1. TOP
  2. >
  3. 靴・シューズ
  4. >
  5. スポーツシューズ
  6. >
  7. アプローチシューズのおすすめ人気ランキング15選
  • アプローチシューズのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像1枚目
  • アプローチシューズのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像2枚目
  • アプローチシューズのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像3枚目
  • アプローチシューズのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像4枚目
  • アプローチシューズのおすすめ人気ランキング15選のアイキャッチ画像5枚目

アプローチシューズのおすすめ人気ランキング15選

アプローチシューズは、トレッキングやクライミングなど登山に行くならぜひ準備したいアイテム。しかし、履き口の高さにもローカットやミドルカットがあり、また防水性に優れたもの、通気性抜群のものなどもあって、どれを選んでいいのか見分けにくいですよね。

そこで今回はアプローチシューズのおすすめ商品を、人気ランキングでご紹介します。記事の前半では選び方を解説しますので、きっと自分にぴったりな一足が見つかりますよ。お気に入りのアプローチシューズで山歩きをエンジョイしましょう!

  • 最終更新日:2020年09月29日
  • 27,030  views
目次

アプローチシューズの選び方

アプローチシューズは登山口までの林道を歩くための靴で、ちょっとした岩場など未舗装の道でも歩きやすいよう設計されています。デザイン豊富でファッション性が高いものが多く、タウンユースにも大活躍!ここでは、そんなアプローチシューズの選び方をご紹介します。

山歩きかクライミングか。まずは目的に合わせて種類を選ぶ

アプローチシューズには、山歩きが軽快にできるものから、ちょっとしたクライミングも可能なモデルまであります。自分にはどちらのタイプが合うか確認してみましょう。

山歩き・トレッキングには、歩きやすさを重視して

山歩き・トレッキングには、歩きやすさを重視して
山歩きやトレッキングに使う予定の方は、歩きやすいアプローチシューズを選びましょう。ソールに深い溝や凹凸が多いものなら適度なグリップ力があり、ぬかるんだ道でも滑りにくいのが特徴です。自宅から山までそのまま歩くこともできますよ。

アスファルトやコンクリートなどで舗装された道も、これを履いて歩けば疲れにくいので、タウンユースとしてもおすすめです。

クライミングには岩場が歩きやすいものを

クライミングには岩場が歩きやすいものを
岩場も歩くという方は、クライミングにも対応したアプローチシューズを選びましょう。一般的なアプローチシューズは山道を歩くために作られていますが、最近は軽いクライミングが可能になっているモデルも登場しています。

ただし、あくまでも「軽い岩登りが可能」というだけです。ソールの溝が浅く、凹凸も大きめでグリップ力が弱いため、濡れた岩場、また舗装された道ではかえって滑りやすいことも。雨天時には十分注意してくださいね。

ハイ・ミドル・ロー?カットの違いを比べて選ぶ

アプローチシューズには、ハイカット・ミドルカット(ミッドカット)・ローカットがあります。カットによって適した利用シーンが異なりますので、あなたの登山スタイルに合うものを選びましょう。

平坦な道を歩くときに最適な「ローカット」

平坦な道を歩くときに最適な「ローカット」
高低差の少ない山道を歩くのなら、ローカットがおすすめです。足首周りを覆わないため足の可動域が広くなり、平坦な道を歩くのに最適。

登山口まではアプローチシューズで来て、そこから本格的な登山靴に履き替えるという方や、軽いクライミングも視野に入れているのならローカットの方が動きやすいですよ。


ただカットが浅いため、小石や砂利が入りやすいという一面も。またサポート力も弱いので、下り道では足首をひねらないよう注意が必要です。軽装でも歩けるような登山道に適しています。

やや険しい道でも安定感がある「ミドルカット」

やや険しい道でも安定感がある「ミドルカット」
ミドルカット(ミッドカット)は、やや険しい道を歩く方におすすめです。足首をしっかりサポートしてくれるので、下り坂で足をひねるリスクが軽減されます。ソールが少し硬めなものが多く、中距離のハイキングやトレッキングにも対応できます。

しかしソールが硬めのものは岩面をつかみにくく、バランスを崩しやすいという難点があります。岩場の少ない山道での使用にとどめておきましょう。

「ハイカット」は長時間の縦走やハードな山道に

「ハイカット」は長時間の縦走やハードな山道に
ハイカットはくるぶしまでしっかりと支えてくれるので、山泊用の重たい荷物を背負って歩く際も安定感抜群。長時間にわたる縦走にも適しています。ソールがかなり厚めのものも多く、険しい道を歩く方におすすめです。

