• フリーザーバッグのおすすめ人気ランキング10選【ジップロック・IKEAも!】のアイキャッチ画像1枚目
  • フリーザーバッグのおすすめ人気ランキング10選【ジップロック・IKEAも!】のアイキャッチ画像2枚目
  • フリーザーバッグのおすすめ人気ランキング10選【ジップロック・IKEAも!】のアイキャッチ画像3枚目
  • フリーザーバッグのおすすめ人気ランキング10選【ジップロック・IKEAも!】のアイキャッチ画像4枚目
  • フリーザーバッグのおすすめ人気ランキング10選【ジップロック・IKEAも!】のアイキャッチ画像5枚目

フリーザーバッグのおすすめ人気ランキング10選【ジップロック・IKEAも!】

食品の冷凍やレンジ調理はもちろん、小物の収納など、色々な用途に重宝するフリーザーバッグ(冷凍バッグ)。代名詞ともいえるジップロックの他にもIKEA・キチントさんなどのさまざまなブランドから、高い耐熱性を持つもの・マチ付きなど幅広い商品が販売されています。特大・大・中・小など、サイズのバリエーションも豊富。

今回は、そんなフリーザーバッグの選び方とおすすめ商品を人気ランキング形式でご紹介。フリーザーバッグは見た目が同じでも性能に差があります。電子レンジや湯煎による解凍時の注意点もご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。
  • 最終更新日:2019年07月07日
  • 88,222  views
目次

フリーザーバッグの選び方のポイント

まずは、フリーザーバッグの選び方のポイントをご紹介します。見た目が同じでも密封状態や耐久性は商品によって違いますので、しっかりチェックしておきましょう。

密封度とジッパーの開閉方法をチェック

密封度とジッパーの開閉方法をチェック
フリーザーバッグで1番重要なのは、きっちりジッパーが閉まって密閉状態をキープできることで。さらにジッパー部の開閉が手軽にできるものが便利です。この2点がフリーザーバッグ選びの基本になりますのでしっかりチェックしておきましょう。

密封度はダブルジッパータイプが高く、開閉についてはスライド方式やオープンタブのついた商品が便利です。メーカーごとに独自の工夫が施されていますので、しっかりチェックしておいてください。


基本的にはまず少量を購入してみて、使いやすいものをリピートするのが1番。その手間を省くなら、口コミを参考にするのもおすすめです。

用途に合わせてサイズを選ぶ

ここでは、用途に合わせたサイズの選び方をご紹介します。マチの有無に関しても記載していますので、ぜひ参考にしてください。

S・Mサイズは常時ストック。Lサイズは必要に応じて購入するのがおすすめ

フリーザーバッグのサイズは、S・M・Lの3種類が主流です。中でも小分け保存に便利なSサイズ、汁物などを1人分ずつ保存できるMサイズは汎用性が高く人気。用途を選ばないのでいつもストックしておきたいサイズです。

Lサイズに関しては、葉物野菜など大きめの食材の保存には便利ですが、特別な用途がなければ持て余してしまう方も多いようです。必要性に合わせて購入するのがおすすめです。

メーカーによって若干サイズ感が違うので、最初は少量買いで試し、使い勝手のいいサイズがみつかったら、定番として長く愛用するといいでしょう。

マチの有無は食材に合わせて選ぶ

マチの有無は食材に合わせて選ぶ

出典:askul.co.jp

マチの有無は使い勝手に大きく関わります。マチ有りは自立するのでカレーやシチューなどの汁物を入れるのにも最適。ただし、カサが増すと厚みが出て冷凍しづらく、解凍に時間がかかります。

一方、マチ無しタイプは汁物を入れるのには向かないものの、冷凍庫の中で幅を取らないのがメリット。食材によってはコンテナータイプの保存容器に入れるよりも使い勝手がいい面も。

どちらにもメリット・デメリットがありますので、入れる食材に合わせて選びましょう。

解凍方法で選ぶ

自然解凍以外の解凍方法を選択する場合は、事前にチェックが必要です。ここでは、電子レンジと湯煎解凍の注意点をご紹介しますので参考にしてください。

電子レンジ使用できるかを確認。加熱はNGの場合が多いので注意

電子レンジ使用できるかを確認。加熱はNGの場合が多いので注意
現在ではレンジで解凍できるフリーザーバッグが主流ですが、中にはレンジ使用不可の商品もあります。思い込みは危険ですので、必ずチェックしておきましょう。

特に、魚用などアルミシートを使用したフリーザーバッグはレンジでの使用はNG。冷凍焼けを防いでくれるのでパンの保存などにも人気ですが、間違えて電子レンジに入れないよう注意してください。

