1. TOP
  2. >
  3. 食品
  4. >
  5. パン・ジャム
  6. >
  7. 【栄養満点でおいしい!】ピーナッツバターのおすすめ人気ランキング10選
  • 【栄養満点でおいしい!】ピーナッツバターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像1枚目
  • 【栄養満点でおいしい!】ピーナッツバターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像2枚目
  • 【栄養満点でおいしい!】ピーナッツバターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像3枚目
  • 【栄養満点でおいしい!】ピーナッツバターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像4枚目
  • 【栄養満点でおいしい!】ピーナッツバターのおすすめ人気ランキング10選のアイキャッチ画像5枚目

【栄養満点でおいしい!】ピーナッツバターのおすすめ人気ランキング10選

トーストに塗っておいしい「ピーナッツバター」。最近はその栄養価が注目され、料理の調味料や隠し味として活用する使い方も一般的になってきました。商品数も増えてきており、スキッピーやアリサンなどから人気のピーナッツバターがいろいろ販売されています。しかし、あまりにもたくさんあって、どれを選べばいいのか迷ったことはありませんか?

そこで今回は、ピーナッツバターの選び方と通販で購入できる商品のおすすめ人気ランキングをご紹介します。「今まであまり馴染みがなかった」「トーストにしか使っていない」という方は、この機会に新しい使い方にもチャレンジしてみてくださいね!
  • 最終更新日:2020年04月17日
  • 201,735  views
目次

ピーナッツバター人気が上昇中!

昔からあるピーナッツバターですが、いま健康や美容の面からその効果が見直され、人気が高まっています。まずはじめに、ピーナツバターの注目ポイントを見ていきましょう。

ピーナッツバターとは?ピーナッツクリームとの違い

ピーナッツバターとは?ピーナッツクリームとの違い
ピーナッツバターは、乾燥させたピーナッツを炒ってから細かく砕いて、ペースト状になるまですりつぶして練り込んだ加工食品。ちなみにピーナッツバターという名前ですが、乳脂肪分は全く含まれていません。

ピーナッツバターとよく似たものに「ピーナッツクリーム」がありますが、これはピーナッツバターに砂糖や水あめなどの糖類や、クリーム・植物油脂・食塩などで味を調えて、パンに塗りやすくしたものです。調味してあり、ピーナッツバターよりも食べやすくなっているので、こちらの方が馴染みがあるという人も多いかもしれませんね。

ピーナッツバターは栄養豊富

ピーナッツバターに含まれている脂肪は、オリーブオイルやアボカドと同じように良質な植物性脂肪。健康に役立つオレイン酸やリノール酸の不飽和脂肪酸が多く含まれています。さらに、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンのビタミン類やミネラル類、食物繊維、タンパク質なども含まれており、ピーナッツはまさに栄養の宝庫です。

健康維持に役立つ

健康維持に役立つ
先述の通り、ピーナッツバターはオレイン酸やリノール酸、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンを含んでいます。オレイン酸やリノール酸は、血中のLDL(悪玉)コレステロールを低下する働きがあり、動脈硬化を予防することが知られています。また、ビタミンEは抗酸化作用があり、動脈硬化を遅らせる働きがあります。

さらに、エネルギーを効率よく生み出し、筋肉疲労を回復させる効果があると言われるビタミンB1や、皮膚にうるおいを与えるビタミンB2、様々な酵素の補助として働いているナイアシンなども摂取でき、身体の調子を整える栄養素が豊富に含まれているのが魅力です。

美容や成長期をサポート

美容や成長期をサポート

先ほどでも紹介したさらに、美容に良いとされる、抗酸化作用を持つビタミンEは、肌の老化や生活習慣病の原因となる活性酸素の増加を抑える効果があり、「若返りビタミン」とも呼ばれています。


ダイエット中にたくさん摂りたい食物繊維も摂取できるため、便秘解消・腸内環境を整えるの改善・高血圧の予防・コレステロール値を下げるなどの効果にも期待ができますよ。ピーナッツバターは、健康維持や美容や成長期をしっかりとサポートしてくれる頼もしい食品です。

ピーナッツバターの選び方

それでは、ピーナッツバターを選ぶときにチェックしたいポイントを詳しくご紹介します。

甘いタイプ?塩味タイプ?

