• クライミングロープのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • クライミングロープのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • クライミングロープのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • クライミングロープのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • クライミングロープのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

クライミングロープのおすすめ人気ランキング10選

登山を楽しむときの必須アイテム「クライミングロープ」。クライミングの途中で危険を回避したり、滑落を防止したりするために必ず装備しておきたいものの一つです。しかし、シングル・ダブル・ツインなど様々な種類があるうえ、エーデルワイス・マムート・べアールなどたくさんのメーカーから販売されているため、どれを選べば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クライミングロープの選び方のポイントと、通販で購入できる人気商品をランキング形式でご紹介していきます。ご自身のクライミングスタイルに合うロープを手にして、安全にクライミングを楽しみましょう!
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 8,488  views
目次

クライミングロープの選び方

それではさっそく、実際にクライミングロープを購入するときに、これだけは絶対に外せないという選び方のポイントから順にご紹介していきます。

用途に合わせて選ぼう

まずは、クライミングロープの種類から確認していきましょう。さまざまな種類があるため、自分のクライミングスタイルに合わせて使い分けることが重要です。

スポーツクライミング用にはシングルロープ

スポーツクライミングには、シングルロープがおすすめです。ロープの直径も約10mm前後と太く、強度も高いのが特徴。ロープの長さの目安はジムクライミングで30~40mのロープ、野外でのクライミングでは50~60mの長さのロープ選ぶとよいでしょう。

アルパインクライミングに使用するならダブルロープ

アルパインクライミングやマルチピッチ向けには、ダブルロープがおすすめ。一般的に、登山ではこのダブルロープが最もよく使われます。必ず2本を一つにして使用するので、どちらかが切れたとしても安全な点が最大のメリットです。

アイスクライミングにはツインロープがおすすめ

アイスクライミングには、ツインロープを選びましょう。ダブルロープに比べて、軽量で扱いやすいうえ、クライミング中にうっかりアイゼンやピッケルでロープを叩いてしまったとしても、カバーできることがメリットです。

2本同時に、同箇所で支点を取りながら使うのが一番の特徴。つまり、基本的には直線的に登るので1つのカラビナに2本のロープを通しながら登ることになります。カラビナも一緒に用意しておきましょう。

高性能のものを選ぼう

使用するロープの種類が決まったら、次はそれぞれのロープの性能をしっかりチェックしていきましょう。安全なクライミングを楽しむためにも、しっかりポイントを押さえておくことが重要です。

「UIAA耐墜落回数」が多いものほど高強度

ロープの強度と耐久性を知るためには、UIAA耐墜落回数を確認しましょう。目安として、シングルロープ・ダブルロープで5回以上、ツインロープでは12回以上のものを選んでおくと安心です。

一般的にはロープが太いほど強度が強いと言われていますが、最近の最高品質を誇る商品では細いロープでも強度の強いものもあります。そのため、見た目だけで判断せず、必ずの「UIAA耐墜落回数」をチェックして強度を確認する習慣を付けましょう。ちなみに、商品によっては「UIAA耐墜落回数」ではなく、「落下テストパス回数」と記載してあるケースもありますので、ご注意ください。

「衝撃荷重」が小さいものほど衝撃吸収性が優秀

「衝撃荷重」が小さいものほど衝撃吸収性が優秀

出典:amazon.co.jp

クライミングは落下の危険が伴うため、衝撃荷重の数値を確認することも重要です。「衝撃荷重」とは墜落した時に体が受ける衝撃を数値化したもの。この数値が小さければ小さいほど、衝撃吸収に優れていることを示します。また同時に、数値が小さいほどよく伸びるロープであることも特徴です。できるだけ、衝撃荷重値が少ない安全なロープを選びましょう。

防水加工・コーディング加工済みのものが◎

とくに野外でのクライミング(アルパイン含む)に使用するなら、防水加工・コーディング加工が施されていることは必須条件。なかでもとくに、シールド加工が施されたものがおすすめです。

シールド加工とは、ロープの表皮および中芯にテフロン加工を用いて、耐水性を飛躍的に上げているものです。屋外で汚れたり雨に濡れたりすることにより、ロープが消耗したり強度が劣化しやすくなってしまうもの。できるだけロープの劣化を防ぐためにも、しっかり表面加工されているものを選びましょう。

