• 63431f5308e6bec472c7420545d5df5a0489dc2f
  • A4af8da682c717db66747cba9ece8a5d8c2e253e
  • 32c771c5d9b99e717481ba222f356396794b289b
  • 882f981c0bb6dac7349e3e977e5bc73cbdb274dd
  • 39aab29f8d672d7d1765568a66e944573d3b376e

スマホ対応血圧計のおすすめ人気ランキング6選【手首式・上腕式も!】

糖尿病や高血圧などのいわゆる生活習慣病を患っている方、また予防をしようと思っている方にとって、毎日の血圧チェックは大切ですよね。必要な日課ですが、毎日のことですから、なるべく便利に管理したいものです。

そんな時に役立つのが、スマホに対応している血圧計です。特に毎日の数値の記録についてはスマホやアプリと連携させれば、より便利に管理することができますよ。でも、スマホ対応の血圧計は、一体どのような点に注意して選べばいいのでしょうか?今回はスマホ対応血圧計を選ぶ際に気を付けておきたいポイントと、評判のよいおすすめ商品をご紹介します。ぜひ自分にぴったりのスマホ対応血圧計をみつけて、健康管理に役立ててくださいね!

最終更新日:2017年11月20日 | 224views

スマホ対応血圧計を使うメリットとは?

Loading
まず、毎日血圧を測定するのには、どのようなメリットがあるのでしょうか?一番大きなメリットとして言えるのは、普段の自分の血圧値を把握できるということ。実は血圧というのは、一日のうちに何度も大きく変動しています。お風呂に入ったり、トイレにいったりという、少しの運動でも変わってくるんですね。さらに、病院に行くだけで緊張から血圧が上がる、「白衣性高血圧」というものもあります。そのため、特定の疾患がある場合以外でも、普段の自分の血圧を知っておくことには大きな意味がありますよ。

血圧に関する疾病については若いうちは無縁だと考えがちですが、最近は30代でも高血圧という人も少なくありません。脳出血に繋がるような重症な高血圧よりも、むしろ軽症の高血圧が増えているという報告もあり、その状態が継続することで動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞といった命の危険がある病気に繋がってしまう危険性があることも指摘されています。

普段の血圧を把握しておけば、こういった怖い病気にも、早い段階で気づくことができますよね。スマホ対応の血圧計なら通常の血圧計よりもデータ管理が容易に行えるので、健康管理もよりスムーズになりますよ!

スマホ対応血圧計の選び方

それでは、スマホ対応血圧計を選ぶ場合に、どういった点に注意して選べばよいのでしょうか。ここでは絶対に確認すべきポイントを3つご紹介します。しっかり確認して、自分にぴったりのスマホ対応血圧計を見つけてくださいね。

まず手首式か上腕式かを決めよう

家庭で手軽に計測できるタイプのスマホ対応血圧計は、主に手首で測定する「手首式」と、上腕で測定する「上腕式」の2種類に分かれます。「手首式」「上腕式」ともにメリットとデメリットがありますので、それぞれを確認して選ぶようにしましょう。

手首式血圧計のメリット・デメリット

Loading
手首式の血圧計の特徴は、手首に巻きつけるだけで測定できる手軽さがあり、小型で機器の保存場所が少なくて済むという点にあります。袖をめくる必要もないため、とても手軽です。測定する場所によって数値に変化が出るため、手首式が発売された当初は精度の低さが指摘されていましたが、最近の機種は測定ガイドもしっかりしており、数値の精度は心配ありません。

ただし、動脈の閉塞などの循環障害を患っている場合には、上腕で測定した場合と数値に大きな差が出る可能性があると言われていますから、何か月かに一度は上腕式で計測した場合の数値と比較することがおすすめです。

上腕式血圧計のメリット・デメリット

Loading
上腕式については、病院で看護士さんに測定してもらう時の血圧計をイメージしてもらうといいでしょう。カフと呼ばれる器具を巻き付けて測定する上腕式は、基本的には素肌に付けた方が正確な数値が出るため、袖をまくったり、まくり上げられなければ片袖を脱ぐ必要があります。そのため少し面倒な点がありますし、機器そのものが手首式よりも大きいため、置き場所を考えておく必要も出てきます。

ただし、数値の正確性については上腕式の方に軍配があがりますから、毎日同条件で測定をする必要がある人は、こちらを選ぶのがおすすめですよ。

iPhoneとAndroid、どちらとの連携も可能?