アプローチシューズとしては最も重く、ソールが硬いため、沢など苔の生えた場所では滑りやすくなります。十分注意して歩くようにしましょう。

防水モデル、または全天候対応モデルなら雨でも安心

防水モデル、または全天候対応モデルなら雨でも安心

雨天時も登山するという方は、防水加工されたモデルを選んでおきましょう。ファブリックやレザー素材の場合、防水性がない、あるいは防水性が弱いこともあります。靴擦れやマメができているときに雨がしみこむと、二次被害を起こすことも…。


TPUフィルムラミネート加工済みのものやゴアテックスを使ったものなら、雨を弾くので安心。より快適さを求めるなら、通気性についてもチェックしてみてください。

ゴアテックスやメッシュなど、通気性抜群の生地なら蒸れずに快適

ゴアテックスやメッシュなど、通気性抜群の生地なら蒸れずに快適
登山中の足の不快感を減らしたいのなら、通気性に優れた生地を選ぶのがおすすめです。主なものにゴアテックスやメッシュ、ファブリックがありますが、ゴアテックス以外の素材は防水性がないこともあるので、そういったものは晴れた日限定となります。

ゴアテックスなら水は弾いても靴内の蒸れは逃がすため、雨天時や湿気の多い日でも快適ですよ。特に長時間歩く際には重宝します。

サイズは「1cm大きめ」を選ぶ。店頭で試着して

サイズは「1cm大きめ」を選ぶ。店頭で試着して
サイズを決める際は、できるだけ試着してから決めるようにしましょう。試着時は、足の指先から1cm余裕があるものを選ぶのがおすすめです。足先に余裕がないと下り道でつま先が圧迫され、ケガをする可能性があります。

また、靴内で足が左右にぶれないことも大切。未舗装の道ではバランスをとって歩くことも多いので、横ずれを起こすと足首を痛めてしまいます。ワイズは一般的なサイズから、幅広用の4E~Fまで揃ったモデルもありますので、自分の足にぴったり合うものを選びましょう。

アプローチシューズのおすすめ人気ランキング15選

それではここからは、おすすめのアプローチシューズを人気ランキング形式でご紹介します。選び方も参考にしながら、自分にぴったりなものを見つけてみてくださいね。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年9月23日時点)をもとに順位付けしています。

15位
種類トレッキング・ハイキング
カットハイカット
防水性
通気性
サイズ展開25~29cm
14位
種類トレッキング・ハイキング
カットミドルカット
防水性
通気性-
サイズ展開25~30cm
13位
種類トレッキング・ハイキング
カットミドルカット
防水性
通気性
サイズ展開23.7~29.7cm(EU37~47)
12位
種類トレッキング・クライミング
カットミドルカット
防水性
通気性
サイズ展開25.5~28cm(UK7~9.5)
11位
アプローチシューズ ブラックダイヤモンド ミッション LT メンズ 1枚目
出典:amazon.co.jp

ブラックダイヤモンドミッション LT メンズ

BD27050001065

16,940円 (税込)

種類トレッキング・クライミング
カットローカット
防水性-
通気性
サイズ展開24~30cm
10位
種類トレッキング
カットローカット
防水性-
通気性
サイズ展開25~31cm
9位
種類トレッキング・ハイキング
カットローカット
防水性-
通気性-
サイズ展開24.5~27cm
8位
種類トレッキング
カットローカット
防水性-
通気性
サイズ展開25~32cm
7位
種類トレッキング
カットローカット
防水性-
通気性-
サイズ展開25~30cm
6位
種類クライミング
カットローカット
防水性-
通気性-
サイズ展開25~29.5cm
5位
種類トレッキング・ハイキング
カットローカット
防水性
通気性
サイズ展開25~32cm
4位
種類トレッキング・クライミング
カットローカット
防水性-
通気性-
サイズ展開23.1~29.7cm(EU36~47)
3位
種類トレッキング・クライミング
カットローカット
防水性-
通気性
サイズ展開23.1~29.1cm(EU36~46)
2位
アプローチシューズ アークテリクス アラキス アプローチシューズ メンズ  1枚目
出典:amazon.co.jp

アークテリクスアラキス アプローチシューズ メンズ

18718

18,700円 (税込)