甘いタイプ?塩味タイプ?
ピーナッツバターには大きく分けて、そのままペーストにしたアイテムと、味が調整されているアイテムがあります。トーストに塗って食べるなら、砂糖や水あめなどで味が調えられているピーナッツクリームを選ぶとパンにも塗りやすく、おいしく食べられると思います。

日本では比較的甘みをつけてある、いわゆるピーナッツクリームが主流ですが、本場アメリカのピーナッツバターは甘さがほとんどない、塩味がきいたものが主流です。カロリーや脂肪分が気になる、という人は原材料を確認して、ピーナッツクリームではなく、極力混ぜ物の少ないピーナッツバターを選びましょう。

料理やお菓子作りに使う予定がある、という人も不要な味付けが少ないピーナッツバターがおすすめですよ!

ピーナッツの含有量をチェック

ピーナッツの含有量をチェック

ピーナッツの含有量が多めだと、テクスチャーが硬めなものが多く、トーストやパンケーキなどに塗って食べる場合は均一に塗りにくく、食べにくいことも。ピーナッツバターと名付けられているアイテムでも、ピーナッツのペーストに砂糖や塩などが混ぜてあり、ピーナッツの含有量が少ないものも多くあるので、チェックしてみてください。


反対に、ピーナッツ100%のピーナッツバターはピーナッツだけでできたペーストです。自分好みにほかの調味料と混ぜたり、ピーナッツの風味をダイレクトに味わいたいなら、含有量多めのアイテムがおすすめ。

ピーナッツ100%の場合、ピーナッツには油分が多いため、保存状態によってはパッケージの中で油とピーナッツペーストが分離していることもありますが、品質には問題ありません。使用する前にしっかり混ぜて使いましょう。

食感の違いに注目

食感の違いに注目
ピーナッツバターには、ピーナッツを砕いた粒が入っているチャンクタイプと、なめらかなペーストのみのスムースタイプがあります。あんこに例えると、つぶあんとこしあんのような違いで、味の違いはほとんどありません。そのため、食感が好みのアイテムを選びましょう。

食感を楽しむならチャンクタイプ、クリーミーな食感を味わうならスムースタイプを選ぶと良いでしょう。また、パンに塗って食べるならチャンクタイプ、料理に使うならスムースタイプ、のように、用途で使い分けるのもおすすめです。

料理に使うなら大容量タイプをチョイス

料理に使うなら大容量タイプをチョイス
パンに塗って食べるなら、1回の使用量は少量ですが、ドレッシングや野菜の和え物の味付けに使ったり、担々麺のスープに使ったり、お菓子の材料に使ったりすると、1回の調理で大量のピーナッツバターを消費します。

ピーナッツバターは油分が高いので、賞味期限も比較的長め。料理やお菓子作りに使う予定がある場合は、大容量のアイテムを選んでおくと、コストパフォーマンス良くピーナッツバターを活用できるのではないでしょうか?

ピーナッツバターのおすすめ人気ランキング10選

ここからは、人気のマルチクッカーをランキング形式でご紹介します。今回は、ピーナッツ主体のバタータイプのみを厳選しました。


ご紹介する掲載商品は、上記の選び方で記載した効果効能があることを保証したものではありません。ご購入にあたっては、各商品に記載されている効果効能をご確認ください。


なおランキングは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど各ECサイトの売れ筋ランキング(2020年4月13日時点)をもとにして順位付けしています。

10位

ホールアースオーガニック ピーナッツバター(クランチー)

1,450円 (税込)

ピーナッツの含有量-
内容量227g
9位
ピーナッツの含有量100%
内容量454g
8位
ピーナッツの含有量100%
内容量340g
7位

Pic's Peanut Butterピックスピーナッツバター あらびきクランチ

1,296円 (税込)

ピーナッツの含有量-
内容量195g
6位

fruveseel渋皮のまま仕上げたピーナッツバター ノンシュガータイプ

1,330円 (税込)

ピーナッツの含有量100%
内容量195g
5位
ピーナッツの含有量100%
内容量150g
4位
ピーナッツの含有量-
内容量150g
3位
ピーナッツの含有量90%
内容量340g
2位
ピーナッツバター SKIPPY(スキッピー) ピーナッツバター スーパーチャンク 1枚目
出典:amazon.co.jp

SKIPPY(スキッピー)ピーナッツバター スーパーチャンク

550円 (税込)

