• マーマレードのおすすめ人気ランキング7選【色んなレシピに使える!】のアイキャッチ画像1枚目
  • マーマレードのおすすめ人気ランキング7選【色んなレシピに使える!】のアイキャッチ画像2枚目
  • マーマレードのおすすめ人気ランキング7選【色んなレシピに使える!】のアイキャッチ画像3枚目
  • マーマレードのおすすめ人気ランキング7選【色んなレシピに使える!】のアイキャッチ画像4枚目
  • マーマレードのおすすめ人気ランキング7選【色んなレシピに使える!】のアイキャッチ画像5枚目

マーマレードのおすすめ人気ランキング7選【色んなレシピに使える!】

パンに塗るものの定番としてお馴染みのマーマレード。みかん・柚子など柑橘類の果肉の甘みと皮の苦味が特徴で、ジャムとは違った独特の味わいがあります。パンに塗る以外にもいろいろな料理・レシピに使ったりアレンジしたりすることもできるので、一家にひとつ置いておくと便利です。

今回はマーマレードの選び方や使い方とあわせて、人気商品のおすすめランキングをご紹介していきます。ジャムは使ったことがあるけれどマーマレードは…という方も、これを機にぜひチェックしてみてください!おいしくて栄養満点のマーマレードを使って、毎日の食事に彩りを添えてみませんか?
  • 最終更新日:2018年11月08日
  • 6,419  views
目次

マーマレードとジャムの違いは?

マーマレードとジャムの違いは?

出典:amazon.co.jp

マーマレードとジャムはどちらも果物を砂糖と一緒に煮詰めてゼリー状にしたものですが、その違いは一体なんでしょう?実は、マーマレードは果肉と一緒に外皮も煮たもの、ジャムは果肉だけを煮たものという違いがあります。

マーマレードの魅力は、ピール(皮)も含まれているゆえの栄養価の高さ。果肉の表面についている白い筋(薄皮)やオレンジピールには、コレステロール値を下げ脂肪を分解したり、体を温めて冷え性を改善したりするビタミンPが多く含まれています。

柑橘類の果肉はそのままでも美味しく食べられますが、柑橘類の皮は苦味があるのでなかなか食べることはできません。しかし、果肉もオレンジピールも含まれているマーマレードなら、両方とも抵抗なく食べられます。ビタミンCなどが豊富な果肉と共に、こういった栄養素も摂取できるのは嬉しいですよね。

その他、皮のほのかな苦味が果肉の甘味にアクセントを加えていて、すっきりと食べることができるという魅力もあります。普段はジャムしか使わないという方も、食生活にマーマレードを取り入れてみてはいかがですか?

マーマレードの選び方

では、実際にマーマレードを購入する時はどのような基準で選べばいいのでしょうか?ここでは、マーマレードの特徴である苦味と甘み・使用されている果実などから選ぶポイントをご紹介します。ぜひ購入の際の参考にして下さい。

苦味と甘みのバランスを考えて選ぶ

苦味と甘みのバランスを考えて選ぶ

出典:amazon.co.jp

マーマレードの魅力は、何と言ってもオレンジの甘さとオレンジピールの苦味の絶妙なバランスです。しかし、商品によっては苦味が少なくて物足りなさを感じている人も多いのではないでしょうか?

マーマレードの味は、加えられているオレンジピールの量によっても苦味が異なって来ます。ほろ苦い味わいが好みの人は、マーマレードにオレンジピールがどれくらい含まれているのか、配分をチェックして購入するのもおすすめです。

近年人気急上昇なのが、ウィスキーを使って作られたウィスキーマーマレードです。オレンジピールのほろ苦さも期待できますし、ウィスキーが加えられているので他のマーマレードとは異なった風味が楽しめます。ただし、お酒が入っていますので、お酒が苦手な方やお子様がご家庭にいる場合はご注意を。

使われている柑橘類で選ぶ

使われている柑橘類で選ぶ

出典:amazon.co.jp

マーマレードは柑橘類の果肉と皮を煮込んで作られるもの。マーマレードと言えば「オレンジ」と連想されがちですが、実は柑橘類の果物であれば、何を使っても「マーマレード」に分類されます。そのため、オレンジだけを使ったマーマレードもあれば、複数の柑橘類を混ぜて作られたマーマレードもあるなど、意外と種類が豊富。

