【徹底比較】簡易トイレのおすすめ人気ランキング10選

【徹底比較】簡易トイレのおすすめ人気ランキング10選

売れ筋の人気簡易トイレ10商品を全て購入し、徹底的に比較しました!

断水時など水洗トイレが使用できなくなったときに欠かせない「簡易トイレ」。コクヨやBOSといった様々なメーカーの商品が存在しますが、どの商品の性能が本当に優秀なのか気になりませんか?


そこで今回は、Amazon・楽天・価格.comなどの売れ筋上位の簡易トイレ10商品を全て購入し、最もおすすめな簡易トイレはどれか、検証して決定したいと思います!


防災のプロフェッショナル監修のもと、mybest編集部が全ての商品を実際に使って以下4点の比較・検証をしました。

  1. 使いやすさ
  2. 凝固剤が固まるまでの時間
  3. 防臭力の高さ
  4. 後処理のしやすさ

果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね!

この記事に登場する専門家

山村 武彦
全商品を自社施設で比較検証しています!

全商品を自社施設で比較検証しています!

実際に商品を購入して、徹底的に比較検証した上で、優れた品質と購入する価値がある商品を見極め、おすすめの商品をご提案しています。

  • 最終更新日:2019年12月09日
  • 118,181  views
目次

防災のプロフェッショナルが全面協力!

今回は防災のプロフェッショナルとして様々な災害現場の調査・研究を行っている山村武彦さんに監修をお願いし、検証を行いました。

防災のプロフェッショナルが全面協力!
<防災システム研究所 所長 山村 武彦さん>

災害に強い企業、社会、街づくりに取りくむ「防災・危機管理アドパイザー」。実践的防災・危機管理の第一人者でもある。出身は、東京都杉並区。新潟地震(1964年)でのボランティア活動を契機に防災・危機管理のシンクタンク『防災システム研究所』を投立。世界中で発生する災害(250力所以上)の現地調査を実施。講演、テレビ解説、執筆などを通し、防災意識啓発活動に取り組む。

また、企業や自治体の防災アドバイザー(顧問)を歴任し、BCPマニュアルや防災・危機管理マニュアルの策定などに携わる。座右の銘は「真実と教訓は、現場にあり」。

簡易トイレの選び方

比較検証の前に、まずは簡易トイレを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「4つのポイント」をご紹介します。

①便器で使えるトイレ・片手で使えるトイレの2種から選ぶ

簡易トイレには大きく分けて「便器で使えるトイレ」「片手で使えるトイレ」「簡易便器付きのトイレ」の3種類があります。タイプごとに特徴が異なるため、必要なタイプを必要な分だけ備えておきましょう。


ただし「簡易便器付きのトイレ」はかさばるうえに使う場所選びがとても難しいため、基本的には「便器で使えるトイレ」と「片手で使えるトイレ」の2種類を備えておけば十分です。

普段とほぼ一緒の環境で用を足せる「便器で使える簡易トイレ」

普段とほぼ一緒の環境で用を足せる「便器で使える簡易トイレ」
自宅や避難所のトイレの便器に汚物袋をセットして使用する簡易トイレです。

大災害が起こった際、断水してしまってもトイレの便器だけなら利用できます。やはり排泄行為は個室のトイレで行うのが一番自然で落ち着くため、断水時に水道が普及するまで・避難所に仮設トイレが配置されるまでの目安日数1週間程度は最低限備えておきましょう。


成人1人の1日の平均排泄回数4~7回×1週間分≒約50回分を目安に備えておくと安心です。

いつでもどこでも使える「片手で使える簡易トイレ」

いつでもどこでも使える「片手で使える簡易トイレ」
片手で持って局部にあてがうタイプの簡易トイレです。サイズが小さいためかさばらず、いつでもどこでも使用できるため持ち運びに適しています

便器がない場所でも用が足せるため、車の中や最悪外でも使用可能です。いざというときのために約1日分(4~7個)だけでも非常用カバンに入れておくとかなり安心できます。

②臭いが外に漏れにくい・破れにくい袋のものを選ぶ

②臭いが外に漏れにくい・破れにくい袋のものを選ぶ
口がしっかりと縛れる大き目サイズの袋を選べば、しっかりと臭い漏れを防ぐことができます。

加えて、耐久性の高い厚手で丈夫な袋を選ぶことも重要です。汚物が入った袋が破れてしまうと大変なことになってしまいます。特に1枚の袋を複数回使用するタイプは、耐久性を重視して選びましょう。


