• 冷凍たこ焼きのおすすめ人気ランキング10選【レンジ・オーブンで簡単おいしい】のアイキャッチ画像1枚目
  • 冷凍たこ焼きのおすすめ人気ランキング10選【レンジ・オーブンで簡単おいしい】のアイキャッチ画像2枚目
  • 冷凍たこ焼きのおすすめ人気ランキング10選【レンジ・オーブンで簡単おいしい】のアイキャッチ画像3枚目
  • 冷凍たこ焼きのおすすめ人気ランキング10選【レンジ・オーブンで簡単おいしい】のアイキャッチ画像4枚目
  • 冷凍たこ焼きのおすすめ人気ランキング10選【レンジ・オーブンで簡単おいしい】のアイキャッチ画像5枚目

冷凍たこ焼きのおすすめ人気ランキング10選【レンジ・オーブンで簡単おいしい】

たこ焼きが食べたい!なざかそんな気分になる時はありませんか?でもいざ作るとなると手間ひまがかかるもの。そんなときに、冷凍たこ焼きをストックしておくと便利です。レンジで温めればすぐに食べられますし、最後にオーブンでカリッと仕上げれば、お店のような味わいに!揚げると食べごたえも十分です。ニッスイや昭和といったメーカーから、大阪風、業務用など、さまざまな商品が発売されていますが、美味しく安いのはどれなのか気になりますよね。

今回は、そんな冷凍たこ焼きのおすすめ人気ランキングを、選び方のポイントとともにご紹介します。気になるカロリーや、おいしい食べ方、明石焼きとの違いなども合わせて解説しますよ。ぜひ参考にしてみてくださいね!
  • 最終更新日:2019年04月05日
  • 78,037  views
目次

おすすめの冷凍たこ焼きの選び方

家に一袋あると、何かと便利な冷凍たこ焼き!ではおすすめの冷凍たこ焼きを選ぶにはどのようなポイントに注意をしていけばいいのか、一緒に見ていきましょう!

大玉か小玉か好みはどちら?

大玉か小玉か好みはどちら?

出典:amazon.co.jp

冷凍たこ焼きと一言に言ってもまず、その大きさに違いがあります。基本的には大玉か小玉に分かれますが、大玉は食べごたえがあるのはもちろん、お箸で切りながらふっくらとした食感を楽しみたい方におすすめです。

それに対して小玉は、爪楊枝や竹串などで一口で頬張りたい方におすすめ。また小さいお子さんやご年配の方が食べるのなら、小玉の冷凍たこ焼きのほうが食べやすいと思います。

味わい・風味が変わる!具材に注目する

冷凍たこ焼きには多くの原材料が使われていますが、それによっても味わいが変わってきます。何が入るとどのような味になるのか、前もってチェックしておきましょう。

関西風の味に近い「青ネギ入り」

たこ焼きの味をもっとも左右すると言っても過言でない食材が青ネギです。青ネギが入ると香ばしい味わいになり、口の中で広がる香りにも深みが出ます。特に関西風のたこ焼きには青ネギを使う傾向が高いようです。関西風の味わいを求めるならば、青ネギ入りを選びましょう。

ただ、ネギの香りが苦手な人もいると思います。たこ焼きの中の青ネギの風味は、生で食べるものとは異なり強くはないので、そこまで気にする必要はないかと思いますが、苦手な方は青ネギが入っていないものを選ぶと良いですね。また、冷凍たこ焼きを揚げて食べようと思っている場合、揚げるとネギが焦げやすいのでその点も踏まえて選んでください。

「揚げ玉入り」はまろやかさがアップ!

