荷物を引っ掛けておけたりと、他の使い方をする際のことを考えて、できるだけ重い荷物に耐えられるランタンスタンドを選んでおくと便利ですよ。さらに、ランタンを挟むように引っ掛ける「クリップフック型」なら、ランタンが落下しにくいので安心です。

3本脚はペグを併用、1本脚は2kg前後の重量を目安に選んで風対策!

3本脚はペグを併用、1本脚は2kg前後の重量を目安に選んで風対策!

風が強い日のキャンプでは、ランタンスタンドが倒れてしまう危険性も。3本脚タイプは、ペグが付属していることが多いので、軽量でもペグを打ち込んでしっかり固定しておけば安心です。


一本脚タイプの場合、差し込むだけでは安定性に欠けるので、2kg前後を目安に少し重めのものを選んでおくのがおすすめ。ただし、いくら重くても、しっかり差し込めていなければ倒れてしまうので、あくまでも設営をしっかりするということが大切です。

収納サイズをチェック。ケース付きだと◎

収納サイズをチェック。ケース付きだと◎

出典:amazon.co.jp

キャンプに持っていきやすいように、収納サイズもチェックしておきたいところ。最近では、折りたたみ式や組み立て式のスタンドライトも多く、かなり小さく収納できるものもあるため、持ち運びやすさ重視という方はチェックしてみてくださいね。


ただし、組み立て式は組み立て途中で、部品をなくしてしまったりすることもあるので、収納ケース付きのものを選んでおくのがおすすめです。

耐久性やお手入れのしやすさで素材を選ぶ

耐久性やお手入れのしやすさで素材を選ぶ

出典:amazon.co.jp

屋外で使うことの多いランタンスタンドは、ある程度汚れることも想定して、お手入れのしやすい素材を選んでおくのがおすすめです。ランタンスタンドの素材は、主に、アルミ・スチール・ステンレスの3種類。錆びにくさや耐久性、お手入れの手軽さならステンレスがおすすめですが、やはり重さは気になるところ。


その点アルミは、錆びにくく、軽く持ち運びやすいので初心者にもおすすめと言えます。ただし、耐久性はステンレスに劣るので要注意。使用頻度やキャンプスタイルに応じて、自分にあった素材を選ぶ必要があります。

ランタンスタンドのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、おすすめのランタンスタンドをランキング形式でご紹介していきます。ぜひ、お気に入りのアイテムを見つけてみてくださいね。

10位
タイプ1本脚タイプ
調節幅124cm(調節不可)
調節方法-
耐荷重-
重量260g
収納サイズ10×34cm
素材アルミ
収納ケース付属ケース付き
9位

BUNDOK(バンドック)ランタンスタンド

BD-299

3,345円 (税込)

タイプ3本脚タイプ
調節幅75cm〜195cm
調節方法伸縮式
耐荷重-
重量1.5kg
収納サイズ70x8x8cm
素材アルミ・スチール
収納ケース付属ケース付き
8位
ランタンスタンド North Eagle(ノースイーグル) ランタンスタンド2  1枚目
出典:amazon.co.jp

North Eagle(ノースイーグル)ランタンスタンド2

NE752

3,778円 (税込)

タイプ3本脚タイプ
調節幅110cm〜250cm
調節方法ネジ式
耐荷重-
重量約2.4kg
収納サイズ10×10×119cm
素材アルミ・スチール
収納ケース無し
7位
ランタンスタンド ogawa(オガワ) コンパクトランタンスタンドII  1枚目
出典:amazon.co.jp

ogawa(オガワ)コンパクトランタンスタンドII

1384

8,045円 (税込)

タイプ3本脚
調節幅86cm〜116cm
調節方法ポール継ぎ足し式
耐荷重約1.5kg
重量0.8kg
収納サイズ5×45cm
素材アルミ
収納ケース付属ケース付き
6位

ロゴス(LOGOS)システムランタンポール-PSL

71905002

6,372円 (税込)

タイプ3本脚タイプ
調節幅95cm〜235cm
調節方法ロックピン(26段階)
耐荷重-
重量2.3kg`
収納サイズ12×10×97cm
素材アルミ・スチール
収納ケース付属ケース付き
5位

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)ランタンスタンド

UF-4

2,560円 (税込)

タイプ3本脚タイプ
調節幅107cm〜190cm
調節方法ネジ式
耐荷重約2kg
重量1.2kg
収納サイズ9×3.5×107cm
素材アルミ
収納ケース無し
4位

コールマン(Coleman)ランタンスタンド4

2000031266

4,680円 (税込)

タイプ3本脚タイプ
調節幅109~226cm
調節方法スライド式(10段階)
耐荷重-
重量1.4kg
収納サイズ11cm×90cm
素材アルミ・スチール
収納ケース専用ケース付き
3位
タイプ3本脚タイプ
調節幅78cm〜230cm
調節方法段階式(4段階)
耐荷重-
重量約1.9kg
収納サイズ78cm
素材アルミ
収納ケース専用ケース付き
2位