また、なるべく濃い色で中が透けて見えないタイプの袋を選ぶとなお良いです。処理する際に、汚物袋から自分の排泄物が透けて見えてしまうのは気分がよくありません。

③早く固まる・消臭効果がある凝固剤を選ぶ

③早く固まる・消臭効果がある凝固剤を選ぶ
排泄物がなるべく早く固まる凝固剤を選びましょう。特に吸水ポリマーを使用した凝固剤は、素早くゲル状に排泄物を固めてくれるのでおすすめです。

災害時にゴミを長く保管しなければならない可能性があることを考えると、消臭効果も兼ね備えているとなお良いでしょう。さらに抗菌効果のあるものを選べば、食中毒などの予防にも繋がります。

④後処理のしやすいものを選ぶ

④後処理のしやすいものを選ぶ

水洗式トイレと違い、簡易トイレは用を足した後に自分で排泄物の処理をしなければならないため、後処理のしやすさも重要です。


汚物に触れることなく処理ができるかどうか・ゴミがコンパクトにまとまるかどうか・心理的な抵抗がないかどうか・使い終わったらそのままゴミ捨てできるかどうかなどがチェックポイントです。

売れ筋の人気簡易トイレ全10商品を徹底比較!

売れ筋の人気簡易トイレ全10商品を徹底比較!

ここからはAmazon・楽天・価格.comなどの売れ筋ランキング上位の簡易トイレ全10商品を全て購入し、どれが最も優れた簡易トイレなのかを検証していきます。


<今回検証した商品>

  1. BOS 非常用トイレセット
  2. エピオス 携帯用トイレ
  3. 石崎資材 シートイレ
  4. トパック 片手で秒速トイレ
  5. 防災専門店MT-NET 緊急戦隊トイレマン50
  6. ㈲明尾産業 シャットレット
  7. 小久保工業所 緊急簡易トイレ
  8. オゾンアソシア 紙レット20枚
  9. ケンユー 携帯ミニトイレプルプル
  10. コクヨ 袋式トイレ


上記の簡易トイレの選び方のポイントを踏まえ、検証項目は以下の4項目としました。

検証①:使いやすさ

検証②:凝固剤が固まるまでの時間

検証③:防臭力の高さ

検証④:後処理のしやすさ

検証①:使いやすさ

検証①:使いやすさ

まずは、簡易トイレを選ぶ際に最も重要なポイントである「使いやすさ」について検証していきます。


用を足すまでの準備のしやすさや、ビニール袋の質・扱いやすさなどを確認して、総合的に使いやすさを評価しました。

【検証結果ハイライト】汚物袋の長さに注目。短い方が圧倒的に使いやすい!

【検証結果ハイライト】汚物袋の長さに注目。短い方が圧倒的に使いやすい!

汚物袋の縦の長さが短い簡易トイレが圧倒的に使いやすいです!目安としては、便器の深さの約半分くらい、もともと便器に入っている水に浸らない程度の長さがベストです。


便器に対して袋が大きすぎると、余った部分を便座に巻き込んで長さの調整をしなければならず、設置する際に手間がかかり非常に面倒。さらに、袋の底が便器内の水に浸ってしまうので、取り外すときに周りが濡れてしまって不快です。


汚物袋が短いものを選べば上記のようなデメリットが全て解消されるため、使い心地が格段に良くなります!長い汚物袋をハサミなどでカットするのも一手ですよ。

検証②:凝固剤が固まるまでの時間

検証②:凝固剤が固まるまでの時間

続いて、「凝固剤が固まるまでの時間」について検証していきます。


成人の1回の平均排尿量である約300mlの疑似尿を使い、凝固剤が固まるまでにどれくらい時間がかかるかを検証しました。なお、疑似尿は水にアンモニアと青い絵の具を溶かして作成しました。

【検証結果ハイライト】300mlの疑似尿が瞬時に固まったのは「ケンユー 携帯ミニトイレプルプル」

【検証結果ハイライト】300mlの疑似尿が瞬時に固まったのは「ケンユー 携帯ミニトイレプルプル」

疑似尿約300mlが全て固まるまでに早くても20秒ほどかかる凝固剤が多い中、「ケンユー 携帯ミニトイレプルプル」だけは、疑似尿を流した瞬間にほぼ全てをしっかりと固めてくれました


なお、凝固剤の吸収スピードをより速くするために、使用前には袋の底の凝固剤を均しておくことが重要です。袋の一か所に凝固剤が偏っていると、尿や便が凝固剤まで届かずいつまで経っても固まらないといった事態が発生してしまいます。

検証③:防臭力の高さ

検証③:防臭力の高さ

続いて、「防臭力の高さ」について検証していきます。


疑似尿(水+アンモニア+青い絵の具)・疑似便(味噌+キサンタンガム)を使用し、凝固剤に消臭効果はあるかどうか、袋から臭いが漏れないかどうかなど、防臭力の高さを検証しました。

【検証結果ハイライト】汚物袋を包む袋が付いているものなら、ほぼ完璧に臭いをシャットアウトできる!