安全規格もしっかり確認しよう

安全規格もしっかり確認しよう

出典:amazon.co.jp

クライミングロープの安全性を確認する目安として、CE(ヨーロッパ)基準・UIAA(国際山岳連盟)基準・日本PSCマークについてもしっかりチェックしておきましょう。

「CE基準」とは、EC諸国における安全性や環境性基準を満たしているという証。製品に貼付することが義務付けられています。また、「UIAA」は、国際山岳連盟の略。UIAA規格をクリアしていることは高品質・安全性の高い証拠で、多くのクライマー達の選択基準のひとつでもあります。

さらに、PSCマークは、消費生活用製品安全法に基づき、適合性が検証された製品にのみ表示できるマークのこと。国内で販売されるロープは全て、このPSCマークの認証が必須となっています。

クライミングロープのおすすめ人気ランキング10選

それでは、実際にどのようなクライミングロープが人気なのでしょうか?おすすめの人気商品をランキング形式でご紹介していきます。
10位
タイプ-
サイズ直径:約10.5mm ・長さ:約20m
衝撃荷重約150kg(耐荷重)
重量1.45 Kg
耐墜落回数
その他カラビナ 2個&万能ツールセット
9位
タイプダブル(ハーフ)
サイズ直径:8mm/長さ:10m
衝撃荷重1600kg(耐荷重)
重量
耐墜落回数
その他カラビナ2個付き
8位

BODYMAKERクライミングロープ

9,504円 (税込)

タイプシングル
サイズ直径:38㎜/長さ:3m
衝撃荷重
重量約3.5kg
耐墜落回数
その他
7位
タイプツイン
サイズ直径:10mm/長さ: 20m・50m
衝撃荷重1000kg(耐荷重)
重量
耐墜落回数
その他両端I型アイ加工済み・カラビナ付き
6位
クライミングロープ HONEI クライミングロープ ザイル ガイロープ
出典:amazon.co.jp

HONEIクライミングロープ ザイル ガイロープ

2,890円 (税込)

タイプツイン
サイズ直径:約10mm/長さ:約10m/20m/30m
衝撃荷重約1000kg(耐荷重)
重量55g/m
耐墜落回数
その他カラビナx2
5位
クライミングロープ テンドン クライミングロープ アンビション ダブル
出典:amazon.co.jp

テンドンクライミングロープ アンビション ダブル

15,728円 (税込)

タイプダブル(ハーフ)
サイズ直径:8.5mm/長さ:50m
衝撃荷重5KN
重量45g/m
耐墜落回数
その他コンプリートシールド加工
4位

エーデルワイスクライミングロープ カーブ

29,376円 (税込)

タイプシングル
サイズ直径:9.8mm/長さ:60m
衝撃荷重8.10KN
重量3,660g
耐墜落回数9回
その他防水加工(スタンダード)・ユニコア製法
3位
クライミングロープ BEAL タイガー ユニコア ドライカバー
出典:amazon.co.jp

BEALタイガー ユニコア ドライカバー

BE11116

19,440円 (税込)

タイプシングル
サイズ直径:10mm/長さ:60m
衝撃荷重7.6kN(ベアール保証値:80kg/落下係数:1.77)
重量61g/m
耐墜落回数7回(ベアール保証値:80kg/落下係数1.77)
その他ドライバー加工
2位

マムートフェ二ックスドライ

16,524円 (税込)

タイプダブル(ハーフ)
サイズ直径:8.0mm/長さ:50m
衝撃荷重5.8/9.5kN
重量42g/m
耐墜落回数(2本/80kg):20回以上/1本/55kg)9~10回
その他
1位

テンドンクライミングロープ アンビション シングル

21,353円 (税込)