揚げ玉入りのたこ焼きは、味にコクのあるまろやかでおいしい味わいになります。表面がカリッとした食感になりやすいので、外はカリッ、中はトロリとしたたこ焼きが楽しめますよ。冷凍たこ焼きでは外のカリカリ感を出すには限界があるかもしれませんが、それでも揚げ玉が入っていることによって中のトロみをキープしてくれるので、とろける食感が実現します。もしレンジではなくフライパンで焼いて解凍するなら、カリカリ食感のたこ焼きが仕上がります。

揚げ玉は天かすと書かれることもありますが、基本的には同じものです。にじみ出る油の旨みを堪能してください。

ちょっぴり刺激が大人の味!「ショウガ入り」

味付けショウガや紅ショウガ入りのたこ焼きは、少しだけ刺激があって大人の味です。特にソースとの相性がばっちりなので、お酒のおつまみとしても最高ですよ。

ただし、冷凍たこ焼きの中に入ってもショウガの刺激は残るので、小さなお子さんは苦手な場合もあるでしょう。ショウガ自体は体を温める効果のあるものなので、お子さんに食べさせたいと思っているならショウガ入りのもので正解ですが、お子さんの友達を集めたパーティーなどで出す場合は、ショウガ抜きのもののほうがおすすめです。

安心感を求めるなら国産品を

冷凍たこ焼きは、海外から輸入されているものも多くあり、中国産のものも多く見かけます。もちろんきちんとしたルートで販売されているので、問題はないですが、国産の方が安心感があることはぬぐえません。

さらに言えば、産地が明記されていない場合もあるので、産地が明記されているものは信頼ができる一つの指標となるでしょう。原材料の一つひとつの産地がすべての商品に置いて分かるわけではないので、見極めるのは難しいですが、こだわりたいなら国産のものが一番信頼できるでしょう。

冷凍たこ焼きのおすすめ人気ランキング10選

冷凍たこ焼きの選び方が分かったところで、早速おすすめの商品を見ていきましょう。冷凍たこ焼きは量がたっぷりと入って値段も抑えめなものが多いので、どれもお得に楽しめそうです!
10位

フォーシーズン居酒屋の大粒ジャンボたこ焼 (40個入り)[冷凍]

2,600円 (税込)

大きさ大玉
原材料たこ・小麦粉・野菜(キャベツ、ねぎ、生姜)・揚げ玉
原産国名中国
9位
大きさ小玉
原材料たこ・野菜(キャベツ、ねぎ)・小麦粉・揚げ玉・しょうが塩漬
原産国名中国
8位
大きさ大玉
原材料たこ・キャベツ・しょうが・タマネギ・小麦粉
原産国名日本
7位
大きさやや小玉
原材料たこ・小麦粉・野菜(キャベツ、長ねぎ、しょうが)・揚げ玉
原産国名中国
6位
大きさやや小玉
原材料たこ・小麦粉・キャベツ
原産国名日本
5位
大きさ小玉
原材料たこ・野菜(キャベツ、ねぎ)・小麦粉・揚げ玉・やまいも・紅しょうが
原産国名日本
4位

昭和冷凍食品業務用 プロの味 たこ焼

1,335円 (税込)

大きさやや大玉
原材料たこ・小麦粉・野菜(キャベツ、ネギ)・揚げ玉・塩漬生姜
原産国名日本
3位

楽しみ食倶楽部大阪名物 国内製造 手焼き 大粒 冷凍たこ焼き

3,780円 (税込)

大きさ大玉
原材料たこ・ミックス粉(小麦粉、食塩、糖類)・天かす・小麦粉・ねぎ・紅生姜
原産国名日本
2位
大きさ小玉
原材料ゆでだこ・小麦粉・青ねぎ・生姜・山芋粉末
原産国名日本
1位
大きさ小玉
原材料たこ・小麦粉・てんかす
原産国名日本