種類トレッキング・クライミング
カットローカット
防水性-
通気性
サイズ展開25.5~29cm
1位
アプローチシューズ スポルティバ ボルダーエックスミッド GTX 1枚目
出典:amazon.co.jp

スポルティバボルダーエックスミッド GTX

17E

29,700円 (税込)

種類トレッキング・クライミング
カットミドルカット
防水性
通気性
サイズ展開23.1~29.7cm

人気アプローチシューズの比較一覧表

商品画像
1
アプローチシューズ スポルティバ ボルダーエックスミッド GTX 1枚目

スポルティバ

2
アプローチシューズ アークテリクス アラキス アプローチシューズ メンズ  1枚目

アークテリクス

3
アプローチシューズ スカルパ イグアナ 1枚目

スカルパ

4
アプローチシューズ スポルティバ TX4 トラバース X4 1枚目

スポルティバ

5
アプローチシューズ サロモン X ULTRA 3 GTX メンズ 1枚目

サロモン

6
アプローチシューズ アルトラ ワ―ウィープ メンズ 1枚目

アルトラ

7
アプローチシューズ イノヴェイト TRAILROC G 280 MS  1枚目

イノヴェイト

8
アプローチシューズ サロモン Sense Escape2 メンズ 1枚目

サロモン

9
アプローチシューズ ワイズシープ ハイキングシューズ 1枚目

ワイズシープ

10
アプローチシューズ テスラ  ベアフット トレイルシューズ メンズ 1枚目

テスラ

11
アプローチシューズ ブラックダイヤモンド ミッション LT メンズ 1枚目

ブラックダイヤモンド

12
アプローチシューズ モンチュラ ヤルテクノGTX  1枚目

モンチュラ

商品名

ボルダーエックスミッド GTX

アラキス アプローチシューズ メンズ

イグアナ

TX4 トラバース X4

X ULTRA 3 GTX メンズ

ワ―ウィープ メンズ

TRAILROC G 280 MS

Sense Escape2 メンズ

ハイキングシューズ

ベアフット トレイルシューズ メンズ

ミッション LT メンズ

ヤルテクノGTX

特徴岩稜登山もこなせるアプローチシューズ脱ぎ履きしやすい。長時間のアプローチやクライミングにも軽量・コンパクトで高機能なシューズ本格的な登山シューズとしても使える下り坂に強い。優れた防水性と安定感普段使いしやすいヘンプ素材険しい岩道から保護してくれるクッション性・通気性に優れたアプローチシューズ天然皮革スエード採用。ファッション性の高いシューズ2mm厚ソールで地面を感じながら歩ける通気性がありタフな素材を採用岩稜歩きから低山ハイク、縦走登山までマルチにこなせる
最安値
29,700
送料別
詳細を見る
18,700
送料別
詳細を見る
12,540
送料無料
詳細を見る
17,424
送料要確認
詳細を見る
12,100
送料無料
詳細を見る
13,200
送料要確認
詳細を見る
14,960
送料別
詳細を見る
13,200
送料無料
詳細を見る
5,500
送料別
詳細を見る
3,759
送料無料
詳細を見る
16,940
送料無料
詳細を見る
27,000
送料別
詳細を見る
種類トレッキング・クライミングトレッキング・クライミングトレッキング・クライミングトレッキング・クライミングトレッキング・ハイキングクライミングトレッキングトレッキングトレッキング・ハイキングトレッキングトレッキング・クライミングトレッキング・クライミング
カットミドルカットローカットローカットローカットローカットローカットローカットローカットローカットローカットローカットミドルカット
防水性---------
通気性----
サイズ展開23.1~29.7cm25.5~29cm23.1~29.1cm(EU36~46)23.1~29.7cm(EU36~47)25~32cm25~29.5cm25~30cm25~32cm24.5~27cm25~31cm24~30cm25.5~28cm(UK7~9.5)
商品リンク

山におすすめの機能的な登山靴は他にも!

山用のシューズは他にも、トレッキングシューズ・トレランシューズ・ハイキングシューズなど、ジャンル別にご紹介しています。ぜひ以下の記事も参考に、最高の一足を選んでください!

まとめ

おすすめのアプローチシューズをご紹介しましたが、気になるものはありましたか?タウンユースにもぴったりの、おしゃれなものがたくさんありましたね。

アプローチシューズは平坦な道を歩くのか、それとも軽いクライミングも行うのか、目的をはっきりさせると選びやすくなります。自分のスタイルに合うものを見つけて、山歩きをもっと楽しんでみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す