• シーザードレッシングのおすすめ人気ランキング10選【アレンジ法も紹介!】のアイキャッチ画像1枚目
  • シーザードレッシングのおすすめ人気ランキング10選【アレンジ法も紹介!】のアイキャッチ画像2枚目
  • シーザードレッシングのおすすめ人気ランキング10選【アレンジ法も紹介!】のアイキャッチ画像3枚目
  • シーザードレッシングのおすすめ人気ランキング10選【アレンジ法も紹介!】のアイキャッチ画像4枚目
  • シーザードレッシングのおすすめ人気ランキング10選【アレンジ法も紹介!】のアイキャッチ画像5枚目

シーザードレッシングのおすすめ人気ランキング10選【アレンジ法も紹介!】

ドレッシングの中でも常に人気が高いシーザードレッシング。チーズの風味と爽やかな酸味が特徴ですが、エスエスケーフーズやキューピー・ユウキ食品など、さまざまなメーカーからこだわりの商品がたくさん発売されています。コレステロールを抑えてくれるアマニ油を使ったものや、塩分やカロリーを大幅にカットした商品など、健康管理に活用できる魅力的な商品もあるんですよ。

そこで今回の記事は、シーザードレッシングの選び方のポイントと、通販でも購入できるおすすめ商品をランキングにてご紹介します。シーザードレッシングのアレンジ方法もご紹介していますので最後まで必見です♪いつもとは違うシーザードレッシングの味わいを楽しめるかもしれませんよ!
  • 最終更新日:2020年01月20日
  • 23,800  views
目次

シーザードレッシングの選び方

一口にシーザードレッシングと言っても、さまざまな商品が発売されており、ちょっとした違いで味や使い勝手などが変わってきます。そこでまずは、シーザードレッシングの選び方からご紹介しますので、しっかりチェックしてみくださいね。

使いやすくリサイクルしやすい容器で選ぶ

市販されているシーザードレッシングの容器は、主に「プラスチック」と「ビン」の2種類があります。どちらも保存に適した素材ですが、家族構成にあった使いやすい容器や使用後のリサイクルのしやすさで選ぶと失敗がありませんよ。

一人暮らしの方におすすめ!瓶タイプ

ビンは高温で充填できるといったメリットがあるため、昔から市販されているドレッシングの多くに使用されている容器です。ドレッシングに含まれている塩分や酸に影響されることがなく保存に適していますが、たくさん購入すると重かったり、落とすと割れてしまうのがデメリットになります。

また、商品としては小容量のものがほとんどで、家族が多い世帯の場合はすぐになくなりやすいため、コストパフォーマンスの点でもマイナスです。ただし、一人暮らしの方やドレッシングの量をあまり使わない方にはおすすめと言えます。

家族が多い世帯にピッタリ!プラスチック製ボトル

家族が多い世帯にピッタリ!プラスチック製ボトル

出典:amazon.co.jp

軽くて割れにくいプラスチック製の容器は、お子様が一人で使用する場合でも安心ですし、大容量のものが多く売られているので、家族が多い世帯にぴったりと言えます。また、地域によってはビンよりもリサイクルがしやすいことがあり、敢えてプラスチック容器を選ぶ方もいるほどです。

以前はプラスチック製の容器はドレッシングに適していないと言われていたときもありましたが、最近では技術が向上していることから、プラスチック製の容器も多く見られます。

こだわりの原材料で選ぶ

シーザードレッシングを選ぶには原材料にも注目したいところ。メーカーごとにこだわりの材料を使っていることがあるので、特に注目したいポイントです。主に、どのような原材料をチェックしていけば良いのかご紹介します。

ドレッシングの核となる油

ドレッシングの核となる油
ドレッシングの核となる油は通常の場合、植物性の油を使用していますが、メーカーによってはメタボリック対策に効果があるオメガ3を多く含むアマニ油や、美肌に効果があるオリーブオイルを使用していることがあります。ドレッシングの核となる原材料なので、油にこだわった商品を選ぶのがおすすめです。

シーザードレッシングらしさを出してくれるチーズ

シーザードレッシングらしさを出してくれるチーズ
シーザードレッシングらしい風味を出す役割を果たしているのがチーズです。本場のシーザーサラダはパルメザンチーズを使用していますが、日本人の好みに合うようにナチュラルチーズを使った商品も多く存在します。また、芳醇な香りが楽しめるスモークチーズなど、種類によって違う味を演出してくれる原材料です。