ピーナッツの含有量-
内容量340g
1位
ピーナッツの含有量100%
内容量454g

人気ピーナッツバターの比較一覧表

商品画像
1
ピーナッツバター アリサン ピーナッツバタークランチ 1枚目

アリサン

2
ピーナッツバター SKIPPY(スキッピー) ピーナッツバター スーパーチャンク 1枚目

SKIPPY(スキッピー)

3
ピーナッツバター SKIPPY(スキッピー) ピーナッツバター クリーミー 1枚目

SKIPPY(スキッピー)

4
ピーナッツバター 加藤産業 ピーナッツバター砂糖・食塩不使用 1枚目

加藤産業

5
ピーナッツバター 三育フーズ ピーナッツバター 1枚目

三育フーズ

6
ピーナッツバター fruveseel 渋皮のまま仕上げたピーナッツバター ノンシュガータイプ 1枚目

fruveseel

7
ピーナッツバター Pic's Peanut Butter ピックスピーナッツバター あらびきクランチ 1枚目

Pic's Peanut Butter

8
ピーナッツバター スマッカーズ ナチュラルピーナッツバター クリーミー 1枚目

スマッカーズ

9
ピーナッツバター アリサン ピーナッツバタースムース 1枚目

アリサン

10
ピーナッツバター ホールアース オーガニック ピーナッツバター(クランチー) 1枚目

ホールアース

商品名

ピーナッツバタークランチ

ピーナッツバター スーパーチャンク

ピーナッツバター クリーミー

ピーナッツバター砂糖・食塩不使用

ピーナッツバター

渋皮のまま仕上げたピーナッツバター ノンシュガータイプ

ピックスピーナッツバター あらびきクランチ

ナチュラルピーナッツバター クリーミー

ピーナッツバタースムース

オーガニック ピーナッツバター(クランチー)

特徴アレンジ自在の有機ピーナッツバター!食べ応えも満点粗挽きピーナッツの食感と香ばしさがクセになる!王道・スキッピーのクリーミータイプ砂糖・食塩不使用で、調理しやすいなめらかさおひたしのタレや自家製ピーナッツクリームに渋皮まで利用した濃厚な味わいローストピーナッツの香ばしさが引き立つアメリカの歴史あるブランドのピーナッツバター100%オーガニックピーナッツバターイギリスのNo.1ナッツバターブランド
最安値
1,262
送料要確認
詳細を見る
550
送料要確認
詳細を見る
440
送料要確認
詳細を見る
318
送料要確認
詳細を見る
413
送料要確認
詳細を見る
1,330
送料要確認
詳細を見る
1,296
送料要確認
詳細を見る
598
送料要確認
詳細を見る
1,333
送料別
詳細を見る
1,450
送料別
詳細を見る
ピーナッツの含有量100%-90%-100%100%-100%100%-
内容量454g340g340g150g150g195g195g340g454g227g
商品リンク

ピーナッツバターを、いろいろな料理に!

ピーナッツバターを、いろいろな料理に!
ピーナッツバターは主にパンに塗って食べることが多いと思いますが、ほかにも活用方法があります。いろいろな使い方で、豊富な栄養を摂取しちゃいましょう!

例えば、ほうれん草やアスパラなどの野菜で作る胡麻和えの隠し味に加えたり、ラー油と混ぜて棒棒鶏のつけダレにすると、とっても美味。また、鶏ガラだしと混ぜて担々麺のスープにするなど、料理のコク出しや味付けに活用できますよ。パスタ・クッキー・サラダに加えてもおいしく食べることができます。

ただし、やはりカロリーは高めの食品なので、1日大さじ2杯ほどを目安に摂取するようにして、食べ過ぎには注意が必要ですよ。また、ピーナッツアレルギーや落花生アレルギーを持っている人は、ピーナッツバターを食べるのは控えてくださいね。

人気のジャムもチェックしよう

トーストに合う、人気のジャムもチェック!気になる方は以下の記事も合わせてチェックしてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?気になるピーナッツバターは見つかりましたか?

ピーナッツバターと聞くと、パンに塗って食べる以外に使い方がわからない、という声もよく耳にしますが、白ごまペーストのように使うことができますよ!温野菜に合えたり、麺のつけ汁に少し加えたり、ドレッシングにしたり、アイデア次第でさまざまな味わい方ができます。

料理の隠し味に使うとコクがアップして、いつもの料理がワンランク上の味わいになりますよ!今回ご紹介したアイテムを参考にして、ぜひピーナッツバターにチャレンジしてみてくださいね。

当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。

そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す