MAGNA(マグナ)パイルドライバー

3,580円 (税込)

タイプ1本脚
調節幅113cm〜225cm
調節方法
耐荷重-
重量1.7kg
収納サイズ113cm
素材ステンレス
収納ケース専用ケース付き
1位

スノーピーク(snow peak)パイルドライバー

LT-004

5,724円 (税込)

タイプ1本脚
調節幅110cm〜240cm
調節方法ネジ式
耐荷重-
重量1.7kg
収納サイズ110cm
素材スチール
収納ケース別売り

人気ランタンスタンドの比較一覧表

商品画像
1
ランタンスタンド スノーピーク(snow peak) パイルドライバー  1枚目

スノーピーク(snow peak)

2
ランタンスタンド MAGNA(マグナ) パイルドライバー  1枚目

MAGNA(マグナ)

3
ランタンスタンド YOGOTO ランタンスタンド アルミ 1枚目

YOGOTO

4
ランタンスタンド コールマン(Coleman) ランタンスタンド4  1枚目

コールマン(Coleman)

5
ランタンスタンド キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ランタンスタンド  1枚目

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

6
ランタンスタンド ロゴス(LOGOS) システムランタンポール-PSL  1枚目

ロゴス(LOGOS)

7
ランタンスタンド ogawa(オガワ) コンパクトランタンスタンドII  1枚目

ogawa(オガワ)

8
ランタンスタンド North Eagle(ノースイーグル) ランタンスタンド2  1枚目

North Eagle(ノースイーグル)

9
ランタンスタンド BUNDOK(バンドック) ランタンスタンド  1枚目

BUNDOK(バンドック)

10
ランタンスタンド FLYFLYGO ランタンスタンド 1枚目

FLYFLYGO

商品名

パイルドライバー

パイルドライバー

ランタンスタンド アルミ

ランタンスタンド4

ランタンスタンド

システムランタンポール-PSL

コンパクトランタンスタンドII

ランタンスタンド2

ランタンスタンド

ランタンスタンド

特徴最もタフで最もシンプル。絶大な人気を集めるNo.1アイテムコスパ最高!ステンレス製で耐久性◎のランタンスタンド機能性・収納性◎の3本脚タイプ。クリップフックでランタ...脚を水平に設置できる!子供連れのキャンプやつまづき防止に軽量で安定感バッチリ!2箇所にランタンが吊るせる便利モデルワンプッシュで高さ調節楽チン!タープの雨溜まり防止機能も軽量でコンパクト!歩きやツーリングキャンプにおすすめ背高ランタンスタンド。安定感バッチリで本格キャンプにおすすめ高さ調節自由でコンパクト収納可能!持ち運びやすさ重視の方にリュックに納まる超小型ランタンスタンド。LEDランタンに
価格5,724円(税込)3,580円(税込)3,980円(税込)4,680円(税込)2,560円(税込)6,372円(税込)8,045円(税込)3,778円(税込)3,345円(税込)1,980円(税込)
タイプ1本脚1本脚3本脚タイプ3本脚タイプ3本脚タイプ3本脚タイプ3本脚3本脚タイプ3本脚タイプ1本脚タイプ
調節幅110cm〜240cm113cm〜225cm78cm〜230cm109~226cm107cm〜190cm95cm〜235cm86cm〜116cm110cm〜250cm75cm〜195cm124cm(調節不可)
調節方法ネジ式段階式(4段階)スライド式(10段階)ネジ式ロックピン(26段階)ポール継ぎ足し式ネジ式伸縮式-
耐荷重----約2kg-約1.5kg---
重量1.7kg1.7kg約1.9kg1.4kg1.2kg2.3kg`0.8kg約2.4kg1.5kg260g
収納サイズ110cm113cm78cm11cm×90cm9×3.5×107cm12×10×97cm5×45cm10×10×119cm70x8x8cm10×34cm
素材スチールステンレスアルミアルミ・スチールアルミアルミ・スチールアルミアルミ・スチールアルミ・スチールアルミ
収納ケース別売り専用ケース付き専用ケース付き専用ケース付き無し付属ケース付き付属ケース付き無し付属ケース付き付属ケース付き
商品リンク

魅力的な揺らめき。ランタンにもこだわろう

夜の灯りとして必需品のランタンですが、その炎の揺らめきは、日常の全てを忘れさせてくれるほど魅力的な温かみがありますよね。そんなランタン選びには、以下の記事も参考になりますよ。ぜひチェックしてくださいね!

まとめ

今回は、ランタンスタンドの選び方を解説するとともに、おすすめのランタンスランドをランキング形式でご紹介しました。お気に入りのアイテムは見つかりましたでしょうか?


今回ご紹介したもの以外にも、たくさんの種類のランタンスタンドがあるので、まだ見つかっていないという方は、本記事の選び方を参考に、自分にあったランタンスタンドを探してみてくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す