爽やかさを引き立てる果汁や酢

爽やかさを引き立てる果汁や酢
ドレッシングの風味として必要不可欠なのが酸味。醸造酢などが一般的に使われていますが、レモン果汁やリンゴ酢などフルーティーな風味をプラスしている商品もいくつかあります。酸味は食欲を増進してくれる効果がありますが、酸っぱいのが苦手な場合はフルーツ系の果汁や酢を使ったものがおすすめですよ。

風味を豊かにしてくれるにんにく

風味を豊かにしてくれるにんにく
シーザーサラダの原材料として忘れてはいけないのがにんにく。味としてそこまで強く感じることはあまりありませんが、風味を豊かにするために欠かせない食材です。このにんにくに注目し、通常のにんにくよりも優れた効能を持つ黒にんにくを使用した魅力的な商品もありますよ。

ダイエット中なら低カロリー&塩分カットのものを

ダイエット中なら低カロリー&塩分カットのものを
たとえヘルシーなサラダと言えども、ドレッシングでカロリーオーバーしてしまったら本末転倒ですよね。1食分の量は約15gが適量ですが、ダイエット中であれば、できるだけ低いカロリーのものを選ぶようにしましょう。食事制限されている方用に作られた、かなり低カロリーな商品や塩分をカットした商品もおすすめですよ。

アレルゲンに注意

アレルゲンに注意
シーザードレッシングは一見アレルギーとは関係無いように見えますが、商品によってはアレルゲンとなる卵黄が使われていたり、牛乳が使われていることがあります。それらの食品にアレルギーを持っているのであれば、もちろん避けることが重要です。

市販のシーザードレッシングの中には、卵や牛乳を始めとした7大アレルゲン食品を使用していないものがありますので、心配であればそういった商品を利用してみるのも良いでしょう。

ネットで購入する場合は賞味期限に注意しよう

ネットで購入する場合は賞味期限に注意しよう
インターネット通販は自宅で気軽に注文できるのが魅力ですが、ひとつ気をつけてほしいのが賞味期限。お店で購入する場合は賞味期限を細かくチェックできますが、インターネットではそこまでチェックできないのが現実です。

特に、まとめ買いや箱買いなどを利用する場合は、賞味期限内に消費できない可能性もあるので注意が必要。使用頻度や使用量などを考慮して、ムダにならない量を購入することが重要です。どうしても気になる場合は、賞味期限がきちんと明記してあるショップを利用してみるとよいでしょう。

シーザードレッシングのおすすめ人気ランキング10選

ここからはシーザードレッシングのおすすめ商品をランキング形式で発表します。馴染みのあるメーカーの商品や知らなかった商品まで多数登場しますので、楽しみにしていてくださいね。
10位

ユウキ食品マコーミック 希少糖入りシーザーサラダドレッシング

205円

容器ビン
原材料食用植物油脂:糖類(果糖ぶどう糖液糖・希少糖含有シロップ)・醸造酢・卵黄・食塩・パルメザンチーズほか
カロリー1食分15gあたり約68kcal
9位

キユーピージャネフ ノンオイルドレッシングシーザーサラダ用

714円

容器プラスチック
原材料醸造酢・チーズ・セルロース・食塩・チーズフード・調味料(アミノ酸等)・にんにく・アンチョビーソースほか
カロリー1食分15gあたり約6kcal
8位

エム・シーシー食品イタリア産ゴルゴンゾーラのシーザードレッシング 150ml×3本

1,043円

容器
原材料マヨネーズ風調味料(加工油脂・醸造酢・鶏卵・その他)・レモン果汁・ナチュラルチーズほか
カロリー1食分15gあたり約28kcal
7位
シーザードレッシング 日清オイリオ 日清ヘルシードレッシング アマニシーザー 1枚目
出典:amazon.co.jp

日清オイリオ日清ヘルシードレッシング アマニシーザー

266円

容器プラスチック
原材料食用植物油脂(なたね油・アマニ油)・砂糖・醸造酢・ナチュラルチーズ・食塩ほか
カロリー1食分15gあたり約51kcal
6位
シーザードレッシング 花立山農業 豆乳のシーザードレッシング 1枚目