【検証結果ハイライト】汚物袋を包む袋が付いているものなら、ほぼ完璧に臭いをシャットアウトできる!
尿や便を排泄する汚物袋を包む袋が付いている簡易トイレが優秀です。

汚物袋だけだとどんなに凝固剤の消臭効果が優秀だったとしても、汚物袋の結び目~入り口の間についてしまった尿・便の臭いが防げません。汚物袋をさらに包む袋があれば2重で臭い漏れを防ぐことができ、ほぼ完璧に臭いをシャットアウトできます。

検証④:後処理のしやすさ

検証④:後処理のしやすさ

最後に、「後処理のしやすさ」について検証してみました。


汚物に触れることなく処理ができるかどうか・ゴミがコンパクトにまとまるかどうか・自分の汚物を見なくて済むかどうか・ゴミ捨てがしやすいかどうかなどを確認し、評価しました。

【検証結果ハイライト】真っ黒で厚みのある汚物袋がベスト

【検証結果ハイライト】真っ黒で厚みのある汚物袋がベスト

真っ黒で厚みのある汚物袋なら、不快感を感じずに後処理できます


汚物袋の色が透明や青だと自分の排泄物が丸見えになり、処理するたびにかなりの不快感を覚えます。また、汚物袋が薄いと排泄物の感触・温度がダイレクトに伝わってくるのが厳しいです。


特に「トパック 片手で秒速トイレ」は汚物袋が透明で排泄物がモロに見えるうえ、厚みが非常に薄いため排泄物を直接触っているかのような感覚になってしまい、心理的な面でかなり苦戦しました。

【最終検証結果】簡易トイレのおすすめ人気ランキングBEST10

これまでの比較・検証結果を踏まえ、簡易トイレのおすすめ人気ランキングBEST10を発表します!

10位

ケンユー携帯ミニトイレ プルプル 3個入

313円 (税込)

使いやすさC
凝固剤が固まるまでの時間A
防臭力の高さA
後処理のしやすさD
総合評価D
9位

トパック片手で秒速トイレ 10個セット

238円 (税込) / 1商品あたり

使いやすさD
凝固剤が固まるまでの時間C
防臭力の高さD
後処理のしやすさD
総合評価D
8位

オゾンアソシア紙レット 100枚入り

3,990円 (税込)

使いやすさD
凝固剤が固まるまでの時間C
防臭力の高さD
後処理のしやすさB
総合評価C
7位

石崎資材シートイレ 50回分セット

STT-50

2,380円 (税込)

使いやすさB
凝固剤が固まるまでの時間C
防臭力の高さC
後処理のしやすさD
総合評価C
6位
使いやすさA
凝固剤が固まるまでの時間D
防臭力の高さA
後処理のしやすさB
総合評価B
5位

エピオス高分子吸収樹脂で固める 携帯トイレ

95円 (税込)

使いやすさC
凝固剤が固まるまでの時間A
防臭力の高さA+
後処理のしやすさB
総合評価B
4位

防災専門店MT-NET緊急戦隊トイレマン

2,860円 (税込)

使いやすさB
凝固剤が固まるまでの時間B
防臭力の高さB
後処理のしやすさB
総合評価B
3位
使いやすさA
凝固剤が固まるまでの時間A
防臭力の高さA
後処理のしやすさB
総合評価A
2位

BOS-SHOP驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用トイレセット

864円 (税込)

使いやすさB
凝固剤が固まるまでの時間A
防臭力の高さA+
後処理のしやすさA+
総合評価A
1位

小久保工業所緊急簡易トイレ 凝固剤入10回分入

KM-012

881円 (税込)

使いやすさA+
凝固剤が固まるまでの時間C
防臭力の高さA+
後処理のしやすさA+
総合評価A+

人気簡易トイレの比較一覧表

商品画像
1
簡易トイレ 小久保工業所 緊急簡易トイレ 凝固剤入10回分入 1枚目

小久保工業所

2
簡易トイレ BOS-SHOP 驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用トイレセット 1枚目