Loading
スマホ対応の血圧計を選ぶ場合、その機器がどのスマホと連携できるのか、ということの確認は必須です。この対応・非対応は通信方法の違いに拠るところが大きいのですが、Bluetooth通信に対応していれば、概ねiPhone・Androidどちらでも使用できます。

しかしNFCと言われる機能でしか通信できない機種については、iPhoneユーザーは少し注意が必要です。NFCの機能自体はiPhone6から搭載されていますが、限定した使い方しかできません。そのため、NFCを使った通信をしたければ、本体はiPhone7以降、OSはiOS11である必要がありますよ。

さらに、対応しているアプリについても、iPhoneやAndroidで利便性や使い勝手の面で違いがあります。血圧の計測は毎日のことですから、どのようなアプリと連携できるかの確認も大切です。せっかくスマホ対応血圧計を購入しても、自分のスマホと連携できなくては意味がありません。iPhone・Androidへの対応や、どのようなアプリと連携できるのかについても、併せて確認しておきましょう。

便利機能もチェックしておこう

スマホ対応の血圧計ですから、スマホとの連携機能が付いていることは当然ですが、それ以外にもさまざまな機能を備えているものも多くなっています。ここからは、スマホ対応血圧計に良く搭載されている機能についてご紹介していきますよ。

初心者の計測を補助してくれる「測定位置補助機能」

手首式にも上腕式どちらの血圧計であっても、正しい位置に付けて測定しなければ意味がありません。ただし、慣れるまでは正しい位置に装着することは難しいため、機器によってはそれをサポートしてくれる機能が付いているものがあります。

このような機能を備えた機種の場合には、正しい位置に装着しているかが一目で分かるようなマークが液晶画面に表示されるため、それを見れば誰にでも簡単に分かります。特に自分で血圧計を使って測定することに慣れていない人であれば、こういったサポート機能があるものを選ぶと良いでしょう。

朝の血圧の平均値を自動計算!「早朝高血圧確認機能」

Loading
朝と夜に測定した血圧をそれぞれ管理して、朝の1週間の平均値が高血圧の基準値とされている「最高135mmHg/最低85mmHg」を超えた時に教えてくれる機能が「早朝高血圧確認機能」です。血圧はちょっとしたことで変化しますので、平均値を見ておかないと、一時の高い数字に惑わされてしまうこともあり得ます。

自動で平均値を計算してくれて、しかも警告まで出してくれるこの機能はとても便利です。特に血圧の高さが気になる方には、あるとありがたい機能でしょう。

暗い場所でも見やすい「バックライト機能」

暗い部屋でも数値が一目で分かるように、モニターにバックライト機能が搭載されているものも便利です。朝起きてすぐに血圧を測る場合、できるだけ動きは少ない方が正確な血圧を計測することができます。バックライト機能が付いていれば、薄暗い部屋の中でも苦労せずに数値が読み取れるので、あると重宝しますよ。

メモリは何人分記録できるか?

Loading
自分1人で使うのならあまり関係ありませんが、家族で血圧計を共用したい場合には、1台で何人分のデータを確保できるのかということの確認は必須です。そのため、複数人で1台の血圧計を使用したいと考えている人は、何人分、また何回分記録できるのか等の、メモリに関する部分についても併せて確認するとよいでしょう。

【手首式】スマホ対応血圧計のおすすめ人気ランキング3選

それでは選び方のポイントをふまえて、おすすめのスマホ対応血圧計のBEST3を、「手首式」と「上腕式」に分けてそれぞれご紹介します。まずは、「手首式」のスマホ対応血圧計から見ていきましょう!