オレンジのマーマレードに飽きた場合は、使われている柑橘類が異なる商品を選ぶのはいかがでしょうか?市販でもレモンやネーブルを使用したマーマレードがありますし、複数の柑橘類から作られたマーマレードも味わい深いです。色々な味を試してみて、自分にとってお気に入りの一品の選んでみましょう。

賞味期限に注意して量を選ぼう

賞味期限に注意して量を選ぼう

出典:amazon.co.jp

マーマレードを購入するときは、普段自分がどのくらい使うのかによって量を選ぶようにしましょう。多く入っているもののほうがコストパフォーマンスは良くなりますが、マーマレードやジャムの賞味期限は、基本的には開封後3ヶ月まで。たまにパンに塗るだけ、という使い方の場合、意外と余ってしまいます。そういった方の場合、むしろ小さめの容量のものを購入するほうが結果的にはお得です。

逆に、料理やお菓子作りによく使うという方は、なるべく大容量のものを選んだほうがいいかもしれません。どちらにせよ、自分の用途に合った量かどうかをチェックしてくださいね。

マーマレードのおすすめ人気ランキング7選

健康や美容にも効果が期待されるマーマレードは、普段から手軽に取り入れたい食品です。では、現在はどのような商品の支持されているのでしょうか?ここでは、価格が手ごろで味にも定評があるマーマレードを人気順にご紹介します。ぜひあなたのお気に入りの商品を見つけて下さい!

7位:ランプ オレンジマーマレード

ランプ オレンジマーマレード 845g
出典:amazon.co.jp
ランプ オレンジマーマレード 845g

471円 (税込)

詳細情報
・内容量:845g
・原材料:砂糖類(ぶどう糖(液状)・砂糖)・かんきつ類(オレンジ・冬だいだい・ネーブルオレンジ)・酸味料・ゲル化剤(ペクチン:リンゴ由来)・香料・クエン酸ナトリウム

苦味控えめで食べやすい!

アヲハタジャムでおなじみのキューピーが、多くの人に食べやすい味わいで、購入もしやすいお手頃価格のジャムとして販売しているのが、「ランプ」シリーズです。

マーマレードが苦手な方の理由の一つは、やっぱりオレンジピールの苦味でしょう。しかし、ランプのオレンジマーマレードはオレンジピールの存在感を残しながらも甘みが強く、マーマレードが苦手な方もおいしく食べられると人気の商品です。

内容量も845gとたっぷりサイズで、ご家族の多い家庭でも大人から子どもまでおいしく食べることが出来ます。しかし、糖度は65度と高めなので、食べすぎには気をつけてお召し上がり下さい。

6位:ヒーロー マーマレード ビター

ヒーロー マーマレード ビター 340g
出典:amazon.co.jp
ヒーロー マーマレード ビター 340g

756円 (税込)

詳細情報
・内容量:340g
・原材料:糖類(砂糖・ぶどう糖液糖:小麦由来)・オレンジ・ゲル化剤(ペクチン:リンゴ由来)・酸味料

ビターな味わいが人気

一方、マーマレードには他のジャムにはない、オレンジピールの爽やかな苦味を求めている方もいると思います。そんな方にオススメしたいのが、スイスの食品メーカー・ヒーローが販売している「ヒーロー マーマレード ビター」。名前通りオレンジピールの苦味を活かしたマーマレードです。

苦味の中にほのかな甘みがあり、奥深い柑橘類の味が楽しめるという事で、リピーターが多いこの商品。トーストに塗るのはもちろんのこと、料理に活用して楽しむ方もいらっしゃるようです。

しかし、名前のとおり苦味を強調した商品なので、マーマレードの苦さが嫌いな方には向いていません。間違えて購入しないようにご注意下さい。

5位:マッカイ ウイスキーママレード

マッカイ ウイスキーママレード 340g
出典:amazon.co.jp
マッカイ ウイスキーママレード 340g

398円 (税込)

詳細情報
・内容量:340g
・原材料:砂糖・オレンジ・濃縮果汁(オレンジ・レモン)・ウイスキー・ゲル化剤(ペクチン:りんご由来)・pH 調整剤

ウィスキーの香りも味わえる大人のマーマレード

日本でも近年人気が高まってきているウィスキーマーマレード。名前の通りマーマレードにウィスキーを配合して作られた大人向けの商品です。

初めてのウィスキーマーマレードは、食べ慣れない味なのでどれを選べばいいのか迷う方も多いと思います。そんな方にオススメしたいのが、「マッカイ ウイスキーママレード」。ウィスキーの名産地としても有名なスコットランドの食品メーカー・マッカイが作ったウィスキーマーマレードです。