BOS-SHOP

3
簡易トイレ コクヨ 袋式トイレ 30回分 1枚目

コクヨ

4
簡易トイレ 防災専門店MT-NET 緊急戦隊トイレマン 1枚目

防災専門店MT-NET

5
簡易トイレ エピオス 高分子吸収樹脂で固める 携帯トイレ 1枚目

エピオス

6
簡易トイレ 明尾産業 シャットレット 10回分 1枚目

明尾産業

7
簡易トイレ 石崎資材 シートイレ 50回分セット 1枚目

石崎資材

8
簡易トイレ オゾンアソシア 紙レット 100枚入り 1枚目

オゾンアソシア

9
簡易トイレ トパック 片手で秒速トイレ 10個セット 1枚目

トパック

10
簡易トイレ ケンユー 携帯ミニトイレ プルプル 3個入 1枚目

ケンユー

商品名

緊急簡易トイレ 凝固剤入10回分入

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用トイレセット

袋式トイレ 30回分

緊急戦隊トイレマン

高分子吸収樹脂で固める 携帯トイレ

シャットレット 10回分

シートイレ 50回分セット

紙レット 100枚入り

片手で秒速トイレ 10個セット

携帯ミニトイレ プルプル 3個入

特徴汚物袋の使い勝手が最強すぎる!!消臭効果の高い凝固剤+...汚物袋+防臭袋で臭いをほぼ完璧にシャットアウト!どちら...1回設置すれば10回連続で使える仕組みが神!自宅での長...最もシンプルかつベーシックな簡易トイレ。大容量&低価格...いつでもどこでも使える「片手で使うタイプ」では最も優秀!凝固剤を袋ごと入れるだけなのがラク!消臭効果も高めで◎透明で青い汚物袋から排泄物が丸見えで心理的に辛い湿気のある場所に置いておくと使い物にならなくなってしまう使い心地最悪。局部にあてがう部分がダンボール製で硬くて痛い…中身をトイレに流さなければならないため、災害時向きではない
最安値
881
送料要確認
詳細を見る
864
送料要確認
詳細を見る
3,430
送料別
詳細を見る
2,860
送料無料
詳細を見る
95
送料別
詳細を見る
3,740
送料別
詳細を見る
2,380
送料要確認
詳細を見る
3,990
送料別
詳細を見る
238 / 1商品あたり
送料無料
詳細を見る
313
送料別
詳細を見る
使いやすさA+BABCABDDC
凝固剤が固まるまでの時間CAABADCCCA
防臭力の高さA+A+ABA+ACDDA
後処理のしやすさA+A+BBBBDBDD
総合評価A+AABBBCCDD
商品リンク

簡易トイレの使い方を覚えておこう!

簡易トイレの使い方を覚えておこう!
いざというときにスムーズに使用できるよう、簡易トイレの基本の使い方を覚えておきましょう。「片手で使えるトイレ」は汚物袋を開けるだけで利用可能ですが、「便器で使えるトイレ」は以下のような手順で便器に設置しなければなりません。

  1. 便座のフタを上げて便器に直接汚物袋を被せる。
  2. 便座のフタを下げて汚物袋を固定する。
  3. 凝固剤を振りかける(給水シートを敷く)。
  4. 排泄する。

基本は上記の流れでOKですが、中には便座のフタの上から汚物袋を被せるタイプや、③と④の順番が逆になるタイプもあります。簡易トイレごとの説明書をよく読んで使用しましょう。

簡易トイレの売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、簡易トイレのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは以下のリンクからご確認ください。

まとめ

今回は防災のプロフェッショナル監修のもと、売れ筋上位の簡易トイレ全10商品の性能を徹底的に比較検証しました!

筆者がいざ実際に使用しようとしたら、意外にも汚物袋の設置方法やシートタイプの凝固剤の使い方などがわからず苦戦したのが印象深かったです。用を足すときも「この使い方で本当に大丈夫なのかな?」とかなり不安になりました。


本当に必要になったときスムーズに利用できるように、簡易トイレを購入したら一度お試しで使ってみることを強くおすすめします


取材/文:佐藤歩海、写真:吉田佳央・三浦晃一

プロの愛用するおすすめの簡易トイレ

プロの愛用するおすすめの簡易トイレをご紹介します。プロのおすすめポイントを参考に、防災用やキャンプ用など使う人数や用途に合わせて選んでくださいね。

専門家の
マイベスト

コクヨ袋式トイレ 100回分(10枚重ね×10セット)

DRP-TT1

9,331円 (税込)

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す