3位:オムロン 手首式血圧計 HEM-6325T

・対応スマホ:iPhone・Android
・アプリ連携:OMRON connect(オムロン コネクト)対応
・測定位置補助機能:○
・早朝高血圧確認機能:○
・バックライト機能:-
・メモリ機能:1人×100回

基本的な機能は全部入り!手首式でも正確に測定できる一台

まずはじめにご紹介するオムロンの手首式血圧計最大の特長は、非常に正確に計測できること。体動検知や装着後の姿勢が正しいかどうかをセンサーで感知してしっかり教えてくれるため、測定ミスがなくなり、毎日正確な血圧を把握することができます。10分以内に測定した血圧データの平均値も表示させることができるのも、正確な数値を知りたい人には嬉しい機能ですね。

ただしこちらのメモリは1人分・100回分しか記録できないため、複数人での使用には向いていません。2人で使用したい人は、この後1位でご紹介する、こちらの機種の上位モデルを選びましょう。

2位:パナソニック 手くび血圧計 EW-BW53

・対応スマホ:Android
・アプリ連携:血圧メモ
・測定位置補助機能:○
・早朝高血圧確認機能:○
・バックライト機能:○
・メモリ機能:1人×90回

Android派におすすめ!タッチで簡単データ同期

残念ながらiPhoneには対応していないのですが、Androidのスマホユーザーならば、このパナソニックの手くび血圧計はとてもおすすめ!本体にタッチさせるだけで測定したデータを転送できるので、扱いがとても簡単です。また、専用アプリの「血圧メモ」は13か月分のグラフや朝夜比較グラフなども表示させることができ、かなり充実しています。

文字表示も大きく、バックライト機能もついているため、測定した結果が見やすいのもポイント。最近視力が悪くなってきた…という人にも強い味方となってくれますよ。さらに、巻きやすくてシワになりにくいレザー調カフは抗菌仕様になっていて、いつでもキレイに使えます。細かい点まで行き届いた血圧計ですね!

1位:オムロン 手首式血圧計 HEM-6324T

・対応スマホ:iPhone・Android
・アプリ連携:OMRON connect(オムロン コネクト)対応
・測定位置補助機能:○
・早朝高血圧確認機能:○
・バックライト機能:○
・メモリ機能:2人×100回

どれがいいか迷ったらこれ!全部を叶えてくれる手首式血圧計

このオムロンの手首式血圧計HEM-6324Tは、オムロン製の手首式血圧計の中でも最上位の機能を備えた機種で、欲しい機能は全部入っていると言っても過言ではありません。Bluetooth通信機能を搭載しているため、iPhoneもAndroidどちらでもオムロンの無料アプリ、「OMRON connect」で管理することができます。このアプリは血圧と脈拍の毎日のデータをグラフでわかりやすく表示してくれるため、大変便利です。

また、確実に血圧を測定するための機能も充実しています。正しい測定位置かどうかを教えてくれるだけでなく、測定中に体が動いた場合「体動」マークが表示されて再測定の指示があるため、計れていなかったということも防げます。2人分の過去の血圧値を100回分記録してくれるため、ご夫婦での使用にも適していますね。

【上腕式】スマホ対応血圧計のおすすめ人気ランキング3選

それでは次に、「上腕式」のスマホ対応血圧計ランキングBEST3をご紹介します。シンプルなものから、機能満載のものまで登場しますよ!