またレンジ解凍OKでも加熱は不可という商品が多いので、解凍温度には注意が必要。事前に注意書きをよく読んで、メーカーの使用方法を守りましょう。

湯煎解凍には耐熱&耐久性の高いフリーザーバッグが必要

湯煎解凍には耐熱&耐久性の高いフリーザーバッグが必要
湯煎での解凍を考えているなら、耐熱性と耐久性の高いフリーザーバッグが必要です。このタイプは、調理にも使えるのでストックがあると便利ですよ。

ただし、フリーザーバッグの耐熱温度は100度前後のため、火にかけた状態での使用はNG。また鍋縁に当たると溶けてしまうことがあるので注意しましょう。


耐熱温度に問題がなくても、湯煎を禁止しているフリーザーバッグもあります。こちらも電子レンジ同様、注意書きを守って使用しましょう。

価格によって耐久性や性能が違うので注意

価格によって耐久性や性能が違うので注意
普段使いするフリーザーバッグは、コスト面も気になるところ。100均などでも販売されているので、ついつい安価なものに手を伸ばしがちです。しかし、「価格」と「耐久性・性能」は比例しますので極端に安価なものはあまりおすすめできません。

上記でご紹介した、熱を利用する解凍方法を選択するなら、少し高くてもメーカーが使用をOKしているものを選びましょう。穴1つで中身が漏れてしまう汁物に使うにも、耐久性の高い信頼できるメーカーのものがおすすめです。

フリーザーバッグの人気ランキング10選

ここからは、人気のあるおすすめのフリーザーバッグをランキング形式でご紹介します。サイズや機能など用途に合わせて最適なものを選んでくださいね。

10位
フリーザーバッグ 旭化成ホームプロダクツ ジップロック イージージッパー M 45枚 1枚目
出典:amazon.co.jp

旭化成ホームプロダクツジップロック イージージッパー M 45枚

758円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴スライド式ジッパー・密封度はやや劣る
サイズM(203×177mm)
マチの有無なし
電子レンジ解凍
耐熱温度記載なし
9位
フリーザーバッグ 紀ノ国屋 スライドジッパーバッグ 4タイプセット 1枚目
出典:amazon.co.jp

紀ノ国屋スライドジッパーバッグ 4タイプセット

656円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴スライド式ジッパー・密封度はやや劣る
サイズL(250×110×60mm)・M(200×100×40mm)・S(160×100×40mm)・SS(120×85×20mm)
マチの有無あり
電子レンジ解凍
耐熱温度90℃
8位

旭化成ホームプロダクツジップロック フリーザーバッグ L 30枚入

467円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴ダブルジッパー・タブ付き
サイズL(268×277mm)
マチの有無なし
電子レンジ解凍
耐熱温度100℃
7位
ジッパーと密封性能の特徴記載なし
サイズ2.5L袋(240×265mm)・1.2L袋(205×205mm)
マチの有無なし
電子レンジ解凍記載なし
耐熱温度記載なし
6位

ライオンリード 冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ 20枚×2個

400円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴ダブルジッパー
サイズM(178×206mm)
マチの有無なし
電子レンジ解凍
耐熱温度100℃
5位

伊藤忠リーテイルリンク【Amazon.co.jp限定】ダブルジッパーバッグ Lサイズ 40枚×2個

1,189円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴ダブルジッパー・開閉を触感と音で確認
サイズL(270×180×20mm)
マチの有無あり
電子レンジ解凍記載なし
耐熱温度記載なし
4位
フリーザーバッグ クレハ フリーザーバッグ おいしさキープM 8枚 フック式 1枚目
出典:amazon.co.jp

クレハフリーザーバッグ おいしさキープM 8枚 フック式

193円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴記載なし
サイズM
マチの有無なし
電子レンジ解凍×(アルミシートタイプ)
耐熱温度記載なし(湯せん可)
3位

旭化成ホームプロダクツジップロック スタンディングバッグ 8枚入×2個

396円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴ダブルジッパー・タブ付き
サイズ268×143×88mm
マチの有無あり
電子レンジ解凍
耐熱温度100℃
2位

クレハキチントさん マチ付きフリーザーバッグ M 18枚

208円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴開閉を触感と音で確認
サイズM
マチの有無あり
電子レンジ解凍
耐熱温度記載なし
1位
フリーザーバッグ 旭化成ホームプロダクツ ジップロック フリーザーバッグ 1枚目
出典:amazon.co.jp

旭化成ホームプロダクツジップロック フリーザーバッグ

496円 (税込)

ジッパーと密封性能の特徴ダブルジッパー・タブ付き
サイズM(177×189mm)
マチの有無なし
電子レンジ解凍
耐熱温度100℃

人気フリーザーバッグの比較一覧表

商品画像
1
フリーザーバッグ 旭化成ホームプロダクツ ジップロック フリーザーバッグ 1枚目

旭化成ホームプロダクツ

2
フリーザーバッグ クレハ キチントさん マチ付きフリーザーバッグ M 18枚 1枚目

クレハ

3
フリーザーバッグ 旭化成ホームプロダクツ ジップロック スタンディングバッグ 8枚入×2個 1枚目

旭化成ホームプロダクツ

4
フリーザーバッグ クレハ フリーザーバッグ おいしさキープM 8枚 フック式 1枚目

クレハ

5
フリーザーバッグ 伊藤忠リーテイルリンク 【Amazon.co.jp限定】ダブルジッパーバッグ Lサイズ 40枚×2個 1枚目

伊藤忠リーテイルリンク

6
フリーザーバッグ ライオン リード 冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ 20枚×2個 1枚目