おすすめ人気冷凍たこ焼きの比較一覧表

商品画像
1
冷凍たこ焼き 会津屋 元祖たこ焼きセット 1枚目

会津屋

2
冷凍たこ焼き たこ昌 ねぎたこ焼(13個入) 1枚目

たこ昌

3
冷凍たこ焼き 楽しみ食倶楽部 大阪名物 国内製造 手焼き 大粒 冷凍たこ焼き 1枚目

楽しみ食倶楽部

4
冷凍たこ焼き 昭和冷凍食品 業務用 プロの味 たこ焼 1枚目

昭和冷凍食品

5
冷凍たこ焼き ニッスイ たこ焼き 1枚目

ニッスイ

6
冷凍たこ焼き 四国日清食品 たこ焼き 1枚目

四国日清食品

7
冷凍たこ焼き ノースイ 手作りたこ焼き 1枚目

ノースイ

8
冷凍たこ焼き 八ちゃん堂 大玉たこ焼き 1枚目

八ちゃん堂

9
冷凍たこ焼き マルハニチロ たこ焼き 1枚目

マルハニチロ

10
冷凍たこ焼き フォーシーズン 居酒屋の大粒ジャンボたこ焼 (40個入り)[冷凍] 1枚目

フォーシーズン

商品名

元祖たこ焼きセット

ねぎたこ焼(13個入)

大阪名物 国内製造 手焼き 大粒 冷凍たこ焼き

業務用 プロの味 たこ焼

たこ焼き

たこ焼き

手作りたこ焼き

大玉たこ焼き

たこ焼き

居酒屋の大粒ジャンボたこ焼 (40個入り)[冷凍]

特徴ミシュランガイドに掲載!本格的たこ焼き青ネギがたっぷり入って香りも抜群!本場大阪から届いた、手焼きのおいしさ何もつけずともおいしく、野菜たっぷりでヘルシー「ネギ・揚げ玉・ショウガ」全てが入った王道の味業務用として多くの店に出回る!ショウガが効いた大人の味わい冷凍たこ焼きの老舗シャキシャキのキャベツがたまらないたこが3つも入って食べごたえ◎
価格3,500円(税込)1,188円(税込)3,780円(税込)1,335円(税込)540円(税込)1,226円(税込)1,400円(税込)3,280円(税込)1,011円(税込)2,600円(税込)
大きさ小玉小玉大玉やや大玉小玉やや小玉やや小玉大玉小玉大玉
原材料たこ・小麦粉・てんかすゆでだこ・小麦粉・青ねぎ・生姜・山芋粉末たこ・ミックス粉(小麦粉、食塩、糖類)・天かす・小麦粉・ねぎ・紅生姜たこ・小麦粉・野菜(キャベツ、ネギ)・揚げ玉・塩漬生姜たこ・野菜(キャベツ、ねぎ)・小麦粉・揚げ玉・やまいも・紅しょうがたこ・小麦粉・キャベツたこ・小麦粉・野菜(キャベツ、長ねぎ、しょうが)・揚げ玉たこ・キャベツ・しょうが・タマネギ・小麦粉たこ・野菜(キャベツ、ねぎ)・小麦粉・揚げ玉・しょうが塩漬たこ・小麦粉・野菜(キャベツ、ねぎ、生姜)・揚げ玉
原産国名日本日本日本日本日本日本中国日本中国中国
商品リンク

知って得するたこ焼きのQ&A

たこ焼きってカロリー高いの?明石焼きとどう違うの?意外と知らない、そんな素朴な疑問についてまとめてみました。

たこ焼きは明石焼きとは違うもの!

関西の人はもうご存知だと思いますが、「たこ焼きの代わりに明石焼きを買ってみたけどなにか違う……」という声も意外と多く聞かれます。そこで、簡単にたこ焼きと明石焼きの違いを説明していきますね。
たこ焼きは明石焼きとは違うもの!

出典:amazon.co.jp

そもそもたこ焼きとは小麦の生地に野菜やショウガなど多くの具材が入っているもので、小麦粉とでんぷん粉のみで作る明石焼きとは原材料が異なります。たこ焼きのほうが具材がたっぷりと入って、食べごたえがあります。

さらに、明石焼きには生地にでんぷん粉が入るのでふわふわした食感になり、お皿に乗ると丸みがあるというよりも平べったい形状に仕上がります。たこ焼きはそこまで形状が変わらず丸いままなので、口に運んだ食感も違ってきますよ。

また、たこ焼きはソースやマヨネーズ、さらにはポン酢など幅広い味付けで楽しめますが、明石焼きは基本的にはだし汁に合うように作られているので、他の味付けとは合いません。「明石焼きもソースをつければたこ焼きになるのでは?」という声もよく聞かれますが、予想と違う味わいで少し物足りなさを感じると思います。コッテリ感や食べごたえを求めるならたこ焼き、あっさりが好きなら明石焼きを選ぶと良いですね。

気になるカロリーはどのくらい?

