• 片栗粉のおすすめ人気ランキング10選【揚げ物にも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • 片栗粉のおすすめ人気ランキング10選【揚げ物にも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • 片栗粉のおすすめ人気ランキング10選【揚げ物にも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • 片栗粉のおすすめ人気ランキング10選【揚げ物にも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • 片栗粉のおすすめ人気ランキング10選【揚げ物にも!】のアイキャッチ画像5枚目

片栗粉のおすすめ人気ランキング10選【揚げ物にも!】

料理にとろみや滑らかさをつけたり、揚げ物に使うとサクサクとした食感を出してくれる片栗粉。和洋中問わず、料理からお菓子まで幅広く使われています。でも、片栗粉はどれも白い色で見た目も変わりないため、どれを選べばよいのかわからないという方も少なくないはず。

そこで今回は、片栗粉の選び方と、口コミなどで高く評価されている人気商品をランキング形式でご紹介したいと思います!小麦粉やコンスターチとの違いなど、片栗粉に関する基礎知識も解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。料理をよりおいしくしてくれる片栗粉をゲットして、さまざまなレシピに活用しましょう!
  • 最終更新日:2019年04月22日
  • 14,381  views
目次

片栗粉の選び方のポイント

片栗粉について分かったところで、ここでは片栗粉を選ぶ際に知っておきたいポイントをご紹介します。今まで何気に購入していた片栗粉も、選び方のポイントをチェックしてから購入するとちょっと面白いかも!?

原料となる馬鈴薯をチェック!

片栗粉の原料は、馬鈴薯のみといたってシンプル。だからこそ、原料となる馬鈴薯を必ずチェックしてみましょう。

輸入品の場合は信頼できるメーカーのものを選んで

輸入品の場合は信頼できるメーカーのものを選んで
販売されている片栗粉の大半は、国産の馬鈴薯から作られています。しかし、中には海外の馬鈴薯から作られているものや、輸入ものの片栗粉も。もし輸入された片栗粉を購入する場合は、流通ルートが明らかで、信頼できるメーカーのものであるかを確認しましょう。

オーガニックの馬鈴薯ならより安心!

オーガニックの馬鈴薯ならより安心!
じゃがいもは、比較的残留農薬が多い野菜として知られています。安価な片栗粉は、国内産のものといっても、原料となる馬鈴薯に残留農薬が含まれている可能性がないとはいえません。国内産の片栗粉でも、輸入物の片栗粉でも、原料に有機栽培された馬鈴薯を使用していると、残留農薬の心配もほとんどなく安心ですよ。

使い勝手や料理に応じて選んでみよう

片栗粉と一口に言っても、顆粒タイプや米粉入りタイプなどもあり、種類はさまざま。使い勝手の良さや作る料理を考慮して選ぶのもおすすめですよ。

水に溶かす必要のない顆粒タイプなら時短もできる!

水に溶かす必要のない顆粒タイプなら時短もできる!

出典:sbfoods.co.jp

片栗粉の中には、そのまま料理に振りかけてとろみをつけることができる、顆粒タイプのものも存在します。料理にとろみをつけたい時、片栗粉は基本的に水に溶いてから使う必要がありますが、ダマになりやすく、意外と手間がかかるもの。顆粒タイプのものであれば水で溶かす必要がないので、時短にもなって便利ですよ!とろみをつけるだけではなく、揚げ物の衣としても使うことができます。

米粉入りなら揚げ物もよりサクサクに

米粉入りなら揚げ物もよりサクサクに
揚げ物の衣として使うと、サクサクと軽い食感に仕上げてくれる片栗粉。お米を粉にした「米粉」入りの片栗粉なら、よりサクサク感がUP!米粉には油を吸いにくい性質があるため、揚げ物がカラッと揚がり、冷めてもサクサク感をキープしてくれます。特にお弁当用の唐揚げなどは、冷めてもサクサク感が残るように米粉入りの片栗粉を使うといいかもしれないですね。