花立山農業豆乳のシーザードレッシング

500円

容器プラスチック
原材料大豆飲料・りんご酢・玉ねぎ・食用植物油脂・みりん・おから・砂糖・粉チーズ・塩・レモン汁ほか
カロリー-
5位

うれし野ラボ黒にんにくレストラン シーザーサラダドレッシング190ml×3本

1,620円

容器ビン
原材料コーン油・米酢・卵黄・ナチュラルチーズ・砂糖・アンチョビソース・食塩・黒にんにくペースト(三重県産)ほか
カロリー1食分15gあたり約75kcal
4位
容器プラスチック
原材料食用植物油脂・醸造酢・チーズ・レモン果汁・砂糖・食塩・調味料(アミノ酸等)・チーズ加工品・卵黄・香辛料ほか
カロリー1食分15gあたり約70kcal
3位
シーザードレッシング 日本製粉 アマニ油入りドレッシング シーザーサラダ 150ml×2本 1枚目
出典:amazon.co.jp

日本製粉アマニ油入りドレッシング シーザーサラダ 150ml×2本

289円 (税込)

容器プラスチック
原材料食用植物油脂(なたね油・アマニ油)・糖類(果糖ぶどう糖液糖・砂糖)・醸造酢・食塩・チーズほか
カロリー1食分15gあたり約43kcal
2位
容器プラスチック
原材料食用植物油脂(なたね油・オリーブ油)・果糖ぶどう糖液糖・醸造酢・食塩・チーズ・オニオンパウダーほか
カロリー1食分15gあたり約57kcal
1位
シーザードレッシング エスエスケイフーズ スモークチーズのシーザーサラダドレッシング 180ml×2本 1枚目
出典:amazon.co.jp

エスエスケイフーズスモークチーズのシーザーサラダドレッシング 180ml×2本

258円 (税込)