ウィスキーの香りはしますが、そんなにお酒の雰囲気は強くありません。甘みもあってお手頃価格なので、ウィスキーマーマレードを試してみたい方には試しやすい商品ですね。しかし、一般的なマーマレードより少し固めに作られていますので、パンなどに塗る時にはしっかりほぐしてからお召し上がり下さい。

4位:成城石井 オールフルーツスタイル マーマレード

成城石井 オールフルーツスタイル マーマレード 265g
出典:amazon.co.jp
成城石井 オールフルーツスタイル マーマレード 265g

592円 (税込)

詳細情報
・内容量:265g
・原材料:かんきつ類(ネーブルオレンジ・夏みかん)・白ぶどう濃縮果汁・オレンジ濃縮果汁・グレープフルーツ濃縮果汁・レモン濃縮果汁・ゲル化剤(ペクチン)

砂糖不使用でも食べ応え十分!

関東地方を中心に、国産から輸入品まで質の高い商品を厳選して販売している成城石井。「成城石井 オールフルーツスタイル マーマレード」は、砂糖不使用なのが注目ポイントです。一種類の柑橘類だけではなく、ネーブルオレンジと夏みかんをブレンドして、果実本来の甘さとオレンジピール独自の苦味を引き出しました。

砂糖不使用ですが、果物独自の甘さがしっかりとあり、オレンジピールも多めに入っているので、歯ごたえの存在感とほろ苦さも感じられます。砂糖控えめでも濃厚な味のマーマレードを探している方には特におすすめ。トーストやクラッカーに塗って食べても食べ応え十分のマーマレードなので、ファンも多い商品です。

3位:アヲハタ55 レモンママレード

アヲハタ55 レモンママレード 150g
出典:amazon.co.jp
アヲハタ55 レモンママレード 150g

233円 (税込)

詳細情報
・内容量:150g
・原材料:砂糖類(砂糖・ぶどう糖(液状)・果糖)・レモン・ゲル化剤(ペクチン)・酸味料・クエン酸ナトリウム・酸化防止剤(ビタミンC)・香料

気軽に試せるレモンのマーマレード

柑橘類なら何でも材料になるマーマレード。最近ではゆずやはっさくを使ったマーマレードも販売しています。しかし、まだまだ一般的ではないのでスーパーにはなかなか売っていませんし、見つけてもお値段が少し高めなことが多いです。もし期待した通りの味でなかったことを考えると、マーマレードひとつでも買うのをためらいますよね。

そんな方にも気軽に試せるのが、「アヲハタ55 レモンママレード」。通販でも売っていますが、アヲハタのジャムシリーズはほとんどのスーパーで販売しています。また、量も少なくお値段も手ごろなのでお試し感覚で手に取りやすいですよ。

オレンジとは違う酸味の強いレモンですが、疲労回復や風邪の予防に効果があると言われています。たまにはオレンジ以外のマーマレードを食べてみたい方、レモンのさわやかさを味わいたい方はぜひどうぞ!

2位:スドー 100%フルーツ ママレード

スドー 100%フルーツ ママレード430g
出典:amazon.co.jp
スドー 100%フルーツ ママレード430g

677円 (税込)

詳細情報
・内容量:430g
・原材料:濃縮果汁(白ぶどう・グレープフルーツ・レモン)・かんきつ類(ネーブルオレンジ・夏みかん)・ゲル化剤(ペクチン)

パンにもロシアンティーにも大活躍!

長野県松本市にある須藤農園。ジャムの販売メーカーとして有名ですが、マーマレードも人気の高い商品のひとつです。スドーのマーマレードも砂糖を使っていません。ネーブルオレンジと夏みかんの自然な甘みを活かした味わいが多くの人に愛されている商品です。

後味もすっきりとしていて上品な甘さがあり、ピールの苦味もしっかりとしていて、アクセントになっています。全体的に食べやすいので、お値段は他の商品に比べると若干高めですが、「我が家の定番品」と長年にわたってリピートしている方も少なくありません。

トーストに塗って食べるのはもちろんのこと、紅茶に入れても溶けるのが早いので、ロシアンティー用のマーマレードとして楽しんでいる方もいらっしゃるようです。

1位:明治屋 果実実感ジャムざくざくオレンジマーマレード

明治屋 果実実感ジャムざくざくオレンジマーマレード 340g
出典:amazon.co.jp
明治屋 果実実感ジャムざくざくオレンジマーマレード 340g

368円 (税込)