余ることがないよう使いきりできる量を選ぶ

余ることがないよう使いきりできる量を選ぶ
水分を含みやすい上に、高温多湿にも弱い片栗粉。お得感があるからと、大容量のものを買ってしまうと、使いきれずに変色したり、ダニやカビが発生してしまう可能性も高くなります。通常、料理の際に使用する片栗粉の量はほんのわずか。一度に大量に使用することがなければ、無理なく使いきれる量を選ぶようにしましょう。

ちなみに、片栗粉の賞味期限はおよそ1年半ほど。開封後はニオイ移りがしやすいので、密閉容器にうつし換えたり、二枚重ねにしたジップつきのフリーザーバッグなどに入れて、冷蔵庫で保存するようにしましょう。小分けにすれば冷凍保存することもできますよ。なお、片栗粉の保管に便利な容器とフリーザーバッグについては下記のリンクで詳しく解説していますので、併せて見てみてくださいね。

片栗粉のおすすめ人気ランキング10選

それでは、いよいよ片栗粉のおすすめ人気ランキングを発表します!国内産の片栗粉はもちろん、輸入ものの片栗粉、米粉入りの片栗粉まで、色々試してみて下さいね。
10位
片栗粉 オーサワジャパン オーサワの片栗粉 1枚目
出典:amazon.co.jp

オーサワジャパンオーサワの片栗粉

321円 (税込)

馬鈴薯の産地北海道
オーガニック
顆粒タイプ×
米粉×
内容量300g
9位
馬鈴薯の産地北海道
オーガニック×
顆粒タイプ
米粉×
内容量160g
8位
馬鈴薯の産地デンマーク
オーガニック×
顆粒タイプ×
米粉×
内容量1Kg
7位
馬鈴薯の産地-/米粉:国産
オーガニック×
顆粒タイプ×
米粉
内容量200g
6位
馬鈴薯の産地北海道
オーガニック
顆粒タイプ×
米粉×
内容量300g
5位
馬鈴薯の産地北海道
オーガニック×
顆粒タイプ
米粉×
内容量200g
4位
馬鈴薯の産地北海道
オーガニック×
顆粒タイプ×
米粉×
内容量250g
3位
馬鈴薯の産地北海道
オーガニック×
顆粒タイプ×
米粉
内容量230g
2位

中村食品産業感動の未粉つぶ片栗粉

385円 (税込)