タイプシングル
サイズ直径:10.2mm/長さ:60m
衝撃荷重
重量67g/m
耐墜落回数 12-13
その他

おすすめ人気クライミングロープの比較一覧表

商品画像
1
クライミングロープ テンドン クライミングロープ アンビション シングル

テンドン

2
クライミングロープ マムート フェ二ックスドライ

マムート

3
クライミングロープ BEAL タイガー ユニコア ドライカバー

BEAL

4
クライミングロープ エーデルワイス クライミングロープ カーブ

エーデルワイス

5
クライミングロープ テンドン クライミングロープ アンビション ダブル

テンドン

6
クライミングロープ HONEI クライミングロープ ザイル ガイロープ

HONEI

7
クライミングロープ RS201 QIANGSHENG 多目的ロープ

RS201

8
クライミングロープ BODYMAKER クライミングロープ

BODYMAKER

9
クライミングロープ Likorlove クライミング ザイル

Likorlove

10
クライミングロープ cmys select クライミングロープ

cmys select

商品名

クライミングロープ アンビション シングル

フェ二ックスドライ

タイガー ユニコア ドライカバー

クライミングロープ カーブ

クライミングロープ アンビション ダブル

クライミングロープ ザイル ガイロープ

QIANGSHENG 多目的ロープ

クライミングロープ

クライミング ザイル

クライミングロープ

特徴安全基準もクリア!汎用性の高いテンドン社の人気ロープアイスクライミング・ミックスクライミングに大活躍!ユニコア製法により耐久性・耐摩耗性アップハイレベルのクライミングを目指す方のためのロープCEやUIAAの基準を全てクリアしたクライミングロープ登山・キャンプのおともにおすすめクライミング以外にも防災用にも最適体幹・インナーマッスルを鍛えるためのクライミングロープ耐久性の高いロープカラビナや万能ツール付きでお得感満載!
価格21,353円(税込)16,524円(税込)19,440円(税込)29,376円(税込)15,728円(税込)2,890円(税込)2,999円9,504円(税込)2,480円(税込)3,850円(税込)
タイプシングルダブル(ハーフ)シングルシングルダブル(ハーフ)ツインツインシングルダブル(ハーフ)-
サイズ直径:10.2mm/長さ:60m直径:8.0mm/長さ:50m直径:10mm/長さ:60m直径:9.8mm/長さ:60m直径:8.5mm/長さ:50m直径:約10mm/長さ:約10m/20m/30m直径:10mm/長さ: 20m・50m直径:38㎜/長さ:3m直径:8mm/長さ:10m 直径:約10.5mm ・長さ:約20m
衝撃荷重5.8/9.5kN7.6kN(ベアール保証値:80kg/落下係数:1.77)8.10KN5KN約1000kg(耐荷重)1000kg(耐荷重)1600kg(耐荷重)約150kg(耐荷重)
重量67g/m42g/m61g/m3,660g45g/m55g/m約3.5kg1.45 Kg
耐墜落回数12-13(2本/80kg):20回以上/1本/55kg)9~10回7回(ベアール保証値:80kg/落下係数1.77)9回
その他ドライバー加工防水加工(スタンダード)・ユニコア製法コンプリートシールド加工カラビナx2両端I型アイ加工済み・カラビナ付きカラビナ2個付きカラビナ 2個&万能ツールセット
商品リンク

クライミングロープの上手な使い方

クライミングロープを使用するうえで、上手な使い方を伝授していきます。ぜひ参考にしてください。

安全に使用するためにハーネスを装着!

安全に使用するためにハーネスを装着!

出典:amazon.co.jp

屋外でのクライミングの時には、安全ベルトに相当するハーネスをしっかりと装着しましょう。このとき、高度の強いもの・通気性のよい素材のものを選ぶことが大切です。また、衝撃に耐えられるクッション性のあるものを装着するとより安心ですね。

ロープクリーナーで洗濯しよう

ロープクリーナーで洗濯しよう

出典:amazon.co.jp

クライミングロープを外で使用すると、土や泥がついて汚れてしまいます。そのまま払って放置しておくと、ロープの傷みや劣化を早めてしまいますよね。そのため、ロークが汚れたら、ロープクリーナーを使用してしっかりと洗濯するようにしましょう。洗濯後は、陰干しをしてきちんと乾かしてから保管してください。

登山・クライミングにはアプローチシューズもおすすめ

登山やクライミングを安全に楽しむためには、シューズ選びも重要です。一口で登山靴といってもたくさんの種類がありますが、重たい登山靴は苦手…という方におすすめなのが、アプローチシューズ。軽くて柔軟性にも優れているうえ、普段使いもできて便利です。ぜひ、以下の記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

クライミングロープの売れ筋ランキングもチェック!

なお参考までに、クライミングロープのAmazon・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回はおすすめのクライミングロープについて、選び方のポイントとおすすめ人気商品をランキング形式でご紹介してきました。いかがでしたでしょうか?

クライミングロープと言っても、ロープの種類・サイズ・加工などによってずいぶんと異なることをお分かりいただけたのではないでしょうか。ぜひ今回のランキングを参考にしながら、使いやすいクライミングロープを購入してくださいね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す