詳細情報
・内容量:340g
・原材料:柑橘類(オレンジ・バレンシアオレンジ・ネーブルオレンジ)・砂糖類(砂糖・ぶどう糖)・ゲル化剤(ペクチン)・酸味料・、香料

大人から子どもまでおいしく食べられる定番商品

スーパーでおなじみの明治屋のマーマレード。オレンジ・バレンシアオレンジ・ネーブルオレンジと3種類の柑橘類をブレンドし、甘みがありながらもオレンジピールの存在感も感じられるので、幅広い年齢層に指示され続ける人気のマーマレードです。

お値段が手ごろな上に、スーパーでも手に入りやすいので人気の高い明治屋のジャムシリーズですが、特にこのマーマレードは食べ応えがあると評価の高い商品。

マーマレードはピールの苦味が強いと食べづらい、と言う方、逆に苦味が足りないとマーマレードとして物足りない、と言う方、好みはそれぞれですが、明治屋のマーマレードは適度な苦みもあるので大人から子どもまで美味しく食べられます。朝食のトーストに塗ったり、プレーンヨーグルトに入れても楽しめる定番商品です。

マーマレードの活用方法

マーマレードが余ってしまったり、せっかく買っても残念ながら舌に合わなかったりする場合もあると思います。そんなとき、マーマレードは料理や飲み物に混ぜてもおいしく再利用できますよ。ここでは活用方法を簡単にご紹介しますので、ぜひ参考にして下さい!

料理に使う

料理に使う

出典:amazon.co.jp

マーマレードはパンやお菓子だけではなく、料理にも使えます。例えば、チキンやスペアリブ、ポークソテーなどの肉料理を作るときには、マーマレードを加えるととさらにおいしく仕上がりますよ。隠し味としてだけでなく、柑橘類に含まれているクエン酸の効果で、お肉が柔らかくなって食べやすくなるという効果も。

その他にも、マーマレードの風味を生かしたクッキーやケーキなどのお菓子はもちろん、漬物を作るときにも砂糖代わりに使用できます。こうして見ると、マーマレードはなかなかの万能調味料ですね!

水・お湯を注いでドリンクにする

水・お湯を注いでドリンクにする

出典:amazon.co.jp

料理やお菓子作りは苦手なので、もっと簡単なものからアレンジしてみたい、という方は、冷たい水やお湯と合わせるのはいかがでしょうか?マーマレードに冷たい水やお湯を注ぐだけで、簡単にマーマレードドリンクやホットマーマレードができあがります。ホットマーマレードの場合は、マーマレード大さじ3に対してお湯を2カップ加えてよくかき混ぜましょう。

コールドドリンクは大さじ4に対して水を400ml加えてしっかりかき混ぜて、氷を入れるとおいしく飲めます。冬も夏も飲み物として楽しめるところもマーマレードの魅力です。

紅茶・コーヒーに入れる

紅茶・コーヒーに入れる

出典:amazon.co.jp

マーマレードは、お湯や冷たい水だけでなく紅茶に入れるのも定番です。ロシアンティーとして日本でもおなじみですね。しかし、意外とホットコーヒーに合わせてもおいしく飲めます。マーマレードを大さじ1~2ほどカップに入れてブラックコーヒーを注ぐと、砂糖の甘さとは違うオレンジの風味とコーヒーの香りが上手く混ざり、普通のコーヒーとは少し違った美味しさを楽しめますよ。

紅茶でしたら定番のダージリンはもちろんのこと、アールグレイに入れてもレモンティーとはまた違った柑橘類の味わいでおいしく飲めます。こちらも大さじ1~2ほどが適量ですが、お好みの量でお楽しみ下さい。

柑橘系以外の果実はジャムで!

多彩な使い方ができるのが魅力のマーマレードですが、使われている果実は基本的に柑橘系のみです。もし他の果実をパンやお菓子と一緒に味わいたくなったときのために、あわせてジャムも用意してみましょう!以下の記事ではおすすめのジャムをご紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?パンに塗って食べる事で栄養効果が期待できるだけでなく、料理や飲み物にもアレンジできるのがマーマレードの魅力です。プレーンヨーグルトに入れたり、スコーンやクラッカーに塗ってもおいしく食べられます。

海外ではウィスキーマーマレードも一般的に販売されています。ぜひ、今回の記事を参考に、マーマレードを気軽にご家庭の食卓に取り入れてみてください。パンに塗るだけではとどまらない、多彩な活躍をしてくれますよ!

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す