馬鈴薯の産地北海道
オーガニック×
顆粒タイプ×
米粉×
内容量270g
1位
馬鈴薯の産地北海道
オーガニック
顆粒タイプ×
米粉×
内容量200g

おすすめ人気片栗粉の比較一覧表

商品画像
1
片栗粉 ムソー 片栗粉 1枚目

ムソー

2
片栗粉 中村食品産業 感動の未粉つぶ片栗粉 1枚目

中村食品産業

3
片栗粉 波里 片栗粉米粉入りスタンドパック 1枚目

波里

4
片栗粉 火乃国 国産片栗粉 1枚目

火乃国

5
片栗粉 丸三美田実郎商店  とろみちゃん 1枚目

丸三美田実郎商店

6
片栗粉 神野でんぷん工場 神野つぶつぶでんぷん 1枚目

神野でんぷん工場

7
片栗粉 みたけ 米粉入り片栗粉  1枚目

みたけ

8
片栗粉 日の出 片栗粉  1枚目

日の出

9
片栗粉 ホクレン とろりんぱっ 顆粒片栗粉 1枚目

ホクレン

10
片栗粉 オーサワジャパン オーサワの片栗粉 1枚目

オーサワジャパン

商品名

片栗粉

感動の未粉つぶ片栗粉

片栗粉米粉入りスタンドパック

国産片栗粉

とろみちゃん

神野つぶつぶでんぷん

米粉入り片栗粉

片栗粉

とろりんぱっ 顆粒片栗粉

オーサワの片栗粉

特徴伝統製法で作るこだわりの片栗粉唐揚げがより美味しくなったと大好評!米粉入りで揚げ物もよりカラッと仕上がるくまモンが目印&嬉しいチャック付き農林水産大臣賞を受賞した無添加の片栗粉一度は唐揚げに使って欲しい一品グルテンフリーでダイエット中には嬉しい大容量でコスパよし!よく使う人におすすめ水がなくてもOK!忙しい人にもおすすめ日本百名山からの良質な水を使用
最安値
286
送料別
詳細を見る
378
送料別
詳細を見る
162
送料要確認
詳細を見る
130
送料無料
詳細を見る
248
送料要確認
詳細を見る
330
送料要確認
詳細を見る
162
送料要確認
詳細を見る
要確認
要確認
316
送料要確認
詳細を見る
馬鈴薯の産地北海道北海道北海道北海道北海道北海道-/米粉:国産デンマーク北海道北海道
オーガニック×××××××
顆粒タイプ××××××××
米粉××××××××
内容量200g270g230g250g200g300g200g1Kg160g300g
商品リンク

片栗粉についての豆知識

知ってるようで実は意外と知らない片栗粉のこと。片栗粉の特徴や使い方について、最後に少しご紹介します!片栗粉の良さを再認識すれば、活用シーンも多くなるかもしれませんよ。

原料は「じゃがいものデンプン」

原料は「じゃがいものデンプン」
片栗粉は江戸時代、『カタクリ』というユリ科の植物の根から取れるデンプンで作られていました。当時は、食用や病後の滋養薬として使われていたことも。明治以降になると、原料となるカタクリが減少。その後、カタクリと同じ性質を持つ馬鈴薯(ばれいしょ:じゃがいも)で作られるようになりました。

デンプンはサツマイモやとうもろこしなどのイモ類や穀物からも作られていますが、現在流通している片栗粉の多くは、この馬鈴薯のデンプンから作られています。

小麦粉・片栗粉・コンスターチの違いは?

小麦粉・片栗粉・コンスターチの違いは?
小麦粉と片栗粉とコンスターチ。どれも白っぽい粉という点では、一見同じようにも見えますが、原料から風味、用途も全く違うんです。片栗粉は、100パーセントじゃがいものデンプンから作られていますが、小麦粉は原料となる小麦に加え、たんぱく質であるグルテンも含まれています。

とうもろこしを原料とするコンスターチは、同じとろみをつけるという点では片栗粉と一緒。片栗粉が温度が下がるととろみがやや低下してしまうのに対し、コンスターチは温度が上がってもとろみをキープできるため、カスタードクリームなどのお菓子作りなどに適しています。

あんかけ料理やスープ、揚げ物がおいしく作れる!

あんかけ料理やスープ、揚げ物がおいしく作れる!
片栗粉は、火を通しても無色透明なため、料理そのものの色合いが変わってしまうようなことがありません。このため、天津丼や八宝菜などのあんかけ料理、かき玉汁などのスープにとろみをつけるのに向いています。

また、あらかじめ火を通す前に食材に片栗粉をまぶしておくと、デンプンの細かい分子が食材の水分や旨みを閉じ込めてくれるので、唐揚げなどにピッタリ!揚げ物にも、サクっと軽い食感が出ますよ。

片栗粉の売れ筋ランキングもチェック!

なおご参考までに、片栗粉のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

今回は、レビュー評価も高いおすすめの片栗粉をご紹介しましたが、いかがでしたか?揚げ物やあんかけ料理、とろみ付けなど、和洋中さまざまな場面で大活躍の片栗粉。片栗粉を変えるだけで、料理の仕上がりが格別違うこともあります。価格もお手軽なので、どの片栗粉がいいのか色々と試してみるのもいいですね。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す