ライオン

7
フリーザーバッグ イケア ISTAD プラスチック袋 1枚目

イケア

8
フリーザーバッグ 旭化成ホームプロダクツ ジップロック フリーザーバッグ L 30枚入 1枚目

旭化成ホームプロダクツ

9
フリーザーバッグ 紀ノ国屋 スライドジッパーバッグ 4タイプセット 1枚目

紀ノ国屋

10
フリーザーバッグ 旭化成ホームプロダクツ ジップロック イージージッパー M 45枚 1枚目

旭化成ホームプロダクツ

商品名

ジップロック フリーザーバッグ

キチントさん マチ付きフリーザーバッグ M 18枚

ジップロック スタンディングバッグ 8枚入×2個

フリーザーバッグ おいしさキープM 8枚 フック式

【Amazon.co.jp限定】ダブルジッパーバッグ Lサイズ 40枚×2個

リード 冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ 20枚×2個

ISTAD プラスチック袋

ジップロック フリーザーバッグ L 30枚入

スライドジッパーバッグ 4タイプセット

ジップロック イージージッパー M 45枚

特徴ダブルジッパーで完全密封!失敗のないフリーザーバッグ手に伝わる「プチプチ感」で閉め残しの不安も軽減汁物の保存に便利な「ジップロック」のスタンドタイプ冷凍焼けを防ぐアルミシートタイプ生活感を感じさせない木目調パッケージ衛生的に使える抗菌加工フィルムポップでキュートな北欧デザインたくさん入れるLサイズだからこそ信頼できる商品をいろいろ使えるL・M・S・SSの4サイズのアソート開閉のしやすいイージージッパー
価格496円(税込)208円(税込)396円(税込)193円(税込)1,189円(税込)400円(税込)385円(税込)467円(税込)656円(税込)758円(税込)
ジッパーと密封性能の特徴ダブルジッパー・タブ付き開閉を触感と音で確認ダブルジッパー・タブ付き記載なしダブルジッパー・開閉を触感と音で確認ダブルジッパー記載なしダブルジッパー・タブ付きスライド式ジッパー・密封度はやや劣るスライド式ジッパー・密封度はやや劣る
サイズM(177×189mm)M268×143×88mmML(270×180×20mm)M(178×206mm)2.5L袋(240×265mm)・1.2L袋(205×205mm)L(268×277mm)L(250×110×60mm)・M(200×100×40mm)・S(160×100×40mm)・SS(120×85×20mm) M(203×177mm)
マチの有無なしありありなしありなしなしなしありなし
電子レンジ解凍×(アルミシートタイプ)記載なし記載なし
耐熱温度100℃記載なし100℃記載なし(湯せん可)記載なし100℃記載なし100℃90℃記載なし
商品リンク

使い回しはNG。使用頻度の高い方は業務用も視野に

フリーザーバッグ 旭化成ホームプロダクツ 【業務用】ジップロック フリーザーバッグ M 120枚入 1枚目
出典:amazon.co.jp

旭化成ホームプロダクツ【業務用】ジップロック フリーザーバッグ M 120枚入

1,344円 (税込)

フリーザーバッグは使い捨ての商品です。1度の使用で捨てるのはもったいないと思われるかもしれませんが、未使用状態でこそ耐久性や密封性が発揮でき、衛生的なため食材の長期保存ができます。

洗って再利用するという声もありますが、その手間をかけるなら何度でも使えるコンテナータイプの方が経済的で便利。どうしても使い回しをしたいという方は、ラップや袋に入れて直接食材が触れない形で利用しましょう。

それでも使用は数回にとどめ、劣化がひどくならないうちに、生ゴミ処理などに活用するのが賢明です。フリーザーバッグの使用頻度が高い人は、業務用のフリーザーバッグを使ってコストを下げるのも一手です。

食材に繰り返し使える「保存容器」もチェック!

今回はフリーザーバッグに絞ってご紹介しましたが、繰り返し使える保存容器も便利で経済的。以下の記事では保存容器の選び方とおすすめ商品を紹介しています。またシリコンカップに少量のおかずを入れて冷凍すれば、お弁当などに便利。ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

おすすめのフリーザーバッグを紹介しましたが、いかがでしたか?

フリーザーバッグといっても、サイズやマチの有無・耐久性・密閉性など使い方に合わせて選ぶ商品はいろいろ。1種類に決めて利用するのもいいですが、用途に合わせて使い分けるとより便利ですよ。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す