3位:エー・アンド・デイ Bluetooth内蔵血圧計 UA-651BLE

エー・アンド・デイ Bluetooth内蔵血圧計 UA-651BLE
7,980円(税込)

・対応スマホ:iPhone・Android
・アプリ連携:Apple社ヘルスキット・Microsoftヘルスボルト
・測定位置補助機能:-
・早朝高血圧確認機能:-
・バックライト機能:-
・メモリ機能:1人×25回

測定後のデータ送信も自動でらくらく!

この上腕式血圧計最大の特徴は、測定した血圧データを自動的にアクセスポイントに送信してくれること!そのため、自分で送信する手間を省くことができます。アクセスポイントは、PCやスマホ・携帯端末・中継器などに設定することができるため、在宅や遠隔医療への利用も可能です。送信できていないデータがあっても、25回分は測定記録を内蔵メモリに残しておいてくれるため、万一の際にも安心です。

着脱のサポートなどはついていないので、慣れるまでは少し難しいかもしれませんが、とにかくデータの転送を手軽に行いたいユーザーにおすすめの一台ですよ。

2位:Koogeek スマート血圧計

・対応スマホ:iPhone・Android
・アプリ連携:Koogeek Healthアプリ
・測定位置補助機能:-
・早朝高血圧確認機能:-
・バックライト機能:○
・メモリ機能:16人分

Appleウォッチとも連携可能!欧米の認証をクリアした、高い精度が魅力

2位でご紹介するのは、スマホだけでなく、Appleウォッチともデータを連携させることが可能な血圧計です。最近ではウェアラブル端末を健康管理に使っている人も多いと思いますが、こちらはAppleウォッチと合わせて使うのにもぴったり。一見すると血圧計に見えないデザイン性の高さも魅力です。

測定については毎回最大5回まで連続して読み取って、その平均値を出してくれる機能があります。また、アメリカのFDAやヨーロッパのCEの認証を受けており、高い精度で測定することができるのもポイント。Bluetoothだけでなく、Wi-Fiと接続することができるのも便利ですね。メモリ機能はありませんので注意が必要ですが、データ転送は容易なため、心配しすぎる必要はありませんよ!

1位:オムロン 上腕式血圧計 HEM-7282T

・対応スマホ:iPhone・Android
・アプリ連携:OMRON connect(オムロン コネクト)対応
・測定位置補助機能:○
・早朝高血圧確認機能:○
・バックライト機能:○
・メモリ機能:2人×100回

機能充実!足りないところのない上腕式血圧計

オムロンは電子血圧計でもトップレベルのシェアを誇るメーカーですが、そのラインナップの中でも上位に位置するこのHEM-7282Tを1位としてご紹介します。必要な機能は全て備わっており、購入したその日からすぐに活躍させることができるこちら。上腕式は測定するためのカフを正しい位置に付けることが難しいのですが、こちらの機種では、オムロン独自の「フィットカフ」という、腕にぴったりと巻つくカフを採用しているので、装着に手間取ることもありません。

メモリも2人分を100回ずつ記録できますので、家族と一緒に使うことができますよ。一台あれば健康管理にとても役に立ちますので、スマホとも連携させやすい、上腕式の機種を探している人に自信を持っておすすめします!

スマホでの健康管理なら、こんなアイテムもおすすめ!

今回はスマホと連携して毎日の血圧を管理できる血圧計をご紹介してきましたが、血圧だけでなく、もっと幅広く健康管理にスマホを活用したい方には、以下のようなアプリもおすすめ。億劫になりがちな体重や食事の記録も、スマホアプリを使えば楽しく続けやすいですよ。ぜひこちらもご覧になってみてくださいね!

まとめ

今回は、スマホ対応血圧計を選ぶ場合の選び方のポイントと、おすすめの製品を「手首式」と「上腕式」に分けて、それぞれBEST3ずつご紹介しました。日々健康に過ごすためには、自分の血圧をしっかり把握しておくことが大切です。ここでご紹介したスマホ対応の血圧計を使って、健康な毎日を過ごす手助けにしてくださいね。

関連記事

人気の記事