容器ビン
原材料食用植物油脂・チーズ・醸造酢・砂糖・食塩・卵黄・ポークエキス・酵母エキス・ピーナッツ・香辛料ほか
カロリー1食分15gあたり約71kcal

おすすめ人気シーザードレッシングの比較一覧表

商品画像
1
シーザードレッシング エスエスケイフーズ スモークチーズのシーザーサラダドレッシング 180ml×2本 1枚目

エスエスケイフーズ

2
シーザードレッシング ミツカン シーザーサラダドレッシング 1枚目

ミツカン

3
シーザードレッシング 日本製粉 アマニ油入りドレッシング シーザーサラダ 150ml×2本 1枚目

日本製粉

4
シーザードレッシング キユーピー シーザーサラダドレッシング 1枚目

キユーピー

5
シーザードレッシング うれし野ラボ 黒にんにくレストラン シーザーサラダドレッシング190ml×3本 1枚目

うれし野ラボ

6
シーザードレッシング 花立山農業 豆乳のシーザードレッシング 1枚目

花立山農業

7
シーザードレッシング 日清オイリオ 日清ヘルシードレッシング アマニシーザー 1枚目

日清オイリオ

8
シーザードレッシング エム・シーシー食品 イタリア産ゴルゴンゾーラのシーザードレッシング 150ml×3本 1枚目

エム・シーシー食品

9
シーザードレッシング キユーピー ジャネフ ノンオイルドレッシングシーザーサラダ用 1枚目

キユーピー

10
シーザードレッシング ユウキ食品 マコーミック 希少糖入りシーザーサラダドレッシング 1枚目

ユウキ食品

商品名

スモークチーズのシーザーサラダドレッシング 180ml×2本

シーザーサラダドレッシング

アマニ油入りドレッシング シーザーサラダ 150ml×2本

シーザーサラダドレッシング

黒にんにくレストラン シーザーサラダドレッシング190ml×3本

豆乳のシーザードレッシング

日清ヘルシードレッシング アマニシーザー

イタリア産ゴルゴンゾーラのシーザードレッシング 150ml×3本

ジャネフ ノンオイルドレッシングシーザーサラダ用

マコーミック 希少糖入りシーザーサラダドレッシング

特徴芳醇なスモークチーズとポークエキスでリピーター続出!チーズの王様パルミジャーノ・レッジャーノが絶品チーズのコクが◎アマニ油でコレステロールを抑制お馴染みの味をリッチに味わえる業務用サイズ「高校生レストラン」とコラボしたこだわりの一品7大アレルゲンフリーで保存料無添加オメガ3を含んだアマニ油で健康管理に◎化学調味料不使用、ゴルゴンゾーラを贅沢に使用1食分わずか6kcalで塩分も大幅カット!希少糖を使用したドレッシングでメタボ対策
最安値
258
送料要確認
詳細を見る
612
送料別
詳細を見る
289
送料別
詳細を見る
629
送料要確認
詳細を見る
要確認
要確認
要確認
要確認
要確認
要確認
容器ビンプラスチックプラスチックプラスチックビンプラスチックプラスチックプラスチックビン
原材料食用植物油脂・チーズ・醸造酢・砂糖・食塩・卵黄・ポークエキス・酵母エキス・ピーナッツ・香辛料ほか食用植物油脂(なたね油・オリーブ油)・果糖ぶどう糖液糖・醸造酢・食塩・チーズ・オニオンパウダーほか食用植物油脂(なたね油・アマニ油)・糖類(果糖ぶどう糖液糖・砂糖)・醸造酢・食塩・チーズほか食用植物油脂・醸造酢・チーズ・レモン果汁・砂糖・食塩・調味料(アミノ酸等)・チーズ加工品・卵黄・香辛料ほかコーン油・米酢・卵黄・ナチュラルチーズ・砂糖・アンチョビソース・食塩・黒にんにくペースト(三重県産)ほか大豆飲料・りんご酢・玉ねぎ・食用植物油脂・みりん・おから・砂糖・粉チーズ・塩・レモン汁ほか食用植物油脂(なたね油・アマニ油)・砂糖・醸造酢・ナチュラルチーズ・食塩ほかマヨネーズ風調味料(加工油脂・醸造酢・鶏卵・その他)・レモン果汁・ナチュラルチーズほか醸造酢・チーズ・セルロース・食塩・チーズフード・調味料(アミノ酸等)・にんにく・アンチョビーソースほか食用植物油脂:糖類(果糖ぶどう糖液糖・希少糖含有シロップ)・醸造酢・卵黄・食塩・パルメザンチーズほか
カロリー1食分15gあたり約71kcal1食分15gあたり約57kcal1食分15gあたり約43kcal1食分15gあたり約70kcal1食分15gあたり約75kcal-1食分15gあたり約51kcal1食分15gあたり約28kcal1食分15gあたり約6kcal1食分15gあたり約68kcal
商品リンク

シーザードレッシングのアレンジ方法

サラダと一緒にいただくのに飽きたら、ちょっとアレンジしてみませんか?今回は、サンドイッチとポテトサラダに使えるアレンジ法をご紹介します。

サンドイッチに

サンドイッチに
シーザードレッシングはサンドイッチにも活用するのもおすすめです。作り方は至ってシンプル。マヨネーズの変わりに刻んだゆで卵と混ぜるだけで、美味しいサンドイッチの具が作れます。また、バゲットに挟んだレタスやベーコン・トマトと一緒に調味料として使えば、お店のような味が出せますよ。是非トライしてみてくださいね。

ポテトサラダに

ポテトサラダに
いつものポテトサラダにシーザードレッシングを混ぜると、ひと味違った味わいが楽しめますよ。マヨネーズと一緒に混ぜてもよし、マヨネーズ代わりにシーザードレッシングをたっぷり使ってもよし、お好みで味わいを調節してみましょう。ドレッシングと一緒に、すり下ろしたニンニクを少し加えると、コクのある味わいに。こちらもぜひ試してみてくださいね。

その他のドレッシングの味も楽しもう!

シーザードレッシングの他にも、ヘルシーでおいしいドレッシングはたくさんありますよね。サラダの材料やその日の気分にあわせて、いろいろなドレッシングの味わいを楽しんでみましょう。ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?今回はシーザードレッシングについて商品の魅力や、意外な使い道などをご紹介しました。選び方のポイントを参考に、是非自分好みのシーザードレッシングを見つけてくださいね♪

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す