気になるカロリーはどのくらい?

出典:amazon.co.jp

ダイエットをしている方は、たこ焼きのカロリーがどのくらいか気になりますよね。マヨネーズやソースがたっぷりかかって、カロリーが高そう!と思いきや、たこ焼きのカロリーは、普通の大きさで1粒30~40kclほど(トッピングしていない状態)です。ちなみに100kcl消費する目安は買い物30分、自転車だと10分ほど。普通に生活していれば、あっというまに消費できるほどのカロリーです。

好きな粒数だけチンして食べられるのも冷凍たこ焼きの良いところです。ちょっと小腹がすいたときや口さみしいときに、2~3粒チンして食べる、こってりのトッピングを控えてポン酢などのあっさり味で食べるなど、工夫をしながら食べると良いですね。

冷凍たこ焼きをもっとおいしく食べるには

冷凍たこ焼きをおいしく温めるこつや、手軽でおいしいアレンジ方法などをご紹介します。冷凍食品だからこそ、幅広くお好みのアレンジが楽しめます。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

ラップはかけずにチンが正解!

ラップはかけずにチンが正解!

出典:google.de

冷凍たこ焼きを解凍するときに一番よくつかわれる方法が、電子レンジでの解凍だと思いますが、たこ焼きのふっくらした味わいとほどよいとろーり感を出すなら、ラップをかけずに解凍するといいでしょう。また、一度に何個も解凍をしないで最大でも8個ほどの冷凍たこ焼きを間隔をあけて並べると平等にふっくらとした食感が実現します。

もし時間があるならば、少し解凍したたこ焼きをフライパンで焼いてみるのもおすすめです。少し多めに油をひき、片面ずつ2~3分火を通してみてください。すると、たこ焼き器で焼いたような本格的なたこ焼きが食べられます。冷凍たこ焼きの両面に油を吹きかけ、トースターで焼いても同じような食感になりますよ。

カリッとした食感が好きならば油で揚げてしまうのも一つの手です。その際は、冷凍たこ焼きの周りに氷が付いている可能性があるので油跳ねに注意してくださいね。

おいしいアレンジいろいろ!

たこ焼きの味付けの定番はソースとマヨネーズ、最近ではポン酢なども流行っていますが、他にもおいしい食べ方はありますよ。例えばとろけるチーズをのせてそのままレンジでチンすれば、チーズのコクが冷凍たこ焼きのおいしさをより引き出してまた違ったおいしさを作り上げてくれます。

また明太子マヨネーズや七味をかけて手軽に味わいを変えてみたり、クリームソースをかけてグラタン風にしたり、チゲ鍋にいれてボリュームを出したり、大胆なアレンジも人気です。カレーに入れてカツカレーならぬ、たこ焼きカレーにしてみるのもアリかもしれません。冷凍たこ焼きだからこそできる、幅広いレシピも気軽に楽しんでみてくださいね。

好きな具をたっぷり!手作りたこ焼きが食べたいときは

手軽さが魅力の冷凍たこ焼きもいいけれど、時には手作りが食べたいときもありますよね。たこ焼き器があると、いざ人が集まる時や、週末の家族のランチなどにも活躍してくれます。以下の記事も参考になりますのでチェックしてくださいね。

まとめ

冷凍たこ焼きは食事としても、おやつとしても大人気です。でも、せっかく食べるのであればおいしいものを食したいですよね。それぞれの商品の具材や特徴を参考に、あなた好みの冷凍たこ焼きを見つけてください!

本場大阪の冷凍たこ焼きも通販なら簡単に手に入ります。なかなか旅行に行くことができない人や、忙しくて外食ができない人は、本格的な味わいを自宅で楽しんでみてください。おいしいものを食べると誰もが幸せになりますよね。ぜひ“食”で癒されてみてください。

関連記事

人気の記事

人気のアイテムリスト

カテゴリから探す